コロナ禍から脱却?

タイの中共ウイルスは感染爆発は避けられ、新規感染者数は300名程度になった。

バンコク等中部南部首都圏の規制も弱まったらしく、この週末はカオヤイに観光客が大挙してやって来た。

タイ首都圏南部でアウトブレイクで、年初に急激な観光客の減少が起こり、一時はどうなることかと思ったが、先週辺りから徐々にカオヤイへの車の数が増えて、この週末から一気にお客さんが増えた。 みんな規制緩和を待っていたかのようだ。 以前にも書いたが、やっぱりコロナは怖いので、南側の海浜地区には行きたくない。飛行機も嫌だ。 ということで、近場で人口密度が低いカオヤイ辺りがバンコク脱出には手頃で丁度良い場所として選ばれたんじゃないだろうか。 お陰様で、週末は連日満員御礼。 ちょうど、いちごの第二波とも重なり、僕らのいちご園にはいちごが一杯。 約2000名のお客さんがほぼ全組1kg以上採ってくれたので、流石に日曜の夕方は少なくなったが、未だまだ沢山あって、来週以降には更に多くのいちごが成りそうである。 お店で売るいちごも連日完売なので、マシュマロちゃんがワンナムキアオのマシュマロいちご園から1日2回新鮮ないちごを届けてくれる。 マシュマロいちご園も大入りながら、カオヤイ程お客さんの数は多くないので、全然いちごは無くならないのだ。 カオヤイが好調なのは、マシュマロちゃんの努力の賜物でもある。 カオヤイ農園は、3人のベテラン売り子がお昼ご飯も食べずに頑張ってくれて、ハムケンじいさんも彼女等に叱られながらも売り子やコーヒー、イチゴシェイクの調製に勤しんだ。 それにしても、この頃は誰が何を注文したのか全く覚えてられない。 注文が3つ以上重なると、ジジイの脳は完全にアウトである。 そうすると、トラブルメーカーになるので、バイトの年増女の売り子に、 「邪魔だから、あっちに行ってて!」 と、お店から追い出される始末である。 仕方なく、椅子に座ってニュースサイトを観ていると、 「座ってないで、アレやってコレやって!」 と煩い。 僕にしか出来ない仕事は、商品や消耗品が無くならないように買い揃えて、お釣りの小銭を用意することくらい(実はこれが割と大変)。

カフェで宴会

昨夜は、僕らが買った土地の隣で開店したカフェ(ELカフェと言う)での夕食会に誘われたので行ってきた。

夜に買った土地の周りに行ったことがなかったので、その土地で始めて夜の暗さと静けさを体感した。

こんな所は、野生ゾウが出るんじゃないかと思ったら、本当に時々出るのだそうだ。5頭居るらしい。


ヤバイ! 寝ている間にゾウに襲われたくないので、家を建てる時はよく考えないといけない。









宴会は室外でやった。
暗過ぎたので写真は無い。

ビールとウイスキーを飲んでる間に夜が冷えてきて、寒くて震えが来たので2時間程度でお開きになった。

夜遅く迄仕事

前期は、交通事故治療やら、中共ウイルス蔓延によるロックダウンやらで、いちご園事業は散々だった。

しかし、今期は割と順調に進んでいて、既に前期を上廻る利益を得ることが出来た。

中共ウイルスは去年以上に広まっているのに売上が増えるなんて、有り難いことだと思う。

既に日本円で1000万を超えたので、このまま行けばシーズン終わりには現役時代の年収を超えそうである。

タイでそうなら、長く日本で会社に居座っているより良かったのかも知れない。(訳者中:退職金を大部分使っちゃったので、生涯賃金は落ちてることを忘れちゃいけない。)

先日は夜遅く迄働いて疲れたが、現役時代時代よりも気持ちの良い疲れだった。









真っ赤ないちご

この頃は、ワンナムキアオのマシュマロいちご園でも、カオヤイのいちご園でも、真っ赤に完熟した糖度の高いいちごが採れる。







お客さんから、
「これは日本のイチゴだろう? タイにこんな甘いイチゴは無いよ。」
と聞かれるが、正真正銘タイのいちごなのである(極一部、日本のいちごも試験中)。

どうしてこんなに甘いのかと聞かれれば、
「それは、明るい日差しで完熟させるからだよ。」
と答える。

温室で育てたイチゴには、これ程コクのある甘さのいちごは滅多にないと思う。

カオヤイやワンナムキアオの競合いちご園の中でも、僕らのいちごの株が一番元気で綺麗だし、いちご園も花で綺麗だし、お店も一番綺麗だと思う。

5年目でやっとこの地区での王者になった。

全部、マシュマロちゃんの努力の賜物である。

今期は水不足はなさそう

カオヤイいちご園の一部は、未だに地面から水が染み出して来ていて、長靴なしでは歩けないところがある。

去年の10月に降った大雨が、山から地下を通って湧いて来ているので防ぎようがない。
それにしても、大雨から3ヶ月も経っているのに水が引かないとは全くの想定外。

溜池の水も、ポンプが水面に出るまで水抜きをしたが、それ以降水は減らず、未だに満水状態である。

我らが水源の沢ラムタコーンの水も、去年の同時期より40センチ程水位が高い。










と言う訳で、多分今年は水不足に悩まされることはないだろうと思う。

これは、運が良い思うべきだろう。

抗うつ薬買った

余りにも気分が晴れないので、プロザックというSSRI抗うつ薬を買った。

先ずは僕が飲んでみる。

これで少しでも気持ちが晴れれば御の字。

マシュマロちゃんの不穏時にも飲ませてみたい。

いちご家族来たる!

今朝、カオヤイ農園にいちご家族が来た。
それだけ。

カオヤイ農園 お客さんの写真

カオヤイ農園に来たお客さんが写してフェイスブックに投稿した写真は僕の人生の大切な記憶

気分が落ち込んで、何をやっても楽しくない自分を少しだけ励ましてくれる。



















































第二波の到来

今年の自分はさっぱりパッとしないが、2つのいちご園のいちごの苗はこれまでで一番美しい。
特に葉の色艶が良いのだ。
肥料のカリウム分を増やしたのが正解と見ている。
あと、スリップスやダニは殺すが、人には無害の超高い農薬を万単位で使っていることも大きい。
いちご苗が元気な時は、これから沢山美味しい実が成ることを予感させるので期待している。
朝の最低気温は12℃以下になって寒いが、昼は29℃まで上がって温かい。
こういう気温差が良い実を成らすなので、第二波の盛りはお客さんを喜ばせてくれるだろう。
お客さんが来ればの話だが。




























Makroで買い出し

いちご園が開くと、僕らは週に2~3回Makroに備品等の買い出しに行くのが常だ。

Makro とは、コストコに似た大量売りディスカウントストアで、主な客はレストランや屋台等の小規模店舗である。

勿論、個人が家庭用品や肉などを買いに来ることも出来る。

今日はその店舗内の様子をアップしたい。
知っている人にはどうってことない風景だが、知らない人には関心があるかも知れない。









どんな物を買うのかと言えば、一例は下のメモにある。
これはワーカーが在庫をチェックして、
「これはもう無いから、忘れずに買って来てね。」と書いてくれた物。

数年前は、良く読めずに、店員に読んでもらって、序にお店の何処に置いてあるか教えて貰っていたが、最近はこのように丁寧に書いてくれたメモなら自力で理解出来る(訳者注:いつも同じ様な物なので、馬鹿でも覚えられる。)

ゴミ袋とか、ヨーグルトとか、コーヒー用のプラスティック製カップ、ソーダ水、いちごパック用ケース等の消耗品を主に買うのだが、洗濯洗剤やビール、卵、豚肉等の家庭用品もここで買うことが多い。





Makro は元々はフランス系外資だったが、今ではタイも大手財閥の所有になっている。

イサーン地方では、マクロじゃなくて、メコーと言う感じの発音なので紛らわしい。

タイには、都市部には業者用の毎日市場もあるが、地方ではこのMakro が小規模店舗の卸業者として定着している。
仕入れ価格と販売価格の差は、多くて20%なので薄利だが、それでも多くの小売り店や定食屋が生きていけるような重要なサプライチェーンを担っている。


訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる