知られざるワンコの能力

ワンコの匂いを嗅ぎ分ける能力は、人間の想像を絶する。

どんな最先端の画像処理検査よりも、高精度、高感度に、人のがんを嗅ぎ分けることが分かっている。臨床症状の出る以前の初期のがんでさえ、高確率で嗅ぎ分ける。

最近の研究では、中共コロナ感染の有無を、PCRや抗体検査よりも高感度で、しかも一瞬で嗅ぎ分けられるようだ。精度はほぼ100%。

訓練したワンコを使えば、空港等で入国審査中の人波から瞬時にコロナ感染者を見つけ出せる。PCRも抗体検査も要らない。

僕の観察では、おそらくはワンコは人の心も嗅ぎ分ける。死んだ愛犬つばきは、何度も僕の悲しい心を嗅ぎ分けて慰めに来てくれた。

いちご狩りに来る女性が生理中だと、愛犬ベリーは必ずお尻近くを嗅ぎに行くので直ぐに分かる。

たった一人の国内感染者で非常事態宣言延長

今や、世界広し言えども、地球上でタイほど中共コロナ肺炎が少ない国は殆どない。

町中でも病院でも、中共コロナ感染者に出逢うことなど、まずあり得ない。

ご覧の通り、5月中旬以降感染者数は、ほぼゼロが続いている。たまに数名発生するが、ほぼ全て海外からの帰国組の患者である。昨日は特に多くて14人見つかったが、全部海外からタイに来た人。

累積死者数も、(語弊はあるが)たったの59名。このご時世で1000名以下はないみたいなもの。

世界では累積死亡者数は100万人を超えて、今後ワクチンが出来たとしても200万人に達するだろうと予測されている(HWO)。その世紀末的勢いに比べると、タイの死者は奇跡的に少ないと言える。今どき、1000名以下はない見たなもの。(日本も1564名しかいないけど)

しかし、数日前に、もう一名国内感染者が見つかったらしい。

そして、驚くべきことに、(たった)1名の国内感染者の為に、5ヶ月連続で10月も非常事態宣言が継続されることになったようだ。

(たった)1名の感染者で非常事態継続なら、タイは今後永久に非常事態宣言が解除出来ないだろう。

海外からの感染者の全員を隔離施設に入れている訳だし、市中に国内感染者はほぼゼロなのに、一体どうして非常事態なのか?

世界一Covid19の少ないのに、今だにセブンイレブンやレストランやスーパーマーケットに入るのにマスクと手のアルコール消毒が必須である。(日本もかな? 世界では第2波で、多くの国で必須に戻っているらしいけど)

面倒くさいことこの上ない。

一体何処に中共コロナウイルスが居ると言うんだ? 僕はカオヤイで中共コロナ感染者を見たことも聞いたこともない。病院にもいない。

それにしても、感心するのは、こんな状況でも素直にマスクとアルコール消毒をきちんとするタイ人の従順さだ。

先日、僕はマスクを忘れてセブンイレブンに入ってしまった。

お弁当を探していると、女性スタッフがわざわざ僕の近くまで来て、

「マスクしないと店内に入れません。」と言いに来た。

非国民の僕は、

「ああ、マスクは車の中に忘れて来た。取りに行くのは面倒くさいよう。弁当買うだけだから良いでしょ!?」

と逆らったが、

「駄目です。」と言われ玉砕。

美人の店員だったから、渋々マスクを取りに車に戻ったが、見苦しい野郎だったら、

「やかましい。俺は感染してない! 直ぐに弁当買って帰るから、煩いこと言うな!」

となっていたことだろう。(訳者注:あんたが一番見苦しい!)

タイ:新規国内コロナ感染者100日間ゼロ 101日目に新規患者発生😱

タイの歓楽街永久死滅か

タイ国内感染の中共コロナ肺炎感染者数は、北朝鮮でも実現不可能な60日間もゼロが続いているのに、未だ規制緩和の気配なく、外国人の航空機乗り入れは当面解禁予定なし。

多分、来年の2月以降迄飛行機乗り入れ不可。

(やっぱり僕は帰れない。)

タイ航空の破綻に続き、LCCのノックエアーやノックスクートも破産。

日本から観光でタイに来ることは、年内は無理そうだ。

シーロム、スラウォン通りのお店は、飲食店、ゴーゴーバー、カラオケ、マッサージ、喫茶、薬局を問わず、全滅状態。8割以上が閉店したと聞く。

スラウォン(スリウォン)北側のボーイズストリートは全面閉鎖された。

行ってないので詳しくは知らないが、ナナプラザやソイカーボーイも散々だろう。

2~3ヶ月なら耐えれても、半年から一年間も耐えられる観光産業なんてあるわけない。

と言うことで、来年以降たとえ世界がコロナを克服しても、もう二度とタイの歓楽街の嘗ての賑わいが復活することはないんじゃないだろうか。

観光客がいないバンコクなんて。。。

コロナ鬱かも でもハッピー

コロナ鬱というのが世界中で増えて問題になっているそうだ。

日本人は、多分BCGの効果で、中共コロナ肺炎になっても死ぬ人は少ないが、多い国では死亡率が日本の数十倍も高い。

伝染ったら死ぬかも知れないというのは恐怖だ。

コロナのせいで客が激減して経営が立ち行かなったり、職を失って収入が無くなってしまい生活に困窮したり、そうなってしまうのではという不安もあるだろう。

コロナで急に世界が変わってしまい、先行きが見えなくなってしまったし、ソーシャルディスタンスで生活パターンも変わってしまった。

だから、鬱になる人が増えるのは当然だろう。

このご時世で、今までと同様に元気溌剌な人は、強靭な精神力を持っているか、超鈍感かの何方かだろう。

僕もコロナ鬱になったようだ。それももう3~4ヶ月になる。

毎日、ニュースが気になって仕方がない。

特に、香港、台湾の危機。文明を滅ぼす勢いの疫病の蔓延。中国共産党の断末魔的な邪悪さ。神が怒ったような天変地異。

そんなニュースばかり気になって読んでいるので、心は暗く沈み、悲しみと怒りに心が満たされてしまう。

そんなニュースなんか読まなきゃ良いのに、読まずにいられない。

会話からユーモアや笑いが消えて、無表情な顔になっている。

夜は、お酒を沢山飲まないと眠れなく、眠ると悪い夢を見る。

まさしく、コロナ鬱でしょう?

鬱と言うことは、本人は幸福感は殆ど感じてなく、寧ろ辛い感情が支配的なのだが、最近僕は実は凄くハッピーなんだと気付いてしまった。

野良仕事で単純作業を繰り返していると、何故だが昔の(16歳から35歳くらい迄の)悔しかったこと、恥ずかしかったことが思い出される。同じような風景が、まるでトラウマのように再現されて、PTSDのようだ。

それらは、僕の人生の汚点であって、もはや取り返すことは出来ない。

しかし、ある時気付いた。

過去のことは、過ぎたことであって、もう変えられないし、今この瞬間の人生とは関係ないだろう。

過去はどうであれ、今の僕の周りに僕を恨んだり妬んだり軽蔑したりする人は居ない。居たとしても、もう遠くに行ってしまった。

文化や言葉は違って分かりあえているとは言い難いながら、お互い愛おしいと思う人達と一緒に人生を築いている。

娘より若い人と一緒に眠り、悪夢に目覚ても柔らかい肌に触れることが出来る。

僕のDNAを持った子供が欲しいと思う女がいる。

5年目になるいちご園だって、まんざらでもないし、2年で土地を買えて1年で家を建てられそうだから、20年経ってもローンが完済しない日本より良い感じにも思える。

これって、僕はもしかしてハッピーなんじゃないだろうか?

過ぎてしまった過去のことなど、もうどうで良い。

ジジイでも、今と明日のことだけ見て生きれば良いのだ。

キッスとコロナ

中共コロナ蔓延がいよいよ佳境に入って来た。日本もかなりやばいがアメリカが凄い。これまでの文明が皆そうであったように、このまま疫病のせいで文明が終焉するのだろうか。

この頃は、観光客も増え、いちご園準備で忙しくなってきたが、ロックダウンで家に居るしかなかった時、僕はネットフリックスで映画やドラマを観まくった。

アメリカのもの、ドイツのもの、日本のもの、ロシアのものと見比べると、ドラマの進行速度や会話内容や表情などにお国柄による違いがあって興味深かったが、泣けるのは日本のものだけだった。

ただ、僕は未来物、宇宙物、SF的なストーリーが好きなので、アメリカのドラマを観ることが多かった。そうすると、アメリカ人との生活習慣の違いを今更ながら強く感じた。

一般に欧米人はアジア人よりもキッスと抱擁の頻度が高いと思う。最近のアジア人や日本人にもキッスと抱擁が好きな人が増えたと思うが、家族や友人と挨拶代わりに頻繁に抱き合ってキッスはしない。

夫婦間だって、夜の営みの際にはキッス位はするが、朝起きた直後の未だ歯を磨く前の時間にベッドの上で濃厚キッスはあまりしないんじゃないだろうか。僕はしない。第一、口がばい菌だらけで臭くて、キッスどころか近くで話すのも嫌だ。

先ずは起き上がって歯を磨いて、舌茸を取り除いて爽やかな息になってから話がしたい。キスも同様。それでも未だ口が臭いと言われるくらいだ。

ところがアメリカのドラマを見ると、朝起きがけのキッスと抱擁と、それに続くセックスの場面がとても多くて驚く。朝のセックスは宜しい。既に息子もその気になっているし、心に雑念がないから、やりやすい。

しかし、濃厚キッスは頂けない。

それと、友人や親子間での抱擁とキッス。あんなに頻繁にする必要があるのか?

僕がそれに拘るのは、その習慣こそがコロナ蔓延の原因じゃないかと思うから。

あんなことをすれば、コロナが伝染らない訳が無い。

実際に、交通機関や職場よりも、家庭が一番コロナが伝染される場所のようだ。

マスクも重要だが、それ以上に、

「やたらとキスしない。抱き合わない。」ことの方が感染防止に重要なんじゃないだろうか。

帰れない

中共コロナは収まるどころか拡大の一途。

日本も前半は優等生だったか、明日はどうなるか分からない。

世界は連日、新規感染者数過去最大を更新していて、このまま北半球はインフルエンザの季節に突入しそう。

コロナとインフルが合体して攻めてきたら、一体どうなるんだろう?

僕は今月か来月には日本に帰って所用を済ませてこないといけないというのに、日本からタイへの入国規制が解除される前に、日本が第二波に入ってしまった。

これで規制緩和は遠退いた。

帰りたいけど帰れない。

この冬は、北半球では感染しない人のほうが少なくなる程、蔓延しそうな気配。

アメリカも中国も南米もアジア諸国もインドも、何処も最悪じゃないか!

コロナでグローバリゼーションは死んだ。

中共の邪悪さもバレて戦時に入った。

世の中は、こうも急に変わるものなのか?

タイの田舎でのほほんと暮らすのが、生き抜く最善策に思えて来た。

香港は絶対に負けない

https://youtu.be/HxrJWE3uv-0

神の怒り

中共武漢ウイルスの情報隠蔽を機に、中国共産党の邪悪さが世界に露呈し、中共への怒りが米国、欧州を中心に膨れ上がっているが、この世界で一番怒っているのは中国の人民に昔から信じられている神々かも知れない。

コロナの発生自体がその怒りの始まり。コロナウイルスは、明らかに中共と中共が悪の手を拡げつつある地域の人々を攻撃しているように見える。

共産党の重要な会議の時には、昼間から空が真っ黒になり巨大な稲妻と豪雨が降り注いだ。

長江の上流から下流に掛けて時間150ミリの滝のような雨が二週間も降り続き、至るところで洪水や崖崩れ、ダムの決壊が起こっているが中共は殆ど報道してない。

https://youtu.be/t61kLYE6RsI

山峡ダムも決壊するかも知れない。決壊すれば、人口、GDP、軍隊の半分を失うかも知れない。

https://youtu.be/LKqLU20-e-A

https://youtu.be/XeEHInlKIsg

あれほど批判されたのに、北京を含む複数の都市での第二波を隠している。金持ちや中南海の要人はもう北京から逃げた。

https://youtu.be/Mt-UhUUtNs0

https://youtu.be/7rQjTNlTz_Y

面白いことに、北京付近で降った掌サイズ雹さえもコロナの形になった。

https://youtu.be/FBg5_T0JEOw

魚も天変地異を予感してか飛び跳ね出した。

https://youtu.be/SS8xRynBWuw

香港弾圧、法輪功撲滅、チベット/ウイグル強制収容、コロナ隠蔽、生きたままの臓器提出、南シナ海不法占拠軍事基地化、新幹線から始まった世界の知的財産窃盗など、言い出したらきりがない。

ナチス・ドイツより邪悪な中共。

崩壊間近の狂った中共に対して、遂に神が怒ったと人々は恐れている。

きっと本当に神が怒ったのだ。

今日のタイ状況

タイは今どうなってるのか?

中国や韓国、東京、米国では、第二波の匂いが漂っているが、タイはどうかと言うと、

3日間連続新規感染者ゼロ

23日間連続新規国内感染者ゼロ

つまり、23日間も新コロナ患者の国内発生は無いと言うこと。

後一週間で一月になる。

なのに、未だ規制緩和は部分的にしか行っていない、

レストラン内での飲食は出来るが、マスク、手のアルコール消毒、離れて座る等の規制は緩和されてない。

来週辺りから、国内旅行解禁となりそうだが、具体的な方針は検討中。

BTS規制緩和が近く行われる予定。

海外からの旅行者受け入れは、未だ様子見。

質屋が大盛況なようで、庶民の財布が空っぽになってるらしい。

なんか、日本よりずっと慎重だ。

ハムケンは、明日からチェンマイ、チェンライ方面に旅行に行きます。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる