FC2ブログ

ロイクラトーン2019

昨日は今年のロイクラトーンだった。

満月で死者が帰るようだったが、ロイクトーンは鐘楼流しに似ている。

今年も去年に引き続き、近所のワットターチャンの裏のラムたコーンに行った。

僕の頭と足が悪く、ゆらゆらとゆっくりしか歩けなかったが、マシュマロちゃんお手製のクラトーンを二つ流せた。

まるで健康体みたいだが、実はここ迄歩いて来るのにフラフラだった。

クラトンを流して思ったのは、あと20年位はなんとかして今回の様な怪我はしたくない。出来れば元気で笑って過ごしたいと言うこと。

誰もが思うことなんだろうけど、怪我をしてみて痛感した。

事故の医療費の問題

僕が事故にあった時、丁度今シーズンをオープンしたところで、日本から緊急で送り込んだ資金も使い果たし、今シーズンの収入もまだろくにないということで、僕のタイの銀行口座にも、マシュマロちゃんの口座にも、お金が殆どなかった。

マシュマロちゃんは、頭を痛めた僕の為には、良い病院に連れて行かないと行けないと判断して、ナコンラチャシマ市内のバンコク病院に救急車で運んで貰った。

そのお蔭で、まずまず丁寧な治療が受けられたと思うが、何しろ高い私立病院なので100万を有に超えるお金が掛かった。

勿論、当時そんなお金はなかったので、マシュマロちゃんは家族、親戚、友人、知り合いから、あちこちお金をたっぷり借りて支払ったのだそうだ。

そんなことも何も知らず、何も考えずに入院していた自分に呆れる。

これから、借りたお金は返却しなければならないが、お蔭で今季の収入はその分下がってしまいそうだ。

僕にぶつかった無免許運転の13歳は、親がお金を払いたくないらしく医療費の支払いに応じていない。マシュマロちゃんは、知り合いや警察や村の長老などとあちこち相談中だが、すでに先方の親が警察に手廻ししているらしく、なかなか難しいようである。

日本なら、13歳の無免許運転で歩行者とぶつかって怪我をさせて、逮捕もされず何もお金を払わないということはないだろう。

こういったところが、タイ社会の良くないところ、後進国なところだ。

払う気のない人たちを無理やり払わせるように手を回すと、恨みを買って後で何されるか分からないので、程々にしておこうと思っている。

それよりも、日本の健康保険、医療保険、クレジットカード保障などで、なんとかして日本からある程度のお金を得ることが出来ないか検討しているが、やっぱり事故で馬鹿になったのか、本来どういうルール、仕組みだったのか何も思い出せない。

何れにしても、マシュマロちゃんには随分世話になった。早く安心させて、以前と同じ状態に戻って彼女の為にも頑張れるようにならなくては。

寒い朝

ロイクラトーンの今日、朝は少し冷え込んだ。

昨日の夜明けが18℃、今朝は16℃。

ベッドの中で、寒くて下着を着ていても、布団一枚じゃ寒くて寝てられない。

水も冷たすぎて身体に掛けられない。

早くに農園に来れば、愛犬ベリーちゃんもブルブル震えている。

タイのカオヤイ地方はすっかり寒くなった。

お蔭で去年より大分早くいちごが鳴り出した。

よく晴れて陽射しは良いので、お昼にはもう30℃位になる。

雨がずっと降らずにいるが、今週は台風がベトナム、カンボジアを経てタイに来るそうで、13日には纏まった雨が予想されている。

バンコク辺りじゃ、PM2.5が濃くなって、空気が真っ白、視界最悪らしい。

そのせいか、カオヤイ、ワンナムキアオ方面に週末に出掛けてくる人が多く、お蔭で週末のお客さん数は上場だった。

ただ、今週辺りからここカオヤイにも少しPM2.5が流れ混んで来た気がする。

少し後ろの山が霞んでいる。

雨はいちごには悪いが、PMを流し去るのには丁度良いかも知れない。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
29位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
16位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる