レッド・ライス・ワイン爆発事件

マシュマロちゃんの研究室から送られてきた写真には、赤いワインのようなものがあった。

それが何なのか聞いてみたら、

「赤いご飯で作ったライス・ワイン。私、その発酵条件を研究してたの。」と言う。

タイには、アントシアニンが豊富で赤黒いお米がある(日本にも、古代米という名前の黒いお米があるが滅多にない)。これを白米と混ぜて炊くと、ちょど赤飯みたいに赤黒いご飯ができる。白米を混ぜないで炊くと、ほとんど黒いご飯になる。アントシアニン以外にもビタミン類が豊富なお米で、トップス・マーケットにも赤いお米やご飯が売られているが、それで作った赤いお酒は見たことがなかった。マシュマロちゃんの説明によれば、アルコールが出来るとアントシアニンがよく溶けてフルボディーの赤ワインみたいな色のお酒が出来る。

「見た目も綺麗だし、カラダに良いし、良いでしょう? 味は飲んだことがないから分からないけど。」と言う。

これはひょっとすると行けるかもしれない。ありそうでなかったもので、既存技術の改良で製造できる。お米と酵母と条件を教えてあげれば、どこかの酒蔵で作って新商品に出来るかもしれない。もし、美味しければきっと売れるだろう。

ただ、赤い部分は主にお米の表面部分なので、しっかりと精米すると白くなってしまうかもしれない。一方、一般的には、しっかり精米しないと美味しいお酒は出来ない。

「それ、飲んでみたいなあ。美味しければ、売れるかもしれないよ。何しろ、日本にも赤いお酒なんて見たことないから、健康にいいなら売れるかもしれない。美味しいのかなあ。飲んでみたいなあ。」

と言ってみたのがいけなかった。

「うん、分かった。もう一回試してみるね。」

マシュマロちゃんは、大学からスラントで発酵に使う数種の酵母菌を持ってきた。

そして、ペットボトルに赤いお米を入れて発酵させ始めた。

僕も高校時代にやったことがある。ワインを作ろうとしたのだ。

発酵は、大抵は初めちょろちょろ。安心していると急激に発酵してきて炭酸ガスが発生する。それが密閉したボトルを吹き飛ばす。すると発泡酒みたいに、一気に中身が吹き出してしまい、部屋中が汚れまくるのだ。

これをマシュマロちゃんもやってしまった。密閉してはいけなかったのだ。

1196356905011

壁際に置いてあった発酵ボトル。青黒っぽいものが壁に吹きかかっている。

 

1196356613126

床にも発酵中の赤いお米が散乱。相当な勢いで吹き出したと思われる。

 

 

部屋はすぐに綺麗に掃除され、もう汚れていない。

これだけなら、笑い話で済んだ。

しかし、そこは運の悪い彼女のこと。実は、この爆発が深刻な事態を招いた。

その液が、卒論を書くために友人から借りてきたばかりのノートパソコンの上にも降りかかってしまった。

 

1196356549645

扇風機でパソコンを乾かしているところ。

 

前に書いたように、彼女はタクシーの中にパソコンを忘れ、卒論を書くことが出来なくなった。気の毒に思ったので、僕は自分のAirMac (special versionで20万くらいした)を貸してあげた。

だから、本来ならば僕のAirMacが被害に合うはずだったのだが、彼女はマックが上手く使えなかった。しかも、理由は不明だが、必要な統計ソフトをダウンロードできなかった。

というわけで、そのソフトがインストールされている大学の同僚のパソコンを借りてきていた。

爆発事故があったのは、その数日後だった。

今日は数件のショップを回り、修理を依頼しているそうだが、修理不能と言われている模様。

「私、弁償しないといけない。お金ないしどうしよう。」と泣くマシュマロちゃん。

そもそも僕に飲ませてあげようと思って家で発酵させたのが間違いだが、僕が事件に絡んでいる。タクシー内で忘れた時も、後から降りた僕が気が付かなかったという落ち度もある。

僕は彼女のパソコンの疫病神なのか?

運の悪い女だ。

そもそも疫病神に恋してしまったところが、最大の不運なのかも。

 

 

 

Topic : タイ・バンコク
Genre : ForeignCountries

ひさびざのガーデニング

僕は昔ガーデニング・マニアだった。

なかでもバラに凝り、一時は庭中がバラ園のようにきれいなバラの花に満ち溢れていた。毎年バラの季節には、オープン・ガーデンを行い、近所の奥様方と花の品種や育て方について語り合うのを趣味としていた。庭の雑誌に出たこともあるし、茨城県からチャーター・バスで僕の庭を見に来たグループもあった。

今はもう、その時のバラは全部なくなり、タイに渡ってからの一年間はシルバー人材の方に庭の世話を頼んでいたのだが、何もない殺風景な庭になってしまっていた。

5月よりは妻が母親の介護から開放されて帰ってきたが、

「私、ここでガーデニングするのちょっと楽しみにしている。」と言う。

「とりあえず野菜やハーブでも植えてみようかしら。あんた折角帰って来ているんだから、やっといて。」

というわけで、この土日は久々に(日本で)ガーデニングをやってみた。

花もなきゃ寂しいので、安いバラの新苗を4本植えた。

それから、元花壇だった所を畑にし、堆肥と鶏糞を入れて野菜を植えた。

植えたのは、

  • キュウリ 1種 2本
  • ナス 3種 5本
  • ピーマン 2種 5本
  • スイカ 2種 2本
  • カボチャ 1種 2本
  • トマト2種 4本
  • ツルムラサキ 1本

IMG 7814

IMG 7818

草花も、西洋朝顔など10数本を空いたところに植えておいた。

IMG 7806

まあ、これだけあれば、夏から秋にかけて、妻はそれなりに楽しめるだろう。

Topic : タイ・バンコク
Genre : ForeignCountries

クレット島(コ・クレット)再び

カオヤイに行く数日前のメーデーの日。

会社は休みにし、トムとニンとでクレット島(コ・クレット)にドライブしてきた。

IMG 0003

トムはトライバーとしてはなかなか優秀だが、観光地はほとんど何処も行ったことがないので、行き方をグーグル・マップのナビで教えてあげないといけない。僕のナビで進む道は渋滞ばかりで、少々うんざりリモード。

クレット島(コ・クレット)はノンタブリにあるチャオプラヤー川に囲まれた人工の島だ。

島全体が湿地帯。

Ko Kret Google マップ

一年前にプーに連れて行ってもらって以来の訪問。

島には、車は入れず、渡し船で渡る。

島に渡るとすぐに観光船が出港するというので、それに飛び乗った。以前と同じ観光船なので、訪ねたところも以前と全く同じ。

 

IMG 0004

渡船のある桟橋がある寺院。

 

IMG 0008

この傾いた塔がクレット島(コ・クレット)のシンボル。

 

IMG 0009

日差しが熱い。

 

IMG 0020

こんな渡船や観光船がいっぱい。

 

IMG 0025

コ・クレットに上がると、ミャンマー文字が。

トムに読めるかどうか聞いたら、

「私は読めないけど、お父さんは少し読める。」と言った。

 

IMG 0031

これも有名な金色の大きな仏像。

 

IMG 0029

人々は島の中程には住んでいなくて、川のほとりに高床式を家を建てて住んでいる。

 

IMG 0035

交通機関は船。

 

IMG 0038

乾季なので、水位が低い。雨期で増水すると床の辺りまで水が来る。

 

IMG 0042

コ・クレットは三日月湖を繋いでできたものなので、土地の高さはほとんど水面と同じくらい、もしくは草が生えているが水面下。


IMG 0043

島の中まで高い桟橋が続いている。それ以外は、とても歩ける場所ではない。

 

IMG 0049

舟に乗ると、風に吹かれて気持ちがいい。

IMG 0045

トムちゃん

 

IMG 0050

黄金色の花。

 

IMG 0051

一般庶民の家。

 

IMG 0057

前回と同じく、お菓子工場へ。買い物目当ての寄り道。

 

IMG 0059

卵と砂糖と小麦粉を沸騰した水に垂らすと、黄色くてほど長いお菓子ができる。

 

IMG 0061

この日は、あまりハチはいなかった。

 

IMG 0066

同じものを豆にくるんだもの。フルーツに絡めたものなど、色いろある。

 

IMG 0067

トムは、お菓子作りを手伝わせてもらった。というか、持ち上げてポーズを取っただけ。

 

IMG 0074

「はい、こちらがコ・クレットです。」とトム。しかし、「全然綺麗じゃないね。なんにもないね。アユタヤにしておけばよかった。」

実はアユタヤとコ・クレットとどちらにしようか議論があった。

トムはアユタヤに行ったことがない。アユタヤが何かも知らない。

 

IMG 0077

IMG 0084

小さな村に上陸。

IMG 0085

一年前は基礎だけだったところに、新しく家が建っていた。

IMG 0087

庶民の生活。

 

IMG 0088

雷魚を調理中。

 

IMG 0091

島の内部の様子。

 

IMG 0098

 

Topic : タイ・バンコク
Genre : ForeignCountries

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる