新居のデザインその1

いちご園が終了したので、いよいよ新居の計画を実行する時が来た。

建設会社は、ここナコンラチャシマで中堅の従業員10名程の会社で、設計通り忠実に建設することを自慢しているP&Jと言う会社を第1候補として選んだ。

そこに僕らのアイデアをイメージした平面図と、イメージに近い実例写真を渡し、初歩的な2Dの平面図を描いてもらった。



予算は150万バーツだったが、どうやら200万バーツ強になりそうだ。(ちょっと高いので、デザインや建築業者を変えないといけないかも知れない。)

これを元に、有償で3 Dイメージを作成して貰い、細かい点や色を修整して、正確な経費を見積もって貰い、良ければ建設に着手すると言う段取り。



外観のイメージはこんな感じが良いと思っている。

見晴らしの関係で一階の高さを1.5メートル、二階(中二階)の高さを2.5メートルとして、室内のc階段を1メートルとした。

年齢を考えると、平屋のバリアフリーが良いのかも知れないが、部屋からの景観の良さを最大限に活かし、隣のコーヒーショップから部屋の中が見えないようにし、象や虫の被害を減らす為に1.5階建てとした。

外との出入りは段差が大きく不便だが、室内移動より頻度が少ないだろうから良しとした。

実際に車椅子生活となったら、ここでは住まないと思う。

同時並行で、もう一社別の建築業者とも話を進め、良さそうな方に絞るつもり。

思ったより高くなっても、日本じゃ20年以上のローンで買うのが普通だったのに(実際に僕は未だ完済していない)、ここではたった1年(実際は半年間)の収入で一括払いで建つのだから有り難い話じゃないだろうか。

こんな感じの家を建てようかな

何となく今度建てるだろう新居のイメージが固まって来た。

こんな感じが良さそうと思うが、どうだろうか?









訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる