FC2ブログ

ブラック校則

今から45年前、僕はブラック校則に背いていた。

当時はブラック校則なんて言葉もなく、校則は子供達を守るためにある正当なもので、批判する父兄も殆どいなかった。

唯一、教育学部のマスターを出たエリート教師が、自分の将来を棒にして時折教育方針をチクっていたのを思い出す。校則や教育方針を批判することは、教頭への道を閉ざす自殺行為だったにも拘わらず。

中学校のとき、意見発表会というものがあって、僕はブラック校則と管理主義的な教育を批判し、その責任は校長にあると訴えた。

演説が終わって拍手喝采が来ると思っていたが、現実にはシーンとしらけて、数人がパラパラと拍手してくれただけだった。

唯一、将来を棒に振った教師から、「良かったぞ」と言われた。

翌日、父兄召喚となった。

曰く、

「校長先生を校長と呼び捨てするとは何事か。」

というずれた理由で停学処分寸前になった。

責任は校長にあるというのはずれてなかったと思う。

母はひた謝りしたらしい。翌日僕は職員室に何食わん顔で出入りし、何一つ先生に謝った記憶はないが、何故か停学にはならなかった。

当時、僕はガリ勉優等生で、試験成績も学年一桁台だったからだと思う。

ブラック校則とは、実にいろいろあるが、例えば、

①男女交際禁止。手を握っても駄目。キスはもってのほか。(思春期に無理な相談。自然な成長を悪としている。コンドームなしでセックスしては駄目というなら分かる。)

②髪染め禁止。茶毛禁止。たとえ地毛でも。(茶毛は不良の始まりらしい)

③パンツは白かブルー。ピンクや水玉禁止。(先生が身体検査したかったからか? コンドーム持ってた女子生徒が叱られたので、僕はそれを膨らませて職員室で飛ばして遊んだ。女子生徒を褒めてあげるべきだったのでは?)

④髪の毛は肩に届いてはならない。(所謂おかっぱ推奨。肩にちょっとでも届いていたら、ハサミで矯正的に切る先生も居た。長髪イコール色気?色気は学問の邪魔?)

⑤ピアス、ネックレス、指輪、マニュキア禁止。(共産主義のソビエト連邦や中華人民共和国でも禁止してないだに。)

⑥化粧禁止。口紅禁止。(色毛は不良の始まり。きれいにしたいのが何が悪い。白のダブダブソックス駄目だった。あれは何と言うんだっけ?)

⑦パーマ禁止。カールも駄目。但し天然パーマは良いが証明が必要。(理由は何?)

⑧登下校の買い食い禁止(部活に疲れて腹が減るのに。それだけが楽しみだったのに。)

⑨アルバイト禁止(勉強の邪魔になるから。お金のない家庭はどうする?)

⑩スカートの長さは膝下じゃなければ駄目(ほんとはミニスカが好きなくせに。)

パーマに関しては、高校の時に逆らう為にわざとパーマをかけた。日体大卒の先生は、

「お前には似合わないから止めとけ。」と言われた。

「それが理由かよ」と唖然とした(確かに似合ってなかったけど)。それ以降、その先生の言うことはすべて無視した。

もう書くだけ馬鹿げているが、こういう校則が45年後の今も残っていることが驚異だ。正々堂々と生徒手帳に書かれているものもあれば、単に暗黙のルールのときもある。

戦後の日本の教育制度は成功したと思う。貧しくても努力した人がより良い教育を受けられて成功できた。

でも時代が変わっても学校は変わらな過ぎた。

今や日本を駄目にしている元凶に感じる。

行かない方がマシなくらい。

自殺率は世界に自慢できる水準。若者の死因の第一位。

たとえ不合理でも、何が何でもルールに従うように仕向け、色気を封じ、個性も封じようとしている。

何故、何十年も変わらないのか。

生徒が画一的で金太郎飴なら管理はしやすい。

でも学校は管理するところじゃない。縛るんじゃなくて、可能性を拡げるところであるべきなのに。

そう言う自分も、息子が登校拒否になりかけた時、

「兎に角、何が何でも学校に行け。」と言った。

馬鹿なことをした。どうして、「こんな学校なんて行かなくてもいいよ」と言ってあげられなかったのか。

もし次の機会があったら、「学校行かずに何処か旅でもして来い」と言ってあげたい。

学校が如何に偏屈で狭い世界かを理解するために。

新住込みワーカー来たる

8月に来て病気になってしまった住込みワーカーは、責任感があって良く働いてくれたが、残念ながらもうここでは働けない。

既に10日以上ワーカー不在で、仕事がなかなか進まなくて困っていたら、昨日急に新しい住込みワーカーが決まって、今朝もう此処カオヤイに着いた。(速!)

明日から働いてもらう。

今までの経験で、無責任でおバカな幼妻夫婦とは知性の差が有り過ぎて理解し合えない上に、平気で約束を破るので、幼いカップルはノーサンキューだったが、不幸にも今回来た新住込みワーカーは最小年齢記録を塗り替えてしまった。

男18歳、女17歳4ヶ月の子持ち! モン族の若いカップル。

まだまだ可愛いワイルンそのものである。

未だ緊張していて物静かだが、未だ何も知らないおバカである確率100%だ。中学を出たのかどうかも定かでない。

男の方は、なんと2年前のおバカ幼妻の実の弟。顔もそっくり。

そんなカップルは要らないから他を当たるように努めたのだが、他には見付からず已む無く了承したという訳。

背に腹は代えられないし、ひょっとしたら拾いものかも知れない。少なくとも誰も居ないよりもましだ。

年末迄働いてくれるかどうかは確かでないが、本人たちは長く働くつもりで来たようだ。

彼らの家は貧しく、両親が賄えないので、兎に角早く他所に働きに出よとのプレッシャーがあったらしく、決まったその日の昼にバスに乗って来たという訳。出身地はターク。

まあ、これも代々の縁。

約束さえ守ってくれれば暖かく迎えてあげるつもりだ。

今日は早速、彼らの為にベッドマットと掛け布団と枕と蚊帳の真新しい物を買い与えた。

ホコリだらけだった扇風機も丁寧に洗ってあげた。自分達の扇風機も長いこと洗ってないのに。

それから食費一ヶ月分の前払い。食費がなければ前を向いて歩けないから。

今までの経験では、面倒見良くしてあげればあげるほど付け上がって、恩を仇で返されるというパターンだが、まあそれにも慣れたし、自分の子供達よりも15歳も若い二人は何気にちょっと可愛く、これから気持ち良く頑張って働いて欲しいので、なけなしの金をはたいた。

約束したのは、

①盗まないこと

②嘘をつかないこと

③ヤーバー(覚醒剤)をやらないこと

④モンの正月にも帰れないこと

⑤急に勝手に辞めて帰れないこと。

の以上5つ。

4ヶ月の子供をお婆ちゃんに預けて来た稚妻は、今母乳の出盛りで乳が直ぐに張るので、数日もしたら子供が恋しくて帰りたくなるに違いない。良く我慢して一ヶ月。その時どうしようかが問題。

母乳ならハムケンが飲んであげるけど。

僕よりも切れやすいくせにマシュマロちゃんからは、

「まだ子供なんだから、あまり怒らず、辛抱強く我慢してね。彼らが帰っちゃったら、困るのは私達なんだから。」

と念を押された。

約束さえ守ってくれれば、僕は切れないよ。

多分、彼らのお祖父ちゃんは僕より若い。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
30位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
16位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる