FC2ブログ

クラウン冷却

今、クラウン冷却というのをやってみようか検討している。

クラウン冷却というのは、いちごの茎の基部(クラウンと言う)を冷水で冷やして花芽誘導することを言う。

僕らが使っている王室プロジェクト80番という品種は、もともとは栃木県のいちごが元であるので、花芽が出来るには低温が必要だ。凡そ20度以下の最低気温が何日か続く必要がある。

ところが、ここカオヤイやワンナムキアオでは12月にならないと、そこまで気温が下がらない。この為に、例年クリスマスから新年の肝心要な時期にいちごが成らない。

気温を下げれば良いのだが、露地栽培で気温を下げるなんてほぼ無理。温室と強力なエアコンを使えば冷やせるかも知れないが、そのためのコストが掛かり過ぎて現実的ではない。

そういう訳で、僕らは四季なり品種の導入を試みている訳だ。

しかし、他に冷やして花芽を誘導する方法がないわけではない。

ポイントは、

① 昼間の気温は必ずしも冷やす必要はない。

② 花芽が出来るのはクラウン部分なので、夜間にそこだけ冷やせば良い。

その方法がクラウン冷却というもの。

詳しくはここに書いてある。

簡単に言うと、ポリエチレンチューブをいちごの株のクラウンの近くに設置し、夜間にポンプで冷水を循環させて冷やす。

この方法だと、

① 温室は不要

② 低コストで設置可能

③ クラウン部を確実に冷やせる

というメリットがある。

実は日本の実家近くのいちご園経営者と協同で実証試験をやってみようという話が持ち上がっている。

高い輸送コストで日本のいちごを持ってくるより、海外現地で日本のいちごが栽培出来ればより新鮮で安くて美味しいいちごが提供出来る様になるかも知れないというのが日本のいちご園経営者が興味あるところ。

僕としても、それで80番の中休みが無くなれば御の字だし、日本のいちご栽培の道も開けるかも知れない訳なので、試してみない手は無いように思う。

ただ、相棒のマシュマロちゃんは、こういう誰もまだ成功していない新しい試みを行うことには何時も反対するので、未だ合意が得られていない。

もうひとつの問題は、小規模試験なら低コストで出来るが、いちご園全体にスケールアップすることができるものかどうか定かでないことがある。

小規模試験では、冷水は氷とアイスボックスを使う。流路の長さも100メートル程度で済む。

全体となると氷が何トン要るか分からないし、流路も8km以上になる。

また、実証試験で効果を測定するためには、当然収穫量を測らなければならず、その区域はいちご狩り禁止としなければならないという難問もある。

どうしようかな。

小規模試験くらいはやってみたいな。

ナマズ

日本では滅多に食べなくなったナマズだが、タイでは魚の代名詞的存在で、僕も週に2回は食べている。

ナマズはどの市(タラート)に行っても必ずいる魚で、上の写真の様に生きたまま売られる。又は、腹を出して匂いを消すためのハーブを詰められ、遠赤外線炭火でじっくり焼かれて直ぐに食べられる状態で売られている。

僕らが買うのはもっぱら後者。40センチ級が美味しく焼かれていて一匹たったの40バーツ。30センチ級なら30バーツ。滅茶安いと思う。

腹に黄色い脂がたっぷり乗っていて美味い。それでいて全く泥臭くない。骨は細くて肉離れ良く、小骨なら噛み砕いて食べられる。

南部の海辺でない限り、タイで魚と言ったら、このナマズかプラニンことティラピアか、オレンジ色のタプティンくらいがメイン。

一方、日本にはもうナマズはあまりいない。

現役時代、つくばや牛久辺りに住んでいた頃、近くにナマズレストランが1~2軒あったが、ナマズ定食が一人前3500円くらいで高かったので、遂に食わず仕舞いで退職してしまった。

そこのナマズがどんなナマズなのか、どれ程美味しいのか知らないが、40バーツ即ち150円と3500円では違い過ぎる。

そこにビジネスチャンスありと思うが、あまり輸出されてないところをみると、何某からの規制があるのだろう、きっと。

それにしても、遠赤外線炭火焼き40センチが40バーツなんて、いったいどうやってナマズを用意しているのか不思議だった。

それが先日分かった。

カオヤイのある地主が、自分の土地でいちご栽培をやりたいと思い、大学を出たばかりの息子にやらせた。息子は育て方が全く分からず、僕らの農園にコンサルを頼みに来た。

彼の農園に行ってみると、いちごは燦々たるもので、処置なしといったところ。

ビニール温室に出来る骨組みの下にいちごはあった。

3月に植えたのに成長してない。

スリップスとダニと雑草でどうしようもない。

僕たちのアドバイスは、

「この時期にこのまま栽培を続けても良い結果は得られないから、この畑は潰して除草し、9月が10月に定植し直した方が良い。苗は欲しければ分けてあげる。」

話が逸れたが、その農園の隣に立派なニワトリの飼育施設があって、鶏卵用の鶏が数千羽飼われていた。

鶏は金網の飼育箱にぎゅうぎゅう詰めに飼われていて、毎日一つずつ卵を産む。

餌を食べて、卵を産んで、ウンチをすること以外許されない。

それで、ウンチは下に落下してコンクリート製の池と言うか下水溝みたいなところに落ちる。

その水は激しい水流で撹拌されていて、赤茶色に濁っていて透明度ゼロ。

「この中にナマズが16000匹居る。」

若者はそう言った。

つまり、鶏のウンチがナマズの餌だった訳だ。

市場に並ぶナマズも基本天然物ではなくて養殖ナマズで、餌は鶏のウンチなのだった。

鶏よりも数倍多いナマズの数だが、餌は栄養満点らしく、どんどん育つ。稚魚を入れてから2~3ヶ月で出荷可能らしい。

そういう訳で、見たら食べたくなくなりそうな光景だが、食べてみれば臭くもなく美味しいのだった。

胃のない胎児8:良くならない

チュラロンコーン大学病院に入院して、良くなったと思ったワーカーの子供は、翌日には悪くなってICU管理に移された。

風邪を引いて呼吸困難になったらしい。

食道が胃に繋がってないので唾液が飲み込めないため、口に溜まった唾液は気道を塞ぎ咳き込む。母親は直ぐに唾液を吸引機で吸い取るが、それまで息を吸うことが出来ない。

今は一般病棟に戻されたが、一時血中酸素飽和度が70台になったらしく、未だに酸素吸入が止められない。マシュマロちゃんは肺炎になったとき、酸素飽和度が91でICUに入った。70はほんとにやばい。

母親がミルクの調整を間違えたので、今は医師や看護婦がミルクを調整して胃の穴から授乳させているが、なかなか体重増加が見られず、医師の話では、一月遅らせた手術日(あと3週間後)にも、とても手術が出来そうになく、後2~3ヶ月待たないといけないらしい。

もうすぐ良くなる予定だったのに、とても困ったことになった。

無事に育つかどうか自信も持てない。

実は、この子は父親の二人目の子供で、別れた奥さんとの間に出きた初めての子供も心臓に問題があって、産まれて2年間病院を出られず、そのまま亡くなったと聞いた。

何が悪いのか知らないが、不幸な経緯だ。

今の母親は、昨年「産まれる迄働いて、産まれたら直ぐに働く」と言って僕を驚かせたが、現実には昨年11月から今まで全く働いてなく、手術が数ヶ月後になるなら一年近く働けないことになり、僕らのいちご園内にとっても、もはや戦力ではなくなってしまった。

今季もマシュマロいちご園を世話してもらう予定だったが、父親一人では無理なので、誰かを補充するか入れ替えることを考えなくてはならない。

いろいろ困ったことになりそうだ。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
26位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
16位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる