FC2ブログ

最後の戦い

香港の市民は、共産党独裁の中国政府のやり方を他の誰よりも良く知っている。

今回のデモは、「最後の戦い」との自覚で決死の覚悟だ。

デモ参加者は、

黒い服を来てデモ隊であることを一目瞭然にする。

顔認識システムから逃れるため、マスクをする。

保安部隊に捕まったとき、仲間から助けられ易くするように、ベルトを締める。

万一投獄された場合を考えて、身体に油性マジックで弁護士の電話番号を書いておく。

催涙ガスから身を守るためのラッピングフィルムを用意しておく。

水の補給経路を確保する。

などなど。

デモというより、正しく戦いだ。

ここで負けたら終わりという覚悟が伝わってくる。

僕からの助言は、WeChatを使うのを止めろ、だ。

このところ、中国政府の邪悪さが際立って目立つようになってきた。崩壊は遠くないかも知れない。

野生ゾウが降りてきた

一昨日、目の前の象山からオスの野生ゾウが降りてきた(らしい)。

夜の11時頃、ゾウはカオヤイ農園脇の小路を通り、メイン道路のタナラット通りを渡り、迎えのメモザというレストランの裏庭に入り、そこに植わっているカヌン(ジャックフルーツ)を大量に落としてむさぶり食った。

お陰で昨日はゾウに落とされてカヌンの実を頂いて、たっぷり食べることが出来た。とても甘くて美味しかった。

野生ゾウは、今朝はタナラット通りをこちら側に渡り、カオヤイ農園隣のテーサバン前の草むらにいたそうだ。

テーサバンの向こう隣には、観光客に象乗りをさせるゾウが三頭いるが、何事もなかったようだ。

カオヤイ農園両脇の小路は、その飼い慣らされたゾウの夜間の散歩道で、ラムタコーンという小川の近くで静かに一人夜を過ごす。だから、そこら中にゾウの糞が落ちている。

野生のゾウはオスの一頭単独で、恐らくは新しい雌ゾウを求めて降りてきたようだ。

今は雨季で山に餌の葉は幾らでもあるので、腹が減って人里に降りてきたのではないと思う。

しかし、もし乾季のいちご園に来て、いちごを食い荒らされたらどうしよう。

カオヤイ農園の住込みワーカーは今朝野生ゾウを見たと言うが、幸い僕は未だ野生ゾウを見ていない。日中は木陰に隠れているのだろう。

怖いので会いたくない。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
61位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
31位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる