FC2ブログ

やっぱり腐ったLAZADA

Lazadaがヨーロッパ資本だった頃、全国網の早い配達と返品しやすさで、僕はLazadaが好きだった。

しかし、2016年、中国のアリババがLazadaを買収して、中国資本になった

それからというもの、案の定Lazadaは腐った。

商品を検索すると、上位の商品は全て中国製で、中国からの国際搬送。価格からして関税抜けしているに決まっている。

タイに既にあって、タイの商店が売っているものさえ、中国の後ろに来る。その段階で既におかしい。

128GBのあり得ない偽物を平気で売る。

今回、僕はアンドロイド8.1のカーオーディオセットとバックカメラのセット約8000バーツを注文したのだが、2週間以上経って送られてきたのが、100バーツ程度の車のシガレット電源12ボルトから取るスマホチャージャー一品のみ。当然、商品番号やLazadaの注文番号はカーオーディオセットのものと同じ。

上が注文した物

これが送付されて来た物。

注文番号は同じだが、2個口が一個になって、価格は数十分の一の物が届いた。名称等に類似点は無い。

こういう確信犯的なことを平気でやる中国企業がゴロゴロLazadaには居る。

当然、返品と正しい注文品の送付を依頼したが、日本語はおろか、英語でさえクレームが通じない。タイ人にお願いして問い合わせて貰ったところ、

一週間以内なら返品可能。一週間を一日でも過ぎたら、いかなる理由でもLazadaは責任を取らない。お客さん自ら近所のKerry(宅配会社)のオフィスに持ち込んで、指定のコードを記入しないと行けない。また、海外からの輸入品なので交換は出来ず、返品後の返金のみ対応可能とのこと。

そこで、今日わざわざお店を留守にして20km先にあるKerryのオフィスに行ったところ、指定されたコードがシステムに入っていなくて返品すら出来なかった。

マネージャーが言うには、Lazadaからコードが来るのが通常2日掛かる。土日はLazadaはやってないので、木曜日にもう一度来てみて下さい。

という始末。

タイ人にLazadaの評判を聞いてみたら、

「Lazadaは良くない。無責任。いろいろ面倒くさいことが多い。」

「ECならShoppeeの方が断然良い。もう皆Lazadaなんて使わない。Shoppeeで注文し直せば良い。」

中国資本になる前、Lazadaは東南アジアを征服しそうな勢いだった。日本の楽天もタイから撤退し、もはや敵無しになったはずなのに、今やタイ人からも見放された。

僕としては、やっぱりね、という感じ。

アリババは超大企業だが、偽物が未だに撲滅出来ず、アリババ経由のメールの95%が詐欺かフィッシング(4年前のこと)だったので、僕は中国とはビジネスをしないと誓ったのに、Lazadaを使い続けてまた失敗した。

中国人がわざわざ日本やシンガポールでブランド品を買うのは、自国のショップは信用出来ないから。

お客さんの顔を見ない企業は、必ず衰退する。

水銀体温計

先月、森に入って発熱したときにカオヤイの薬局で体温計を買った。

懐かしの水銀体温計だ。摂氏と華氏の目盛り入り。

家には電池式のデジタル体温計が買ってあった筈だが、何処かに行ってしまい見つからなかったので購入した。

この水銀体温計は確か45バーツだった。僅か150円程度ということになる。

体温計は例の青いキャップのプラスチックケースに入れられていて、それがぎりぎり入る小さな紙箱に入れられて売られていたが、箱には説明書が入っていなかった。

また、そのプラスチックケースをクルクル回して水銀を下げる為の紐も入っていなかった(紐を付ける穴はあった)。

究極のコストカットだと思った。

タイはともかく、もっと貧しい国の貧しい人達に体温計を届ける為には、これ位の値段じゃないと無理なんだろうと思った。

ただ、僕の幼い頃の記憶では、体温計はとても貴重品だったような気がする。だから、子供は絶対触っちゃ駄目で、いつもお母さんが体温計を振ってから、子供の脇の下に差し込んでいた。体温を読むのもお母さんの仕事。

それでも興味深々の僕は自分で体温計を振って、水銀の部分を机の角に当ててしまい、体温計を壊してしまったことが、多分三度ある。

その度に酷く叱られた。だから、体温計は高価な貴重品であって、少なくとも今の価値で3000~4000円はするような存在だと思っていた。

それが150円だったので妙に安いなと思った。

それで今どきの日本では幾らなのか価格ドットコムで調べたてみたら、水銀体温計が出て来ない。

どうしてかと思ったら、日本では2019年つまり昨日から、水銀を使った体温計は販売、使用が禁止されたらしい。体温計だけじゃなくて、水銀血圧計も駄目。理科の実験室にあった水銀柱気圧計も駄目。

それで昨年は、家庭や病院や学校から大々的に回収作業や買取り作業を行ったらしいが、回収は容易じゃなかったようだ。

何しろ、普段開けない古い薬箱や戸棚の奥に忘れられて埃を被っていたりするだろうから。多分実家にも未だある。

病院や診療所、保健所は更に厳しい。水銀柱血圧計は使われる水銀の量が体温計の否じゃない。しかも、どんな田舎の小さな診療所にもあった。おそらく半分も回収出来ていないんじゃないかという気がする。

タイでは未だ現役の水銀体温計だが、森に入って発熱したので行ったバンコク病院カオヤイ診療所とパクチョンバンコク病院は、体温はおでこ一秒の赤外線式、血圧は椅子型の全自動だった(血圧だけじゃなくて他のバイタルサインも同時計測)。

しかし、運転免許更新の時に要る健康診断書を書いて貰った医院では、水銀柱血圧計だった。ワークパーミットを取った時の医院では体温計も水銀式だった。

ところで、タイではゴミの分別収集が行われていなく、水銀の入った使用済み乾電池もそのままゴミ箱にポイだから、水銀汚染は深刻なことになっているんじゃないだろうか。

環境汚染は困るが、実のところ電池式の体温計は、いざと言う時に電池切れで使えないことが多いので不便だと思う。滅多に使わないので、使いたい時には電池切れになっている。電池をコンビニに買いに行っても、ボタン電池は型式が多くあるので誤って適合しないものを買って来てしまうこともある。

それに、どういう訳か、デジタルで示される推測体温はいまひとつ信用出来ない気がする。水銀体温計を5分間以上しっかり脇に挟んでから読む体温が真の体温のような気がするのは歳のせい?

Ta Tuk Tuang

tak tu tuang タ トゥン トゥアン 

で有名なマレーシア発の変な曲がいっときタイでも大流行した。

https://youtu.be/Rs4nfNC7C9g

次はオリジナルに変なビデオを付けたもの

https://youtu.be/nZ0PgYMw3t0

こちらは流行りのダンススタジオのビデオ。タイは健康作り真最中。

https://youtu.be/UAUWMzmom_0

妹さん夫婦の幼児までこの歌を歌う。もちろん、タイ語じゃないので、意味は分からない。

僕も意味は分からないが、マシュマロちゃんが言うには、

ちょっとセクシーなブスが、「私はシャワーが嫌いでシャワーは浴びないからちょっと臭いかも知れないけど、それでも中身はセクシーでいい女よ!」と男に迫る言う歌らしい。

一度聞いたら忘れられない歌だが、何処かで聞いたことがある感じがした。どこで聞いたんだろうと考えてみたら、次の2曲が思い出された。

それは、堺 正章の 「悪いのは僕のほうさ」

https://youtu.be/F0XNndRcIAY

それとアルバートハモンドの 「カリフォルニアの青い空」

https://youtu.be/LcmU3ngK5D8

何方も無茶苦茶古い歌なので、知らない方も多いかも知れない。

一度、聴き比べて見て、似てる! と思ったらコメントして。

まあ、良くあるコード進行なので、ことさら似てる訳じゃないかもしれないし、もっと似てる歌があるかも。

これ出来る?

マシュマロちゃんがフェイスブックを見て、

「これ出来る? アホは出来ないんだって。」

と言って見せた写真がこれ。

「何それ、簡単じゃん!」と言ってやって見せたが、よく見ると親指と人差指の位置関係が違う。

10分格闘しても出来ず、僕の結論は、

「この写真はコラージュ」

しかし、更に努力した結果、20分後には御覧の通り出来た。

しかも両手両眼!

溶接のUVで皮が剥けて、その後口唇ヘルペスが出てしまい、汚らしいので隠してある。

一度やり方が分かれば、さほど難しくはないが、マシュマロちゃんはやり方を教えても出来なかった(つまり、アホや!)。

暇な人はちょっとやってみて。意外と難しいから。

タイミングベルト交換

いすゞのピックアップトラック、マシュマロD-Max号は、もう12万キロも走った。

先日、エアコンのフィルター、ガス交換の為にディーラーに行った際、ベルトがボロボロなので交換した方が良いと勧められた。

しかし、交換費用が4500バーツと言われ躊躇した。あんな数百バーツのベルト交換で4500バーツは高過ぎる。

ところが、その後日本でのタイミングベルト交換費用を調べたら、50000円は普通で、高い場合は10万円位かかることを知った。

しかも、タイミングベルトが走行中に切れると大事故を起こしかねないこと、ベルトの交換時期は10万キロが目安と言うことらしい。

マシュマロD-Max号は12万キロ乗ったし、これからいちご園準備で乗り回すので、高くても交換しておいた方が良いだろうと思って、今日交換に行ったところ、タイミングベルトとファンベルトとベルトガイドの3点を交換して、作業料も含めて860バーツしか掛からなかった。

いったい、どういうことなのか分からないままだが、覚悟していた額より大幅に安かったので気が楽になった。

なにか勘違いがなければ良いが。

交換したのはタイミングベルトじゃなかったのかという不安が。

どうやって確認するのか誰か教えて!

スーさんのブログリンク

以前のブログでも書いたことがあるが、カオヤイ農場から徒歩圏内に住む日本人女性がいる。

カオヤイには、日本語で腹を割って話せる友人が少ないので、お互い有り難い友人となっていて、時々ビールを一緒に飲むのが楽しみの一つ。また、僕のいちご園経営に関して、いろいろ助言をくれる有り難い存在なのだ。

そのスーさんの旦那さんは、携帯電話ショップを3軒経営していているのだが、タイ人経営でもやはり従業員の現金盗み事件があって、お店の経営やスーさんのタイに対する印象に重大な悪影響を及ぼした。

この事件のことは、スーさんは彼女のブログに書かないと言っていたが、今回一部始終を公開された。

スーさんは、もうタイが嫌いになってしまい、疲れて日本に帰ってしまったが、このままでは僕の大切な飲み友達が居なくなってしまうので、皆さんから応援を送って上げて欲しくて、彼女のブログのリンクを貼らせて貰った。

長くタイに居ると誰もが受ける洗礼で、タイには恩義というものがないのかと僕もほとほと嫌気が刺したが、タイで生きてゆく以上乗り越えなければならないし、他に良い所も沢山あるので、なんとかやっている訳だが、本質的問題は解決出来てない。

彼女も、旦那さんがタイにいる以上タイと縁は切れないので、是非応援してあげて欲しい。

また、彼女のブログには、タイにまつわる有用な情報も満載なのでおすすめです。

その証拠に、「カオヤイ」「いちご狩り」をキーワードにググると、僕のブログじゃなくてスーさんのブログがトップに検索される程😅

バンコクの駐妻組には、そこから僕らのいちご園を知った方が多いよみたい。

帰国予定

いちご園の終了と、日本への一時帰国の予定を決めた。

カオヤイいちご園は3月29日終了予定 ただし、妹さん夫婦が代わりに続けるかもしれない。

ワンナムキアオのマシュマロいちご園は、3月末より彼女のお母さんに任せる。売上はお母さんにあげる。

そして、3月30日にビザ更新。自分でやるのは疲れるので、チェーンワタナに入り込んだ業者に依頼。

4月の7日に帰国。20日にタイに戻る予定。

Scootやピーチエアライン等、いくつかのLCCを検討したが、少しづつ不満があって、やっぱりANAにした。

帰国中は、人間ドック、お花見の予定があるが、今回は少し時間がありそう。

JOOX

JOOX という名のミュージックボックスがある。アンドロイドで使える。

ジュークスと読みそうだが、タイ人はチュッと発音する。

日本で使えるのかどうかは知らない。タイでは使える。

僕は日本のアカウントを使ってグーグルミュージックを月額980円で使っていて、盲目的にこれが最強だと思っていた。

しかし、目の前に強力なライバルが現れた。

それがJOOXというアップだ。

グーグルミュージックでは対応していないタイのヒットソングが豊富

グーグルミュージックでは別途買わないとだめな宇多田ひかるの曲等でもなんでもある。 

使いやすく見やすいグラフィッカルな画面

ビデオクリップも豊富

そして以上が全て無料

いったいどうして無料なのか、日本の著作権法に抵触しないのかどうか知らない。

でもとにかく便利で、これがあればグーグルミュージックは要らないかなという感じがしている。

気になる人は下のスリリーンショットを良く見て欲しい。きっと欲しくなる。

カラオケ歌詞まで出て来てビックリにゃん。

ジャンルも豊富で、いちご園で流すクリスマスソングもこれで決まり!

皆の味方、ツーリストポリス

バンコクやアユタヤ等の観光地にはツーリストポリスなる別格の警官がいて、旅行者の為に頑張ってくれている。

大抵英語を話し、道案内からタクシーの乗車拒否まで、困ったときは何でも相談できる。

観光立国のタイにとって観光客はとても大切なので、ほとんどの場合優しく対応してくれる。

残念ながら、カオヤイやワンナムキアオのいちご園周辺には配置されてないが、カオヤイ国立公園内には居る。

そのツーリストポリスがカオヤイ農園に来たので、少し話したところ、何処でもいいから、困ったら1155に電話すればいいとのこと。110番のように1155だけダイヤル(死語)すればいい。多分、英語で相談できるはず。

タイのローカル警察だと、まず言葉が通じないし、幅広い法律の知識はないし、観光業の為に外国人を大切に扱うという意識がないので、あまり役に立たないことが多い。

ということで、1155は覚えておいて損はないだろうと思う。

ぎょう虫

マシュマロちゃんが、「お尻の穴が痒い。」と言った。

この数ヶ月で二回目で、原因はぎょう虫らしかった。

1回目は僕も痒くなった。その痒い加減が、子供の頃経験したぎょう虫によるものと同じだったので、ぎょう虫だと分かったけれど、放っておいたら数日で痒くなくなった。

ぎょう虫は肛門に出て来て、卵を毎分数千個も産み付ける。それが痒い。

僕の娘がまだ少女だった頃、お尻が痒いというので見てあげたら、数匹のぎょう虫が肛門を這っているのが見えた。

ぎょう虫は昔は日本人も多く持っていたけれど、今は少ない。肛門にシールを這って剥がし、そのシールについた卵を顕微鏡で見るという試験法で、僕は小学校時代に数回引っ掛かったことがある。

先生が名前を読み上げるので、恥ずかしかった。

調べてみると、ぎょう虫は肛門に卵を産んだら死ぬので、何世代も腸内に住める訳じゃないそうだが、痒いので手などに卵が付いて、それがシーツに付いて、口から再感染するらしい。

だから、家族で感染者が出たら、家族みんなで薬を飲むのが良いとのこと。

と言うことで、二人で薬を飲んだ。

メベンダゾールは、日本では鞭虫にしか適用がないので殆ど使われないが、ぎょう虫のみならず、回虫、こう虫など、いろんな虫が落ちる。

これを買って、二人で一錠ずつ飲んだ。一錠40バーツ。家族で駆虫するのが○。

何の副作用もなかった。多分、腹の中の虫は全部落ちたと思う。

マシュマロちゃんも痒くなくなった

いくらタイでも人糞を肥料にしている農家はない筈なので、生野菜からとは考えにくいが、どうしてだろう?

住込み夫婦のガキンチョが怪しい。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
25位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
12位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる