FC2ブログ

第二波の兆し

このところ、カオヤイ農園に朝に来たいちご狩り好きな人達が、キロ単位でいちごを採って来るようになった。

いちご園の後方の畑を見ると、第二波が来つつあることが分かる。

肥料と水が十分でないらしく、今ひとつ大きさが足りないが、第二波の確かな手応えを感じる。

ワンナムキアオでは、複数の農園でスリップスとダニが大発生して、いちご園が壊滅しつつある。

マシュマロいちご園はまだ大丈夫だが、ダニが増えて来たようだ。

カオヤイ農園でもダニが増えてきた。

高温で雨が降らないせいである。

いちご畑を全滅させてはならないので、定期的な薬剤散布が欠かせない。

短い雨も降って欲しい。

やっといちご狩り

気温が低くて順調に進んだいちご狩りだが、12月中旬から気温が上がって、花が出て来なくなった。

そのため、1月上旬のいちごの数は期待したほど多くなくがっかりしたが、それでも多くのお客さんにいちご狩りを楽しんで貰った。

この横広がりの巨大いちごは四季なり性のある96番のもの。96番は病気や害虫に弱いが、新年の実の数は多く、約半分が96番からのもののようだ。

サイズは不揃いだが、色艶は良い。

80番の花が出止まったのは、この地域のいちご園に共通なので、やっぱり気候の問題だと思うが、昼の高温なのか、夜の低音不足なのか分からない。日陰に花が多いようで、日照の影響かも知れない。

肥料の量も影響しているようだ。

ともかく、いちごの量のコントロールは難しく、露地栽培では限界がある。

2月のいちご狩りは十分楽しめると思う。

こどもの日2020

今日はタイのこどもの日。

よく知らないが、学校のこどもの日は昨日で、今日は家族のこどもの日らしい。

と言うことで、カオヤイ農園に来る子供達の為に、去年に引き続いて、子供達にあげるお菓子を用意した。

これがそのお菓子だ。

空気ばかりで中身は少ないが、割と美味しいスナック菓子だ。

子供一人当たり1個限定の無料配布。15歳以上は駄目。

四種類計80個用意した。

仕入れ価格は、一つ5バーツなので大したことはない。

これでも子どもたちはとても喜ぶ。

それでいいのだ。

溜池の大きな雷魚

カオヤイ国立公園から流れて来る沢ラムタコーンがいよいよ枯れそうになって来た。

もし、このまま雨が降らなかったら、僕の予想じゃ今月末に取水出来なくなる。

水位の目標の岩より10センチ水位が下がった。後20センチ下がると水切れになる。

それを避ける為に、我らが大切にして来た溜池に、3日前から夜間にラムタコーンから水を組み上げることを始めた。

一晩電気代だけで800バーツになるが、いちご園に水が組めなくなるよりは良い。

3日で溜池の水位が30センチ以上増えた。上出来だ。

後数日組み上げて50センチ以上の水位に増やしたい。

そうなれば、また10日か2週間位溜池から水が汲み出せる。

池に水を入れ出したら、弱っていた魚が元気に泳ぎ出した。

体長50センチ以上のデカい魚で、姿からナマズじゃない。

それをワーカーが仕事時間中に釣り上げた。

良く肥った雷魚だった。

実のところ、雷魚は放流していない。

全部で数千匹、数千バーツ分は放流したのに、放流した魚で採れたのはピラニアのみ。

だけども、何かしら小魚が住んでいるし、だから雷魚もいる訳である。

だから、オイラの魚なのだ!

しかし、心の優しいハムケンは、採れた雷魚を住込みワーカーの夕食用に進呈した。

どれほど美味かったかは、明日の朝聞いてみる。

ワンナムキアオのビデオ

ワンナムキアオの観光名所を紹介するビデオに、マシュマロいちご園が出ました。

そのビデオはこちら

ワンナムキアオなので、行ったことがる所ばかり。

だからムーカタ2020

ワンナムキアオのマシュマロいちご園のスタッフ一同は、とても良く頑張ってくれた。

少ないスタッフで力を合わせて年末年始も無休で頑張ってくれたお陰で、売上も期待以上だった。

だから、そのお礼にムーカタをご馳走した。

先月退院した胃のない胎児君のお母さんも、いちごのパック詰めや売り子を手伝ってくれた。

そのお母さんの28際の誕生日祝いと、胃のない胎児君の1歳の誕生日祝いも兼ねて。

また、僕の入院時にお金を貸してくれた仲間も読んだ。その時お金を貸してくれなかったら、僕はどうなっていたか分からない。

ついでに、お金がなくて貸してくれなかったら人も読んで、総勢約20名の宴会となった。

ビールも肉もエビもイカも炭もすべて僕らの奢りで結構な出費になったが、皆嬉しそうに食べたから、それで良いのだ。

新しく建てたお店の前が良い宴会場となった。

母親の28際のハッピーバースデーの合唱の際には、母親も僕らも少し涙ぐんでしまった。

母親がこんなに大きな誕生日ケーキを貰ったのは生まれて始めてだったそうだ。

胃のない胎児君は、退院してから元気になった気がする。

まだ口から何も食べさせていないが、やれば食べられるんじゃないかと思った。

試しに、顔の前でお菓子をバリバリと頬張る所を見せて、次にそのお菓子を手にもたせたら、手でぐちゃぐちゃに壊して下に落とし、口には持って行かなかったが、口をもぐもぐ動かしていた。

胃から入れる乳に離乳食を混ぜた方が良いのではと言ったら、医者からもそう言われたが、混ぜると下痢をするのでやってないそうだ。何混ぜたんだろう。

カオヤイ組は、年末のカーボーイフェスでご馳走したから、暫くはムーカタは無し。

彼らに今必要なのは、休暇かな。

カーボーイ·フェスティバル2019

昨日30日の夜、カオヤイの年末の大行事であるカーボーイ·フェスティバルに行って来た。

年末年始は忙しく、仕事ばっかりの毎日だが、これだけは楽しみで外せない。

カオヤイは20年前にカーボーイから始まった。

良く知らないが、カーボーイスタイルのアメリカ人が住み着いて、ステーキハウスを始めたとか。

それから20年間、毎年年末年始にカーボーイフェスをやってると言うから凄い。

カーボーイルックにアメリカン·カントリーミュージック、カーボーイっぽい革製品や古き良き時代のアンティークの販売。

それだけ。

違った! もう一つ、タイビール。何故かアメリカンビールはない。

年末年始の数日間だけ開催されて、妙に盛り上がる。

僕は住込みワーカーやその他のワーカーを誘って、数キロ先のカーボーイフェスの会場に。

その日はいちご園が大売上だったので、会場のテーブルの上に、100バーツ札100枚の束をバシッと叩き付け、

「野郎ども! これでビールと好きな物(食物)を買って来い!! 今夜は俺の奢りだ!」

と、格好付けて威張ったが、マシュマロちゃんがすかさず100枚束の半分を回収した。(トホホ)

だけど、それで充分に盛り上がった。

途中から、ワーカーの身内も参入して来た。

でも、それで良いのだ。

カントリー·ミュージックにビールで盛り上がって、僕の株も上がったかも?

実は、もう一つ、カーボーイフェスの目的がある。それは、丈夫な革製品を買うこと。

これは革製品じゃなくて、カオヤイのカーボーイフェスのTーシャツ。

こちらがメインイベントの、マシュマロちゃん用革バック。

貧乏人から金持ちに変身した彼女は、大きくて丈夫なバックが要るのだ。9個もポケットが付いてる。壊れやすいチャックが大きくて丈夫そうだった。

マシュマロちゃんが気に入るかどうか分からないが、きっと喜ぶ。

これを腰に撒いていれば、オートバイのスリ野郎も取れないだろう。

次は、僕のベルト。毎年カーボーイフェスで買うことになっている。こいつは牛革製の手編みベルト。販売人が自分で編んだと言う。

トカゲやワニ製だと意外と表面が弱いので、牛製が良い。

販売人が言うには、

「俺は、カーボーイフェスで14年間革製品を売っている。これを作るのに、丸一日掛かる。丈夫に作ってあるので、20年使える。もしも何処か壊れたら、カーボーイフェスの時に持って来てくれれば俺がタダで直す。」

確かに丈夫そうだったので、気に入って買った。1500バーツ也。日本の高級ベルトと比べると高くない。スーツには使えないが、ジーンズにはもってこいだ。

睡眠不足で疲れたので、大晦日のカウントダウンは行かずに寝ることにした。

メリークリスマス

メリークリスマス!

お寺育ちで仏教徒だったくせに、クリスマスが大好きだった。

理由は、サンタクロースがプレゼントをくれるから。プレゼントは、人生ゲームや、ピンボールマシンや、プラモデルの類い。

僕はこの一週間クリスマスで盛り上がって、農園にもクリスマス・ソングをガンガン流して、ワインのセールをやったが、タイ人は余りクリスマスに関心ないみたい。

シンガポール人は盛り上がるが、タイ人はクリスマス・ソングをそもそも余り知らない。ジングルベルがせいぜい。

なぜか女の子に赤いサンタの服を着せるのが流行っている。農園にも来たが、とても可愛いかった。

5年前子守役をした妹の子供も幼稚園で着ていた。僕は子守をしたこの子が可愛くて仕方がない。

何人かの子供達に聞いてみたが、サンタクロースも来ないらしい。マシュマロちゃんに、サンタクロースから何貰いたいから聞いてみたが、答えは別に無しだった。

ワインもシャンパンもチョコレートもクリスマスだから買うという習慣がないらしい。クリスマスケーキも余りポピュラーじゃない。

でも、僕にはサンタクロースが来たよ。

見覚えのない男が来て、

「傷の具合はどうですか?」と聞くので、

「あんた誰?」って聞いたら、

「少年の父親」とのこと。入院中に2回会っているが覚えていなかった。

「約束のお金を持って来た。」とのこと。

マシュマロちゃんは下痢性の風邪で寝込んでいると言ったら、

「明日警察所で夕方5時に会いましょう。そこでお金を払います。」

メリークリスマス!

17歳幼妻その後

ずっと書かなかったけれど、今期の住込みワーカーだった17歳幼妻と18歳若旦那カップルは、1週間の休暇で田舎に帰ったっきり帰って来なかった。

10代の幼妻の夫婦は3組目だったが、3組とも帰って来なかったことになる。

2組目からは、こういう事がないように再三注意していたにも関わらず。

3組とも帰ってくるつもりたっだ。そして、帰ってくる約束をして帰って行ったのだが、田舎に帰ってみるともう働きたく無くなってしまうパターンだ。

最後の3組目は、子供が小さく胸も張って乳が漏れるほどで気の毒な程だった。

それでも僕は信用できないから、

「帰っていいが、戻って来たらその月の給料を払うことにする。」と主張したが、優しいマシュマロちゃんは、

「あの人たちは絶対戻ってくるし、お金無しで返すのは気の毒だから、給料払ってあげて。」

と言うので、仕方なく払ったら、やっぱり帰って来なかった。

一週間親や子供と過ごしたら、働く意欲がなくなってしまった。

数週間田舎で両親や子供とゆったり過ごしたが、やはり働かなきゃお金が無くてどうしようもない。でも、もう僕らのところでは働けない。仕方がないので、子供を親に預けて夫婦で街に出て野菜売りを始めたが、売れる時と売れない時があって、うちみたいに、毎日夫婦で800バーツ必ず稼げて、しかも家賃も食費も不要なんていう仕事は滅多に無い。

でも僕は絶対許さないから、戻って来たくなっても後の祭りだ。去年の幼妻も今年も来たいと言うのを断った。

3回連続で失敗して僕も学んだよ。

10代の幼妻夫婦はもう二度と雇わない。10代と言うのが駄目。最低25歳。出来れば30歳くらいが良い。(但し、40超えは体力がないので駄目。)

30歳近くになって始めて、社会的責任が育つ。

幼妻はエロくて可愛いが、おつむが幼すぎて使えない。

若いタイ女性のおつむが幼すぎて苦しんだ日本人男子がいかに多い事か。10代は美味しいが止めておいた方が良い。

第二派の花が上がる

今日はワンナムキアオのマシュマロいちご園に行った。

マシュマロいちご園では、第二派のいちごの花が咲き出していた。

日本の温室みたいに柄の長い咲き方じゃないけど、これが此処での良い咲き方。

これから1週間くらい掛けて、一つの柄当たり5~10個の花が咲く。

此処では、花が咲いてから14~21日後に赤く熟す。

つまり、1月中旬からが第二派のいちごがたくさん成り出すと予想される。

カオヤイは、例年、マシュマロいちご園より1週間遅れて花が咲き出す。現在は2割位咲き出している。

と言うことで、やっぱり例年同様、年末年始のにはいちごがあまり無いことになる。

しかしながら、カオヤイには四季なり性の強い新兵器96番があって、現在花のピークだから、新年早々実があるいちご園になるんじゃないかと期待している。

今日のマシュマロいちご園の様子

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
23位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
12位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる