FC2ブログ

中国産四季成りいちごの種

他のいちご園は大方今期終了して閉店したのに、僕らのいちご園はいちごが未だ鈴成り。

けれども、シーズンオフになったのか、いちご園に来るお客さんは疎ら。

肝心の年末年始にいちごがなくて、シーズンオフに未だいっぱいあるというのは宜しくない。

そこで、比較的高温でも花芽分化が起こるいちご品種を導入したいのだが、なかなか簡単にはいかない。

ネットでいちごの種を検索すると、実に沢山出てくる。大半が中国産だ。

日本では、種で殖やせるいちご品種は2品種しかないのに、どういうことだろうか?

四季なりらしいことが書いてある品種まである。

中国産は嫌なので、タイにある種苗会社から試しに種を購入してみた。

結果、届いたのはやっぱり中国産だった。

しかも、2品種オーダーしたが、来たのは2つとも品種パッケージがオーダーしたのと違っている。

こんなことだから、品種名は全く信用出来ないが、一つには四季成りらしきことが書いてある。

中国語は習ったことが無いが、漢字と微かに残る漢文の知識で、凡そ意味が分かってしまうところが中国語の便利なところ。

こんなことが書いてある。

四季草莓一年结几次果:

  1、四季草莓花芽无休眼期,在夏季高温长日照下仍能形成花芽,有一年多次结果的习性,管理好的话,花果可周年不断。

  2、第一批果实在华北地区多于5月上中旬成熟,属早熟品种。

  3、此后的7-10月能不断开花结果,但以第一期产量最高,品质最好。

時期に関しては、河北省を想定して書いてあるが、その気候なら四季なりで、高温期の長日条件で花芽分化するとある。

だからといって、タイで年末年始に実が成るのかどうか保証の限りではないが、普通よりも高温で花芽が出来やすいことは確かだろうから、試してみる価値はある。

もっとも、いちごの育種については、日本がずっと進んでいると思うので、種で殖やせる四季成りいちごが中国で開発されているというのも想像しにくい。

日本などからこっそり持ち込んだ四季成り品種の種を単に集めて売っているだけ、という稚拙な話である可能性も中国のことだから充分有り得る。その場合、親の性質と同じいちごになる可能性は低いし、性質もまちまちになって事実上使えない。

値段は格安。一袋25バーツ。100粒入りと書いてあったが、実際には300粒位入っていた。僕はこれを20袋買った。

早速蒔いてみた。

発芽率は85%と書いてあったが、果たしてどうなるか?

ともかくも、この地の露地栽培に適合して、年末年始に実が成る品種に巡り会いたい。

ハプニング

いちご畑にはいちごが鈴成りなのに、暑季に入っていちご狩りに来る客は疎ら。

閑古鳥カーカー、日暮しカネカネ鳴いている。

朝から1000バーツ札が2枚だけ。

昼飯食って、やることもなくウトウトと昼寝に浸っていると、夢の外で子供たちの歓声と足音が聴こえて来た。

目覚めると、観光バスが3台停まっていて、お店の周りは子供たちでいっぱいだった。

その観光バスは、お昼ごはんを買いに出かけた際に見掛けたものと同じだった。

通り過ぎるバスを横目で見ながら、

「ああ、あんなバスが来てくれたら良いのに。」

と思ったことを思い出した。

それから3時間後、願いが叶ったのか、本当に来てくれたのだった。

しかし、バスのお客さんは子供たち。タイ最南部のナラティワートの小学校の遠足だった。

約120人位だっただろうか。多いけれど、小学生からはあまりお金は取れない。時間もないので、いちご狩りのいちごをいちいち測ってなんかいられない。

そこで、機転を効かせたマシュマロちゃんは、250グラム入る小さなPETケースを皆に配り、

「これ一杯で50バーツだよ。蓋が閉まらないと駄目だよー!」

日本人バスツアーの時にとった手だった。

当然、閉まりきらないで持って来る子供たちが多く居た。平均で300グラムといったところか。それで50バーツじゃ安いが、小学生なら仕方がない。

ところで、ナラティワートのような南部は、ほぼ全員がイスラム教徒。タイ語以外にマレー語を話す。県としては貧しいが、実は油椰子や天然ゴムでお金がある人が多い。平均世帯収入でも、南部は北部より豊かだ。

先生や若い兄さんも多かった。

ナラティワートにはいちご狩り園なんて無いと思うので、子供たちには良い経験になったと思う。

一人数パック分採ってくる子も多く、僅か数十分で100バーツ札がどっさり溜まった。

ちょっとした嬉しいハプニングだった。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
24位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
14位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる