掘っ建て温室作った

これからフラワーガーデンに向けて多くの花を育てないといけない。そして、その殆どは自分で種から育てるしかない。

その為に必要な物は、ずばり温室である。

温室と言っても、冬の寒さを乗り切る為じゃない。タイの夏の暑さと激しい雨を乗り切る為に必要なんだ。

何しろ直射日光が強過ぎて、発芽したての苗を枯らしてしまう。その前に、日光の暑さで土が高温になって乾いちゃう。

雨はたいてい雷を伴う豪雨で、小さな苗など簡単に洗い流してしまう。

てな訳で、強い陽射しと雨が避けられれば良いのだ。室内は高温になりがちなので、風通しは良い方が良い。

ただ、この温室は長くは使わない。

雨季が終わりに近付いた頃には、苗はフラワーガーデンの所定の畑に定植する。

また、場所はいちご園なので、いちご園の開園前に全部撤去してしまう。

つまり、3~4ヶ月使えれば良いのだ。

で、一日半で作ったのがこれ。











背を低くしたのは、大して頑丈じゃない骨格でも風に吹き飛ばされないようにする為。

苗は地面に置くだけなので高い天井は不要。

苗が大きくなったら外に出して、順次新しい種を蒔くつもり。

安普請だが、ビニールシートだけは良いのを使った。と言ってもポリオレフィンのはタイではないので、何や分からんAクラスの2年保証のシートで、これだけで1700バーツもした。

これで足りるのかと言われると、疑問だけど取り敢えずここから始める。

ついに発見 井戸、新貯水槽、新トイレ

フラワーガーデン予定地のクリアーアップ作業が終わりに近付き、新たにいろんな物が見えてきた。

先ずは遠くに新たなプール(貯水槽)が見えた。











なんかお店の後ろのより深い。縦2メートル横4メートル深さ1.5メートルくらいか。とすると、12トンの水が溜まるということ。



その裏に回ると見えて来た。アレが。





井戸だっ!




場所はオーナーが言っていた場所と一致。以前は草木で見えなかった。

まだ深さは分からない。多分、近所の井戸から推察して50メートル。水がまだ出るのかは不明。

ポンプ等は当然盗まれているので無いけれど、状況からみて内部は保存されている模様。

更に奥には、何ともう一つのトイレが。


近付いて見てみると、男女4部屋づつのトイレ。
カオヤイ街道沿いのトイレよりデカい。

それが森に埋まっていた。
今もほぼ埋まっていて、恐らくは当面使えそうにない。

だけど、捨てられた便器があったので、それは使えるかも知れない。



それにしても、不思議な土地を借りたものだ。




新フラワーガーデンの名前

まだ構想以外に何も手を付けていないフラワーガーデンだが、名前だけ大体決まりそう。

それも、何時もはマシュマロちゃんから賛同されない僕のアイデア。

その名も、

[ホッカイドウ カオヤイ]

なんやそれと思うなかれ。
近年は、北海道人気が高くて、多くのタイ人がホッカイドウの名を知っている。

ホッカイドウは、富良野のラベンダーや、新鮮ミルク製品、じゃがいもバターや白トウモロコシの新スイーツ、海の幸等、美味しいものがいっぱい。白い恋人はお土産の人気商品。
それらのどれかをフラワーパーク[ホッカイドウ カオヤイ]で売れれば、結構人気が出るかも。

別に気候や風景が北海道と似ている訳じゃないが、パリオとかトスカーナとかベロナとか、イタリア都市の名前で売っている所は多いので、ここは日本人がやってると言うことで、日本の名前を使ってみても良いんじゃないだろうか。

もし北海道の雰囲気が出せる写真スポットがあれば、きっと受ける(具体的アイデアはないけど)。

と、思いませんか?

ダサいかなあ?

4人の新住込みワーカー参上

昨日まで、僕らには2人の住込みワーカー(ガキンチョ1匹)しか居なくて、それでどうやって2箇所のいちご園に加えて、フラワーガーデンなんかやれるんだ?

と言うのが悩みだった。

しかし、世の中、中共コロナのせいで仕事がなくなって、新たな仕事を探している人が大勢居るんだった。

住込みワーカーは、毎年の様に一番古い住込みワーカーの知人親戚に声を掛けて見つけていたが、今年も僅か一週間で僕らの所で働きたという2 組4人(ガキンチョ3人)が見付かった。

今までと違う点は、幼妻夫婦じゃないこと。
幼妻夫婦に悩まされて来たことは、このブログに沢山書いてきた様に、もう心底うんざりだったのだ。

だから、僕らの条件は、
① 20歳前後の若像と乳飲み子は要らない。
② 正月もモン族正月も(稼ぎ時なので)帰宅は駄目よ。
③ 日給400 バーツ+食費+掘っ建て小屋+電気+水+初期家財道具
というわけなので、かなりの好条件だと思う。

今回の4人のワーカーは、皆30歳以上40歳未満のモン族。ガキンチョは3歳1人5歳2人。

働きぶりや性格は知らないが、30にもなれば普通は人並みの世間体や社会性が出来ているというもの(と根拠なく期待する)。

僕らの借家には、一時的に一組の夫婦と二人のガキンチョが同居する。

勿論、それは短期で、多分1か月後にはフラワーガーデンの土地に掘っ建て小屋を一緒に作って、そこに引っ越して貰う予定だ。

彼らが花を育てる訳なので、僕らのフラワーガーデンの成否は彼らに掛かっていると言って良い。

末っ子の女の子が人懐っこくて可愛いので、きっと良い人達なんだろうと思う。

散水方法の検討

いちご園では、スプリンクラーを使ってバーベナやコスモス等の花に水やりしていたが、フラワーガーデンでは花園の規模が大きく経費が掛かり過ぎるのと、花には水を掛けたくない場合があるので、別の散水方法を考える必要がある。

そのうちの最有力候補は、ワンナムキアオのレースラベンダー園を見て知った。
その後、YouTubeで勉強したところ、使えそうだった。

要は、ポリエチレンチューブに小さな穴が空いていて、そこから水を吹く出すというシンプルな方法。







1インチのチューブに穴が5つ空いている場所が20センチ毎にある。
水圧と水量が確保できる大き目のポンプと、穴が詰まらない不溶物の少ない綺麗な水があれば出来る(今は両方とも無いけれど)。

コストも200メートルで500バーツ程度と安い。

僕らの水源ラムタコーンの水は雨で濁っているが、それほど泥は含んでなさそうだったので、55メートルでテストしてみた。







上手く行っているようだ。

水は細かな水滴となって、上方法と左右の方向に1メートル程飛散した。

チューブの長さは55メートルあるが、手元と奥で水量や飛散距離に差はない。

1時間ほど散布したが、今回は穴が詰まることはなかった。

問題は、水の砂や泥の除去。それが出来れば大丈夫そうだ。

砂や泥でウォーターシステムが詰まり、上手く水やりが出来なくなるのは、いちご園の悩みだった。
泥砂の除去方法が別れば、いちご園にも応用出来るので要検討事項。


草刈りしたら見えて来た

約束通り、土地のオーナーが荒れた土地を草刈りして綺麗にしてくれている。

そしたら、いろいろ見えなかった物が見えてきた。

一番の印象は、
「なんか思ったより広いーい。」
「デカいトイレがあってビックリ。」
「地面は平で土は良い感じ。」
「僕らに使い切れるのか?」



お店の前のマカンの木が大きく日影を作っていて良い感じ。



遠くに見えるのがトイレ。
家のよりデカくてキレイ。
後半で詳しく記載。







お店とトイレを後方(入り口から奥)から見たところ。



もっと後ろから見たところ。
やけに広く感じる。
中程に見えるのが噴水プール。
なんで、こんな物があるんだ? さっぱり分からない。





花を植える辺りは、土質は良さそう。耕すだけで使えそうな土だ。カオヤイ農園のいちご園より遥かに土質は良さそう。


人物邪魔だが、背景はまずまず。



使われているブルドーザー。デカい。1時間2500バーツくらい掛かるらしい。

ここからがお店の内部。
未完成じゃなくて、完成後に電気関係等、盗める物は全部盗まれた状態であることが分かった。



チークな木を使っていて傷んでないのが凄い。


屋根もしっかり作られていて、僕の新居の屋根より丈夫そう。



電線やスイッチは抜かれているが、保護チューブ等は残っているので、中に新しい電線コードを通せそうだ。



ここが一番驚いた。
約8トンの謎の貯水槽。
一体なんの為に作ったのか?
生活水を溜めるタンク?
子供が泳げる遊び場?
金魚か鯉を飼う場所?





お店の内部。
コンクリートのテーブルが出来ていて、物売りには直ぐに使えそう。

😱 😱 😱

ここからがトイレ。
今までは草に隠れて全く見えなかったので、始めて見て腰が抜けた。
女子トイレ3つ、男子トイレ3つ、男子小便専用便器4基、手洗い男女それぞれ2つずつ。
便器も電気も洗面台も盗まれていて残ってないが、別途買って来れば直ぐに設置出来そう。
こんなに立派で他人数のトイレが本当に必要なのか?
閑古鳥しか使わなんじゃないかい?
それにしても、何をしようとしてこれらを作ったのか全然分からない。










使えるようにするには出費が要るけれど、自分達で自作するより立派な物がタダで使えるようになるのは有り難い。

これらは幾らの価値があるんだろう?
何もない草地を借りるより、大分得した様な気分。

マシュマロちゃんの構想

イメージ作りと、必要な花の量を考える為に、マシュマロちゃんは頭の中のイメージを絵に描いた。

それがこれ。

カオヤイ街道が下側で、南東方向が上になっている。



この絵は、未だ借りた土地の草木を刈ってない時に書いたので、その土地の全容は見えてない。

花は、上からコスモス、バーベナ、鶏頭、アスターだそうだ。

これだけでも、いちご園の数倍の広さになるので、本当にこんなに多くの花を咲かせられるのか、全く自信はない。

やるぜ!フラワーガーデン

いろいろ悩んだり、眠れなかったり、喧嘩したりしたが、
「やりたいなら、ともかくおっぱじめよう」
と決めて、本日土地の賃貸契約を交わして、賃料を払った。

オーナーは、契約書の用意などして来なくて、
「契約書なんか要らんだろう。金払ってくれたらそれで良い。」
と言ったが、良く知らない相手と流石にそれは不味いだろうと思い直して、マシュマロちゃんのIDカードとタビアンバーンのコピーに、手書きで要点だけ書いて、署名して契約書とした。



条件は、
① 全部で25ライ(横90メートル 縦450メートル)
② 賃料は年間200,000バーツ
③ 敷地内に現在ある物(家、プール、お店、井戸、電気設備など)は自由に使って良い。
④ 期間は無期限(10年でも使って良い)
⑤ 敷地の又貸しは禁止
⑥ 賃料は、初年度だけ250,000バーツ。そのお金で、オーナーが草木を覗いて畑に出来るような平らな土地にする。(5万バーツ以上掛かりそう)
⑦ 初年度の税金はオーナーが払う。次年度以降は僕らが払う(フラワーガーデンならとても安い)。

とまあ、こんな感じ。

1ライ当たりの年間賃料は1万バーツ以下なので、メイン道路沿いにしては高くない。

ただ、多分25ライも使い切れないので、結局は安くないかも知れないが。

余談だが、オーナーは数日前迄、僕が日本人とは知らず、知ったら妙にエキサイトしていた。彼は日本に何度も来ていて、日本食が好きそうだった。特にラーメン。

日本の大型クレーン機の会社と組んでいるらしい。

日本食レストランを一緒にやりたいと言い出した。(僕は、B級日本食の作り方なら口出し出来ても、レストラン経営は興味ない。)

背後の山

何もない。山の手前にラムタコーンという沢がある。



今日、早速大型車が複数入り込んで草木の除去を始めた。

来週末には、スッキリ整然とした土地になるんだそうだ。

なんか、新たな世界が広がりそうな気配。

最後のかき氷器

かき氷は利益率が高いし、何処か長閑で懐かしい感じがするので、何時かやってみたいと思っていた。

そしたら、懐かしの古い手動かき氷器が1台だけ売られているのを見つけた。

なかなか良い作りだ。

確か2000バーツ強だった。

欲しいと思ったが、本当にかき氷をやるのか(しかも手動で)自信が無かったので、理性が働いて買うのを止めた。

次にお店に行った時に、売られて無くなっているのを見て、きっと悔しい思いをするんだと思う。

飾り物として買っておいても良かったかも。

こんな機械は、日本でももう珍しいんじゃないかな。

エンジンポンプ

いちご園では、電動モーターのポンプを使っていた。

長さ400メートルの畑まで水が送れるし、高さ40メートル迄でも組み上げられる。

ポンプ本体から遠い畑やお店からでも、スイッチ一つで動かせるので便利だ。

ただ、距離や高低差が大きくなると、電気を食う割に水量が頼りなくなる。

実際馬力数も1.5か2馬力くらいだ。

これに対して、エンジンで囘すポンプは5馬力でも8馬力でもある。

実際、水源から400−500メートル離れた広い畑に水やりするとなると、そのくらいの馬力が欲しくなる。

ただ、オンオフの度にポンプ迄行かなきゃならない。

毎回の様に給油が必要となる。

音が煩い。

という欠点があるので、今までは敬遠していたが、フラワーガーデンをやる為には良いかも知れない。

長い電線を引かなくて良くなる。これはコストダウンになるし、毎月5000バーツ超えの電気代を節約出来る。
毎年のような電線の修理も不要となる。

ポンプと畑の距離が長ければ、騒音も気にならない。ポンプの近くに人が住んでなければ、ポンプの騒音は問題にならないだろう。

それで、お店でいくつか製品を紹介してもらったところ、思ったより良さそうなのを見つけた。






もっとずっと安いのもあるが、こいつはスイッチ1つで起動出来る。いちいち力を込めて手動で起動させなくてよい。

500メートル離れたスプリンクラーも楽に回せるらしい。

65メートル迄揚水でき、負荷がなければ一時間に30トンの水を運べる様だ。(僕のモーターポンプは、一時間で10トン以下)

どういう方法で、どの位の広さを同時に散水するのか次第だが、何だか強力そうだ。

ただ、自分はエンジンポンプは一度も使ったことが無いので、電動モーターと比べてどんな問題があるか誰か教えて下さい。

価格は20500バーツで、ちと高いが、電動モーターでも8000バーツ位するので、どうなんだろう。電線のコストプラス電気代と、ディーゼル燃料の費用と比べてどうなんだろう。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる