fc2ブログ

水が涸れたら全て枯れた

僕らの水源ぼ沢ラムラコーンが涸れた。

カオヤイいちご園には、もう水はない。

そうなって数日後、いちごも草も枯れ果てた。

いちご株は完全に枯れている。

こうなることは分かっていたし、既にいちご園自体は今期閉園していたので、いちごが枯れた事自体は別に問題ない。

けれども、このいちご園には、未だ水がないと困るものがいくつかある。

一つは、野菜ガーデン。

今、日本の自分のトマト、枝豆、いんげん豆、オクラ、里芋、ワケギ、パパイヤ等の苗が育っていて、あんまり食べる人は居ないものの、どれも日本から仕入れてきた種で、期待のお試し品種なので、枯らしたくない。

他にも、タイのサクランボの木の苗や、いくつかのラン類、新しい品種の花の苗が育っていて、それらに水やりしないと3日で枯れる。

もう一つは、宿根アスター(タイでは何故かマーガレットと呼ばれる)があって、これは来期のフラワーパークに植えるための子株を取るために育てているもの。ここから数万株のマーガレット苗が取れるが、枯れてしまっては10万バーツ級の損失になる。

けれども、水源に水がなくなったので、北海道フラワーパークの井戸水を車で運んで、ジョロで水遣りするしかない。

今日の午前中は、このマーガレット株への水遣りで、へとへとになった。全部で約1000リットル。

午後は、日本人女性の友達に手伝って貰って、野菜ガーデンへの水遣り。約400リットル。

水の量が少ないので、枯れるのを防ぐのは1日かせいぜい2日間。

だから、明日もやらなければならない。

夕方は、新居の庭に花壇と木々に水遣り。ここは簡易水道があるので「一時間でたっぷり水遣りができる。多分。使った水は3トン。

ああ、頼むから雨が降ってくれ!

水がなければ何もできない。

水が涸れたら全て枯れる。

今期いちご園の終了

もういちごはならなくなったし、いちご刈りに来るお客さんもいなくなったし、水源の沢ラムラコーンの水も涸れたので、昨日をもって、いちご園を完全閉園した。

これでも、地域で一番最後の閉園だった。

だから、昨日は皆でムーカタパーティーを行った。

そして、今日、いちご園に住込みしていた家族4人がチェンマイに帰って行った。

もう水もないし、世話する人も居ないので、数日でいちご園は枯れ野原になるだろうが、何とか頑張って野菜バーデンと大事な数種の苗は維持したい。

それが僕の仕事となる。

野生ゾウの来襲

暫く振りに、野生ゾウが僕らのいちご園に来襲した。

夜中の2時頃、1家4人が寝る住込みワーカーの小屋の横に停めてあった車の横に、デーサバンの方からオスの野生ゾウが1頭やって来た。

彼らの寝床から距離にして5メートル。

物音に気付いたワーカーの旦那が、マシュマロちゃんに知らせて来た。

マシュマロちゃんは、どうすることも出来ないので、野生ゾウを追っ払うレンジャーに電話して助けを求めた。

その後、野生ゾウは僕らの野菜園といちご園の間の細道を通って、ショップの方へ向かった。

途中、ウォーターシステムの塩ビパイプを踏み付けて潰してくれたが、いちご園と野菜園には一歩も入らなかった。

ショップの裏で、彼はいちごに掛けて食べる真っ赤なブアイ(砂糖と塩に梅干しの粉を眩したやつ)の匂いに惹かれ、ショップの中の棚に置いてあったブアイのビニール袋を長い鼻で探り当てて奪った。

それをショップの裏で貪り食って、それからショップの脇から車道に出て、そのまま北の藪に入って行った。

ショップにもいちご園にも一歩も入らなかった。

いちごが美味しいことを知らないようだ。

野生ゾウは、甘い匂いに惹かれてやっては来たが、人間や人の物を壊す意図は無いようで、寧ろ壊さないように気を配っているように思えた。

結局、朝までレンジャーは来ず、朝には足跡も残さず消えてしまった。

味を占めたゾウは、必ずまたやって来る。

いちごの下葉狩り

いちご株の葉が茂り過ぎて、いちごの実に覆いかぶさり、いちご狩り客がいちごを見付け難くなってしまった。

こうなる前に、古い葉を取り除きいちごの花や実が見えやすくする必要が有るのだが、5万株あるので毎日1,000株ずつ処理しても50日掛かってしまうので、葉がまた伸びて元の木阿弥になってしまう。

それ以外に、子株を作るランナーも多数伸びてきて、折角の栄養分をランナーや子株に取られてしまうため、伸びてくるランナーは切り取らなくてはならないが、それも間に合わずに伸び放題になっていた。

全然人手が足りないので、地元の日雇いワーカーを13人雇って、3日掛かって葉とランナーを取ってもらった。

炎天下の作業は地元の日雇いさんに頼むのが一番。

さもなくば、皆腰を痛めて他の仕事が出来なくなってしまう。

こんなふうに、いちご園の世話すら充分に出来ない僕らだが、カオヤイ、ワンナムキアオ地区では、いちご苗が一番健康的で元気だ。他のいちご園は乾燥とスリップスでかなり傷んでいる。

だから、美味しいいちごが沢山取れる。

お客さんもそれを知っているのか、他園よりもうちのいちご園に来てくれる。

いちごがいっぱいのいちご園

僕らのカオヤイいちご園がいちごだらけになった。

週日はいちご狩り客が多くないので、完熟いちごが腐ってしまうので、ワーカーみんなでいちご狩りをした。

採れたいちごは冷凍して、イチゴスムージーやいちごミルクの材料にする。

今度の週末には、お客さんが大勢来て、十分いちご狩りを楽しめる筈だ。

やっとこさいちごが成った

これが昨日今日のいちご園から採れたいちご。

今から一ヶ月が沢山いちごが取れるはず。

しっかりいちごの香りがして、絶対美味しいよ。

ここで採れた新鮮いちごを担当医師らに持って行った。

いちごが見えてきた

僕らのカオヤイいちご農園にやっとこさいちごの実が見えてきた。

12月に一期が終わり、二期が始まるのが今月中旬以降。

最盛期は2月から3月だと思う。

いちご園にイチゴ無し

このところ、物凄く暑い日が続いている。

s朝の最低気温ですら23度もある。午後は32度になることもある。

平年、この時期は気温が下がり、朝は15度、昼でも27度になることが多いのに。

そのせいで、いちごの花芽が出ない。

11月末からの花芽第一波のいちごは全部無くなった。

今はいちご園にいちごの花すら見えない。

それでもお客さんは多く、一生懸命いちごを探して、小指程の白いいちご迄狩っていくので、ほんとにいちごの姿が消えてしまった。

朝の最低気温が18度に下がれば花が咲き、その2週間後に実がなるので、この分で行くと新年にならないといちごが出て来ない。

勿論、うちだけじゃなくて、カオヤイやワンナムキアオのいちご園は全部こんな感じ。

恐らくは、2月にドンと大量に成りだすこういう年は、どうしてもいちご園の収益は少なくなってしまう。

僕らはフラワーパークをやっていて良かった。

いちご園の前方に植えた花達が良く咲き誇っている。

折角来てくれたお客さんに申し訳ないが、露天栽培なのでどうすることも出来ない。

是非2月に来て下さい。

いちご園の裏にキャンプ場が

カオヤイいちご園のオーナーが何度も「いちご園後方の広い土地を使わないか?」と問い掛けて来たが、僕らはずっと断ってきた。

美しい土地であるが、問題点が合った。それは、

1)街道から奥まって見え難い。

2)時々川が氾濫して大洪水になる。

3)かなり頻繁に野生象が出現する。

4)僕らの人手が足りない。

そうしたら、同じ地区の韓国系企業が裏の土地を借りることになった。

それから2ヶ月掛かって、キャンプ場とカフェの概要が見えてきた。

いちご園の裏と言ってもかなり後方で、ラムタクローンという沢の周辺だけを使うらしい。

道路も整備しキャッサバ畑も綺麗に整地したら、かなり広々とした感じになった。

彼らは、僕らのポンプの前に井戸を掘って、大きなタンクを2基置いて僕らのポンプを隠した。

こんな川の脇に井戸を掘るとは、全くの驚き。井戸の深さは知らない。

炊事には、きっとこの井戸水を使うんだろうな。

川の水が涸れたら、この井戸水を使わせて貰おうっと。

この川の後ろ側にキャンプ場が作られている。

屋根付きコンクリート床の炊事場やトイレも建築中。

川のかかる橋には欄干も作って転落防止にしてある。

キャンプ場の様子は、もう少し建築が進んでからアップしたい。

橋からいちご園方向を見たところ。

今のところ、洪水対策や象対策はしていないようだ。

洪水は年に1~2回だけだし、前日に洪水は予想出来るので良いが、キャンプ場の美味しい匂いに引き寄せられて野生象が降りてきたら洒落にならない。

ここを建設するに辺り、僕らの電気を使わせてあげている。

いちご園とキャンプ場ならお客さんを取り合うことはなく、Win-Winな関係になることを期待している。

ポンプへの道が整備されたのは嬉しいけれど、いちご園の売り上げには関係ないな。

嫁に食わすな秋茄子

カオヤイいちご園の店の横に作った野菜ガーデンに野菜がいっぱいになった。

トマト、きゅうり、ナス、赤大根、マメ、ハーブ類等

元々、いちごが少ない季節に、お客さんがオーガニック野菜の収穫を楽しめるように作った野菜ガーデンだが、宣伝しないので、ほとんど誰も収穫しない。

もっぱら、僕らやワーカーが食べる為に時々収穫するだけ。

その中で、今ナスがとてもよく成って来た。週に2回収穫したら、もう食べ切れない。

昨日は北海道フラワーパークが超混雑していたので、僕はカオヤイいちご園に退避して寛いだ(時々はいちごやコーヒー販売を手伝ったよ)。

その時、大きく育ったナスがいっぱいなっていたので、収穫してみたら、50x60センチ、深さ20センチくらいの収穫籠2杯分も取れたので、大きめのを6本ずつビニール袋に入れてお店に置いて一袋50バーツで売り出したら、10袋位が半日で売れてしまった。

放置栽培の日本のナスだが、高さ1.2mくらいに育って、葉っぱもデカくなった。実も一株に7~10個くらい付いている。(写真は収穫後)

表面が傷んだナスや虫が入ったらしいナスは家で良い部分だけ取ってオカズにする。

こういうナスは、カオヤイ辺じゃ余り売ってないので僕はナスが取れて嬉しいが、ワーカーのタイ人達は普段食べないので興味が無いようだ。

炭火で焼いて醤油を着けて食べればきっと美味しい。

味噌汁やけんちん汁の具にしても良いかな。

タイ飯に飽きたジジイとしては、そういったオカズが欲しいこの頃。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった親父。
タイに来て早10年。挑戦と冒険の心を忘れずに、異国でセカンドライフを謳歌している60代のオヤジです。

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる