FC2ブログ

ヘルメットなんか死んでも被りたくない

自分が交通事故にあったから言う訳ではないが、タイは世界最悪級に交通事故死が多い国だ。

世界保健機関(WHO)がまとめた2018年版の交通事故に関する報告に依ると、タイは2016年の人口10万人当たりの交通事故死者数が32.7人とアジア最悪、堂々世界第二位だったようだ。

ついでに、他の国の状況を見てみると、ASEAN(東南アジア諸国連合)諸国の交通事故死者数は、

ベトナム26.4人

マレーシア23.6人

ミャンマー19.9人

カンボジア17.8人

ラオス16.6人

フィリピン12.3人

インドネシア12.2人

シンガポール2.8人

ASEAN以外の主要国では、

インド22人

中国18.2人

ロシア18人

米国12.4人

韓国9.8人

ドイツ4.1人

日本4.1人

英国3.1人

だそうだ。

日本は随分少なくなったものだ。

タイの交通事故死が多い理由の一つは、オートバイ、バイクによる死亡者数が多いことで、死亡者数の約70%がバイクによる死亡で、これも堂々世界第二位である。

バイク事故による死亡が多い理由は、

○ ヘルメットを被らない

○ 運転免許証を持ってない

○ ブレーキのアンチロックシステム未装着率が高い

○ 飲酒運転が多い

などがあるようだが、ヘルメットを被らない率は驚くほど凄い。

警察等の努力で、バンコク圏の無免許率とヘルメット無装着率は下がったが、バンコク以外の地方では、バンコクから来る高級バイクに乗るツーリング族以外は先ずヘルメットを被らない。

カオヤイ、ワンナムキアオ付近では地元モトサイのヘルメット装着率は5%以外と思う。

無免許も多く、免許を持っている人より断然多い。つまり無免許が普通なのだ(そういうハムケンもバイクの免許持ってない!)。

なにしろ、小学校高学年の生徒が後部座席に低学年の弟か妹を載せて通学しているのだ。勿論、無免許、ヘルメット無装着当たり前。これがタイの地方の普通の姿なのだ。

田舎で生活の足としてオートバイに乗っている人にヘルメットを被れと言っても、免許証を取得しろと言うより無理な注文のようだ。

そもそもヘルメットなんか持ってない。

僕とマシュマロちゃんは事故の後、住込みワーカーにヘルメットをするように指示し、座席の下に備え付けの赤いヘルメット以外に、二人乗りのために昔買った優良ヘルメットを進呈したが、彼らはその後もタダの一度もヘルメットを被ったことがない。

つまり、仮に持っていても被らない。

何故ヘルメットを被らないのか問い正したら、

暑い、臭い、うっとうしい

確かに雨の日以外は蒸し暑いし汗臭くなるが、それでも事故で頭が割れるよりマシだろうと思って、再度ヘルメットを被るように指示したが、その後もやはり一度も被らない。差し上げたヘルメットは捨てられたまま。

死んでもヘルメットなんか絶対に被りたくないらしい。

だけど、バイクは転びやすい。道路の泥や石でも転ぶし、急ブレーキを掛けたり、自動車や人とぶつかったりしたら転ぶ。

転ぶとかなり痛い。

僕を跳ねた少年も、ヘルメットがなかったので耳が剥げ落ちた。

転ぶと頭を打つ確率が高い。頭が割れて、脳味噌が飛び出す。

皆そういう事故を目の当たりにしているのに、それでもヘルメットは被らない。

彼女の涙

バンコク病院は医療は良いが、お金持ち専用であって、貧乏人は相手にされない。

マシュマロちゃんが重度の肺炎でパクチョンのバンコク病院で対応出来なくなり、バンコクのバンコク病院に搬送させようとした際、バンコクの病院からの連絡は、

「救急車をバンコクから手配します。そこには救急医療の医師と看護師が同行します。病院に着いたら、ICUに入ってもらうことになります。救急搬送料として、車内での処置にも依リますが、通常25,000~30,000バーツかかります。ICUは一泊最低100,000バーツ掛かり、数日入ってもらう可能性があリます。これには処置料や他の検査料やお薬代は入っていません。それに了解頂けますか?了解頂けたら、デポジットとして100,000バーツを直ぐに払って下さい。」

とのことだった。救急車を数時間待っても来ないので問い合わせたら、「入金が確認されたら、救急車を手配します。」とのこと。

それで、僕らはバンコクのバンコク病院は止めて、コラートのバンコク病院に搬送して貰った。

コラートのバンコク病院は、僕が交通事故で入院していた病院で、バンコクよりは安いものの、ナコンラチャシーマでは一番高く、貧乏人は相手にしないことは同じである。

さて、僕がコラートのバンコク病院に事故で運ばれた際、僕らは貧乏人だった。ちょうど開園直後でお金を使い果たしてしまっていた。

マシュマロちゃんの銀行口座には15000バーツしか入っていなかった。

僕は意識不明だったのでお金の引き出しは出来なかったが、出来たとしても同程度しか残っていなかった。

バンコク病院でマシュマロちゃんが言われたことは、

「先ず病院に30万バーツをデポジットとして振込んで下さい。振込みが確認されたら治療を始めます。」

15000しかないのに30万バーツなんて振込める筈がない。払えないなら他に行くしかない。彼女は窮地に立たされた。

それでも、「マハラート病院じゃ助からない。」と考えた彼女は、いろんな所に泣きながら電話しまくってお金を掻き集めようとした。

幸い、妹さんから50000バーツ、旧友から50000バーツ、同業の知り合いから20000バーツが集まった。

マシュマロちゃんは、バンコク病院の日本語通訳を使って、日本の妻にも電話してお金を送って貰おうとした。

突然お金を送ってくれと言われても、騙し取られるかも知れないし、海外送金は直ぐに出来るものじゃない。そもそも、日本人に「お金を事前に病院に入れないと治療して貰えない。」なんて話は理解不能。あり得ない話なので、妻の答えは「出来ない」だったらしい。マシュマロちゃんは、もうどうして良いか分からず、僕が家族から愛されていないと感じてまた泣いた。

東京海上の保険屋にも電話した。保険は規定通り支払われるが、デポジットというのはない。病院の対応に保険担当の女性は怒って、バンコク病院に電話した。

「患者は弊社の被保険者で規定金額までは弊社がちゃんと支払います。それより、病院は患者を治療するのが仕事でしょう。30万バーツ先に払わないと治療しないなんておかしいんじゃないですか?」

と迫ってくれたらしい。それが効いたのかどうか知らないが、18万バーツのデポジットで僕の治療が始まった。

初めに入ったICUでは、1時間に1回だけしか入室出来ない。僕が死んでしまうかも知れないと思っていた彼女はずっと涙が止まらず、妹さんに朝まで付き合ってもらった。1時間に一度、彼女は毎回僕の耳元で、

「もう大丈夫だからね。心配しなくていいからね。私がずっと側に居るからね。」

と何度も囁いた。その時の事を僕は微かに覚えている。

泣ける話だ。

肩鎖関節脱臼手術後

昨日、コラートのバンコク病院ラチャシーマに行って、肩鎖関節脱臼の術後検査をして来た。

上が術前、下が術後

鎖骨の上に金属の止め金が二枚見える。

止め金と肩甲骨の烏口突起の間を、太くて丈夫な繊維で出来た紐で縛って肩を鎖骨まで引っ張り上げている。鎖骨の肩への突出は治まった。

肩の端の肩峰と鎖骨の間も、もう少し細い繊維でくっつけている。しかし、繊維も靭帯もこのレントゲン撮影では殆ど見えないが、拡大すると微かに紐が二本ずつ視える。

肩が大分動くようになって来たが、未だ自力での腕上げは痛くて無理。

これからは、毎日数回づつ肩をいろんな方向に曲げるリハビリをするように言われた。リハビリを怠ると、肩が固まって上がらなくなるらしい。

足やお尻の筋肉も落ちて力が出ないので、座ってばかりいないで、運動しないといけない。

もう、休養の時間は終わりにして、リハビリに専念する時が来たようだ。

欠けた前歯

事故ネタはもう終わりにしたいが、一つ大事な傷が残っていた。

それは、上の前歯。

汚くて申し訳無いが、上の前歯が掛けている。

以前は白い人工歯で矯正していたのが、事故で取れた。オートバイや地面にぶつかって取れたのじゃなくて、僕が呼吸出来るように、救急隊が喉に管を通そうとした時、僕が嫌がって歯を閉じたらしいが、救急隊は力づくで管を通したので欠けたらしい。

欠けた人工歯は3日間口の中に残っていたが、3日後に吐き出して捨てた。

この歯だと、美味しいトウモロコシが食えない。

これがせいぜい。

息が抜けて発音も変。

こいつは保険も効かないだろうから、日本に帰った時に治して貰おうと思っている。

身体が健全な状態にないと、生きてゆくのに何かと不便で不快。

事故に会って健康の大切さを改めて痛感した。

温泉に入って来た

ゆったりと温かいお湯に浸かりたかった。

これまでは、傷口を濡らさないようにカバーをして優しく行水するしかなかった。 

この頃は、肩の手術の傷も閉じ、足首の傷も消えて来たので、もうお風呂に入れる状態になったのだけれど、我が家では水不足でお湯が余り出ず、ぬるい水を掛けることしか出来なかった。

しかし、それだと死んだ古い皮膚が取れない。右の脇の下は酸っぱ臭くなるし、パンツのゴムの下は真菌類が付いて痒くなるし、足首は分厚い古皮がボロボロめくれる。

こんな時は、大きな湯船の温泉に浸かって、古い皮膚はサウナで流すのが正解だが、そんな良い所がこのカオヤイにある訳が、、、、、

あるんだなこれが!

僕らのカオヤイ農園から僅か400メートルに。

今年出来て、一度だけ行ったことがある。

そこが未だ潰れずにやっていたので、本日行って参りました。

朝9時営業開始なところ、朝8時40分に入場。

お風呂とサウナだけなら、600バーツでOKだった。やっぱりお客は僕一人。

残念ながら、日本式温泉スパなので、おっぱいが見える湯女は居ない。

追加料金を払えば、割と綺麗なお姉さんによるタイマッサージは出来るが、ヱロマッサージは駄目だろうと思う。

でも、そんな物は要らないから問題ない。

問題は、お湯の温度がちと低く40℃だったこと。あと2℃上げてほしかった。

それと初めサウナが40℃しかなかったこと。営業時間が始まった頃には60℃になったから良かった。

携帯電話を置いて行ったので写真がないが、湯船の様子は一年前と変わってない。

半年前の写真

身体中の垢をすり落としてスッキリした。

ボケ老人に一歩近付く

脳内出血した事故から6週間が経ち、頭はほぼ回復したつもりだったが、どうも未だ血の巡りが良くないみたい。

前にも書いたが、忘れてしまった記憶は何もないと思う。

45年前の初恋の彼女のクリちゃんだって、未だに鮮明に覚えている。

そればかりか、事故直前の記憶が蘇ってきた。

あの朝、カオヤイ農園からワンナムキアオに向う時に、僕はマシュマロいちご園のアルコール類販売ライセンスの書類を持って行くのを忘れた事に気が付いた。

あれがないと罰金物だし、一人で頑張ってくれているワーカーが逮捕されかねない。

「お酒のライセンス忘れたから止まって!」

僕はマシュマロちゃん運転の動き出した車を止めようとした。

「あんなの、また今度で良いわよ。」とマシュマロちゃん。

「駄目だ、絶対! 車は戻らなくていいから、僕が降りて取ってくるから、ちょっと待てて。」

そう言って、僕は30メートル程進んだ車を降りて、カオヤイのお店に向けて歩き出した。妙なところで、律儀な日本人の特性が出たものだ。あんなライセンス、調べられたことは一度もないのに。

僕はお店に近い左側の歩道を歩いていた。お店に向かう曲がり角の3メートル程手前で、道端にあった何かの草を採った。

覚えているのはそこ迄。

僕にぶつかったバイクを運転していた少年は、ぶつかる直前、僕が植物を手に握っていたと言ったらしいが、それと一致する。

ぶつかった時の様子や痛さは何も思えていないけれど、事故直前の記憶は戻った。

だけど、事故から今日までずっと頭の回転が悪い。

ずっと睡眠不足のような感じで、お昼過ぎには居眠りしてしまう。昨日も今日も30分程眠ってしまった。

ややこしいことを考えるのを避けている感じ。表情もちょっと虚ろ。何時もぼっとしてる感じ。

2年前から売り子をやってるベテラン女性は、僕の言うことが子供っぽくなったと言う。

マシュマロちゃんと話していても、彼女がなんの話題について話しているのか分からないことが時々ある。

ちょっとしたことに対して突然僕が怒り出すことが増えたらしい。

まるでボケ老人になったようだ。

「切れた血管が再生されて血が周り出すのに、もうちょっと時間が掛かるのさ。」

と弁解しているが、血の巡りは死ぬ迄良くならないかも知れない。

バンコク病院カオヤイ診療所

11月26日に手術して12月4日に抜糸した右肩の包帯を取りに、近所のバンコク病院カオヤイ診療所に行った。

「きれいに治ってるから、もう包帯は不要。シャワーも浴びて良いよ。」とのこと。

左足の傷も、包帯は交換したが、

「ほぼ治ってるので、3日後にこの包帯を自分で外したら、もう包帯付けなくて良いわ。」

と言われた。

「えっ! じゃあ、もう此処には来なくて良いってこと?」

「肩の手術をしたコラートの病院には、もう一度検査に行かないと駄目よ。リハビリもしないと駄目。」

と看護婦さん。

(じゃあ、若くてきれいで優しくて、えくぼの可愛い貴方にもう会えないってこと?)

とは言わなかったけれど、ちょっと残念な気分。

バンコク病院は高いけど、そこで働いている看護婦やその他の女性は皆綺麗だから好きだ。

働けないダメ親父

事故からひと月半近く経って、ハムケンは仕事が出来ないダメ親父になった。

大体治ったと言っても、左足首は未だに病院通いで、歩くと少し痛い。舗装道路なら真っ直ぐ歩けるが、デコボコ道だと振らついて颯爽と歩けない。

ひと月半もお風呂に入ってないので、足首から臭い皮膚がボロボロ剥けてくる。傷周りの皮膚をきれいに吹いてくれるのは、優しい看護婦さんだけ。

右肩は手術したら余計に痛くなって、未だ当分使えそうにない。

モトサイはハンドルが掴めず運転不可。

自動車は近所の数キロに限って運転出来るが、自分でも危なっかしいと感じる。そもそも、医者からは未だ駄目だと言われている。

重いものは一切持ち上げられない。ほんの2キロ位の物なら運べるが、運ぶと後で肩が痛くなる。

いちごを売っても、片手じゃ売れたいちごパックをビニール袋に上手く詰められないので、ワーカーから「私がやるからあっちで座ってなさい。」と言われてしまう。

車のシートベルトも腕が回らず締められない。

パンツは履けるが、Tシャツは肩が痛くて一人で着られない。

右腕を肩以上の高さに上げられない。上げると痛い。

未だに寝返りが出来ない。

左足首、右肩にはシャワーもかけられないので、一人でお風呂(行水)に入れない。

頭は一見治ったようだが、未だに目眩が酷い。目眩の強さは強烈で、布団から起きたり、布団に寝転んだ時などに5秒ほど目が回ってクラクラする。まるで三半規管が狂って回っているようで、真っ直ぐ座ってもいられない。だけど、5秒過ぎれば目眩は消える。

先日、病院に行ったとき、エスカレーターで上がりながら書類を持ち上げて見たら、目が回って後方に振らついて、後ろの男性に向かって倒れかけてしまった。男性が支えてくれたので良かったが、一人だったら後ろ向きに転げ落ちていたかも。

どうして目が回るのか知らないが、医者が言うには、普通のことで、数ヶ月で消えるから心配ないらしい。

一日働かずにゆっくりしていても、昼過ぎには眠たくなって30分位寝てしまう。

そんな訳で、未だに何にも仕事しないダメ親父になっている。

問題なのは、何も出来ないことの他に、何も身体を動かしたくなくなってしまったこと。

グータラ親父と言われたり、親父のくせに子供と同じと言われたりする。

「もうちょっと待っていたまえ! あとひと月もすれば、以前と同じ元気な親父に戻るから。」

弁護士を使った事故賠償交渉

歩行者である僕と衝突したオートバイを運転していたのは、13歳少年、無免許で、オートバイは登録期限切れ、そして保険無加入だった。

もしもこの事故が日本で起こったとしたら、どんな場合でも運転者が悪いので、

①少年は逮捕または補導、少年院行き。

②加入している筈の保険から、被害者へ治療費の全額支給。通院交通費、無労働期間の補償に加えて、もし何らかの障害が残ったのなら、障害度に応じた多額の保険金が支払われるだろう。仮に、少年が無保険の場合でも親の自腹で払うべきは払われる。

のが普通じゃないだろか。

今回僕の場合、実際に治療に要した経費は合計で約60万バーツ(216万円)を超えた。大金である。それ以外に、僕とマシュマロちゃんがひと月働けなかった損害もかなりのものになる。

幸いにも頭の機能はほぼ回復したが、一歩間違えれば大きな障害が残ったかも知れないことを考えると、安易な補償は容認出来ない。

では、タイでの現実はどうか?

これまで警察から聞いた状況を纏めると、

事故を起こした少年は、警察から逮捕も何もされていないだけじゃなく、

①僕が車道を彷徨っていた。

②クラクションを随分鳴らしたが僕が避けなかった。

と言い、僕側に問題があったと主張しているそうである。

僕は衝突前後の記憶がないので、彼の言い分が正しいかどうか分からないが、僕が出血して倒れている写真を見ると、場所は車道どころか、歩道の端の方である。

また、マシュマロちゃんはクラクションの音など聞いていないと言っている。

これらからして、少年の嘘の可能性が高い。

また、少年の親は、既に村の長老や警察に根回していて、

①少年は悪くなかった。

②保険もないし、家にお金もないので、お金は払えないので払わない。

という示談に持っていこうとした。

心優しいハムケンも、

「いくらなんでも、それはないだろう」と思った。

マシュマロちゃんが、いろんな人にこうした状況を説明して相談したところ、概ね下記の様な意見、アドバイスを貰った。

①いくらタイが遅れていると言えども、先方の主張は法律的にもモラル的にも間違った方向なので、毅然として戦うべきだ。

②個人で言い争っても、警察との縁や袖の下の額に結論が影響されそうだし、話し合いに疲れたり感情的になったりするのは馬鹿馬鹿しいので、弁護士を使って裁判に訴えるべきだ。タイでも無免許運転は法律違反であるのかは明らかだし、相手も裁判で高額の支払い判決が出ると怖いので、裁判を避ける為に態度を変えるだろう。

③日本大使館に被害状況を訴えて、タイの行政側に文句をつけるべきだ。タイの警察に頼っては駄目だ。それくらいしないと、悪しき習慣は改善されない。

その通りだと思い、僕らは友人から紹介してもらった弁護士と相談した。

彼の意見は、実際の裁判は時間もお金も労力も掛るので、裁判を興すふりをして、早期に示談にするのが得策とのことだった。

彼は一人で警察署に行き、事故調査の進捗を聞き取り、何故少年が逮捕されないのか聞き出した。

数日後、警察から弁護士に、少年の父親が20万バーツを支払うので示談にして欲しいと言っているとの連絡があった。

20万バーツは掛かった費用の3分の1である。とても十分ではないが、次の理由で合意する事にした。

①タイの東京海上火災の医療保険担当者が便宜を図ってくれて、3分の1位保険金が出た。

②日本で入っている三種類の健康保険からも幾らかお金が降りる可能性がある(まだ未申請なので保険金額は不明)。

③裁判になると、数カ月から年単位の時間が掛かり、裁判費用も嵩む。

④裁判で高額支払いの判決が出ても、長期の分割払いとなる上に、実際に全額が支払われない危険性がある。

⑤揉めて恨みを買うと、裏で恐ろしい報復措置が取られることがある。

⑥20万バーツと言う金額は、彼らが実際に払える限度額に近い。

⑦僕らが選んだ病院は、この辺りでは一番高額なバンコク病院なので、掛かった経費は普通よりもかなり高額。

もう一つ、仏教的な見地から、年配の僕が少年の将来を考慮して許すのが美しいとのこと。

以上から、20万バーツ貰って、さっさと事を済ました方が得策と考えた。

弁護士と警察とマシュマロちゃんと少年の父親の4名で示談合意書にサインすることになる。

近く19万バーツが支払われ、不足分もひと月以内に払われるらしい。

僕が被害者本人だが、事故で頭の働きが悪い上に、タイ語やタイの法律に疎いので、ゴタゴタに巻き込みたくないというマシュマロちゃんの意向で、話し合いには全く参加していない。

話し合いの後、弁護士が僕のところに来て、上記の方針で良いか確認に来た。

弁護士の意見では、「落としどころ思う」ということだったので了解した。弁護士への謝礼は、5000バーツとのこと。

その時、初めて聞いて驚いたことは、少年は事故で転んだ時に片方の耳が取れてしまい、今も耳がない状態なのだそうだ。

まだ若い彼の得た痛手の方が重かったのかも知れない。

今度は土地の神様にお礼に行った

事故の傷が治ってきたお礼に、先日はワンナムキアオの有名な御坊様が居るお寺に行ったが、昨日はカオヤイ地域の地の神様の所に行ってきた。

その神様のことをチャオポーと言う。

昔、政府や警察もなかった頃、地域を守った地主のような者らしい。

それが何物であるのかは、今持って分からないが、お寺と言うより神社に近いのかも知れない。しかし、お祈りや飾り付けには、明らかに仏教の血が混じっている。しかし、仏教とは明らかに異なる。そして、タイ人は仏教と喧嘩することなく、皆チャオポーも信仰している。

チャオポーは、御坊様や仏様とは異なる。なにしろ、鶏肉大好き、お酒も大好き。油も大好き。

タバコや怪しい薬草まで好きでお供えしないと言うことを聞いてくれないという神様なので、仏様じゃあないことは確か。

カオヤイで事故を起こしたのでカオヤイのチャオポーに行った訳だが、その社の場所がカオヤイ国立公園内(入り口付近)なので、外国人も良く訪れる。案内人が、「お祈りすると、幸運が与えられますよ。」と説明すると、白人達も嬉しそうにお祈りしていた。

僕らは、本物の鶏の代わりに、鶏を型どった陶製置物を20体と、古い地酒10樽をお供えした。

地の神様は生きている訳じゃないので、陶製人形でも良いのだ。しかし、お酒は本物じゃないと駄目だ。

鶏もお酒も、お祈りが終わったら、さっさと持って帰らないといけない。

鶏人形の再利用方法は思い付かないが、お酒はズバリ飲めるので嬉しい。甘くて香ばしい臭いの原酒だ。

マシュマロちゃんからは、「難しいことは考えないで、兎に角有り難うと言ってお祈りしなさい。」と言われた。

ちゃんとそうしたよ。

だけど、僕が一番有り難うと言いたいのは、事故直後から諸々必死で頑張ってくれたマシュマロちゃん自身なんだけど。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
56位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
28位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる