真相:鎖に繋がれた母

鎖に繋がれた8人の子供を産んだ母の話は、中共による必死の情報統制にも関わらず、中国本土で80万人もの人が知ったそうだ。

その後、彼女がどうなったかは不明だが(人と接しないように病院に入院しているらしい)、事件の真相がかなり明らかになった。

https://youtu.be/Mmxip7hjXqA

天滅中共!

悲しい日常の話

https://youtu.be/uw-c8p7-atw

涙無しで見られない

香港頑張れ。香港は絶対負けない。

酔っ払ったハムケンは、このニュースで涙が溢れた。

ハムケン探偵が言うには、習近平政権はまもなくクーデターで内部崩壊する。





暗闇の中に希望の光

このところ、暗く辛い気持ちが続いているが、そのうちの一つの原因である米国と中共、自由と弾圧、正義と邪悪との戦いに光が見えて来た。

とても信じられない戦いが現実世界で起きていることを皆に知って欲しい。

https://youtu.be/2bO-Ygr91Ms

https://youtu.be/wD0Up3WzKdw

https://youtu.be/QYQpbPfgq50

涙なくして見れない現実

これらの記事を観て、僕は感動して泣けて来た。

https://youtu.be/04Gsv9_K4Pw

https://youtu.be/37E-BLNZxEQ

https://youtu.be/KCequoIeqhY

https://youtu.be/EEzh_IGtYrA

https://youtu.be/EEzh_IGtYrA

オクトーバーサプライズ

バイデン氏の息子が中共から莫大なお金を受け取っていようが、中国の少女を犯していようが、大したオクトーバーサプライズではない。

このところ、CIAの内部告発者らが発表したビンラディン殺害と米特殊部隊の全滅、中国でのCIA活動者の消失、そしてそれらがヒラリーとバイデンが深く関わったという前代未聞の情報が暴露されて来たが、それが本当ならこれこそ正にオクトーバーサプライズ。

あまりにも恐ろしい話で、米国政府関連部署も何も語っていないようだが、選挙前か選挙後を問わず、これが真実であることが示されたならば、アメリカ新政権を大きく揺るがす大事件になるだろうと思われる。

次の動画が分かりやすく説明している。

震えが来るようなストーリーなので、震えたい人は参照あれ。

香港が世界を変えた

21世紀のベルリン、自由と独裁の戦いの最前線と言える香港。

香港の若者たちによる中共との最期の戦いが、世界を変えた。

コロナのパンデミックが更にそれに追い打ちをかけた。

今の香港は、中共の弾圧に押され気味にも見えるが、実は違う。

香港人の戦いが世界の人々を目覚めさせ、中共の真の姿に気付きさせたのだ。

今や欧米だけじゃなく、世界の大多数が中共の邪悪さに気付き、中共の撲滅へと動き出したので、もう僕は思い悩む必要はなくなった。

最近では、中共に毒されていたヨーロッパ各国も方向性を明白に変えた。

アメリカでは、驚くべきことに、中共を「新たな邪悪の帝国」とみなし、「国際犯罪組織に指定」する動きまで出て来た。

宗教弾圧、民族弾圧、被弾圧者からの生体臓器摘出、人権弾圧、南シナ海や香港での国際法定無視、インドや尖閣諸島等への威嚇、台湾軍事併合、先進国からの技術窃盗、非礼な戦狼外交など、およそ近代史最悪の邪悪国家だから、アメリカの政策変更は実に的を得ている。中共が崩壊しなければ、世界に平和は来ない。

ハムケン探偵は、かつて米中開戦が一月以内と予測したが、幸いなことに未だ開戦に至っていないが(冷戦は始まったが)、アメリカは中国が仕掛けてくるのを待ち侘びているし、軍事的に今も仕掛けている。

中国は勝ち目がないのを知っている為、先手攻撃を禁止しているらしいが、大統領選後の混乱と指揮の乱れを待っているという情報もある。

本当の危機は数ヶ月後に来るのかも知れない。

中国国内では、習近平政権は絶体絶命になりつつあるが、習近平がクーデターで倒されたところで、中共が生まれ変わるわけではない。

怖いのは、習近平が中共の終わりを悟って、「死ぬならお前たちも一緒に道連れだ!」との思いから、核兵器のボタンを押すんじゃない?

僕はそれだけが心配。

それにしても、東アジアの君主は何でこんなにいかれてるんだ?

金正恩、文在寅、習近平と、まともな精神じゃない連中ばかり。

ミャンマーから来るもの

ミャンマーとの国境にあるチェンライとメーソートは危険だ。前回、タート県メーソートに行ったとき、怪しい中国人が多くて驚いた。

そこからウイルスが入ってくるのは目に見えたからだ。

今、そのミャンマーから中国雲南省にコロナが戻って来た。

インドからバングラデシュ、ミャンマーを経て、故郷の中国に陸路で帰って来た。

既に雲南省端麗市はロックダウン。

ミャンマーと雲南には国境があって無いようなもの。

防ぎようがない。

多分、タイにも入って来るだろう。

もう一つ、コロナと一緒にミャンマーからラオスを通って雲南に来ているのがある。

それはバッタ。

サバクトビバッタじゃないが、トノサマバッタに似た竹の葉やトウモロコシが好きな黄色角竹バッタが増殖しながら大挙して襲って来ているらしい。

既にここ数十年で最悪の被害状況。

正に踏んだり蹴ったりの中国。

天は怒り、疫病を蔓延させ、洪水を起こし、イナゴやバッタを増やし、人の食べ物を枯渇させ、国を滅ぼす。

海戦前夜その2

香港の反中共の若者たちの決死の抵抗に僕は心を撃たれた。

中共ウイルスパンデミックでの中共の態度、ウイグルや法輪功の弾圧と洗脳と臓器刈り、国際法を無視した台湾、南シナ海での行動。とても人間のすることじゃない。

僕は心の底から中共を憎んだ。

「中国共産党は21世紀最悪の邪悪集団。ナチより100倍エグい。なんとしても撲滅させなけりゃいけない。でも、僕に何が出来るんだろう。誰か救世主が現れて、中共を壊滅させてくれ!!」

と、胸の底から思い鬱になった。

しかし、幸運にも意外にも早く救世主は現れた。

アメリカ合衆国だ。

特に、バカを絵に描いたようなトランプが、選挙対策かも知れないがマジに反中共を言い出した。こんなに急にアメリカが変わるとは思ってなかった。

中共が潰すまでアメリカは止めない。

もう中共と話し合いはしない。交渉の扉は閉じた。

放ってておいたらアメリカが、世界が中共に壊される。

などと言っている。

実に頼もしいじゃないか。嬉しいじゃないか。涙が出るぜ。

僕は共和党より民主党の方が知性的で好きだったが、中共ベッタリのバイデンよりも、病的性格のトランプのほうがこの際頼りになる。

南シナ海や台湾で、マジに衝突が起きそうである。

前の記事で、ハムケン探偵は近く米中戦争が勃発すると予測して読者に馬鹿にされたが、きっと本当に勃発する。

最早正気でないハムケンは、第3次世界大戦や核戦争に発展しても良いから、兎に角中共を速やかに壊滅して欲しい。

きっと日本は戦場の一部になるから、日本の読者の皆さん、ご愁傷さまです。

僕はタイのカオヤイという地上で最も平和で安全な土地で生き長らえます。

😈 😈 😈

この頃視聴者数が凄い名古屋の妙佛さんの記事は役に立ちますよ。

台湾を焼き尽くしてでも奪い取るという中共。ミサイルが福建省に集結

兵士一人になるまで戦うという台湾。

もうここ迄来てしまったことに日本人は気付いているのだろうか?

心を失った国家

僕は本当は中国の文化が好きだ。

何故なら、日本の文化の源流だから。

北京語の歌は意味は分からないけど音色はとても美しい。

中国の詩は聞いても分からないが、書かれていれば意味なら少しわかる。

チュラ大のタイ語集中講座で共に学んだ友人の多くは中国人で良い奴だった。

なのに、知らない間に違う文化の国になってしまった。

今日も日本で報道されないが気になる中共関連のニュースを少し。

価値観の違い

https://youtu.be/Zh7XQtZnl1w

麗夢さん奮闘中

https://youtu.be/sfVxB-gehZU

北京が衝突を回避

https://youtu.be/7okSuIGQEeY

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる