FC2ブログ

休みは決まって映画

この頃、月に三度位農作業を休んで映画を観に行く。と言うより、花屋や農業資材屋に行くために遠出したついでに映画を観てくるといった方が当たっている。

今日はTerminal21Korat

最近観た映画

X-Men ダークフェニックス

アラジン

スパイダーマン ファーフロムホーム

ライオンキング

運び屋(クリント・イーストウッド)

キャプテンマーベル

アクアマン

タイに来て、日本にいる時より、遥かに映画を観る機会が増えた。タイの映画館はショッピングモールにあるし、安いし綺麗だし空いていて快適。僕らは何時も観客10名以下で観ている。但し、いちごシーズンの半年は全く観れない。

映画を観ながらビールが飲めない点以外は、日本よりGood!

映画を観るのは嫌いじゃないが、マシュマロちゃん好みのマーベル物はもうウンザリ。

タイ語で観ても、英語サウンドトラックで観ても、何方も同じくらい聴き取れないので、微妙なニュアンスは分からない。最後までストーリーがちんぷんかんぷんの時もある。

そんな中で、ディズニーの二作、つまり、アラジンとライオンキングはお勧めだ。

アラジンはイントロのカメラワークからぐっと惹き付けられる。歌もダンスもいい。魔法のランプの大王が超いかす。ディズニーらしい良い作品だ。本作はミュージカルなので英語サウンドトラックで観るべし。

ライオンキングも基本ミュージカル。難なく不可も無くと言った作りで、いまいち盛り上がりに欠けるが、お子様と一緒に家族で観るのがお勧め。

何方も実写版ということだが、実際はほぼコンピュータグラフィクス。いつの間にかここ迄進歩したんだと感心する。もはや、現実とCGの区別は困難だ。

映画館ではやってないかも知れないが、クリント・イーストウッドの「運び屋」は泣けた。仕事一途な人生を送ってきた老人が「薬」の運び屋になり自分の人生を見直すと言うストーリー。

マシュマロちゃんは、スパイダーマンが最高だったと言う。まあ、青春が楽しめる分、他のマーベル作品よりは良いか。

死ぬ前に後悔すること

「旦那さん、あんた死ぬときに後悔しないように生きとるかね?」

「えっ!俺? どうかなあ? 骸骨さんは死んだ時、何を後悔した?」

「あたしゃねえ、自分の気持ちに正直に生きれば良かったと後悔したさ。」

❖ ❖ ❖

後悔しない生き方が出来れば苦労しないが、多くの人が後悔することは、きっと自分も後悔するだろうから、今のうちから、どうすれば後悔しないようにするにはどうすれば良いか知っておくことは大切だろう。

『死ぬ瞬間の5つの後悔』 

ブロニー・ウェア著 仁木めぐみ訳 新潮社刊 1728円(税込)
本書の要点

(1)「死ぬ瞬間の5つの後悔」は、

「自分に正直な人生を生きればよかった」

「働きすぎなければよかった」

「思い切って自分の気持ちを伝えればよかった」

「友人と連絡を取り続ければよかった」

「幸せをあきらめなければよかった」

である。

(2)もしも死の間際になって、自分の人生を後悔したとしても、ありのままの自分を受け入れ、許すことで、心の平安を手に入れられる。


(3)後悔しない人生を歩くためには、自分の心に正直に生き、すべての幸福に感謝することが大事である

♀  ♂  ♀  ♂

もう一つ

『死ぬときに後悔すること25』

大津 秀一 (著)

 

第一章 健康・医療編

1. 健康を大切にしなかったこと

2. たばこをやめなかったこと

3. 生前の意思を示さなかったこと

4. 治療の意味を見失ってしまったこと

 

第二章 心理編

5. 自分のやりたいことをやらなかったこと

6. 夢をかなえられなかったこと

7. 悪事に手を染めたこと

8. 感情に振り回された一生を過ごしたこと

9. 他人に優しくしなかったこと

10. 自分が一番と信じて疑わなかったこと

第三章 社会・生活編

11. 遺産をどうするかを決めなかったこと

12. 自分の葬儀を考えなかったこと

13. 故郷に帰らなかったこと

14. 美味しいものを食べておかなかったこと

15. 仕事ばかりで趣味に時間を割かなかったこと

16. 行きたい場所に旅行しなかったこと

第四章 人間編

17. 会いたい人に会っておかなかったこと

18. 記憶に残る恋愛をしなかったこと

19. 結婚をしなかったこと

20. 子供を育てなかったこと

21. 子供を結婚させなかったこと

 

第五章 宗教・哲学編

22. 自分の生きた証を残さなかったこと

23. 生と死の問題を乗り越えられなかったこと

24. 神仏の教えを知らなかったこと

 

第六章 最終編

25. 愛する人に「ありがとう」と伝えなかったこと

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
28位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
14位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる