FC2ブログ

クラウン冷却

今、クラウン冷却というのをやってみようか検討している。

クラウン冷却というのは、いちごの茎の基部(クラウンと言う)を冷水で冷やして花芽誘導することを言う。

僕らが使っている王室プロジェクト80番という品種は、もともとは栃木県のいちごが元であるので、花芽が出来るには低温が必要だ。凡そ20度以下の最低気温が何日か続く必要がある。

ところが、ここカオヤイやワンナムキアオでは12月にならないと、そこまで気温が下がらない。この為に、例年クリスマスから新年の肝心要な時期にいちごが成らない。

気温を下げれば良いのだが、露地栽培で気温を下げるなんてほぼ無理。温室と強力なエアコンを使えば冷やせるかも知れないが、そのためのコストが掛かり過ぎて現実的ではない。

そういう訳で、僕らは四季なり品種の導入を試みている訳だ。

しかし、他に冷やして花芽を誘導する方法がないわけではない。

ポイントは、

① 昼間の気温は必ずしも冷やす必要はない。

② 花芽が出来るのはクラウン部分なので、夜間にそこだけ冷やせば良い。

その方法がクラウン冷却というもの。

詳しくはここに書いてある。

簡単に言うと、ポリエチレンチューブをいちごの株のクラウンの近くに設置し、夜間にポンプで冷水を循環させて冷やす。

この方法だと、

① 温室は不要

② 低コストで設置可能

③ クラウン部を確実に冷やせる

というメリットがある。

実は日本の実家近くのいちご園経営者と協同で実証試験をやってみようという話が持ち上がっている。

高い輸送コストで日本のいちごを持ってくるより、海外現地で日本のいちごが栽培出来ればより新鮮で安くて美味しいいちごが提供出来る様になるかも知れないというのが日本のいちご園経営者が興味あるところ。

僕としても、それで80番の中休みが無くなれば御の字だし、日本のいちご栽培の道も開けるかも知れない訳なので、試してみない手は無いように思う。

ただ、相棒のマシュマロちゃんは、こういう誰もまだ成功していない新しい試みを行うことには何時も反対するので、未だ合意が得られていない。

もうひとつの問題は、小規模試験なら低コストで出来るが、いちご園全体にスケールアップすることができるものかどうか定かでないことがある。

小規模試験では、冷水は氷とアイスボックスを使う。流路の長さも100メートル程度で済む。

全体となると氷が何トン要るか分からないし、流路も8km以上になる。

また、実証試験で効果を測定するためには、当然収穫量を測らなければならず、その区域はいちご狩り禁止としなければならないという難問もある。

どうしようかな。

小規模試験くらいはやってみたいな。

いちご苗育苗記録

今期をかけた僕の挑戦。年末年始にいちごがなる品種の導入。

その途中経過。

96番はランナーが出出したので、子株孫株の調整を開始。

青虫に葉っぱを食われているが、立ち枯れ等はなく、まずまず順調に育っている。9月までに最低5000株、出来れば10000株取りたい。

一方、中国産四季なりいちごは、芽がきをしたら貧相になってしまった。こちらはランナーも出ず、いまいち感じが悪い。今のところ、花は上がって来ない。

種から育てたいちご苗の様子

種から育てているいちご苗3種の様子を纏めてみた。

初期成長が遅いが、順調に成長している。

こちら96番第二期

こちら96番第三期

560訂正840株作れた。

こちら96番第一期

大分ランナーが出て来た。少しづつ子株を拾い出した。

スリップス、ダニの被害がある。

スリップス、ダニだらけの株に、一つだけ花が咲いた。良い傾向だ。もっと強い農薬で害虫を駆除しないといけない。

こちら中国産四季なりいちご 約800株ある。

なんかワイルドストロベリーみたいな感じ。どんな実がなるのだろう? 四季なりとはワイルドストロベリーのことだったのだろうか? 葉っぱからは、あまり期待しない方が良さそう。未だランナー無し。

もう一つ、中国産大粒いちごがあるが数は少ないので(約70株)、今年はお試しのみになりそう。

子株、孫株作りの為にスプリンクラーを設置

でも、まだ使わない。ランナーが出だしてから使う。

いちご小苗定植開始

僕にとっての今年の一大プロジェクトである四季なりいちご株の導入。

少し進んだ。

先ずは、新年早々に取り組んだ第1期の96番。結局10株しか残らなかったが、定植後順調に育ち、いくつかのランナーが出てきた。

ランナーは隣のポットに誘導し、全部で30株位になった。

ポット当たり2株を親株にして、それから子株を取る。その為の仕組みは未だ作ってない。親株一株から20−30株を取りたい。

第一期の隣に、第二期の96番を植えた。ポット当たり一株。全部で65株位。500株の予定だったのに、乾燥と嵐で激減してしまった。

未だ小さいが、一月後にはランナーが出て来る。

96番に関しては、意地で第三期を育成中。あと500株追加したいが、日本行きがあるので定植はタイ帰国後。不在中、未だ本葉が出ていない小さな苗がどうなるか可成り心配。何しろ、枯らすジンクスが有るから。

でも、ポンコツ育苗室があるから、きっと大丈夫だ。

こちらは、得体の知れない中国産大粒いちご。ポット当たり2株植えた。この品種はお遊び。140株位。

その隣の一列に、本日中国産四季なりいちごの小苗を260株位定植した。この品種は、未だ子株が同数位残っているので、日本帰国迄に順次定植する。中国産で信用はしていないが、密かに期待している。四季なりと言う以上、比較的高温でも花芽が出来るのでは。種が安くて一杯苗あるし、これが当たればラッキーと言える。

定植さえすれば、後は住込みワーカーが管理出来る。

5ヶ月後には、600株以上の親株から平均25株の子株が取れ、トータルで15000株が取れるという皮算用。上手く行けば20000株。マシュマロいちご園に半分持って行ける。

年末年始に実がならなかったら、このプロジェクトは頓挫する。その場合、もういちご事業は辞めるかも。

実がなったら、競争力を得て僕らの事業は成長する(かな?)

従来の80番は、親戚から40000株購入する。一揆に乗換える馬鹿はしない。成功確率はきっと50%以下だから。

ポンコツ育苗室完成

突貫工事で育苗室を作った。

幅1.5m 長さ6mのイメージ図を書いてサイズとポイントをワーカーに説明。

「よし分かった!簡単だ。」と言うので、あとは任せておいたら、幅50cm 長さ3mのが出来上がった。何も伝わってなかったようだ。

そのサイズじゃ使い物にならないので、せめて幅だけでも1.5mに拡張した。

一切長さを測定せず、目分量で作るので、まるで子供の工作の用に見窄らしい育苗室になってしまったが、取り敢えずは用を足しそうだ。但し、耐用年数は6ヶ月。この前の様な嵐が来たら、多分壊れる。

やっぱり自分が細かく指示を出して作らせるべきだった。

まあ出来てしまったものは仕方がない。いくつかの補強を入れて使うことにした。

屋根材はファイバー入りで10年使えるらしい。ホントかな。光の透過度は丁度良い感じ。

無造作に張ってある白い布は、実は赤外線をカットするハイテク製品。タイにはない。

暑い。真夏だ。日本で経験したどんな夏よりも夏だ。

ポンコツだが、強烈な陽射しも、滝のような雨にも負けない。

シロアリと風には滅法弱い。

😫😫ストロベリー枯れた😫😫

還暦の誕生日の日、僕はマシュマロちゃんの勧め通り、何も考えずに一日を過ごした。正確には、一泊と半日。

仕事のことは本当に忘れてリフレッシュ出来た。

しかし、こともあろうに、来期を掛けて大切に育てていた四季なりいちご苗のことも見事に忘れてしまった。

一泊二日の休暇からカオヤイ農園に戻って愕然とした。

強烈な陽射しに、未だ幼いいちご株が乾燥してカラカラになっていた。

葉っぱを掴むと、お茶の葉みたいにパラパラと砕けた。

何も考えないにも程がある。どうしてワーカーに水やりを頼むのも忘れたのか。あるいは翌朝思い出して、水やりに来ることだって出来たはずなのに。

諦めの悪い僕は、「未だきっと枯れてない、水を与えれば、きっと再生する。」と自分に言い聞かせて、水やりしていると、今度はまたもや嵐がやってきた。

その嵐は過去2回の嵐を上回る凄さで、店を閉めて商品が濡れるのを防ぐのがやっとだった。

雨は怒涛のように地面を叩き付け、農園はあっという間に洪水になった。

そのうち、いちごのハリボテモニュメントが吹き飛ばされて、辺り一面が真っ白になった。

積乱雲が崩壊するダウンストリームだ。

僕はびしょびしょに濡れるのを覚悟で外に飛び出した。

その瞬間、バリバリという轟音を立てて直径50センチ高さ20メートルはある大木が目の前で倒れた。その大木は根株部分が虫に侵されて弱くなっていて、倒れるんじゃないかと心配していたところだった。

翌朝の様子。

大木は始め電線ロールのテーブルに当たり、その上の大切ないちご苗のプラグトレーを吹き飛ばし、手前の木に当たって上部の枝が折れて、そのお陰でお店を直撃するのが寸でのところで免れた。

これも不幸中の幸いで、電線を切って停電はさせたものの、人的被害は出なかった。

嵐のあと、呆然としながら飛び散って雨に流されたいちご株を拾って集めた。

乾燥してカレカレになったものを含めて、祈るような気持ちで植え直した。

せっかくリフレッシュしたはずだったのに、泣き叫びたい気持ちでいっぱいになった。

どんなに凄い風だったかは、絶対壊れないと思っていたKHAOYAIのパネルが倒れたことからも伺い知れた。セメントと鉄骨とセメントボードで作ったのに。どんなに凄い風だったことだろう。隣のテーサバーン(自治体)の大木も倒れて道を塞いだ。電線も切ってくれた。そんな複合的災害で、停電は6時間続き、商品のアイスクリームはドロドロに融けてしまった。被害額4500バーツ。

友人らに作って貰った大切な新店舗が壊れなかったのが有難かった。

数日後、祈る気持ちでいちご苗を観察したが、僅かな希望も絶たれ、ほとんどの苗がもうあの世に行ってしまったことがはっきりした。全体で2割弱が一命を取り留めたが、僕の数ヶ月は徒労に終わった。

日本人らしく表情には出さなかったが、心の中で泣いたよ。

少しだけ緑があるのは回復してくれた株。それにしても、大部分はもう戻って来ない。

年末年始のいちごのない時期をなくすべき四季なり性いちごの導入に掛けている僕だが、どうしても無理な運命なのだろうか?

4年もやって、未だに四季なりの導入も、それを育てる温室さえ出来ないなんて。いったい何をやっているんだ!

でも、まだ諦めない。

今度は完全室内、完全人工光で育苗するぞ。

まだ間に合うかも知れないから。

仮に予定数を大幅に下回ったとしても、来々季までには絶対殖やせるだろうから、挫折したわけじゃない。

まだなんとかなる。頑張れハムケン!

いちご新品種育成状況

種からのいちご苗作成について、いろいろ試行錯誤して、少しずつ分かってきた。

以下に備忘録として、要点をまとめておく(多くの読者には役に立たないだろうから読み飛ばして下さい)。

発芽は、ココナッツ+ピートモス1:1に種子をばら撒きして、底面給水で半日陰が良い。約10日から2週間で発芽

この方法の欠点は、ピートモス表面に藻が生えること。恐らくピートモスに藻の胞子が眠っている為だろう。藻が生えると、藻の下が低酸素になり、藻の毒性で根の発育が阻害されるのが問題。

一方、スポンジ法+植物育成LEDの場合は、藻の発生はなく根も真っ直ぐ下によく伸びる。しかし、この為にセルトレーに移植する際に根が切れやすいという問題がある。

ココナッツ+ピートモス法の場合、移植前に培地にたっぷり給水させると、根切れなく抜ける。

何れも小さな本葉が出た段階でセルトレーに移植出来るが、出来るだけ大きく育ってから移植する方が定着率が高い。逆に、本葉が未だ展開してない状態では、半数以上が移植に失敗する。

セルトレー移植後数日は直射日光避け、清潔な水を底面給水により与えるのが良い。

定着したら、水切れに注意しつつ、積極的に直射日光に当てたほうが良い。但し、日光が非常に強い時間帯は半日陰に移動させる。底面給水の水に通常より2~3倍薄い液肥を混ぜ、朝夕2回給水する。

セルトレーに根鉢が出来てからココナッツポットに定植する。

三種の品種を試したが、発芽率には大きな差はなかった。但し、発芽までの時間は品種により異なる。どの品種も遅れて発芽してくる種が多いので、セルトレーへの移植は2回以上に分けて行う。

薄い抗カビ剤と殺虫剤は早めに散布した方が良い。

古いココナッツポットに定植する際は、培地をひっくり返して、雑草の種を底面に追いやるのが良い。

新しいココナッツ培地は良くない。トマト栽培後の培地はセンチュウ類が多く残っていると思われるが、いちごへの影響は殆ど無いように思われる。

以上、こんなところか。

以下に、代表的な写真を載せる。

① 品種96番

3月19日 96番 第二期

トレーにあげてから、平均で30%が枯れる。多分、病気。

多いトレーは50%枯れ、上手くいったトレーは90%元気。

3月27日 96番 第二期

このトレーは病死も少なく順調に育っている。ここ迄来れば、枯れる率も減る。もう直ぐ定植可。全部で350株位取れそう。ただ、まだ全然足りない。

3月30日 96番 第一期

ビニールポットに定植してから、大分成長した。しかし、急に枯れたのもある。結局、第一期は12株しか出来なかった。

培地は、トマト栽培済みの古い培地の方が、未使用のものより良さそう。

中国産曲油草苺

3月27日 中国産曲油草苺ジャイアントストロベリー 第一期

葉の色、形が特徴的。バラツキが大きい。

3月30日  中国産曲油草苺ジャイアントストロベリー 第二期 全部で200株位。

中国産四季草苺

3月30日 中国産四季草苺 第一期

密かに期待している中国産四季草苺だが、未だ試行して日が浅いので、これだけしかない。しかし、今日現在では一番苗の数が多い。一度に処理出来ないので、一週づつずらして作業している。

実はもう一つ、未だ蒔いてないいちごの品種がある。しかし、どうも欲しい性質ではない品種のようだし、4種は同時に管理仕切れないので、当面やらない。

中国産四季成りいちごの種

他のいちご園は大方今期終了して閉店したのに、僕らのいちご園はいちごが未だ鈴成り。

けれども、シーズンオフになったのか、いちご園に来るお客さんは疎ら。

肝心の年末年始にいちごがなくて、シーズンオフに未だいっぱいあるというのは宜しくない。

そこで、比較的高温でも花芽分化が起こるいちご品種を導入したいのだが、なかなか簡単にはいかない。

ネットでいちごの種を検索すると、実に沢山出てくる。大半が中国産だ。

日本では、種で殖やせるいちご品種は2品種しかないのに、どういうことだろうか?

四季なりらしいことが書いてある品種まである。

中国産は嫌なので、タイにある種苗会社から試しに種を購入してみた。

結果、届いたのはやっぱり中国産だった。

しかも、2品種オーダーしたが、来たのは2つとも品種パッケージがオーダーしたのと違っている。

こんなことだから、品種名は全く信用出来ないが、一つには四季成りらしきことが書いてある。

中国語は習ったことが無いが、漢字と微かに残る漢文の知識で、凡そ意味が分かってしまうところが中国語の便利なところ。

こんなことが書いてある。

四季草莓一年结几次果:

  1、四季草莓花芽无休眼期,在夏季高温长日照下仍能形成花芽,有一年多次结果的习性,管理好的话,花果可周年不断。

  2、第一批果实在华北地区多于5月上中旬成熟,属早熟品种。

  3、此后的7-10月能不断开花结果,但以第一期产量最高,品质最好。

時期に関しては、河北省を想定して書いてあるが、その気候なら四季なりで、高温期の長日条件で花芽分化するとある。

だからといって、タイで年末年始に実が成るのかどうか保証の限りではないが、普通よりも高温で花芽が出来やすいことは確かだろうから、試してみる価値はある。

もっとも、いちごの育種については、日本がずっと進んでいると思うので、種で殖やせる四季成りいちごが中国で開発されているというのも想像しにくい。

日本などからこっそり持ち込んだ四季成り品種の種を単に集めて売っているだけ、という稚拙な話である可能性も中国のことだから充分有り得る。その場合、親の性質と同じいちごになる可能性は低いし、性質もまちまちになって事実上使えない。

値段は格安。一袋25バーツ。100粒入りと書いてあったが、実際には300粒位入っていた。僕はこれを20袋買った。

早速蒔いてみた。

発芽率は85%と書いてあったが、果たしてどうなるか?

ともかくも、この地の露地栽培に適合して、年末年始に実が成る品種に巡り会いたい。

いちご発芽試験3、4

いちご発芽試験の続き

2月1日:1月23日播種、スポンジ法で発芽させたいちご苗(96番)

発芽した苗を順次セルトレーに移植。

ピンセットで1つずつ、大切に移植する。しかし、10%位が根がちぎれて失敗する。

見えないくらい小さないちご苗。なんとか400苗取れた。取り敢えず、まずまずの成果。

これを桜の木の下で涼しく管理。

2月10日:少しずつ苗が育って、本葉がで出した。

しかし、木から降ってくる花びらや花がらがいちご苗の上に被さる。毎日、せっせと取り除いたが、追っつかない。それに腐敗菌が着いて、いちご苗を枯らし始めた。

やばいので、別の場所に移動するも、既に時遅し。いちご苗の大部分が枯れてしまった。

大ジョック。どうしてこんなに難しいのか。もっと清潔管理しないと駄目だ。

96番品種の種1000個から残ったいちご苗は僅か15株。385株が枯れた。

お話にならないが、めげずにこれを定植して、様子を見る。

***

2月21日:

せっかく時間とお金をかけて育てたいちご苗だが、小苗の育苗が上手く行かず失敗したので、もう一回種を入手して再挑戦することに。約1月のロス。しかし、未だ間に合う。

今回試すのは、タイの通販で入手した品種不明の大粒いちご。しかし、来たのは中国産。もう一つは、96番。

今回は、スポンジ法の他に、更に省力化した普通の方法も試した。これは、苗をスポンジから抜く際に根が切れることがあったため、底面給水の培地で本葉が出る迄育ててから鉢上げした方が無難と考えた為。使った培地は、ピートモスとクーイマプラオ(ココナッツがらの粉砕物)を半々ミックスしたもの。

96番の種蒔き直後の様子。

種は上から撒いただけで、土は被せない。

3月6日:96番。大分芽が出て来た。ほぼすべての種で発根が見られる。いろいろ試したが、この方法が一番良いかも知れない。

3月5日:スポンジ法からセルトレーに移植した中国産品種。約300個の種から、約200株の小苗が取れた。この種の発芽率は高く、発芽も早い。ただ、品種名不明なので、年末年始の実の無い時期に実があるとは期待出来ない。ただ、どんな品種なのか興味深い。

スポンジ法の96番。3月6日、ネットで買った植物育成用LEDランプで育苗開始。徒長を防ぎ、早く発芽が進むと期待。

これを使うと光量管理し安い。風雨の心配はないし、強い直射日光でお湯みたいになってしまうこともない。

96番に関しては、定植苗を1000株用意したいが、種が足りない。

9月までに12500株どうしても取りたい。

得体の知れない中国産品種の方は、あまり労力をかけても仕方がないので、飽くまでも練習用。ただし、おそらく日本から中国に持ち込んだものなので、最後まで育ててみる。

いちご発芽試験2

いちご発芽試験の途中結果。

2種類のいちご種の内、1種類の発芽が確認された。

こちらは10日後の写真

約8割の種で発芽が始まっている。

寒天培地法よりもスポンジ法の方が断然良いことが分かった。

葉が開いたものを一つずつつまんでピートモスが入ったプラグセルに移植した。まだ根が覗いているだけの物は、もう数日してから移植する。

もう一つの種類の方は、スポンジ法も寒天法も全く発芽の気配なし。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
26位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
13位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる