FC2ブログ

事故の医療費の問題

僕が事故にあった時、丁度今シーズンをオープンしたところで、日本から緊急で送り込んだ資金も使い果たし、今シーズンの収入もまだろくにないということで、僕のタイの銀行口座にも、マシュマロちゃんの口座にも、お金が殆どなかった。

マシュマロちゃんは、頭を痛めた僕の為には、良い病院に連れて行かないと行けないと判断して、ナコンラチャシマ市内のバンコク病院に救急車で運んで貰った。

そのお蔭で、まずまず丁寧な治療が受けられたと思うが、何しろ高い私立病院なので100万を有に超えるお金が掛かった。

勿論、当時そんなお金はなかったので、マシュマロちゃんは家族、親戚、友人、知り合いから、あちこちお金をたっぷり借りて支払ったのだそうだ。

そんなことも何も知らず、何も考えずに入院していた自分に呆れる。

これから、借りたお金は返却しなければならないが、お蔭で今季の収入はその分下がってしまいそうだ。

僕にぶつかった無免許運転の13歳は、親がお金を払いたくないらしく医療費の支払いに応じていない。マシュマロちゃんは、知り合いや警察や村の長老などとあちこち相談中だが、すでに先方の親が警察に手廻ししているらしく、なかなか難しいようである。

日本なら、13歳の無免許運転で歩行者とぶつかって怪我をさせて、逮捕もされず何もお金を払わないということはないだろう。

こういったところが、タイ社会の良くないところ、後進国なところだ。

払う気のない人たちを無理やり払わせるように手を回すと、恨みを買って後で何されるか分からないので、程々にしておこうと思っている。

それよりも、日本の健康保険、医療保険、クレジットカード保障などで、なんとかして日本からある程度のお金を得ることが出来ないか検討しているが、やっぱり事故で馬鹿になったのか、本来どういうルール、仕組みだったのか何も思い出せない。

何れにしても、マシュマロちゃんには随分世話になった。早く安心させて、以前と同じ状態に戻って彼女の為にも頑張れるようにならなくては。

寒い朝

ロイクラトーンの今日、朝は少し冷え込んだ。

昨日の夜明けが18℃、今朝は16℃。

ベッドの中で、寒くて下着を着ていても、布団一枚じゃ寒くて寝てられない。

水も冷たすぎて、シャワーも辛い(水量が少なくて温水器が作動しない)。

早くに農園に来れば、愛犬ベリーちゃんもブルブル震えている。

タイのカオヤイ地方はすっかり寒くなった。

お蔭で去年より大分早くいちごが鳴り出した。

よく晴れて陽射しは良いので、お昼にはもう30℃位になる。

雨がずっと降らずにいるが、今週は台風がベトナム、カンボジアを経てタイに来るそうで、13日には纏まった雨が予想されている。

バンコク辺りじゃ、PM2.5が濃くなって、空気が真っ白、視界最悪らしい。

そのせいか、カオヤイ、ワンナムキアオ方面に週末に出掛けてくる人が多く、お蔭で週末のお客さん数は上場だった。

ただ、今週辺りからここカオヤイにも少しPM2.5が流れ混んで来た気がする。

少し後ろの山が霞んでいる。

雨はいちごには悪いが、PMを流し去るのには丁度良いかも知れない。

カオヤイ農園の今

毎日、働かず店のベッドでボーっとしている僕だが、今年は気温が低いせいで、いちごの成りが流行く、週末のお客さんの入はまずまず。

お客さんが摘んで来たいちごをパックしているところ。

まだ、余り大粒ではないが、味はよく乗っている。

80番と四季なり96番の混合。

いちごパックも割と高く売れている。

日曜日にはいちごは少なくなってしまう。

マシュマロちゃんが作らせた今年のカオヤイ看板。

お客さんがこれを背後によく写真を撮っていく。

5時半になれば、夕陽になる季節だ。

カオヤイの夕焼けは何時も美しい。

売上はそれ程多くはないが、僕がボーっとしていても、従業員やマシュマロちゃんが一生懸命働いてくれて、有り難い限りである。

何が起こったのか少し分かった

ようやく、事故で何が起こったのか少し分かって来た。

昨日、ナコンラチャシマのバンコク病院に行って、医師から説明を聞くことが出来た。

事故時の様子はマシュマロちゃんから聞いた。

10月24日の朝8時半、僕らはカオヤイからワンナムキアオの農園に行こうとしていた。その時、僕は必要書類を忘れていることに気付き、カオヤイ農園から書類を揃え持って、農園前の道に車を止めて僕を待っているマシュマロちゃんに書類を届けに行った。

その時、13歳の少年が無免許でかなり速く運転するオートバイと激突した。

僕は飛ばされて、右肩から道路に倒れ、そのまま右頭を地面で売って、頭から血が50センチ位道路に流れた。

幸い、頭蓋骨自体は割れなかった。

しかし、脳が揺れて左側の脳内に出血があり、それで僕は意識不明になった。実際には意識らしいのはあったらしいが、まともに応答出来なかったらしい。

事故直後と昨日のCTスキャンの画像を医師に見せてもらい、僕は脳内出血があったことを知った訳だ。

出血は左脳のクモ膜下の表面ではなく、内部に生じたらしく、直径5センチ位の出血層が見られた。しかし、昨日のCTスキャンでは、出血層が薄くなっており、回復途中にあることがわかった。

ただ、まだ完全に出血層が消えた訳ではない。

医師は、「障害は徐々に少なくなると思うが、何か少し残るかも知れない。現時点で何か変な部分はあるか?」と聞いたので、

タイ語が一部忘れた訳ではないが、直ぐに思い出せない場合がある。

日本語の単語で、意味は分かっても、どう発音して読んだら良いのかなかなか思い出せない言葉がある。

英語は問題無い。

忘れた記憶は無い。

ことを説明した。

この日本語の発音が読めない点に付いては、分かりにくいと思うが、僕自身も説明が難しいし、日毎変わっていっている気もするので、持って説明したいと思う。ニュース等の漢字で書かれた熟語が意味は分かっても読み方が分からないことがあるのだ。

医師によれば、数カ月で元に戻るだろうとのこと。但し、稀に意識障害が出るかも知れないので、そのときは直ぐに病院に来るように言われた。

もう一つ問題なのは、鎖骨が靭帯から剥がれて肩の上に飛び出していることだが、だからといって肩が動かせない訳ではない。下の図のようになっている。

医師によると、約90万円と3日入院で手術出来るらしいが、お金もないことだし、どうするべきか理解し難いので、もう少し調べてみたい。場合により、日本で保健治療するかもしれない。

マシュマロいちご園の今

今日、コラートのバンコク病院に検査に行った帰り、ひさびさにワンナムキアオのマシュマロいちご園に寄った。

今年建てた新たなショップがどんな風になっているのか記録の為の写真を撮って来た。

一緒に建てたのに、B型肝炎で急に死んでしまった労働者が忘れ難い。僕も事故にあったし、人は急に居なくなる可能性があるもんだなあと思う。

ここのいちご園を始めて5年目になる。

多分、今年で最後になるだろう。

家族が来ることに

今月14日に日本の家族(まだ籍のある妻と30際を超えた子供二人)が様子を見に来ることになった。

タイに移り住んで6年以上経つのに、家族がタイに来るのは始めてである。

会いに来ないと旦那が死んでしまうとでも思ったのだろうか?

幸いにして、僕は徐々に回復しつつある。多分、少し馬鹿になったが。

どうして来ることになったのか知らないが、僕が怪我をしたとき、マシュマロちゃんが電話したらしい。

退職してタイに来てから、決して大成功している訳じゃないが、なんとかサラリーマン時代に近い収入になったし、現地の人達と仲良くやってるので、人生大失敗という訳でもあるまい。

いちご園も先月末に開いたので、親父が何処で何をしてるのか見に来るのには良い時期かもしれない。

マシュマロちゃんと仲良く暮らしてることも、しっかり見てもらうつもりだ。

以前暮らしたバンコクやノンタブリより、自然が豊かで、暑くもないし、タイの良さを感じられるのではないだろうか。

取り敢えず退院

昨日夜一時的に退院出来て、コラートのバンコク病院を出ただけ

去年、マシュマロちゃんが肺炎で入院した病院だった。

マシュマロちゃんのお陰で、僕は何も分からないながら、しっかりとした手足を受けることが出来た。

病院も看護婦も医師も丁寧で良かったが、お金は150万程かかった。そもそもお金がほぼ無い時期だったのに、東京海上保険の支払い額といちご円からの収入が増えていて、無事に払うことが出来た。

僕はタイ語がかなり分からなくなった。

タイ語だけじゃなく、日本語の読み方も大分できなくなっている。意味は分かっても読み方が分からない。英語は余り衰えてないみたい。

それらが、今後元に戻るのかどうか分からない。そもそも、どうして言葉が思い出せなのか分からない。

要は馬鹿になったのだろうか。

⚪⚪⚪

昨日の夕方6時に一時退院して、ワンナムキアオのマシュマロいちご園に行き、その後カオヤイの借家に夜の9時に戻った。

マシュマロちゃんと仲良く眠ったが、5回もトイレに起きた。

今朝、カオヤイ農園に行くと、いちごが沢山なっていて、お客さんの車もお昼すぎ迄、何時も15台来ていて、いちご狩り客が一杯だった。観光客が増えるのは、まだ先だと思っていたのに。

なんでだろう? 訳が分からない。

交通事故でえらい目きあった

8日前に交通事故にあったらしい。

どういう事故だったのかは覚えがないので分からないが、カイヤイ農園の前の道で、オートバーにぶつかって頭と手と足を痛め出血がかなりあったそうだ。

マシュマロちゃんが直ぐに助けてくれたが、僕に意識はなかったそうで、パクチョンのバンコク病院に行ったが、そこでは対応出来ず、コラートのバンコク病院に連れて行かれた。

翌日、眼覚めたが、どうして病院に居るのかわからなかった。

それから、多くの人が来てくれて事故にあったことが分かった。

歯も折れた。

昨日辺りにやっと状況が理解できたが、まだ退院は出来ない。

マシュマロちゃんがいろいろ世話をしてくれて有難かった。

と言うことで、ブログを更新することも出来ず、不思議に思っている人もいるかも知れないが、多分あと数日後に退院出来る。

マシュマロいちご園開店準備完了

去年より数日遅れて、ワンナムキアオのマシュマロいちご園ショップの開店準備が出来た。

昨年の閉店直後の嵐でショップが全壊したので、新たに建て直した。

去年迄よりモダンで清潔で頑丈なショップになったが、マシュマロちゃんは不満だらけで、「マイスワイ。ちっともきれいじゃない。良いとこ無し!」なんて苔おろした。

去年の田舎風藁葺き屋根のショップの方が良かったと言う。

腹が立つが、僕もそう思う。

この感じが観光客に受けるとは思えない。

ただ、2年で倒壊するような建物はもう嫌だったし、確実に2年で腐って雨漏りする藁葺き屋根も嫌だった。新しい屋根は10年持つ。

床は綺麗に掃除出来るようにコンクリート張りにした。

そんなふうに、僕なりに精一杯やったつもりなのに、マシュマロちゃんに気に入って貰えず、がっかりな僕なのだった。

でもきっと、このインフラの恩恵を被る時が来ると思いたい。

開店時商品

例年通り冴えない開店直後。

売ってる商品はこんな感じ。

ミニトマトは、未だ余り甘くないが、みずみずしくくて美味しい。甘くなったら、もっと高く売りたい。

売ってるいちごは、天空の村から送り届けられたもの。未だカオヤイ農園には成ってない。

去年から冷蔵保存していたマシュマロいちご園産いちごで、新たにジャムを作った。

カップが可愛いアイスクリーム。

ジュースとワイン類も割と種類がある。

一押しは和歌山産梅を漬け込んだ梅酒原酒。

同値段でもっと質の高い梅酒があって、それを売りたいのだが、その梅酒は、オリジナル商品であるものの、製造所が他の会社に委託して作っているので、エージェント契約できない。タイの酒税法が製造者とのエージェント契約と決められているから、日本の貿易会社もどうすることもできないと言うことで輸入出来ず残念。でも、写真の梅酒もトップクラスの味。値段は高いが、それでもトンローのドンキより安い。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
39位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
23位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる