FC2ブログ

地獄の淵に堕ちた🐘

この頃、またカオヤイ農園近辺に野生🐘が出現するようになった。

以前書いたように、象は同じ道を通る為、農園には未だ入って来たことがない。しかし、レンジャーは、甘い物や熟した果物を出しっぱなしにしておくなと言っていた。いちごが成り出して甘い匂いが立ち込めた時には、どうなるか分からない。

一方、近くに住む男は、象は鼻が良く除草剤等の農薬の匂いが怖いから、農園には入って来ないと言っていた。

しかし、いちご畑の隣の僕らの溜池で水浴びしているらしい節がある。

野生象は、オス一頭の時もあるが、たいていは家族で移動する。

カオヤイの野生象は人間を何度も見ていて、人間は人畜無害と知っているので、いきなり襲って来ることはない。

飼われた象は、一頭で放されている時でも首に重い鎖がかけられていることが多い。飼われている象は、一頭で放されている時でも至近距離に寄っても平気だが、野生象だと殺される可能性がある。

問題は、飼われた象との区別が難しいこと。

一つだけ確かなのは、牙があれば絶対に野生象ということ。

ところで、象の寿命は長く、家族の繋がりが深い。

親は子供を守るし、子は親が死んでもずっと腐敗した死体から離れないことがあるらしい。

さて、日本でもかなり放映されたニュースだが、カオヤイ国立公園の地獄の淵ヒゥーナーロク滝で野生象11頭が滝に落ちて死ぬという事件が起きた。

初めは、6頭が滝に落ちて死んで、2頭が助けられたというニュースだったが、数日後に新たに5頭の死体が見つかって、11頭に訂正された。

どうしてこんなことになったかというと、それは地獄の淵の地形のせいだ。

地獄の淵ヒゥーナーロク滝に行くには、下の写真のような急階段を降りて行く必要がある。

若い女性がオマタに手を挟んで「シアオ」と言ってしゃがみこんでしまいそうな急階段だ。シアオとは、セックスのとき「ああ感じつるぅ!」という時に言う言葉だが、男にはちょっと分からない。多分、崖っぷちに立ったときに金玉がスースーするあの感じに似ているんだろうと想像している。

こんな階段で金玉スースー。

行きはよいよい、帰りは怖い。

そこを降りてゆくと地獄の淵に出られる。

これがその滝。

この時は乾季で水量が少ないが、ニュースで見た時の水量は、このときの10倍はありそうだった。

ここ迄行くのにも一苦労だが、実は地獄の淵の滝は三段あって、遊歩道で一般人が行けるのは第一段の滝まで。

その先は危険過ぎて遊歩道も出来ていない。勿論、立入禁止だ。

6頭の象の死体が見つかったのは、この第一段の滝壺付近である。

カオヤイ国立公園はドローン禁止なんだが、ここにドローンを飛ばして、地獄の淵の全てを撮りたいと思っていたところ、この事件でレンジャーだがマスコミだかがドローンを飛ばして第二、第三滝の滝壺にも5頭の象が死んでいるのを見つけたという訳だ。

ハムケン探偵に依ると、恐らくは子象か若象が第一段の滝に落ちて、なんとかしようと思った家族が次々に落ちて溺れて死んだと思われる。第二、第三滝には、第一段の滝に落ちてから更に流されて落ちたのだろう、きっと。

因みに、事件当時カオヤイは土砂降りだった。

この第一段の滝に出る遊歩道の途中に、象避けの柵がある。僕は観光客を野生象から守る為の柵だと思っていたが、そうじゃなくて象が滝に落ちるのを防ぐ柵だったのかもしれない。

この事件の後、更に柵を充実させることが決まったそうだ。

読者の中には、ハムケンが象を追って滝に落としたと言う者が居るが、カオヤイ農園の花園から地獄の淵迄は約25kmもある。

ハムケンは象を農園から追っ払うことも出来ない老いぼれである。

変わった蜘蛛

ショップの床を掃除していたワーカーが変な虫が居ると言ってきた。

見ると蜘蛛らしいが、確かに変わっている。

腹がハート型で、大きな前足が黄色。顔付きは蜘蛛。

グーグルレンズに聴いても分からない。

大きさは体長12ミリ位。

これがなんという虫か分かる人教えて下さい。

カミキリムシの幼虫

イサーンの新ワーカーに、切り倒した木株を運ばせて、ちょっとした自然風の飾りを作らせた。

その時、ごろごろ出て来たのが、このカミキリムシの幼虫。

これに大騒ぎして集めていたので、何するんだろ聞いたら、食べるんだと言う。物凄く美味しいらしい。

大きいのは、長さ7センチくらいあって、日本のシロスジカミキリ位の大きさのカミキリムシではないだろうか。

他にも、コガネムシの幼虫が数十匹出て来たが、それも集めていた。

食べたかったら、調理して持ってきてやるぜと言われたが、丁重に断った。

他の人は、そんなもん食うのかと気持ち悪そうにしていたが、昆虫の幼虫は人類の長い歴史の中で主要なタンパク源だったはずなので、多くの人が食べたら美味いと思うはずだ。

ショップの下からは、メートル超の蛇も参上。これヤバイ毒蛇とちゃう?

木を土の上に置いておくと、カミキリムシ、クワガタムシ、カブトムシ、コガネムシ、シロアリ、アリ、キノコ等が勢い良く木を食べ出して、半年で木はボロボロ、一年で堆肥化してしまう。凄い自然分解力。中でも、シロアリの量と力が凄い。

捨てた木材も、建物の大切な木材も一緒なので、高級な硬い木材を使わない限り、2年で建物は強度が落ちてしまう。

それから、出来た隙間から別の虫達がぞろぞろ入って来て、虫嫌いな人には地獄の家となる。

我が借家も、毎日カタツムリやナメグジやヤスデが数十匹入って来て、そこら辺で死ぬ。チンチョー(ヤモリ)なんかは、この家に1000匹以上住んでいるんじゃないだろうか。掃除機をかけると、一番多いのがチンチョーの糞。

天井にはネズミと、それを追いかけるネコがいて、うるさいしシッコ臭い。

自然や虫は好きだが、こんな家にはもう住みたくない。

タイで家を建てるなら、隙間の一切無いアリ一匹入って来れない密閉型の家にしたい。

家の外は大自然。家の中はアリもダニも居ない家が良い。

世界最大ノコゴリクワガタ現る

ついに待望のクワガタを見た。

それも世界最大のノコギリクワガタの一種ギラファノコギリクワガタ。

顎が凄い長い。彎曲していてかっこいい。

この彎曲具合が如何にもノコギリクワガタだ。

長いオレンジ色の刷毛の口でサトウキビの汁を吸っていた。

オイラの人指し指よりも長い。

大顎の根元付近にも棘がある。

この種は、比較的飼いやすいようで、日本でも趣味で育てている人が結構いるそうだ。

大学時代の同級生は、定年でクワガタ沢山育てて売っているそうだ。

仮に一匹一万円で売れたら、たった100匹で100万円、1000匹だと当たり前だが1000万円。一匹5000円としても500万円だからこりゃ良い商売になる。

いちご園辞めて、昆虫生産業やろうかな?

なにせここは昆虫の宝庫カオヤイ。

カオヤイのガキンチョが夢中になってるところを見ると、バンコク辺りでクワガタ、カブトは高値で売れそう。

因みに、カブトは意図せず古く堆肥化したココナッツの中から、大きな最終令の幼虫がごろごろ40匹くらい出て来た。

そのまま置いておいたので、もう羽化したと思う。

カオヤイの五角獣なら、もし日本に輸出したら高く売れそうな気がする。

カブトの季節

どうやらカオヤイにカブト虫の季節がやって来た。

普通のカブトなら、雨期に入ってたまに見掛けたが、今までの経験から、これから一ヶ月余りがカブトの出現ピークが来る。

今日、何時ものクイッティオ屋に行ったら、そこのガキンチョがカオヤイ五角獣を見せに来た。

今までで一番大型のカオヤイ五角獣だ。

欲しかったけど、お金がないので写真だけただで撮らせて貰った。

我が家のヤモリのチンチョーも、餌の虫が多いのか、凄い繁殖していて、至るところ産まれたばかりのチンチョーがいる。

床の汚れで一番多いのが、チンチョーの糞だ。

そのチンチョーのレントゲン写真(嘘)

お腹の中に卵が2つ入っているのが見える。

ケッケッッケと啼く。

サクランボに来る白いリス

夕方5時半になると決まって大型の白いリスがサクランボを食べに来る。

上の写真を撮ったとき、サクランボの木には4匹の白いリスがいたのだが、写真には2匹しか写っていない。

Callosciurus finlaysoniiという種で、灰色や茶色が普通らしいが、カオヤイに普通にいるのは純白だ。タイ語でガロー。

このサクランボの木はタイ語でタコプと言って、サクランボに似ているが、甘いだけで酸っぱくなく、中心に種もない。

年がら年中赤い実がなって、何時も数粒食べている。

枝はりもよく良い日陰を作ってくれるし、小鳥やリスが一杯来るので気に入っている。

黄金の蛇

ワンナムキアオのマシュマロいちご園で、ウォーターシステムを点検していた時、住込みワーカーの掘っ立て小屋の直ぐ側に黄金色に美しく輝く蛇を見つけた。

グーグルレンズに聞いてみたら、 Langaha madagascariensisみたいだ。

細いが体長は1メートルくらいあった。

棒で捕まえて遠くに投げたが、目の前の木にぶつかって近くに落ちた。

よく葉の間にいるグリーンに輝く蛇も美しい。

基本的に毒蛇は美しい。

毒を持つ勲章だ。

いつも毒を吐く会社の糞親父は、何故美しくないのか?

タイのセミ接写

多分、カオヤイ農園内で羽化したセミが、バーベナに留まっていたので接写に成功した。

体長は羽入れて7センチ位。

グーグルレンズで聞いたらDog day cicadasだそうな。

野生ゾウ現る

カオヤイ国立公園には、かれこれ40回程行った。

1回400バーツの入場料を40回即ち16000バーツも払ったというのに、僕はただの一度も野生ゾウにお目にかかったことはなかった。

一ヶ月ほど前から、僕らのカオヤイ農園付近に野生ゾウが連日出現するようになってからも、一度も見たことがなかった(飼い慣らしたゾウは毎日見ている)。

野生ゾウは大抵夜間に出て来て、朝には森の奥に帰っているので、なかなか遭遇出来ないのだが(遭遇したくないが)、昨日遂に見てしまった。

レンジャーが数十名集まったが、見ているだけ。救急車や背広組も来たが、ゾウの後について歩くだけで何もしない。

上の写真は昨日の夕方のものだが、実は昨日は朝から農園に来ていた。

その時間、僕は友人をスワンナプーム空港に送るため、国道2号線を走っていた。住込みワーカーからラインメッセージが入り、作った温室のすぐ裏に野生ゾウが三頭居ると言う。住込みワーカーの旦那が今追っ払おうとしていると言う。

2週間前、僕らのカオヤイ農園に野生ゾウが出没するというので、カオヤイ公園のレンジャーや国の野生動物保護官やマスコミが集まったことがあった。

その時、もし野生ゾウに出会ったらどうするかレンジャーに聞いてみた。

彼は、1に逃げろ。2に我々に電話しろ、ということで名刺を貰ったのだが、その電話番号を住込みワーカーに伝えるのを失念した。おまけに、名刺は腹巻き財布に入れていたのだが、名刺や領収書で一杯になったので、数日前に名刺は全て別のバッグに移していて手元になかった。

しかし、写しておいたレンジャーの車の写真から連絡先が分かり、マシュマロちゃんが車からレンジャー出動を要請した。同時に、ワーカーに追っ払わずに遠くに退避するように伝えた。

レンジャーは直ぐに来たらしいが、その時は既にゾウは新たに建てた住込みワーカー用の掘っ立て小屋の裏を通って、ラムタコーンという沢の方に行って隠れてしまっていた。

その後、夕方に僕らが農園に着いた時にも、未だレンジャーは居て、野生ゾウの行方を探していた。

そうこうするうちに、野生ゾウは予想外の方向から一頭が現れた。上の写真は、その時のものだ。

他の二頭は行方不明のまま。

神出鬼没のような野生ゾウだが、僕は気が付いた。彼らは何時も決まった道を歩く。その通り道には糞があって、草木が倒されて、所謂獣道になっている。ゾウは何時も必ずそこを通る。

上記の写真の導線も、過去の数回と全く同じで、数メートルもずれてない。向かいのレストランの奥のジャックフルーツ畑に侵入したときも、塀の同じ場所を壊して進んで行った。

野生ゾウは、僕らのカオヤイ農園の両脇の小路を通ってラムタコーンと北側の山を行き帰りしているが、何故だが農園には入って来ない。

愛犬ベリーは、ゾウの後ろ20メートル程を歩いて着いていくが、吠えたりしないようだ。

ゾウは新しい掘っ立て小屋の近くを通るので、ワーカーが危険に曝されると思い、焚き火をして灰臭いを放たせば鼻の良いゾウは近寄らないだろうと思って指示したが、ワーカーはそんなことしなくても大丈夫と言って平然としている。

昨夜は、ゾウの大きな鳴き声が響き渡り、住込みワーカーの奥さんは安眠出来なかったと言う。

野生ゾウには、早く山に帰って欲しい。

いちごを定植してからは、二度と下りて来ないようにと願うばかりだ。

野生動物レスキュー集合

夕方、我がいちご園に何やら急に人が集まった。

スタビライザー(ジンバル)付き望遠カメラ数台とドローン、ラリー仕様みたいなのピックアップ数台、更には救急車まで。

集まったのは、カオヤイ国立公園の野生動物レスキュー隊。

連日連夜の野生ゾウ出現に対応するためだと言う。

今夜ここで野生ゾウ出現を待つそうだが、撮影してから、どうするんだろう?

「野生ゾウを見たら、とにかく走って逃げろ! それからここに電話しろ!」と電話番号をくれた。

既にオートバイとピックアップトラックがゾウと衝突事故を起こしていて危ないから気をつけろと言うが、彼らはゾウを見つけたら、国立公園に返してくれるのだろうか? 救急車は来たが、ゾウが運べるような車は来てないので、麻酔銃という訳じゃなさそう。

ラムタコーンのポンプの近くにゾウがいて、美味しそうに草を食べていたが、あれは飼われたゾウで通常危険はない。

あんなところに放しておくと、野生ゾウが来たときにどうなるんだろう。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
46位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
25位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる