FC2ブログ

カオヤイに中国人団体客はもう来ない

僕のカオヤイ農園は、外国人観光客比率が多いのが特徴的と言える。

シンガポール人、マレーシア人、香港人、カンボジア人、ラオス人、ベトナム人、ミャンマー人、イギリス人、台湾人、ロシア人、ドイツ人、フィリピン人、日本人、そして中国人が多く来る。

シンガポール、マレーシア、香港から来る客は、アイデンティティはともかくとして、殆どが華僑の家系であって、家族間では中国語を話す人が多い。

なので、声を聞いてるだけだと、中国大陸から来たのか、中国大陸以外から来たのか分かりにくい。

(タイ人だって、金持ち系は華僑系統でおじいさんおばあさんは大抵中国語が少し話せる。しかし、政策で同化が進んでいるので、若者は文化的にはタイ人になっている。だけども、血統は華僑なので、顔は中国人と同じ。)

という訳で、お店でお客さんと話すときに、僕は良く使う言語を間違える。

中国語は話せないので、タイ人以外は英語(日本人は日本語)、タイ人はタイ語で話す訳だが、これが良く間違える。

中国語圏の人にタイ語で話し掛けたり、タイ人に英語で話したり。

シンガポールや香港の人なら英語で問題ないが、中国大陸からの人はほぼ中国語しか使わず、中国語以外で話し掛けられても聴く耳持たず。マスクなんかされてると、近寄って説明したくもないので苦労した。

ワーカー達もコロナ肺炎(そんな名前じゃないが)を怖がって。中国人には話し掛けない(タイ語で話しても無視されるだけ)。

タイには武漢周辺から大勢がタイに来ていたので、僕も肺炎を心配していたが、春節も明けてもう殆ど居なくなった。

タイに来た中国人は武漢肺炎が猛威を振るう中国本土に戻りたくないので、帰国を延期してバンコクのTerminal 20辺りにうろうろしているらしいが、それももう帰らなきゃいけない時期だし、中国政府がチャーター便を出して引き帰させているので、カオヤイ迄は来ないだろう。

    

ところで、シンガポール人に英語で話すと、

「あなたもしかして日本人?」と聞かれる。

「そうだよ。なんで分るの?」と聴くと、

「発音が日本人が話す英語だから」と言われる。

そうだ。悪かったなあ。どうせ僕の英語は下手くそな日本人訛りですよ。

ガチンコ渇水対策

今年の乾季の乾き具合は半端じゃない。

僕が事故に遭ってから三ヶ月以上経つが、カオヤイにはまともな雨は一度も降ってない。

我らが水源の沢ラムタコーンは流れなくなった。

流れはないが、川底から少し水が湧くのか、一晩置くと水位が7センチ位増えるので、この濁った水はまだ数時間汲み取ることができる。

しかし、こんな時のために整備してきた溜池が活躍している。

これが溜池。ここの水は澄んでいて匂いもない。魚や小エビも沢山いる。

ラムタコーンが涸れる以前に、オーバーナイトで沢の水をここに溜めた。その為に今水が割と入っていて、この水位だと恐らく後一週間水が使える。電気代だけで人晩800バーツかかるが、水がなくなっていちごを枯らすより良い。

しかし、この溜池の水も不十分なので、もう一つの池から水を汲み上げるシステムを作った。この池は他人の土地にある池だが、使われていない上、底が地下水に接していて今まで一度も涸れたことがない。魚も沢山いるが、池の水はドブ臭い。

この池に取水用の塩ビパイプを延ばした。取水口が一定の深さになる様に浮きを着けた。取水口にはゴミや魚が入らない逆流防止弁が付いている。

池からいちご園までの間には車が通る脇道がある。そこを掘って厚めの塩ビパイプを埋めた。

ラムタコーン迄這わせた電線からポンプへの電力が取れるようにした。ポンプは新調した。

ポンプの格納庫は、愛犬ベリーの為に作った犬小屋である。

ベリーが一度も使ってくれなかった犬小屋が生まれて初めて役に立った。

これで、隣の池からの水を直接いちご園に汲み上げることが出来るようになった。

それだけじゃなく、この池の水を溜池に汲み上げて溜めることもできる。そうすることで水質が改善されて、住込みワーカーのシャワーにも使えるようになる。

僕の計画では、この池の水とラムタコーンの水を交互に溜池に込み上げて、普段は溜池に溜めた水を使う。

それで、多分後三週間水が使える。

その間に雨は降るだろうと思う。

5年前、カオヤイの土地を探しに来た時、ラムタコーンは数ヶ月間枯れっぱなしで、住民の生活も農業も大打撃を受けていた。

それで、この土地の開墾の際には、溜池の整備に時間とお金を掛けた。

いまこそ、その恩恵を受ける時が来た。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
55位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
29位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる