いちごの種蒔き2

5月29日に蒔いたいちご品種96番が今日発芽始めた。






通常、一週間から2週間程度発芽まで要するので、今のところ通常通りということ。

これまでいろんな方法を試したが、発芽まで時間が掛かるので、その間にピートモスから藍藻類が繁茂したり、寒天培地にカビが生えたりして、得られる子株が少な過ぎたが、今回の方法はどうだろうか。



培地も水も無菌に近い物を使い、雨と直射日光を避けているので、このまま後2週間位で沢山双葉が出来ると良いのだが。

今期は、この96番と88番を上手く育てて、差別化に挑戦したい。

マシュマロいちご園のトイレ再建

マシュマロいちご園のトイレは4年間使ってボロ汚くなった。



毎年壁と屋根の部分は修復していたが、お世辞に言っても使いやすくなかったし、そもそも男女兼用だった。

それで、今期は作り直すことにした。

直ぐに腐ってしまう丸太の柱を止めて、腐らず錆びない鉄の角材で骨格を作り、屋根は錆びにくいトタン屋根とした。

そして、大事なことは男女別に2つ作った。



トタン屋根を壁から上げて斜めにする計画だったが、ワーカーもマシュマロちゃんも面倒くさいからしなくて良いと主張してうるさかったので、平面に敷いてしまったことに、酷く後悔している。

換気が悪く、クソ暑いトイレになってしまったので、壁に穴を開けて通気窓を作った。

ドアと水周りを作って、色を塗れば完成する。

計画よりずっと品祖なトイレになってしまいそうだが、完成したらご披露させて頂く。

以下 追記











ポンプ小屋の建替え

カオヤイ農園の水源ラムたコーンにあるポンプを保護する小屋がイカれて来たので、壊して建て直した。

今までは丸太で作っていたが、それだと地面に接する部分が一年で腐ってしまう。

だから、今回は3年間使えるように、サビに非常に強い鉄角を使い、地面の岩にコンクリート100kgを使ってくっつけたので、洪水時も多分耐えるし、数年間では殆ど錆びない。









ポンプは結構メンテナンスを要するので、出入りしやすい様にした。

ポンプ小屋と電線を直したので、随分気分が楽になった。

水の管理が生命線だから。

野生ゾウに電線切られる

この頃、また野生ゾウが頻繁に農園に現れるようになった。

数日前には、水源ラムタコーンにあるポンプへ電気を送る400メートルのアルミニウム電線が2箇所切られてポンプが使えなくなった。

ポンプが使えないと、住み込みワーカーのシャワーやトイレが使えないので、直ぐに直さないといけない。

電線がゾウの身長よりも低く垂れていたので、ゾウが通れば当然当たって引きちぎられる。

ゾウが来ないようにするのができれば1番良いが、それは出来ないので、電線を高く盛り上げて、ゾウが来ても電線の下を通れるようにした。
400メートル全部は無理なので、ゾウが通って切られた区域を中心に約200メートル程を高さ3メートル以上に上げた。




倒されたコンクリート柱を立て直し、その上部に木を取り付けて電線を張り直したのだが、2日間も掛かる大仕事になった。

午前中の日照りが強く汗だくになるし、昼からは雷雨になる。下は泥濘と草とアリに攻められるので、一日4時間位位しか働けない。

その工事も今日午後無事終了したので、午後からはポンプ設置場所の雨避け小屋を作り直す作業に入った。

こんな感じで、やることはあるので、この数日は良い運動になっている。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる