新居の悲劇

僕らのタイの新居は 、セカンドライフの一つの大成功の証と言いたいくらいの自慢の家で、3方をカオヤイ国立公園に囲まれていて、一方は広い高級分譲地に面しているので、特にその風景が素晴らしい。

豊かな自然に囲まれているのが良い訳だが、何時も豊かな自然が居心地が良いとは限らない。

例えば、虫が異常に多い。

都会暮らしの人には想像出来ないくらい。

例えば、これはヤスデ。毎日びっしり来る。

ここは正門の花壇の写真だが、当然この量のヤスデが家の周りにも来る。

ヤスデなんかは人畜無害なので良いが、蚊、藪蚊、蟻、カゲロウ、白蟻の羽蟻なんかも、恐ろしい量が押し寄せてくる。

例えば、下は白蟻の羽蟻で、雨が降った日の夜にやって来る。

締め切っていても、一晩でこれくらい部屋の中に侵入してくる。

虫が多いのも原因だが、窓や扉の密閉性が悪く隙間が多いのが根本原因。

以前の借家で虫に悩まされてきた僕は、新居の窓は密閉性の高い良いものにしようと心に決めていたにも関わらず、窓を決める時、既に予算超過していて、これ以上の超過は避けたいと思ったので、標準のタイ仕様のアルミサッシ窓にしてしまった。

これが大失敗だった。

テラス前の大窓3箇所だけは、暑さ10ミリのガラスにアップしたけれど。アルミサッシのサッシの隙間が5ミリ、場所によっては15ミリもあって、虫たちは容易に侵入出来る空隙があったのだ。

体長3センチの羽蟻10匹が部屋の中に飛び回っているのを想像してほしい。時々、顔の上にも着地するので、とても寝ていられない。

勿論、藪蚊も来て刺す。

2センチ位の蛍が部屋の中を飛んでいる。

頭に来た僕らは、窓の全取替を考えた。

アルミサッシは止めて、PVCの密閉性の高い窓への交換を建築会社にお願いした。

しかし、100%虫をシャットアウトする窓はタイにはないという。

しかも、工事は大掛かりで、既製の窓はサイズが合わないので特注になり、高くなるという。

自分でも、いくつかの店を探したが、確かに高気密の窓セットなんか売ってない。PVC性で、アルミよりも良さそな窓はあるが、それでも隙間はある。

そこで、取り敢えず虫除けのプラスチック製のシールドを窓に貼って様子を見ることにした。

あっちこっちに貼って見苦しいし、粘着性が悪く剥がれやすいのが難点。

だが、かなりの効果はあって、侵入する虫の量を最大で90%減らせた。ただ、90%では全くもって不十分で、例えば上に方の写真はシールドを貼ってからの様子なのだ。

よって、更にシールドを強化する必要がある。

それにしても、こんなに虫が多いとは、想定の範囲外だった。

自然の中が良いとは限らないと痛感した。

新居受渡し直後の動画

新居を引渡し直後に、建築依頼会社のインタビューがあって、その時の動画を纏めたビデオを建築会社がYouTubeにアップした。

タイ語だが、僕の日本語の返答も入ってる。

そのビデオはこちら。

https://youtu.be/kFsKugS8TJA

ちょっと面白いかも。

朝の風景

毎日、割と慌ただしく、あんまり精神的に寛げてないけれど、目覚めた後の数分間は至福の時を実感出来る。

何故なら、この風景。

何故なら、この鳥の鳥の声。

<iframe width="1080" height="640" src="https://youtube.com/watch?v=lQ3dcXMK29I&feature=share"

https://youtu.be/4gGTvWQByzU

</iframe>

隣に寝息を立てる女がいて、涼しい風が肌を掠めば、これは正しく至福の時。

「死ぬ時は此処が良い」と思った。

さようなら6年住んだ借家

今日で6年間住んだカオヤイの借家を引き払った。

原状開腹が出来てない部分が多少残っているので、それをどうするかは大家さんと相談だが、全ての家具、ゴミは出して空っぽにした。

もうここに戻ることはないだろうと思う。

6年前、マシュマロちゃんと2人で夢と希望を持ってここにやって来た。

当初は十分に広くて、割ときれいな家に満足していたが、6年もするとゴミと虫だらけになって、心地良くなくなくなってしまった。

でも、今月新居に引越したので、今はとても居心地が良い。

6年間は長かったが、殆ど寝に帰るだけの家になっていたので、あんまり多くの思い出はない。夢を見ても、この家が夢に出てくることはなかったし、これからもないだろうと思う。

今まで、バンコクに1年、ノンタブリに2年、カオヤイの借家に6年住んで、今月からカオヤイの新居に住み出した。と言うことで、カオヤイがタイで断トツに長い。

カオヤイは、気候も良いし、空気は綺麗だし、自然は豊かで、安いタイ飯も高級なレストランもあるので、セカンドライフの舞台としては良い場所だと思う。

最近では、コンビニや大型ショッピングモールも増えて、一層便利になった。

あと何年カオヤイに居るか分からないが、健康でいる限り個々で暮らそうと思っている。

新居の住所

僕らの新居には住所がなかった。

誰も住んでなかった土地だから。

けれど、住所がないと、いろんな公的書類を書いたり、郵便や宅配便の届け先が書けないので、頗る不便。

無い住所に新住所を付けるのは、郵便局じゃなくて市役所の仕事。

役所の仕事は何処でも遅く、袖の下で催促して4ヶ月掛かってやっと新住所が出来た。

同時に、新居の登録書タビアンバーンも作られた。

これにて新居は書類上も全て完成して、僕らの所有物になった(外人の僕の名前はどの書類にもなく、マシュマロちゃんの所有となる)。

新住所はここには書かないが、ハムケンに請求書か書類か美味しい贈り物でも送りたいという方がいたら、メールで聞いてくれればお伝えします。

実は、引越しの方も暫時進めていて、約一週間前から新居で寝泊まりしている。

昨日あたり、生活用品の引越しもだいたい終了した。

インターネットも繋がった。

後は前の会社の要らない書類やコンピューター、事務机類、エアコンが残っているが、どうせ使わないので、あと一月掛けてゆっくり処分するつもりである。

新居引き渡し

数日前、新居の建築作業が全て終わり、最後の清掃も済まして、僕らへの鍵の引き渡しイベントが行われた。

何やらビデオを撮りながら会話するのだが、日本語で話して良いと言われたので、日本語でベラベラ話した。

多分、誰にも分からなかっただろう。

しかし、話した内容は綺麗事で、
「希望通りの家が出来た。」
「御社の仕事に満足している。」
「御社を選んで良かった。」
などなどだから、適当に翻訳するんだろう。
要は、彼らの販促ビデオの一つになるわけだ。

家に関して、これからやらないといけないことは、

※ インターネット光回線を引く。
※ WiFi防犯カメラを設置する。
※ 網戸を張る。
※ 土地の周囲にフェンスか塀を作る。
※ ガスボンベを買ってくる。
※ 各窓にブラインドを付ける。
※ 砂と泥除けの為に取り敢えず芝生を敷く。

くらいかなあ。

それよりも先に、引越の手順を考えないいけないな。

一日も早く引っ越ししたいが、今のところ全く目処が立ってない。

下手すると、来年2月になるかも。

事故や病気で、新居に住めないうちに死んでしまいたくないので、優先順位をあげて早目に引越を決行したい。

ベッドとか冷蔵庫、洗濯機等の必要な物だけ運び込んで。

普段使ってないものや衣服は、暫く旧借家に置いておくことにして。

どうせ家は寝るだけだから、それだけ持って行けば十分。































隣がELカフェという人気のカフェなので、多くの人が僕らの家を見て、建設会社の方に建設依頼が6件も入ったとのこと。

それで気を良くしたのか、引渡し時のプレゼントとして、日本メーカーの45型のアンドロイドテレビを頂いた。

来年は、花と木の囲まれた庭を作り、バーベキュー釜でも作って楽しみたい。






新居が完成

新居の電気、水道、下水、それと側溝のコンクリート敷が終わって、新築作業はほぼ終了した。

庭や敷地の周りのフェンス(又は塀)は、まだ計画も立ててないし、引越しのスケジュールも忙しくて立てられないが、家自体はその気になればもう住める状態になった。

今日は、家の側溝と水周りの様子を纏めてみた。

















家の周りを55000バーツ掛けてコンクリート敷にした。泥跳ねや小動物を避ける為。

また、雨季にも家の周りを歩きやすくしたかったから。

下水は下水道なんてないので、2箇所下水槽を設置して、地下に染み込ませるタイプとした(他に選択肢は無い)。

上水道は、地域の簡易水道で、井戸水なのでカルシウムが多いが、それを取り除く脱塩装置は付けてない。だから、温水器やシャワールームの床等にカルシウムが析出して害を及ぼすが、ある程度容認するしかない。

水道水は無色透明だが、塩素やオゾンで消毒されている訳でもないし、写真の様に2トンタンクに溜めて使うので、そのままでは飲めない。

庭の設計と植栽は、来年の僕とマシュマロちゃんの楽しみにとっておく。

追加の写真















新居完成間近

スケジュールとしては予定通りだが、気持ち的にはやっとこさ新居が完成に近付いた。

家の周りの足場が取り除かれて、あとは台所を含めた水周りだけになった。











隣のELカフェとイメージマッチする為に、全体的に白で纏めた。

白い壁は、かつては直ぐに黒いカビに覆われて汚くなってしまうのだが、最近のペンキの防カビ剤の品質が良くて、5年後位は白いままで保てるらしい。

家の周りだけではなく、中まで白で纏めた。
ジョン・レノンのイマジンのムービーみたいでしょ。











これから水道と2トンのタンクとオートマチックポンプと、下水槽等を設置すれば完成となる

地面の整地も含めて、多分今月中に引き渡しになるのではないだろうか。

一方、僕らはフラワーパーク関連で忙しい日々が続いていて、引越し等の予定は全く立ってない。

今の借家には、もう使わなくなったものが山ほどある。どう頑張っても新居には納まらないし、捨てると言っても何時どうやって何処に捨てれば良いのか見当も付かない。

多分、8割はゴミとなる。

多分、新居に落ち着くのは年越しになるのではないだろうか。



バスタブ付きのお風呂

バンコクに来た初めの一年間は、贅沢してジェットジャグジーのあるバスタブ付きのコンドに住んでいた。

日本人として、バスタブ無しのお風呂は辛いと思ったから。

しかし、ひとりでお風呂で寛ぐことは少なく、もっぱら呼んだタイ女といちゃつく場所として活躍した。

その後7年間、バスタブとの縁は切れて寂しかったので、新居のお風呂はバスタブ付きとした。

それが大分出来て来た。









多分、1週間に1回使うかどうかという程度だが、入りたい時に入れると思うだけで嬉しくなる。

新居には、もう一つトイレとシャワー室があって、こちらの方が広いのだが、バスタブはない。



僕にとって、家で一番大切なのは寝室。2番目がトイレろお風呂。

なので、そこには気を使った。

その他の部分は、寧ろいい加減にしか考えてない。

湯船に浸かって鼻唄歌って寛げるのは何時の日か。

進まない新居

この頃、忙しくて新居の建築現場に行けてない。

毎日、雨だったせいかどうか知らないが、内装工事に入ってから、遅々として工事が進んでないように思える。

やっと壁と天井が出来て、これから窓とトイレ浴槽と台所の備品設置に入るという感じ。

いったい、いつ完成して転居出来るのやら、さっぱり分からない。

ただ、フラワーパークといちご園が忙しくなってきて、仮に完成したとしても、直ぐに引越しという訳には行かなそうな気がする(訳者注:気がするんじゃなくて、絶対行かない。)

現在の状況は以下の様。




















イマジンの舞台みたいに、白い家なのだ。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる