いちご株全量廃棄

昨日も書いたが、第三期のいちご定植の為に仕入れた新品種88番を全部廃棄する破目になった。

88番と言うのは、前王様が80歳のときに山岳民族に配布した80番に続いて、王様が88歳の時に王様プロジェクトとして採用された品種である。

前王様は88歳で無くなったので、これが最後になる。

品種改良の詳細は知らないが(忘れた)、80番に何かを足して作り出したようだ。

僕は88番を栽培したことがないので、聞いた話しか出来ないが、親の80番よりも大粒で不定形の実が成りやすいそうだ。

88番はまだバンコクにも余り出回っていないし、有名でもない。

カオヤイで美味しく作れるかどうかは分からないが、もし大粒で甘いいちごが成ったならば、大粒いちごが好きなお客さんが多いことから、僕らのいちご園に新たな競争力を与えてくれた筈だ。

88番は、王様プロジェクトになってからかなりの年数が経つが、これまで子株の供給が少なく、なかなか手に入らなかった品種だ。どの国も、新品種の普及には時間が掛かるもの。

それを、嬉しいことに今期10000株注文出来た。

けれども、届いた子株を見ると、かなりの割合でスリップスにやられていた。

マシュマロちゃんが言うには、全量駄目。僕が見るなら、3割が深刻で2割が軽症で、5割がまずまず健康な株だと思った。ただし、少数の抜打ち検査なので、割合は感覚的なものだ。

2年前、真面目で働き者のイサーン人の夫と、山の上のモン族の妻の夫婦が、マシュマロちゃんのお兄さん(大御所)のいちご園の跡地を引き継いで、いちご園に挑戦した。
しかし、不幸にも購入したいちご株がスリップスに侵されていて、連日の農薬散布にも関わらずスリップスを駆除出来ず、2月の稼ぎ時にいちごは全滅してしまった。
そのせいで、彼らは全財産を失ってしまった。

彼ら以外にも、スリップスによって早期閉園したいちご園を数多く見てきたので、その恐ろしさは重々承知している。

今回購入したいちご苗については、僕は強い農薬散布で救えるだろうと思ったが、マシュマロちゃんは駆除は困難で、3つの農園を全滅させて破産するより捨てたほうが良いと言った。

僕は彼女の意見に従った。

88番の夢は失ったが、これまでに培って来た80番の品質と評判を維持する方が大切と思った。



いちご苗は、フラワーガーデン後方の沢ラムタコーンの近くに捨てた。











割と元気でスリップスもいなそうに見える株を見るに連れ、捨てることはなかったんじゃないかと思えてしまう。

多分、イベルメクチンやアバメクチンだけでは無理としても、新しい高価な農薬を何度か使えば駆除出来るように思えたが、僕らの農場の中でそれを試してみるのは危険過ぎる。農薬は人への害は無いものばかりだが、失敗したらいちご園全滅なので怖すぎる。

今回の失敗は、88番と言う品種の問題ではなくて、運悪く注文したいちご苗を育てた農家の管理が悪かった訳なので、新品種に挑戦した事自体が間違っていた訳ではない。

けれども、一年に一回しか新品種は挑戦出来ないので、新しいことへの成功確率の低さを再認識せざるを得ない経験だった。






もう僕は疲れた

7月にフラワーガーデンの準備を始めてから、僕らはずっと働きっぱなし。

なのに、作業はなかなか進まない。

問題は山積。お金も無くなってきた。

ストレスが溜まり、毎日イライラ。

もう疲れた。


夢のある未来に向けて楽しく働きたいのに、毎日腹立つことばかりで全然楽しくない。

9月に入って、土日はカオヤイに観光客がどっと押し寄せて来ていて、コロナのダークゾーンなのに変だなだと思ったら、去年の今頃も9月にはそうだった。

そして、去年9月に観光客が大勢来たので、今年は9月にはお店を開きたいと思ったことが自分のブログに書いてあった。

それなのに、現実は何も進んでいない。

イチゴはまだならないので、来年以降のフラワーガーデンで9月にがっぽり稼げるように考えよう。

💧💧💧💧💧💧💧

😱😡腹立つこと・悲しいこと😤😭



第三期植え付け用の88番のいちご苗15000株が今日チェンマイのメーリンから届いたが、全株スリップス(アザミウマ)に酷く侵されていて、全株廃棄処分の辛い決断をした。いちご苗と運送料が無駄になった。同時に、新品種挑戦の夢が始める前から挫折した。


25万バーツ出して20ライ以上の土地を借りたのに、後方にある未使用の家に、オーナーが借り主の俺様に無許可で、自分の家を作るワーカーの住処として使わせ出した。
初めは6名だったが、今や4世帯12名以上でプラス乳飲み子も居る。フラワーガーデン後方の開けた自然の風景を売り物にしたかったのに、貧乏ワーカーが汚く住む場所のなってしまい価値半減。オーナーとはいえ、貸した人と相談もなく、貸した土地を勝手に使うとは。日本じゃ考えられない非常識。


JETRO伝手で、とある方から欲しかった機材を譲って貰ったのは良いが、それを保管するつもりだった後方の家に、ひと家族が住み着いていて、保管場所が無くなった。大切な機材なのに、勝手に住み込みやがって、許せん。日本なら、当然立ち退きさせるところだが、借り主よりオーナーの力が圧倒的に高いタイでは、文句を言えば逆にこっちが追い出されかねない。既に大金を注ぎ込んだフラワーガーデンの土地を安々追い出されるわけにはいかないので、じっと我慢の小太郎だ。長い黒髪を乳を出して立ったまま外で水浴びするエロい風景が見られるのはちょっと良いが。

今月はマシュマロちゃんのLHサージを正確に検出できて、絶好のタイミングに2回も精子を注入したのに(量は2ml以下だけど、白く濁った精液だったのに)、無念にもLHサージの14日後に正確に月のものが降りた。ずっしりとがっかり。あのタイミングなら、若かりし時なら25%くらいの確率で受胎していた筈。多分、ハムケンの精子はもう使えないだろうと思わざるを得ない。




第2期いちご定植日

毎日雨が降るので、予定を大幅に早めて、今日第2期の定植を行った。

第1期と第2期の間は、僅か10日間。殆ど、2回に分けた意味がない。

こんなに第2期が早かったのは、これまでになかった。遅かったときよりも、一月も早い。






ただ、これで全てじゃなくて、もう一回第3期がある。24日に新種の88番を植えるのだ。

実は96番も少しだけ第1期に植えたので、3種類のいちごに挑戦することになる。

こんなことをするのは、この辺りじゃ僕らだけ。

生き残りの為に、新しいことに挑戦しなくては。

挑戦しても、大半は上手く行かないのが実情だが、挑戦しなけりゃ活路も見つけられない。

今年は、カオヤイ地区で大きないちご園が増えた。去年のままでは、売上は下がる。

それに、コロナがナコンラチャシマー県で蔓延しており、ロックダウンされるかも知れない。

バンコクで変異株が広がり、他県に出られなくなるかも知れない。

逆に、コロナが収まって、大勢がカオヤイに押し寄せて来るかも知れない。

先のことは誰にも分からないが、いつも新しい事に挑戦していかないと成功しないし、失敗してもまた楽しだ。





いちごがこんなに余った。4~5000株も。

これは小さな鉢に植えて、いちご狩り客に売ろうかな。






蘇った洗濯機

5年以上前に買った洗濯機が壊れたままになっていた。

新居に引っ越す際に、ゴミとして捨てるつもりだった。

その洗濯機は、東芝製の全自動で、モーターは10年保証付きだった。

3年くらい前に動作しなくなり、近所の修理屋に見てもらったら、操作パネル中の部品が壊れているので操作パネルごと交換しないといけないと言われ、1500バーツくらい出して交換修理して貰った。

無事に動くようになったが、修理数ヶ月後にまたパネルが作動しなくなり、いい加減な修理屋を恨みつつ、新品を買って今に至っている。

さて、住込みワーカーだが、誰も洗濯機を持っておらず、何時も手洗いの日々が続いていた。たまに、コインランドリーで洗うものの、衣服の数が少なくて毎日洗わないと着る服がなくなってしまうので、お金がかかるコインランドリーは便利ではなかった。

そんな時、壊れた要らない洗濯機を持っていると知った住込みワーカーが、

「要らないなら分けてくれ。」と言ってきた。

直してみて、無事直ったら有難く使うし、直せなくても日本製のモーターならば売れるから欲しいとのことだった。

僕は、壊れているのは操作パネルの電子部品なので、どうせ彼らに直せる筈はない、と思ったが、捨てる予定だったので惜しいわけではないので快く差し上げた。

そしたら、僅か一晩で直して完璧に使えるようにしてしまったので驚いた。







「何処をどう直したのか教えてくれ」と聞いたら、
「パネルへの電気配線がネズミに食われて切れていたので、繋げただけだよ。」
とのこと。

びっくりした。アッパレだ。
このワーカーは使える。

反対に、この親父は使えないジジイだ。

いやいや、今時の日本人で電子化が進んだ洗濯機を直せる人は少ないんじゃないの?

そうだ、そうだ。

この家にネズミが住んでいるのが悪いんだ。

オイラが悪いんじゃない。

ああ、早くネズミやヘビや蛾の幼虫やヤモリやアリの巣窟であるこの家から出たい。

あと2~3ヶ月で虫一匹居ない(と期待する)新居に引越すことが出来る。

第二の人生の幸せの始まり始まりの巻。




今日は僕らの第一期定植日

9月5日の今日は、僕らのいちご園の第一期定植日。

カオヤイ地区のカオヤイいちご園とフラワーガーデンの2箇所と、ワンナムキアオのマシュマロいちご園の1箇所の、計3箇所の畑にいちご苗を植えた。


いちご苗は、天空の村でマシュマロちゃんのお父さんが育ててくれたのを、兄弟が徹夜でカオヤイまで運んでくれたもの。

市場価格より大分安いが、ちゃんとお金を払って買っている。お父さんや兄弟にとっても、貴重な現金収入となっている。


ワンナムキアオのマシュマロいちご園には行けなかったのだが、住込みワーカーとマシュマロちゃんの妹さん夫婦とその兄弟が植込みに来てくれて、予定量を全部定植出来た。

姉妹とは言え、このような助け合いには本当に頭が下がる。

兄弟のいちご園は、ライバルではなくて自分自身のいちご園と同じ感覚なのだ。

こんなふうに、妹さん夫婦とは助け合って来たし、今後もそうするだろうと思う。

タイでは当たり前のことだが、家族や兄弟とはそうあるべきものなんだろう。

日本では余り見られなくなってしまった気がするが、実際どうなんだろう?

カオヤイ地区の2箇所は、経験豊富なプロのワーカーが少なく、僕自身も情けなく疲れて昼寝してしまったので、今日一日では終わらなかったけれど、多分明日の午前中には完了するだろう。

とは言え、今回植えるのは、いちご園の約半分の2万4000株だけ。

残りの半分は月末に定植する予定。

このように時期をずらすのはリスク管理もあるが、1番の目的は、いちごの最盛期を均す為で、毎年そうしている。

フラワーガーデンに約一月前に定植したバーベナ等は、すくすくと成長し始めていて、あと一ヶ月後には花が咲き出しそうだ。

やはりタイでは植物の成長が速い。











その他の花達も順調に育っているようだ。












やっぱり交換となったポンプ

やっぱり壊れたポンプを買ったお店に持って行って修理を頼んだら、翌日に、
「モーターが焼けてしまってるので修理できません。買い換えるしかないです。」
と来た。

想定内の事だ。
まあ、約2年間使えたので、最長不倒距離だったから、まあ良いか。

とは言え、三菱製の15000 バーツもする代物だったのだ。

僕は悔しかったので、買い替えには一番安い奴にした。







3700バーツ也!

今まで4700バーツ位の安い奴を買ったことがあるが、半年持たなかった。

今度は本当に安い。

これなら半年で壊れても三菱のよりも安いことになる。壊れたら気安く買い換えれば良いので精神衛生上宜しい。

勿論、中国製也!

しかし、そのお店のブランドらしく、店員が言うには、

「安いけど、うちのブランドで品質は三菱のと変わらない。今まで何台も売ったが、一つも修理に来たのは無い。」とのこと。

そんな言葉は信じられないが、お金が無いので信じてみる事にした。

スペック的には、確かに三菱のと同じかやや優れている。





44メートルの揚水で毎時100トンつまり毎分1.67トンを吸い上げる。


それを半日掛けて池の中に設置した。


浮きの下にスマートポンプをぶら下げている。こうしておくと、池の水位が上下しても安定した水質が得られる。

苦労して濡れながら設置したものの、電源を入れても水が上がって来ない。

スイッチは400メートル先のいちご園にあるので、電話してオン・オフを指示する。

水はポンプに近いチェック用のバルブまですら上がって来ない。

しかし、ポンプの作動音はしっかり聞こえる。

問題は電気系統じゃない。

チェック用のバルブとポンプの間の塩ビパイプを数か所切断して見たら、塩ビパイプが詰まっていることが分かった。

詰まった区間を新品の塩ビパイプに交換してみた。

お見事! やりました。バッチリ揚水出来るようになった。

ポンプ交換は1日仕事になった。

帰り道、

「待てよ。 三菱のポンプも実は壊れてなくてパイプが詰まってただけじゃないのか? 修理より買い替えてもらったほうがお店は儲かるので、騙されたんじゃないか?」

という疑惑が湧いてきた。


いちご定植シーズン到来

今日から、カオヤイ地区のライバルいちご園でいちご苗の定植作業が始まった。

ライバルだが、仲間なので定植作業を手伝った。






滅茶苦茶疲れた。


例年ならば、ワンナムキアオからも仲間が集結し、それに加えて日雇ワーカーも使って、総勢20名以上でいちごを植える。

しかし、今年はワンナムキアオからは人は来ないし、日雇も使わないことになった。

コロナが怖いからだ。

マシュマロちゃんから聞いて驚いたのは、ワンナムキアオの連中は、特に僕からコロナを伝染されるのを怖がっているのだそうだ。

僕が毎日のように、資材を買うために、いろんな店に行くから危険と思っている様だ。

確かに、多くの人が出入りするパクチョン市街のお店に頻繁に行くのは危ない。僕だってお金を使いたくないので、お店には行きたくないが、諸々の材料や道具が足りなくなるので、仕方無しに行っているのだ。

ただ、大型店は天井が高く換気もいいし、全然混雑していない。2メートル以内に他人と近付くのは稀だし、二重マスクに加え、手を複数回大量のアルコール消毒を行っているので、自分としては危険を感じていなかったので、耳を疑った。

それに、コラートの大病院に度々行っている胃のない子供ことTJ君とその親の方がよっぽど危険と思うが。

予想通り、熟練者が僅かの定植作業はなかなか進まなかった。

例年ならば、1日で二箇所完了するところ、今日は1日で一箇所の半分しか植えられなかった。

ところで、3日後の今月5日が僕らのいちご園の第一期定植日となった。

二箇所が離れているし、ポンプ修理もあるので、多分終わらない。

去年まで、大勢でいろんな話をしながら一気に定植するのは結構楽しかったが、今年はなんかしんみり暗かった。

なんとなく幸先の悪いスタートとなった。




やっぱり壊れたポンプ

ワンナムキアオのマシュマロいちご園の住込みワーカーから、

「昨日から、水が出なくなった。」と連絡があった。

水が出なけりゃいちごは植えられないし、住込みワーカーのトイレや洗濯も出来ないので、仕方なく急遽修理に行って来た。

大雨が降ったので、きっと400メートルある水源の池までの何処かが電線が切れたんだろう。それなら直ぐに直せるだろうと思っていたが、甘かった。


今回は、ちゃんとした電気テスターを持って行ったので、何処が悪いのかは調べやすい。

先ず、コントロールパネルの中には、蟻や蛇は居なかった(ヤモリは居た)。コンデンサーやその他の部品に問題なし。ポンプに向けてちゃんと電流が流れていた。

そこで、次にポンプ迄の電線のチェック。
これがなかなかしんどい。







森の中に入った。
ここは落差が40メートルあって、しかも地滑り地帯の藪なので足場は悪い。
途中のいくつかの電線の継手で電流電圧をチェックしながら進んだ。



ここの継手の接触が悪かったので直した。ポンプ迄電流値が下がることなく伝わるようになった。

しかし、水は上がって来なかった。

どうも水中のスマートポンプが回転していないみたい。投げ込み式の深井戸ポンプは池の水の中なので見えないし音も聞こえないが、電源のオンオフでポンプの浮きの水面が波立たないので、ポンプは動いていないようだ。

仕方なく、池に入って、配水パイプを切ってポンプを引上げ、電線とコントローラーも全部回収して持ち帰った。

モーターが焼けたのかスクリューに何かが詰まったのかは分からないが、ポンプに問題があるらしいので修理に出すしかない。

あと数日でいちごの定植なので、それまでに直って、再度池の中に設置出来るのだろうか。

直らなければ、新しくポンプを購入して設置するしかない。

ここのポンプは毎年の様に壊れて買い換えているが、今回は2期無事に使えた。3期目の今年も今まで無事に動いていたが、やっぱり息絶えたのか。



また野生ゾウにやられた

今年も野生ゾウが現れだした。

そして、昨夜、僕らのカオヤイいちご園に侵入されて荒らされた。
植えたバーベナ畑が荒らされて💩された。

まだいちごは植えてなく、被害はさほどではないが、ゾウは一度来た道を何度も来るので、今後どうなるか心配だ。


















愛犬ベリーと住込みワーカーはぐうすか寝ていて気付かず、役に立たなかった。

朝には、もうゾウの姿は何処にも見えなかった。

足跡を見ると、去年も来た母親と子供の2頭みたい。

ゾウの気持ちは分からないが、いちご園の横を通って車道を渡り、戻る途中でいちご園の真ん中の歩道を通って見たら、面白くてちょっと遊んでみた、という感じ。

出来るだけ人間に迷惑をかけないように気を付けて山に帰って行った、という気がする。

電灯やゾウを追っ払う電子音(赤外線センサーで作動)には驚かなかった模様。

カオヤイの野生ゾウ被害を救うレンジャーに電話しても、

「今度ゾウが現れたら、ゾウがいる時に電話してくれ。そしたら、追っ払いに行ってあげます。」

とのことで、役には立たない。

自衛するしかない。

しかし、ゾウを追っ払うのは危険なので、ゾウが来たくなくなる方法を取った。

それは、とても臭い有機溶剤の殺虫剤をいちご園の周りとゾウが来た道に散布して、化学臭プンプンさせてみた。
ついでに、除草剤も混ぜた。

ゾウはデカい鼻があるだけあって、臭覚がとても敏感。きっと、この匂いに危険を感じて近寄らないだろうという予測した。

さて、どうなることやら。

赤いブーゲンビリア

何度もこのブログに載せたことがあるカオヤイ農園前の赤いブーゲンビリア。



僕は、この色が本当に好きだ。何故だか知らないが、この色が僕の心を癒やしてくれる。

この色のブーゲンビリアは、あるようでそんなに多くない。

タイでは、ほぼ一年中花だらけ。

蝶々も好きで沢山よって来る。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる