タイ 明日より規制緩和

タイはこの数日間、新規コロナ肺炎(中共肺炎)感染者数が一桁を維持。明日5月3日より厳しかった非常事態宣言下の規制を一部緩和する模様。

嬉しいのは、

① 小規模食堂レストラン営業解禁

② 酒類販売解禁

特に嬉しいのが②の酒類販売解禁で、酒屋、コンビニ等でビールが買えるようになる模様。レストラン内の飲酒はまだ禁止続行なので、飯屋でビールは飲めない。

ソンクラーン前に酒類販売禁止のニュースがあった日に、僕はビールの買出しに走ったが、当時は20日迄ということだったので、余り多くは買わなかった。

しかし、20日を過ぎたら酒類販売禁止は30日迄に延長され、5月1日になっても販売解禁にならなかった。

お陰で、直ぐにビールが底を付き、ビールが飲めない日が半月も続いてしまった。

これは、世紀の異常事態である。

こんなことは生まれてこの方なかった(訳者中:子供の頃は飲んでなかったでしょう。この大嘘付き!)。病気や手術で入院した時だって、二週間経たないうちに飲んでいたと思う。胃が痛くて眠れない時も、胃薬をウイスキーの牛乳割で飲んでいた。

そもそも、酒類販売禁止は、Covid-19対策の一環として、ソンクラーン期間中でのランチキ騒ぎを阻止する為だったと思う。

ステイホームの推進の為には、お酒類は害はないどころか有用でもある。

何処にも行けず家で凄すのはストレスが溜まる。お酒くらい飲まないとやってられない。

バーや飲み屋やレストランでの飲食禁止は分かるけど、家で静かにお酒飲んだところで、それで新型コロナウイルスが伝染る訳じゃない。

だから、お酒販売禁止を続ける理由が分からなかった。

政策はコロコロ変わるので、明日になってみないと分からないが、ともかく速攻で買いに行こうと思う。

暑い陽射しの下で、ググッっと一杯やりたい。

四季なりいちご株に挑戦 続編2

96番品種のいちごは、中国産四季なりいちご株の種よりも発芽迄の時間が長く、且つ好光性なので、(ピートモスを使うと)育苗中に藻が発生してしまう点が良く無かった。

この藻は緑色なので緑藻と書いたが、藻類に属する緑藻と藍藻類とがあって、この2つは物凄い違いがある。

前者は植物や海藻に近い真核生物で、後者はバクテリアに近い原核生物。

顕微鏡で見ないと判別出来ないが、ピートモスを日光で加熱しても死なないことから、後者の藍藻類ではないかと考えた。

藍藻類ならバクテリアに近い種族なので、抗菌抗生物質が使えるのではと思い調べて見たら、やっぱり効くようだ。

と言うことで、前回記載したように100℃で30分間煮て熱湯消毒した種まき培養土に、更に人間用の抗生物質ノフロキサシン(DNAジャイレース阻害剤)を添加してみた。

4月26日ノフロキサシン添加時。

4月10日から二週間経っているが、藻の発生はない。

5月2日 抗生物質添加一週間になるが、藻の発生はなく、苗も順調に生育している。

今のところ大成功だ。全部で400~500株くらい苗が取れるんじゃないかな。

藍藻類は、シアノバクテリアと呼ばれる細菌類で、光合成で酸素を放出する。所謂藻の代表選手の藻類よりも、大腸菌や乳酸菌に近い原核生物なので、いくつかの抗生物質が効くわけだ。

植物や動物は核がある真核生物なので、あまり作用しない。

タイでは、ノフロキサシンなどのニューロキノン抗生物質は薬局で安価に手に入るので、良いことを発見したと思っている。

しかし、トレイに植え替えてから肥料で枯らしたり、豪雨で洗い流されたり、嵐で吹き飛ばされたりして駄目にする率が高いので、まだ安心は出来ない。

去年作った温室を壊してしまったのが悔やまれる。

四季なりいちご株に挑戦 続編1

3月25日に蒔いて4月21日にセルトレーに植えた四季なりいちご96番の続編(前編はこちら)。

😫😫大分枯れたあ~!😫😫

種1000粒から僅か115株しか取れれなかった超貴重な苗だったので、物凄く注意深く管理したつもりだったのに、大分枯らしてしまった。

一番悲惨なのがこちら。

全滅ではないけれど、もはや枯れてない株の方が少ない。

枯れつつある株もあるので、救えるのは10株くらいか。

しかし、全部こうなった訳ではなくて、別のトレーではご覧の通り。

枯れたのは1割くらいだが、栄養状態が悪い。

こちらは栄養状態良く健全に育っている。

調子が悪いのはステンレストレイに入れた2つのセルトレイ。

この差から、僕の肥料管理が悪かったからと判明。

新品のヤシガラ粉末にピートモスを混ぜた培地は、酸性で植物栄養素の窒素リン酸カリNPKの内でNの初期消費が激しくNが大幅に不足する。そこで、肥料業者からサンプルとして頂いていたNの率が高い育苗用の肥料を水に融かしてステントレイに入れて底面吸収させた。

そこは良かったのだが、良くなったのは高温灼熱で肥料を加えた水が蒸発してしまったこと。

乾いたトレイに今度は水だけを入れたが、それもまた蒸発してしまった。

苗のトレイは借家ではなく、いちご畑の雨は当たらないけど陽は当たる場所に置いていたが、店も締めてステイホームだったので、一日一回若しくは二日に一回しか見に行かなかった。

その為、苗が長時間濃くなった液肥に曝されることになり、

根がやられて枯れていった、と言うのが僕の推論。

借家の庭で頻繁に観ながら管理すべきだった。

ただ、家の場合、陽は当たるけど雨は当たらない場所がないので、家に居る間しか管理出来ないのが何点。

生き残りを掛けて3年越しで挑戦しているのに、このざまで話にならないが、種蒔き第二弾の物が今のところ調子良いので🏵️🏵️乞うご期待🏵️🏵️。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
2位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
2位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる