FC2ブログ

家の中に滝

三週間ほど前、大雨が降った。

降り出して30分ほどで、階段から水が落ちてきた。

水量はみるみる増えて、3分後には滝になった。

営業部長が、「上の窓があいているんじゃない?」というけれど、窓から吹き込む水の量じゃない。

まるで滝のごとし。毎秒10リットルの勢い。

一階はあっという間に水浸した。

慌てて階段を上がってみると、水は屋上から来ていた。

屋上の扉を開けると、屋上からの排水管がゴミで詰まっていて、屋上に降って溜まった水が全部屋内に流れ込んでいたのだった。雨量は日本の集中豪雨以上で、これまた滝のよう。

詰まったゴミを取除くと、ゴーという音を立てて、水は排水管を下るようになった。そして、屋内の滝は止まった。

しかし、一階に溜まった大量の水を一体どうしたらいいのだろう。

水浸しの床はとても滑りやすい。

階段を降りるときが危険で、僕は一歩一歩確かめながらゆっくりと階段を下った。

下で営業部長が、「滑るから気をつけてね」と言った瞬間

足が宙に浮いた。僕は階段におしりと背中を強打し、そのまま10段くらい階段を滑り落ちた。

「きゃあ~嫌だわ、大変!大丈夫?」と聞かれても、すぐには大丈夫なのかどうか自分でも分からない。

痛みの程度は大丈夫。後頭部は打ってない様子。めまいも吐き気もない。骨折もなさそうだ。

「うん、大丈夫と思う」と答えたのは10秒後くらいだった。

一休みして呼吸を整えた後、床に溜まった水をモップで一段低い台所に流し込み、それから外に流し出す作業をしていると、自分の肘が痛いことに気がついた。

見てみると出血していた。

IMG_20151001_140347

後で洗ってみたら、肘の皮膚が2センチ弱裂けていた。

IMG_20151001_143103

日本ならすぐに外科に行って、1~2針塗ってもらうところだが、僕はタイに保険がない。

外は土砂降りで出られない。車もない。

それと、肘は人間の体の中で一番神経が少なくて痛くない場所だ。

僕は放置することにした。

翌日、マシュマロちゃんがコラートから駆けつけて来て、僕は叱られた。

「どうして病院に行かなかったの!。あなたは歳で、傷が治りにくいんだから。」

肘は腕を伸ばし気味にしていれば、皮膚がたわんで傷口は開かない。消毒と抗生剤の投与は自分で済ませた。

その10日後、傷はほぼ完治。良かった良かった。

しかし思った。いつかきっともっと大きなけがをする。

やっぱり現地の保険に入っておいたほうが良さそうだ。重症で担ぎ込まれた時、保険がないとかの理由で十分な処置をされずに放置されたくはないから。

ただ、財布を見れば、僕が日本人で、クレジットカードも持っていることは見つけてくれるだろうけど。

自分の意識がしっかりしてたのなら大丈夫。とりあえず払うお金はあるし、後で日本の保険で還付されることを説明できるから。

うーん、そういえば、もう2年間もちゃんとした健康診断をしていない。やったことといえば、血圧とHIV検査だけだ。

そろそろ肺と胃と大腸のがんの検査をしておいたほうが良さそうだ。それと前立腺。

タイで安くできるところがあれば教えてほしい。

種まき

三週間ほど前、マシュマロいちご園を花で飾るため、種まきをしてきた。

自分の記録のための記事。

IMG_20151004_133640

撒いた直後

IMG_20151011_115500

三日後には発芽。早い。

発芽率は30-40%くらいだった。

まだ、数千個以上の種が残っているので、空き地が施肥されたら直播きしておこう。

IMG_20151011_115414

IMG_20151011_115408

これは普通の朝顔じゃなくて、春先まで咲く西洋朝顔。朝顔の発芽率は80%程度と高かった。

まだ数千個の種が残っているか、多分これて十分。

他に、サルピグロッシスを撒いたが、スコールで種が流れてしまい全滅。

ルピナスを撒いたが発芽率悪く、数本しか取れなかった。

IMG_4114

これ去年の11月14日の写真。

コスモスもいちごも今年は少し遅れている。

コスモスについては、去年の経験から7月か8月に撒くべきだったが、結局準備が整わずに、去年より遅くなってしまった。また、小苗のうちから花が咲いて、小さい背丈のまま終わるだろう。

が、まあいい。来年こそは日本のような優雅なコスモスを咲かせたい。

これは何?

日本の商品が沢山あるTOPSマート。

もう2年も通って、どこに何があるか大体頭に入っているが、先日見慣れない商品郡を見た。

IMG_20151014_200235

IMG_20151014_200245

これがそれ。

初めはなんだかわからなかった。

よく見ると栄養素が書いてある。赤ちゃんのミルクだったのだ。

赤ちゃんのミルクは日本製が定番と思っていたが見当たらなかった。日本では丸くて縦長の缶に入っているイメージだが、ここのは箱入りがメイン。化粧箱の印象も大分違う。

どうして日本製ミルクがないのだろう? 中国ではわざわざ日本に買いに来る人が居るほどなのに。

FDA絡みの問題でもあるのか、価格が合わないのか? 理由が気になる。

化粧品は日本製がたくさんあるのに、健康食品は滅多にない。多分、それと関係ある。

健康食品をやる予定なのでちゃんと原因を把握しておかなければ。

無報酬労働お互い様

雨季が開けたような空。直射日光が暑い。

下の写真は、マシュマロちゃんのお兄さんの今年のいちご園の様子。

IMG_20151017_140707

IMG_20151017_140658

IMG_20151017_140711

去年は3ライ位だったが、今年はかなり拡大した。

5ライと聞いたが、僕の目測では7ライくらいある。畑が大きければ、その分収穫量も多くなるので、利益も膨らむ。この場所は、とても見晴らしが良く、大通りから目立つので、きっと多くのお客さんが来ることだろう。マシュマロいちご園にとっては、ライバルとなるわけだが。

ところで、この時やっていた作業は、

  1. 白いビニール袋へココナッツを入れて畑に並べる。
  2. いちご苗を天空の村から徹夜で運んできて、それを植えこむ。

この一連の作業は、人手がかかる上、いちご苗が元気なうちに素早く完了しないといけない。

お兄さんは天空の村付近から若者を二人連れて来て雇っている。給料は、いちご園の最後に一人20万バーツ払うが、それまでは無給という条件。ただし、それまでの食事と寝所は無償で提供する。半年で20万バーツというのは、村の若者にとっては魅力的なので一生懸命働いている。月給なら使ってしまうが、最後の日まで無給なので、絶対に20万バーツが手に入るというわけだ。

しかし、男三人では上記の作業を1~2日で終わらせるのは不可能。

そんな時、彼女の家族はどうしているかというと、総出で手伝いに行くのだ。もちろん無償。雇人もそのまま連れて行く。僕も手伝いに出たが、陽に当たって頭が痛くなり使い物にならなかった。テントの下で14歳の女の子と一緒にいちご苗をポリカップから取り出す作業をするだけで終わった。大人の男たちも女達も、僕を除き一日中炎天下で腰を曲げながら植えこみ作業を続ける。僕も一応挑戦してみたが、顔から玉の汗が出て腰が痛くなり、30分でギブアップした。

自分の畑でもやることは無限にあるのだが、作業が必要になれば全員で駆けつけて手伝う。だけど、それはお互い様で、彼女の植え込みの時も一家総出で手伝ってもらった。お金の出入りはないが、それが当たり前の共産的村生活のしきたり、というか掟。

だから、マシュマロの仕事場は、自分の畑以外にあと2箇所ある。大変だが、足りない時の補いあうこのシステムは上手く機能しているようだ。お金の出入りがなくても回ってゆくのだ。

日本も昔の農村はこんな感じだったのだろうか?

20年前の天空の村

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
22位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
11位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる