FC2ブログ

井戸も水道も諦めた自動給水システム

観光客は靴に着いた泥を落としたくて、蛇口をひねるが水が出て来ない。

その時点で観光客は理解不能に陥る。

だって、蛇口ひねったら水が出るに決まってるだろう? それが出ないって、どういうこと???

それは、川の給水ポンプが止まっているから。

川の給水ポンプ??? 上水道しか知らない日本人、シンガポール人は意味が分からない。

こっちも説明するのが鬱陶しい。

しかし、手や足や靴を洗おうと思って水が出ないのは、実にけしからんことだ。給水ポンプだの川だのの事情はどうでもいいから、蛇口ひねったら水は出るべきだ!

それなのに、僕はしなかった。自動給水ポンプは去年買ったのに、しなかった。何故なら、井戸を掘って綺麗な水を配水したかったから。

20メートルも掘れば井戸水は出ると思っていた。何しろ1メートルも掘らずとも青い水は出てくるし、農園の両隣には地面よりたった50センチ低い水面の池があって、ラムタコーンという沢が涸れても池が涸れることはなかったから。

ところが井戸掘り業者は、この辺りは80メートル掘らないと駄目だと言う。しかも、水量計を付けて使った水の分だけテーサバン(自治体)にお金を払わないといけないという。なんのお金か知らないが、ともかくコスト掛かり過ぎなので止めた。

川の水でも、手足の泥落とし、トイレの洗浄、行水、食器洗い(洗ったあと飲料水で濯ぐ)には十分使える、というか、無いより100倍良い。

と言うことで、1000リットルのタンクを買って来て、自動ポンプを取り付け、あちこち配管工事をして、合計5箇所に新たに自動給水蛇口を設置した。

少しだけ自動ポンプが見える。

これで、今までと何が違うかと言うと、ラムタコーンの給水ポンプが止まっていても(一日2~3時間くらいしか使用しない)、蛇口をひねれば(そして停電してなければ)何時でも水が勢い良く出るのだ。

1000リットルタンクが空になるまでだが。

タンクが空になったらお仕舞だが、多分毎朝1000リットルタンクに水を溜めれば、1日分持つだろうと思う。

仕組みは簡単で、蛇口をひねって後圧が下がると、ダイアフラムが動いてポンプの電源スイッチが入る。蛇口を閉じると、後圧が上がってスイッチが切れるというもの。

配管、配線して、果たして上手く作動するかどうか不安だったが、一発で上手く行って皆を驚かせた。

へへへ、どんなもんだい! と気分爽快。

皆からは、

「どうして去年してくれなかったの? ワンナムキアオもやってね。」

と言われた。

実のところ、僕も二年前迄は自動ポンプのことを知らなかった。だけど分かっちゃんたんだな。

エスプレッソマシンには、日立の14000バーツもする自動ポンプを付けたけれど、ノンタブリのコンドにはもっと安いのが付いていて、立派に4階まで配水してた。

それで、去年買ったのは1500バーツの安物。

でも、10倍高い日立製と比べて遜色無い仕事ぶりだ。

これで、ウンチしたのに流す水がなくて立ち往生することは無くなった。

ウンチ後にお尻を洗う手動ビデも付けられるが、まだ付けてない。川の水で乙女のおマンコ洗ってもらうのも気が引けたから。

だけど、男子トイレはホース付けてお尻洗えるようになった。

サバイサバイだ。

タイ人は最強

タイ人は最強だ。

扇風機は何時も最強レベル。微風など決してしない。だから、半年でモーターが壊れる。若しくはファンが割れる。昔、寝るときに子供に扇風機の風を当ててると、脱水症になって死んでしまうと言われていた。だから、夜は微風の首振りが常識だったが、タイ人はレベル3の首振りなし。至近距離からの直風。それでも子供が死んだという話は聞かない。

ガスコンロの火は常に最強で、決して中火や弱火は使わない。唐辛子エキスが脂の煙と共に台所に立ち込めて、咽て息出来ないし目が痛くて開けてられない。音も凄い。

エアコンの設定温度は設定限界の17℃。送風は最強。25℃くらいに設定すると、「そんなじゃ冷えない」と言う。設定温度に下がるまでコンプレッサーは回りっぱなしなので、必要以上に設定温度を低くしたからといって、早く設定温度まで温度が下がる訳じゃないのに、そのことを理解できてない。

車はブレーキを踏むか、アクセルを最強フルスロットルに踏み込むかのどちらかしかしない人がいる。大抵、運転者は最低賃金で雇われた無学な貧乏人で、車は壊れかかった古いピックアップ。爆音と真っ黒い排気ガスを出して走っている。

カーオーディオの音も最強。デカいスピーカーと高出力アンプ付けて、窓開けて大音響(大騒音)を放ちながら車を走らせるのが好きだ。自分の好きな音楽を親切にも皆さんに聞かせてくれているつもりなのだろうか?

コーヒーの甘さも最強。

セックスも最強。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
28位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
14位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる