FC2ブログ

家族が来た

タイに来て、もう直ぐ7年になる今、始めて家族がタイの僕に会いに来た。

入院初期に、マシュマロちゃんが病院から病院の日本語通訳を使って電話したらしい。娘と日本でも会っていた千葉の起業家の女性も娘と連絡を取ってくれた。

死んでしまうかもしれないとか、一時的に良くなったとしても、今後状態が悪化してまた来ないといけなくなるかもしれないということで、まだ離婚してない妻と息子、娘の三人が揃って来た。

彼らは、タイに来るのは始めてだったし、三人で揃って旅行に行くのも初めてだった。三つの職場で休みを揃えるのに手間取り、当初の予定より一週間遅れた。

その間に僕のオツムも少し回復して、LINE等で話が出来て、死ぬようなことは無さそうと分かったが、以前から父親がタイでやってるいちご園を見てみたいと思っていたそうだし、一度も会いに行かないのも変だということで、やって来た。

空港で会った時、僕が一人で歩き、割と普通に話せたので、少しビックリしたようだが、娘はそんな父親を見て嬉しそうだった。

僕としても、日本から見舞いに来てくれた家族に対し親父としての体裁が欲しかったので、全泊全食(ホテルに付いている朝食は除く)こっちで支払った。

涼しくて、花や実がいっぱいのカオヤイ、ワンナムキアオを満喫してもらった。

マシュマロちゃんやその親戚、住込みワーカー等と上手く楽しそうにやってるところも見てもらった。

やったことは、

2つのいちご園見学

ゾウ乗り

タイの美味しい飯巡り

ちょっとリッチでハイソなホテル巡り

妹さん夫婦との会食

カオヤイ国立公園散策

ローカルな市場や、スーパー等の見学

カオヤイ美術館見学

パリオ見物

天然湧水泳ぎ

などなど。

泊まったホテルは、

Thames Valley

The Stay

Junble  house

Isaan Isan

の4泊5日(娘のみ1泊2日)

息子も娘も30超えで、孫までいたりするが、良い家族サービスが出来た。

僕の家族との写真なんか見せても仕方がないが、自分自身の思い出の為に掲載。

コーヒーも作ってご馳走した。

美味いと褒められた。

4人家族が揃うなんて、10年ぶりだった。4人で海外旅行なんて25年ぶりだ。

皆さん、タイが思ったより綺麗でハイソで涼しいことにビックリしていたし(タイじゃなくてカオヤイだけど)、ホテルも優雅でハイグレード、タイ飯も美味いと言うことで、結構気に入ったようで、また来るかも知れない。

子供達はもう大人なので、マシュマロちゃんとのことも応援してくれた。

無いお金がますます無くなったが、

「お金なんかいいの。あなたが思ったより元気で皆が楽しめたのなら。」

とマシュマロちゃん。

満員御礼のマシュマロいちご園

どういう訳か、ワンナムキアオのマシュマロいちご園(タイ語でファーサイと言う名前)が連日満員御礼だ。

自慢の白川郷風(似てないが)大屋根のショップは去年嵐で壊れたし、そこに行く道路は2年以上工事中で走りにくいので、今年は大幅な売上ダウンを予想していたのに、意外にもカオヤイよりも客の数が多い日が続いている。

今週末は、カオヤイよりも売り上げ高も多かった。

理由は、多分だが、マシュマロちゃんが大切に育てたバービナがお客さんに受けているんだと思う。

バービナとは、日本では普通バーベナという赤やピンクの話が咲く植物だが、僕らのはドイツから取り寄せた青紫色の小さな花が沢山咲く品種で、タイの高知の気候に良く合って、長く花が咲く。

こんな感じで、お客さんもここで写真を撮る。

バーベナ畑の後ろ側にいちご畑がある。

実のところ、僕は余り好きではない花だが、マシュマロちゃんは去年から気に入っていて、沢山育てた。

カオヤイ農園にも有って、全部で20000株位あるが、ワンナムキアオの方が綺麗に咲いている。

他の花も綺麗に育っている。

昨日は、僕が大分良くなったので、マシュマロちゃんはワンナムキアオの店に行って売り子を手伝ったのだが、一日中忙しくコーヒーやいちごシェークを作り、畑のいちごは全部採られて無くなってしまったそうな。

ワンナムキアオのマシュマロいちご園には、外国人は殆ど来ない。ほぼ全員タイ人で、外国人が多いカオヤイ農園とはかなり違う。

カオヤイは平日二人、土日は3人で売り子をしているが、ワンナムキアオは基本一人。無休で働いてくれていて、かなりお疲れの様なので、新たにもう一人売り子を探さないと行けない。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
29位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
16位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる