FC2ブログ

今期いちご園準備開始

今期いちご園の準備を開始した。

と言っても、毎年と同じく、先ず始めに行うのは除草だ。除草は、一度じゃ終わらない。雨季には草はどんどん生えて来るので、やってもやっても2~3週間も経てば元の木阿弥。

ならば、やらなければ良いじゃないかと思うかも知れないが、やらないと立ち入ることも出来ない程の藪になってしまい、もはや重機を使わないと何もできないことになってしまう。

なので、何度も何度もやらなければならない。

昨日は、カオヤイ農園にパラコート(タイ名:ガンモクソン)の規定量より2.5~3倍濃い溶液を800リットル散布した。

今日は、ワンナムキアオのマシュマロいちご園に600リットル。

タイのパラコートは濃度45%と濃厚で、一口飲んだら多分死亡する。薄めた散布液なら死ぬことはないが、大量に浴びるのは危ない。便利だが、毒性が強いので、後数年で使えなくなるかも知れない。

パラコートは散布すると、晴れた日なら数時間で枯れだす程の即効性が取り柄だが、ラウンドアップのように根まで枯らす訳ではないので、宿根草には無効で、また生えてくる。

いちご園の主な雑草は、葉の表面が水を弾くようになっていて、パラコートにもラウンドアップにも抵抗性があるが、濃いパラコートをしっかり掛ければ、地上部分は一旦枯れる。ラウンドアップだと、枯れる前に新たな草が生えてくるので余り使わない。

いちごは水を切ったので枯れたが、雑草は青々しい。

除草剤を散布したり、草刈りしたりの作業は永遠に続く。

この壊れたお店の片付けと、新ショップの建設もやらないといけない。

柱の木の強度不足を心配して、コンクリートの柱で補強したが、補強材の上で折れた柱もあれば、コンクリートが折れたところもある。

強度とコストの難しいバランスを考えないといけない。多分、鉄角パイプが良さそう。

タイに戻った

今朝産まれ故郷の日本から、第二の故郷になったタイに戻って来た。

長い旅から帰ると、ああやっぱり家が一番良いなんて良く思うけれど、カオヤイに戻った時にもそう思った。

光と色が濃い常夏の風景が好きだ。

だけど暑い。

日本は20から24℃位で、汗など余りかかなかったけれど、ここは早朝で30℃、夕方は36℃。すぐに汗が吹き出してきて、ひと休みたくなる。10℃の差は老体にはきつい。

それで思った。

「そうだ! エアコンを買おう!」

今まで節約の為にエアコンは買わずに我慢して来たが、やっぱりサラサラ涼しいベッドで気持ちよく眠りたい。乾季には気温が下がって布団を被らないと寒い程のカオヤイだが、暑季はやっぱり暑い。

エアコンで湿気を取れば、マシュマロちゃんの鼻を悩ます布団のホコリダニも減らせるだろう。

貰って来た野生ランの花が咲いた。

ベリーちゃんはお父さんが帰って来て泣ける程よろこんだ。

良い子で待っていたので、ご褒美にマシュマロちゃん謹製のチーズケーキ(の古いやつ)をあげた。

来季の為の新品種育成はまずまず順調だった。

枯れてなくて良かった。

カオヤイ農園の契約更新

昨日、カオヤイ農園の契約更新の話をする為に、オーナーと夕食を共にした。

いつもの様にパクチョン市内でオーナーの息子さんが経営するホテルのしゃぶしゃぶ食堂で、オーナー奢り。

日本式に具が回転して来て、好きな物を取って入れるというビュッフェ方式。

ところで、しゃぶしゃぶとすき焼きとムーカタの違いは、

①しゃぶしゃぶ(シャブー)は、多めのスープを使って鍋で煮るのであって焼かない。

②すき焼き(スキー)は、牛肉中心で焼くのであって煮ない。

③ムーカタは、豚肉(ムー)が基本で牛肉は無し。焼くのと煮るのと同時に同じカタと言う鍋で行う。

ということだそうです。

ムーカタ大型店では、牛もシーフードもあるので、区別が難しい。すき焼きも焼かずに煮るだけのものもあるのでややこしい。

ご馳走になったのは、何とヘネシーXO。半分その場で飲んで、残りはお土産として頂いて来た。

オーナーが僕を良い酒で酔わせたのは、彼の戦略である。

カオヤイ農園の土地が売りに出されていることは知っていた。

もしも買い手が付けば、残念ではあるけれど、立ち退かなければならない。

ただ、未だ買い手は付いていないし、今後もそう簡単には売れないと思う。

何故なら高過ぎるからだ。

オーナーが言うには、予想売価は1000ラーンつまり35億円ほどになる。35億円くらい軽く出せる金持ちは山程居るが、リゾートホテルにせよ、高級レストランにせよ、インターナショナルスクールにせよ、アミューズメントパークにせよ、この地で10年間程で土地代が回収出来る様なプロジェクトがあるとは思えない。

しかし、売りに出している以上、複数年契約は出来ない。単年度契約で、しかも賃貸料は20%アップ。2年間値上げがなかったので、10%は上がっても仕方がないと思っていたが、20%は想定以上だった。但し、土地が売れない限り使用させてもらえて、且つ向こう3年間は値上げ無しという条件。あと3年使えるなら、20%アップは受け入れられる。総合的には、そう悪い条件ではないだろうと思う。

タイでは圧倒的に貸主が強いので、交渉と言っても微調整をお願い出来る程度。契約交渉で粘るより、日頃から良い関係を保つことの方が大切。

この頃は、オーナー家族が度々友人やホテル客をいちご園に連れてきたりして、僕らは良い関係を保っていると思う。

4年前は草茫々で、トウモロコシを少しだけ栽培している荒地だった土地を切り開いて、今ではカオヤイの観光スポットの一つとして土地の価値を上げてあげたのだから、オーナーにとっても僕らに貸して良かったと思っている筈だ。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
24位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
14位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる