FC2ブログ

カオヤイ国立公園の奥

カオヤイ国立公園には、もう20回以上行ったが、行けるところを全部周った訳ではなく、寧ろ入口付近の僅かな地域しか行ったことがない。

誕生日の翌日、久しぶりに国立公園に入り、奥のビューポイントを回ってきた。

行ったのは、タイエアーフォースのレーダー基地に近いパー·ディアオ·ダイというビューポイント。

例に依って良く整備されたトレッキングコースが整備されている。

森の中の、鉄骨と硬い木で作られたコースを降りて行くと、蝉しぐれと鳥の声しか聞こえなくなる。

ここがビューポイントの断崖絶壁。

断崖には柵がないので要注意。下の木が見えない位高い垂直の断崖絶壁。落ちたらお陀仏。

崖の向こうは延々と深い森が続いている。

眼下に鷲か鷹が優雅に飛んでいた。遥か向こうの山まで人気はない原生林。白く霞んだところは雨。

崖近くの木を見上げた。上手いこと枝葉が空間を棲み分けている。

マシュマロちゃんはカメラに夢中。

丁度広い盆地の様になっている森。

この中には普通は入れない。

***

さて、この日カオヤイ国立公園公園で出会った生き物達

Prevost's squirrel or Asian tri-colored squirrel

翼を開くと1メートル以上のビッグホーンことGreat hornbill

ロッテチョコボールの鳥

カオヤイ農園の奥の山にも時々出て来る。

サル。サルは何種類か住んでいる。

鹿。人のいる地域にウロウロしている大型の鹿とは別種。

蝉は相当数の種類がいるのが声で分かるが、意外に警戒心が強く近寄ると鳴きやんでしまうので、姿を見つけるのは至難の技。

ラムタコーンあれこれ

僕らの取水口より500メートル程の下ったところにある天然湧水プール。

誕生日の朝、行ってきました。

人は少なく、水は済んで気持ち良かった。

忍法カエル浮き。

ここは水深2メートル程。

この湧水より下流は水が涸れない。

***

それからぐっと下流に行って、国道2号線とラムタコーンが接する地点にラムタコーンカフェがある。

僕らは、こういうカプチーノの模様が未だに出来ない。

地面より10メートル位下にラムタコーンが清らかに流れていて、そこに涼しいカフェがある。僕らは、ここでコーヒーと朝食を摂った。

おそらく湧水がいくつかあるのだろう。下流に行く程、水量が増える。

一度、カヌーでラムタコーンを下ってみたい。

生贄を捧げた日2

昨日は大御所兄貴のいちご園にて、生贄を捧げる宴会に参加して来た。

但し、昨日の生贄は豚じゃなくて牛。

100kg以上ありそうな仔牛だった。

牛と言っても、タイで良く放牧されている耳が大きくて褐色の痩せ牛で、価格は8000バーツだったそうだ。

以下、かなりエグいがいくつか様子を紹介したい。

これが生贄の仔牛

屠殺の前に土地の精霊に祈ります。モン語なので何言っているのか全然分かりません。

大きな金槌で頭を打って、頭蓋骨を陥没させ意識不明にしてから、太刀で頸動脈を切って鮮血を受ける。

皮を剥ぐ。

内蔵の中で一番大きいのは胃袋。

内蔵を取り出すと、胴体部分に余り肉はない痩せ牛だ。

肝臓を取り出しているところ。

赤身と鮮血を混ぜ、包丁で良く叩いてラープを作る。牛のラープは豚のより美味。

香辛料をたっぷり入れて良く練って出来上がり。

日本では禁止されている肝臓の刺身。

コリコリでめっちゃ美味い。

出血性の毒性の強い腸内細菌が10%位の確率で肝臓から検出されるらしく、微量の細菌でも重大な食中毒になる恐れが排除出来ないそうで、ニホンでは禁止となったが、これ程美味いものは滅多にない。

僕は大昔に西表島でハブに噛まれて弱った牛から得た肝の刺身を食べたことが一度だけある。その旨さが忘れられず、昨日もたっぷり食べてしまった。

見た目は綺麗な肝臓だったが、生食すると出血性の下痢の他に、肝臓に寄生虫が付くこともあるので、お勧めは出来ない。

火を通せば大丈夫。屠殺直後、焼き立ての牛肉はめちゃくちゃ美味しい。

ステーキも沢山食べた。柔らかくて臭みのない美味しい肉だった。

先日の豚と今回の牛とで、冷凍庫は肉でいっぱいになった。当分、肉は買わなくても済みそう。

ところで、兄のいちご園は今年も不調だった。欲張って三ケ所開園したが、二箇所はお客さんが入らず、早々に開店休業になってしまった。残り一箇所もライバル農園に押されて売上は低迷。もう来年はワンナムキアオではやらないそうだ。但し、トマトを雨季にやるらしい。

5年前、この兄がワンナムキアオでいちご園を始めた。その時、マシュマロちゃんが手伝いに駆り出された。

4年前、僕らはその給料とノウハウで自分達のいちご園を持った。その時、妹さん夫婦が手伝いに来てくれた。

3年前、妹さん夫婦は僕らが払った給料と観光いちご狩り園のノウハウを持って、自分達のいちご園を開園した。僕らもカオヤイに2軒目の農園を開園した。

こんな風に兄からすべて始まり、今ではマシュマロちゃん家族以外にも多くのモン族によるいちご園が出来た。

5年前は、この地域では、いちご狩り自体が未だ珍しかったが、今ではかなり知られるようになり、お客さんの殆どがいちごを買いに来るのではなく、いちご狩りを楽しみに来るようになった。

そんなパイオニア的な兄が競争に負けて去ってゆくのは複雑な思いだ。

僕らは彼に50万バーツ超貸してあるので、出来るだけの支援と言うか恩返しはしたつもりだ。

兄には、別の場所でいちご狩り園を始めて成功するのを祈るばかりだ。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
33位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
18位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる