カオヤイに閑古鳥鳴く

1月10日に第一期を終了し、バーベナの花をカットし、宿根アスターとセロシアとコスモスを抜き去り、耕して、新たにブルーサルビアと新セロシアを植え終わって1週間が過ぎた。

花の無いフラワーパークなんて、○の無い○みたいなものだから、お客さんが来る訳ない。

花が無くなって2週間後の今日は、お客さんは100分の1以下に減り、代わりに閑古鳥が来るだけとなった。

当たり前の様で不思議でもある。

人はどうやって現状を知るのだろう。

勿論、FBページを見れば分かるが、そういう人は半分くらい。

わざわざ、タイ南部のハジャイやナラティワ辺りから来て、花の無いパークを見てがっかりする人も多い。

なんとも申し訳無いが、そんなに長く花を咲かせるのは無理なので、ある程度仕方がない。

あと2週間から3週間で再び、そして以前より増して花いっぱいにするから、待っていて欲しい。

それにしても、お客さんが急に増えるのも減るのも、僕には良く分からない現象としか言いようがない。

これが邪悪なFBのせいだとしたら、世も末だ。

ピュア・ホワイト売るぞ

北海道と言えば、真っ白で甘くて、生で食べても美味しいトウモロコシの新品種ピュア・ホワイトが有名なので、我が北海道フラワーパークでも売りたいと思っていた。

こういう新品種は直ぐに海外に流出して安く売られるので、本家の日本産が価格で負けて売れなくなるということが問題とされているが、ピュア・ホワイトもご多分に漏れずタイでしっかり栽培されている。

ピュア・ホワイトの種だってネットで簡単に手に入るし、農家が良く行く種屋にも並んでいる。

けれど、タイで北海道の様に美味しく栽培出来るか不明だったので試して見たかったが、同じコラートで数年来栽培している農家がいて、沢山出来るからうちで売りたいと言って来た。

これが今年の初物ということでサンプルとして持って来たが、実に美しい。食べたら本当に甘い。

去年の末は豪雨で畑が駄目になってしまったということだが、乾季の今は上手く育っていて、来月から大量に持って来れるそうなので、丁度良いタイミングだ。

値段も安く、一つ100円程度で卸せるそうなので、日本のピュア・ホワイトよりもかなり安い。

フラワーパークで幾らで売るかは未定だが、未だ知らない人が多いので、積極的に試食して貰って様子を観たい。

第二期に向けて花は順調

花を全部カットしたバーベナの茎から、新たな緑が伸びてきた。

月末には、緑のカーテンに紫の花がチラホラして来るんじゃないかな。

数日前に植えたセロシアの子株。

根がついて葉が勢い良く展開して来た。

良い感じだ。来月には花が咲き出して、4月のソンクラーン迄咲き続けてくれると嬉しい。

土を良く耕し直して、豚糞を多めに入れて、毎日薄い液肥を上げているので、これからぐんぐん育つと思う。

セロシアとブルーサルビア植えた

昨日と今日で、セロシア(槍鶏頭)とブルーサルビアを植えた。

記録のため。

予想では2週間後に花が咲き始め、4週間後に一面赤と青に染まる。

売れない理由

絶対売れると思ったこの天然素材ソープとローションのセット。

初め1360バーツで売り出したが、高過ぎると思って1000バーツに下げた。

それでも売れないので、原価割れの750にしてみたが、変わらず。

25セット購入して、今日までに売れたのは、たったの1セット。他に1セットをカオヤイ農園の土地オーナーの奥さんに、もう1セットをフラワーパークの土地オーナーの若妻にプレゼントした。それから、フラワーパークとカオヤイいちご園に1セットずつを試供品サンプルとして置いた。更に、1セットを自分の新居のバスルームに置いて使っている。

と言うことで、5セットを販売以外で消費。

未だ19セット残っている。

どうしてこんなに売れないのか分からなかったが、そのヒントを与えてくれる出来事があった。

フラワーパークが連日2000人超えの来客で賑わっていた先月、化粧品の新製品をプロモートしたいから場所を使わせてくれという5人チームがやってきた。

彼らは、新製品を売るのではなく、試供品をタダで配るというもの。

普通、タダで貰えるなら何でも欲しがって人集りの山になるはずのところ、誰も感心を示さなかった。

彼らは、無理やりお客さんを捕まえて話し掛け、試供品を手渡しても客の反応は悪く、お客さんはくれた物を断るのも悪いので仕方なく受け取ったという感じだった。

結局、用意した試供品を捌くことも出来ずに、諦めて帰って行った。

僕にも、僕らのワーカーにも試供品を配ったが、誰も喜んだ人は居なかった。

先月、アイスクリームのフリーザーの電源コードが抜けて、半分解けてしまい売り物にならなくなったアイスクリームを一つ10バーツで売り出したところ、一瞬で全部売れた。解けてないグリコのアイスだって、多い日は300個売れる。

高価なイチゴ大福だって、毎日数百個売れて、連日売り切れになった。

それなのに、化粧品の試供品は全然捌けなかった。

だから、僕らのビューティーセットが売れない理由が頷けた。

どうして化粧品が駄目なのかという理由は、未だに解らない。

分からないが、ともかく場所にマッチしてないのだ。

多分、スモークターキーレッグだったら飛ぶように売れる。

バーベナをカット

北海道フラワーパークの第一期終了の最初の作業は、バーベナの株を高さ半分以下に迄カットし、カットした草を取り除いたら、たっぷり肥料と水遣りを行う。

見事に花はなくなった。遠く迄見果たせるようになった。

朝夕、たっぷり水遣りすると、下の方から新しい茎がいっぱい出て来て2週間後には花も咲き出す。

あんなに多くの種を付けたのに、草木は弱らず、こうしてやると再び花が咲くなんて、なんと丈夫な花なんだろう。よっぽどこの辺りの気候に合っているんだな。

数日前にカットした草には、早くも新しい葉が吹き出して来た。

2月には再びびっしりの花が溢れるだろう。

そして、昨日からは白い宿根アスター(タイでは何故かカッターと呼ばれている)を引き抜き出した。

根本から既に多くの芽が出たしている。こちらもここの気候に良くマッチした花だ。

このように、引き抜かなくても、草の上部をカットすれば、直ぐに新しい花が登ってくるが、テンポが速すぎて花が大きく育たないうちに咲いてしまうため、8割の株を引抜いて捨てることにした。

2割は残して、雨季に株分けして来季に植える為の株を沢山作る。

抜いてしまった場所は、耕し直してから、来週ブルーサルビアの苗を植える。ブルーサルビアも大きく育ち、雨季まで長く咲くので重宝する。一面ブルーサルビアの花園も、良い香りだし、とてもタイ人受けする。

また、最後方にあったコスモス畑も耕し直して、そこにはビンク系のタチアオイ(ホリーホック)を沢山植える。

タチアオイは日本では梅雨の前後に咲いて真夏に枯れるが、タイでは、乾季なら何時植えても長く咲く有り難い花だ。タイ人にとっては珍しくないが、一面に咲かせれば写真スポットになるだろう。

このようにして、僕らは今月末からの第二期に備える。

今は、フラワーパーク入場料を無料にして、且つ花の摘み取りもタダにしている。

お客さんの少ない時期で毎日の収入はグッと減ったが、第二期に美しくなったフラワーパークにまた多くのお客さんに来てもらった方が良い。

フラワーパーク第一期終了

今日からフラワーパークの第二期に向けた工事に入った。

もともと、お客さんが少ない時期になっていたので、今日から入場料を無料にした。

実際にあんまり綺麗でなくなったので、無料にしても適正だと思う。

ただ、お店は開いていて、いちご大福とか、アイスクリームとか、コーヒー類は通常通り売り続ける。

約2週間で第二期に向けた工事は終了し、月末には綺麗な花園に再生されるだろう。

元の計画では、先月新たに種を蒔いて、育った子苗を植え付けるつもりだったが、時間がなくて種を蒔けなかった。

それで、種苗会社から苗を買うことにした。

勿論割高になるが、作業員の人件費や作業期間を考えると、返って安くなる品種もあって、平均でもトントンだし失敗のリスクが低くなるので、苗を買うのが正解だと思い直した。

2月のバレンタインデー頃には、再び素晴らしく美しい花園になって、美人達が押し寄せる様になる予定である。

バーベナの種50リットル

今週5日間掛けて、後方のバーベナの花をカットした。

大体半分位の草丈のところでカットして、上部の花と種の部分を一晩から二晩乾燥させて、零れ落ちる種をビニールシートで集め、更にメッシュと風を利用してゴミをあらかた除いた。

その結果得たバーベナの種が50リットル。

更に精製すると35リットルくらいになるが、その数と言ったら、もう想像出来ないくらい。多分、5000万個位になる。

巷では、種一粒で4バーツくらいで売られているので、その比率で計算すると、ざっと200万バーツになる。

これだけで来年は生きて行ける。と言うのは大袈裟だが、ネットで売れば良い小遣いになること請け合い。

この種を無処理で蒔いても、殆ど発芽して来ない。

発芽抑制物質が表面に着いているから。

自然状態では、雨季に多くの雨に射たれて、半年後にやっと10%発芽してくる感じだ。

この発芽抑制物質を除く手法を去年編み出した。と言っても僕が発明した訳じゃない。ネットで調べてちょっと工夫しただけだけど。

実は、この量はまだ4分の1くらいを集めただけで、まだ4分の3は畑にある。

だから、トータルでは凄い量があるということになる。

これだけあれば、何十箇所のフラワーパークが出来る(やらないけど)。

花をカットしたバーベナには、これから毎日肥料と水をあげれば、約2週間くらいで新しい花が上がってくる。

来月バレンタインデーの頃は、再び美しく咲き誇ってくれるだろう。

オミクロンでロックダウンになれば閑古鳥だけど。

便所の悩み解決編

貴方は信じられるかい?

女子トイレが毎日詰まって、1日に2回バキュームカーに汲み取りに来て貰わないといけないなんて。

女子トイレは、自動水栓のが2つあるが、お客さんが多くて何時も長蛇の列。

ウンコとシッコだけなら良いが、靴に着いた泥をトイレットペーパーを半巻も使って拭き取り、それを便器の中に捨てる。

お尻の穴やマンコで汚れたお手手を、トイレットペーパーぐるぐる巻にして拭いて、便器の中に捨てる。

用が済んだら、臭いのが恥ずかしいので、水を何度も流す。

それで、下水管は詰まって、逆流したウンチがパンツやスカートに押し寄せて、下半身が糞まみれになる。

「ざまあみろ」と言いたくなる境地。

(実際その場面を見ると、気の毒で土下座したくなる)

十分に大きいはずの下水タンクは直ぐに満杯になり、バキュームカーを呼ぶしかなくなる。

そこまでは許す。

だけど、朝バキュームカーで下水タンク空にするまで吸い上げたのに、午後2時にまた満タンになるのは許せん!

どう見ても異常。

と言っても、直ぐには直せないし、直ぐに使えるようにしないとお客さんがとても困るので、毎日2回、2000バーツも費やす日が2週間も続いた。

「大きな下水タンクを新設するしかない!」と分かったものの、時は年末年始で下水タンクを掘ってくれる人がいない。

我慢に我慢を重ねて、今日本日、でかい下水タンク用の大穴を掘ってもらうことが出来た。

地下2.6メートル、幅3メートル、長さ4メートルの穴。

コンクリート管で出来た2番目の下水タンクの中腹をブチ破って、ウンコ水がその大穴に流れ込む用にした。

大穴は掘っただけで底も横も土のまま。

だから、地下への浸透もバクテリアによる分解も速い。

流石に穴のままだと臭いし、万一人が落ちたら、悲惨過ぎて誰も助けて挙げられないので、一応コンクリート平板で蓋をした。

これで人が乗っても落ちることはない。車が乗ると落ちるが。

シャベルカーでの穴掘り代が3000バーツで済んだが、蓋のコンクリート平板で6500バーツも使わされた。

でもでも、これでもう二度とトイレが満杯になることはないのではないだろうか。少なくとも一ヶ月は汲み取なくても良いと思う。(但し、雨季はどうなるか予測不能)

先のことは不透明だが、多分問題解決したと思えたので、僕は大満足。

4インチの下水管がトイレットペーパーで詰まる件は、トイレットペーパーをトイレに置かないことで対応する。

トイレットペーパーが置いてないトイレなんて、日本人には許せないが、タイ人なら水さえあれば問題なく出来る。そもそも、普段トイレットペーパーなんて使わない人が7割。問題があるなら自分のバックの中のティッシュを使ってくれ。

僕がトイレ行く時は、トイレットペーパーを持参することにする。

(トイレットペーパーを沢山配置しておくと、それを盗んで自分のバックにしまい込むタイ人も多い。トイレットペーパーはカオヤ手やテーブルも耽る貴重品袋なのだ。)

花の時期終了近いけれどお客さんいっぱい

クリスマスが終わって、年末年始の休暇モードに入ったのか、カオヤイは何処も満員御礼。

花の最盛期よりも大分見苦しくなって来たが、それでもお客さんの様子を見る限り、楽しそうにしている。

当初、天国への階段や大きなブランコ、噴水などの写真スポットをいくつか作りたかったが、どれも出来ないまま、花の第一期の終わりが見えて来てしまった。

けれども、花園自体が写真スポットであることも分かり、良かったと思っている。

来年1月8日頃になれば、年末年始の観光シーズンは終わり、お客さんも少なくなるだろうから、その頃第2期に向けての大作業が始まる予定。

花は終わりに近付いても、美しい女性の写真は終わらない。

こういう写真が撮りたくてお客さんは来るのだった。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
12 | 2022/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる