FC2ブログ

砂利敷いて看板立てた

Facebookのお陰で、マシュマロいちご園は有名になった。

しかし、マシュマロいちご園の欠点は入り口が分かりにくい。車で走っていると街路樹のせいで入り口が何処か非常に分かりにくいのだ。

せっかくマシュマロいちご園に来ようとしたお客さんが、うっかり通り越してしまったり、迎え側の入り口の広い別のいちご園に入ってしまう。

「向こうのいちご園がなかったら、売上は倍になったんじゃないかな?」とマシュマロちゃんは悔しがる。

街路樹は切り倒せないので、何らかの方法で入口を際立たせる必要がある。

しかし、パネルを沢山立てると、パネルに隠れて余計に入口が見えなくなる。

そこで、僕は始め白のマーカー(炭酸カルシウム)で路上に矢印を書いた。これは効果があったように思えたが、欠点はすぐに消えてしまうこと。

その欠点を補うため、人工芝で大きな矢印を作り、それを路面に貼り付けることを考えた。予算は2000Bで出来る。

この方法の欠点は、多少美観が悪くなるのと、土の路面への人工芝の貼り付け方が難しいこと。釘状のもので打ち付けるしかないが、外れるとタイヤをパンクさせそうで危険。

僕はこの方法を強力に主張したが、マシュマロちゃんは気が進まないらしかった。

そこで次の手を考えた。砂利を敷くのだ。

もともと路面は雨で削れて凸凹がきつく、車高の低い乗用車だとフロントを擦ることがある。あるいは、駐車場まで徐行しても、車が大きく左右に揺れてしまう。雨が降れば、ぬかるんでタイヤに泥がべっとり付く。

砂利を敷けば、遠くからでも何処が入り口であることが分かるし、凸凹や泥の問題も解結する。

しかし、何故かこの案もマシュマロちゃんは実行しようとせず、僕は腹を立てた(タイ語で土木業者に砂利を頼む交渉なんて、僕にはとても出来ないので、やってもらうしかないのだ)。僕が考えたことをやってもらわなければ投資した意味が無いし、僕の考え自体が軽視されている気がして自尊心(未だあるのか?)が傷つけられた。

翌日、ノンタブリにロットゥーで帰る際も、僕は不機嫌で彼女とあまり口を利かなかった。

「あなた、私のこと怒ってるでしょう?」と聞くので、

「ああ、怒ってるよ。僕はいちご売りのお手伝いさんじゃない!」

そう言って顔を背けると、彼女は下を向いて、

「怒らないで。」と言って涙目になってしまった。

ロットゥーは出発し、バンコクに近づいたころ、

「私、明日砂利を敷くわ。」とラインにメッセージが入った。

「それから、いちご園の名前ももっと分かるようにする。」

そうして、敷かれたのがこの砂利。15トンくらいで4000バーツだった。

少し物入りだったが、砂利は来年も効果が持続するだろうから費用対効果は悪くないだろう。

SL004137

SL004153

SL004175

砂利のお陰で、お店の両側の駐車場への細道が分かりやすくなった。

効果はてきめんで、店の前に停める車は減り、素直に奥の駐車場へ登っていく車の割合が増えた。フロントを擦る車も無くなった。

しかし、中には、砂利のある場所が駐車場だと勘違いして、道をせき止める形で駐車してしまう人もいる。

こうした言葉に依らないサインは、思うように伝わらないこともあるものだ。

SL004171

それから、いちご園の名前を書いた看板も入り口に立てた。

これだと、視界を遮らないので上出来だと思う。

グーグルマップのドロップマークが活かしている。

桃の香りのいちご

種間交配で生み出された桃の香りがするイチゴ。

面白そうだったので、マシュマロいちご園で数株だけ育ててみた。

SL004180

オレンジがかったピンク色の実が綺麗に成った。

鼻を近づけると、まさしく桃の香り。臭いを嗅げば皆が驚く。

食べると桃。もはやイチゴではない。甘みはイマイチ。

実はジューシーで、とても柔らかく、遠くへ運搬するのは困難。

赤く熟さないので、食べごろがわかりにくい。

1月のコラート台地は晩秋の気配

いちごが成り、コスモスが咲き、朝顔やペチュニアやインパチェンスといった夏の花も咲き、クリスマスの時期の真っ赤なポインセチアが咲く、おかしな季節感の年始だが、自然界をよく見ると、日本の実りの秋に似ている。

とうもろこしは硬い黄色の実を付けて枯れ、サトウキビは茶色く枯れたように乾き収穫に時期を迎えた。

草むらの草達は、膨大な数の実をつけて世代を終えている。

SL004196

SL004197

SL004192

下の池に降りる道は沢山の実を付けた草が枯れて、風に揺られてカサカサと音を発てている。

SL004191

SL004190

その下の道には、落ちた草の種が絨毯のように敷かれていた。

土が見えないくらい。膨大な量だ。

SL004193

高さ5メートルもある大きなすすき。

これを見ていると秋の侘びしさを感じる。

いちご畑での僕の夢も、少しだけ叶って、多くは叶わなかった。

いろんなことがあったが、草をかける風の音が、時が過ぎていったのを告げている。

SL004189

ミツバチの巣になるように作った巣箱には、結局ミツバチは入らなかった。

しかし、多くのコスモスに惹かれて、ミツバチはどこからかやってきて受粉してくれているようだった。

SL004188

この実何の実気になる実」の実が落ちた。

殻が割れて中から軽い芯と、それについたバルサのようにお軽い羽のついた種。長さ10センチ位。

空に投げると回転して落ちた。種の部分に薄いナッツが入っていて、食べてみたら、舌が痺れるほど苦くて、とても食せるものではなかった。

SL004200

タイの台地に沈む夕陽は、いつもオレンジ色。

SL004133

夜明け前の満月。300ミリで月のうさぎが写った。

SL004140

なのに、朝顔ブルーヘブンは花盛り。

花のピラミッド

マシュマロいちご園のシンボルは日本いちごのピラミッドだったが、日本のいちごが思ったようにならなかった。

ピンクの花のいちごは病気に弱く、疫病か根腐れ病でどんどんと枯れていき、生き残った株も何かの病気かアザミウマの被害で、ポツポツとピンクの花を咲かせるものの、美味しそうないちごが成ってない。

別のジャンボいちごは、病気に強く草勢も強いのだが、暑さのせいかこの1ヶ月、いや2か月くらい花も実も僅か。売りの大粒いちごも成ってない。

いろいろ問題はあるが、ピラミッドにしたことで薬剤散布や手入れが行き届かなかった点が失敗の一因でもあった。

そこで、ピラミッドのいちごは下ろして、代わりに花を飾ろうということになった。

花はサフィニアが良かったが高いので諦め、普通のベチュニアにした。たまたまルーイ県に出掛けていた妹夫婦が見つけ、運良くルーイの花屋から一株4バーツと格安で入手することが出来た。

IMG_20160120_093653

これで600株もある。三色だが、ピンクのは少し色が違う2~3種類の混合。

IMG_20160123_111729~2

いちごを下ろし、二株ずつビニールポットに植えたものを並べて、花のピラミッドが完成した。1基400株近く使ったので、もう片一方のピラミッドは半分いちごで半分ペニュニアとなった。

IMG_20160123_112001~2

SL004155

いちごを下ろすときのマシュマロちゃんの機嫌は最悪だった。

病気がちで頼りない株は上から投げ捨てるように扱い、僕は怒って喧嘩になった。

「日本のいちごは将来へのカギなんだから、もっと大切に扱え!」

「タイで日本のいちごはやっぱり無理なのよ!」

タイのいちごと同じように育てて上手くいく確率はもともと数分の一以下と思っていた僕としては、「この株はこのやり方ではダメ」と確認されたに過ぎないが、

きっともっと素敵な夢を描いていた彼女は、思うようにならなかったのが僕以上に悔しくて悲しかったのだろう。

後で冷静に考えてみると、僕もこの株についてはこれ以上追求するのはやめようと思っていたので、実際問題大切に扱ってみたところで仕方のない話だった。

12524291_1651629748452106_3222457393236147567_n

ともあれ、シーズンが終わるまでの売上向上のためには、ダメないちごを飾っておくよりは、綺麗な花に替えたほうがいい。

いちご園を訪れる人の8割は、ここで写真を撮って帰るので、ピラミッドはマシュマロいちご園の大切な資産なのだ。

タイにも大寒波到来

日本列島を襲った記録的大寒波。

中国では国土の90%が氷点下になったそうだ。

北米東海岸では20年ぶりの大雪で非常事態宣言。

台湾にも雪が7 年ぶりに降って観光客を喜ばせたが、60人以上の凍死者が出たそうな。

香港でも霜見物の人111人が低体温症で病院に運ばれたとか。

農業への影響はまだ数字が出ていないが、きっと凄いことになっているに違いない。

さて、ここは熱帯のタイ。高原で涼しくなくちゃいけないワンナムキアオでさえ、連日30度を超え、暑い日が続いていたから、寒波なんて関係ないと思いきや、、、、

バンコク周辺や北部、東北部で、最低気温が20度を下回った。

20度なんて、北国の人から見れば春爛漫のぽかぽか陽気なのだが、温かい服なんて持っていないタイの人にとっては、凍える寒さだった。

この寒波の週末、僕はマシュマロいちご園にいた。

いちごの花芽との関係で気温が気になるのでデータをとっていた。

IMG_20160123_164031

これは1月23日(土曜日)の午後4時40分の証拠写真。この日も暑くて、夕方なのに約30℃もある。

この日の深夜、珍しく激しい雨が降った。

IMG_20160124_071936

翌朝、1月24日(日曜日)午前7時20分の気温は15℃。1時間前は14.7℃だった。

通常は陽があがれば暖かく(暑く)なるのだが、どうしたことか、この日は気温が上がらない。

それどころか、昼から気温が下がりだした。

IMG_20160124_163832

気温が下がると、バンコクから涼しさを求めて観光客がたくさんやってくる。

この日曜日も、朝からお客さんは大入り。大勢観光客来たので、いちごは売れに売れ、午前中でいちごもいちご関連商品もほぼ売り切れ。午後にお客さんが来ても、「もう何もありません」状態になってしまった。

やってくるバンコク姉ちゃんたちは、素足サンダルにホットパンツ、ブラがスケスケのシャツ。普通ならセーターが要る気温なので、寒すぎて鳥肌が立ち、いちご狩りなんてやっていられない。

IMG_20160124_123314

青い西洋朝顔が夕方まで咲いていた。

IMG_20160124_173248

結局、夕方の5時半には12.7℃まで気温が下がった。

こうなると異常事態だ。

一日で17℃も下がったことになる。この近くの住民も、こんなに寒いのは10年ぶりだとか言っている。風が北風特有の「ヒューヒュー」という音を立てて通り過ぎる。

この寒い中、お店を閉めてから、マシュマロちゃんはお兄さんと農薬散布を深夜まで行った(僕は独り布団の中で丸まって寝ていました。m(__)m)。寒いだけじゃなくて、風が強くて、農薬散布には最悪のコンディションだったが、今日しかないと言ってやり遂げた。

農薬を身体に被って、しっかり全身を洗い落とさないといけないところだが、冷えた身体に冷たい水シャワーは無理(温水器はなし)。凍えた身体で布団にも繰り込んできた彼女の身体は、冷たく冷えきっていて震えていた。

そして、翌朝。

IMG_20160125_074857

いちご園の売り場に行ってみると、なんと9.5℃。

先に起きてお店の準備をしていた妹さんによれば、30分前は8.8℃だったらしい。

一大事だ。

僕のタイ歴で、ワンナムキアオの17℃というのが最低記録で、ノンタブリでは年中エアコン(クーラーのこと)を使って寝ていたというのに。

IMG_20160125_074934

朝は、人の赤ちゃんを湯たんぽ代わりに抱き、焚き火に当たって震えるばかり。

IMG_20160125_074949

IMG_20160125_074944

ワンコも寒い。

この日、ノンタブリに帰るため、ロットゥーの待合場で車を待っていたのに、ロットゥーの故障とかで結局1時間50分待たされた。しっこはしたくても便所はなし。ひどい目にあった。

山を降りてバンコクに着くと、20℃もあって暖かかった。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
45位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
23位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる