FC2ブログ

お試し開店準備完了

いちご園にいちごは無いし、花も無いので、お客さんが来るわけない、というのがマシュマロちゃんの意見。

僕もそう思う。

でも、いちご関連商品やコーヒー類、デザートがあれば、少しは客も立ち寄ってくれるかも知れない。

と言うことで、数日掛けて前年度使ったお店を片付けてクリームアップし、商品を一部並べた。

ここ迄来るのに5日掛かった。

冷凍保存しておいた前期のいちごでストロベリースムージーを作ってみた。美味しくできた。

エスプレッソマシンを綺麗に洗い、数種類のコーヒーを作ってみた。美味しかった。

ダルゴナコーヒーもちゃんと出来た。

お客さんが座るテーブルやイス、それと床もきれいに洗った。

天然のランも咲いた。

いちご畑には何もない。

ベビーカステラはなんとか出来た。

アメリカンドックは未だ試してない。

と言うことで、お試し開店準備が出来た。

これからは、此処でゴソゴソしながらお客さんが来るのを待つ。

多分、来ないけど。

お店に独りで住むベリー

4月にいちご園を閉めてから、ベリーはいちご園に独りで住んでいて寂しい。

住込みワーカーが居るときは気が麻痺れる。時々は、余ったおかずをくれる時もある。夜は、住込みワーカーの家の床下で寝れば、人の声と気配が感じられて、安心して眠れる。

住込みワーカーが田舎に帰ったり病院に行ったりして居ない時は不安になる。

日中に僕が様子を見に行くと、寂しかった時は興奮して身体がブルブル震える。とても可愛そう。

だけど、よしよししてやれば数分で落ち着く。

この頃僕は、毎日の様にお店に行くし、住込みワーカーも居るので寂しくなくなった。

ドッグフードはあまり好きじゃないので、時々ムーピンやガイヤーンを持って行ってあげると、とても喜ぶ。

鶏肉を取った残りの胴体と足が1kg当たり25バーツととても安価に売っていて、最近はそれを水で良く茹でた物をあげるとスープ迄全部飲んじゃうので、ちょっと肥った。

そのスープは、正しく鶏ガラスープなので、ラーメンや鍋に使うときっと美味しい。

ワンコは鼻の穴が可愛い。

ベリーはもうすぐ3歳になる。

生贄を精霊に捧ぐ

今朝は9時まで眠っていたら、マシュマロちゃんのお母さんから電話があり、

「鶏の生贄をカオヤイ農園の精霊に捧げるから出て来い。」

と行ってみると、昨夜帰って来た住込みワーカーも含めて、総勢10名(幼児2名)が来ていた。僕以外は全員モン族である。

鶏の羽を剥ぎ取り煮込むと、それを持って農園の精霊のいる場所で線香を焚き、精霊の魂を鎮めるお祈りをする。

モン語なので何を言っているのかは全く分からないが、要は去年の豊作に感謝し(豊作じゃないけど)、今年も宜しくとお願いするらしい。

もう一つ大事な場所は、去年僕がバイクに跳ねられた場所。

そこで精霊の気持ちを鎮める必要があるらしい。

お母さんは真剣だ。

老けているが、僕より4歳位年上なだけ。

拾った棒で、地面を丸くなぞりながら魂を鎮めている。

その後、僕がビール10本位を精霊と人間に捧げた。

生贄の鶏は、地鶏なのでやたらと肉が硬く、量も少ないが、軽く塩を降っただけでもとても濃い味がした。

肉より骨が多いので、愛犬ベリーにも沢山捧げた。

うちの借家の玄関先でもお祈りした。

祈りながら、僕の手首に紐を縛った。これはモン族が何かを祈る時には良くやる。子供の首、足首、自動車のハンドル迄やる。

働いてないのに、手と顔だけ日焼けで何時も真っ黒。

Windyが便利

雨期になると、空の雨雲良く観察しないと急な雷雨に討たれる。野良仕事するなら、天気に詳しくないといけない。

特に雷雨は、範囲が狭いので天気予報でも当てるのが難しい。

そこで、自分の周りの風向きと、雲の様子と、雨の様子をリアルタイムで観られるツールが欲しいと思っていたが遂に見つけた。

Windyという。

こんなふうに風の吹き方が分かる。勿論、地域を選んで拡大も出来る。

次に雲の様子。

カオヤイ農園付近を拡大してみたら、大きな雲が。

下の三角矢印を押すと、ここ数時間の雷雲の動きが分かる。

黄色や赤の部分が雨が激しく降っている所。

積乱雲は動きが激しく、30分くらいで発生したり消滅したりしているのが分かる。

これさえあれば、ローカルな数時間単位の天気が分かるので、とても便利だ。

アメリカンドックに挑戦2

昨日に引き続き、アメリカンドックに挑戦その2。

と言っても、変えたところは、ころも液の濃度と、揚げ油の温度と量の2点のみ。

ころも液は、

ホットケーキミックス 200グラム

牛乳 100ml

全卵 1個

塩 ひとつまみ

これを良く混ぜ、粘っこくする。硬さ加減は丁度良くなったと思う。

次に、コップに入れて、冷蔵庫で15分冷やす。

この方法の良い点は、ソーセージを突っ込んで回して上げれば、割と均一にころもが着くこと、ころも液が残り少なくなっても、コップを寝かせて着ければ、ころも液を無駄なく使えること。

使ったソーセージはこの2種類(上が安い鶏肉ソーセージ、下が鶏肉+豚肉+ハーブ)、計6本。

大きめのアメリカンドックになるので、上記のころも液の分量で6本が丁度良い量だった。

さて、これを揚げる訳だが、前回はフライパンに油を深さ2.5センチくらい入れたのだが、量が少なくて均一に揚げにくかったので、今回は深さ3.5センチ位になるようにたっぷり入れた。

油の温度が上がらないように注意深く揚げた。

色艶共に前回より良くなった。

しかし、まだ丸くない。揚げ始めの初期から箸でアメリカンドックを回転させて、丸く均一になるように心掛けたが、丸くはならなかったが。

どうなったかと言えば、

こんな風に上下に平たい横広形になってしまう。

何故こうなるのか分からないが、もっと深くたっぷり油で揚げれば良いのかも知れない。

油の温度も大体の感じであって測ってないので、キッチンで使う油温計をネットで180バーツで売っているのを見つけ、買おうと思ったら、もっと良いのが見つかった。

所謂電気フライヤー。

温度計も温度コントローラーも付いて約780バーツ。随分安いと思う。高級品は2000バーツ以上する。

これだと、ガスより安全にたっぷり油(最大6リットル)で揚げられるし、お馬鹿ワーカーでも、ちゃんと温度管理出来る。揚げ物を入れるステンの籠や蓋まで着いている。

もしお店でやるなら、これに限ると思った。これがあれば、他にもフレンチフライ等いろんな物が揚げられる。

昨日作ったアメリカンドックをお隣のおばさんの孫の為に差し入れし、今日感想を聞いたら、なんと

「黄色くて辛いのが口に合わなくて食べれなかった。」そうだ。

マスタードなんか食べたことがなく、辛くて食えなかったらしい。

僕が食えない程辛い唐辛子も平気で食べるくせに。

マシュマロちゃんもマスタードは嫌いらしく、

「これ多分殆どのタイ人は嫌いだと思う。」と言っていた。

マスタードなしのアメリカンドックなんて、僕にとってはクリープを入れないコーヒーみたいなので意外だった。

そう言えばセブンや近所のお店にマスタードなんて置いてない。

マスタードの代わりにチリソースにするか? タイ人は唐辛子好きなくせに、タバスコは嫌い。

難問発生だ。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
52位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
24位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる