FC2ブログ

新緑の芽生え

依然として雨は振らず、朝夕の気温は寧ろ下がっているのに、森の木々は新芽を出し始めた。

日の出の頃のカオヤイ農園

前の山も枯れ枯れだったのに、薄っすらと色付いてきたのが分かるだろうか。

全部落葉した木の枝先から新芽が出て来ている。

気温は14.6℃

エアロゾールが美味い。

今日の虫

いちごに集るブヨ

去年は大量のブヨが茅葺き屋根が垂れ下がったところに集合し、真っ黒に垂れ下がった。それが、傷んだいちごに群がって、それが目や口に入るので嫌だった。

それが今年は断熱材入りトタン屋根にしたからか、去年の黒いブヨは来なくなった。

代わりに、眼が赤くて身体の色が薄い茶色で、少し大きいブヨが来るようになった。

ちょっとヨコバイみたい。

透明な羽根に黒い斑点がある。

次は、ハサミムシ。この虫は毒があって刺されると痛いらしい。この系統無数にあるが、こいつを見たのは初めて。

次は綺麗なキシタアゲハ。先日オオベニモンアゲハが来ていた同じところに、今度はキシタアゲハ。

俺の赤

ノンタブリで商社をやっていた頃からのこだわりの色がある。

それは赤と紅の中間の色。

カオヤイの店先に植えたブーゲンビリアもその色。

ブーゲンビリアの場合、花の場所によって微妙に色が異なるが、パッと見はこんな感じだ。

いちご園でも、広告パネル等でこの色を多用する。

真っ赤やオレンジっぽい赤や紫っぽい紅色は嫌いで、好きな色の範囲はごく狭い。

この色を持った花等を見ると、心がハッとする。

その色を持ったアゲハ蝶がタイにいる。

個体数は多く、タイ在住の方なら皆見たことがあると思う。

名前はオオベニモンアゲハ。

バービナの蜜を吸いに来ていた。

羽根だけじゃなくて、腹までその赤なのが憎い。

差し渡し7センチ位の小型の個体もいるし、10センチ位のもいる。

まもなくカオヤイは蝶の季節を迎える。

何万羽もの蝶がカオヤイ国立公園方面からやって来て、いちご園を通って何処かに行き、また同じ道を帰ってゆく。ついでにいちごの葉に大量の卵を産み付けて行く。

目が回るカメレオン

店先のブーゲンビリアにカメレオンが居たので、トンボにやるみたいに、指をクルクル回して見せたら、カメレオンの眼もクルクル回って、指が頭に触る程近づいても逃げられなくなってしまった。

掴まえられたと思ったが、噛みつかれると嫌なので止めた。

グーグルレンズも知らない虫

最近見つけたカオヤイの昆虫

凄い形と色。こんな戦闘機あったような。

これをグーグルレンズでグーグル先生に聞いて見ると、ペペロニというパスタだと言う。どう見てもパスタには見えないが。

これをグーグルレンズでグーグル先生に聞いて見るとcottonwood borerと言うカミキリムシがヒット。間違っているけど近い。

もの知りグーグル先生も、流石に世界中の昆虫を知ってる訳じゃないらしい。

黄色の大型アゲハと紫のバービナ

ヘレナキシタアゲハ (Troides helena cerberus)

のことは以前にも書いたが、カオヤイでよく見かける大型の美しいアゲハ蝶だ。

僕の農園にも良く姿を表すが、中々写真やビデオに収められなかった。

今日、マシュマロちゃんが育てたバービナ畑に、そのアゲハがやって来て、長いこと蜜を吸っていたので、写真とビデオを写した。機材は、最近買ったOPPO F9という中国製スマホ。

ビデオはここ

割と綺麗に撮れている。

手のひらくらいある大型の個体

バービナとコスモスも綺麗

ツチノコ?

ココナッツ培地を片付けている時、変な生き物が出て来た。

今まで見たことがない種類の生き物。

住込みワーカーはすぐさま頭を鍬で断ち切ったので、僕が見たのは死んでからだった。

太さは2センチ、長さは40センチくらい。

始め、蛇かと思った。ワーカーも蛇と思って鍬で殺したわけだが、どうも蛇とは違う。

第一に、鱗がなく、ミミズのようなテカテカ、ヌットリとした皮で覆われている。

蛇よりも尻尾が短い。

どうも眼が無いか、非常に小さい。

触ってみると、脊椎はあるらしい。

顎がある。

僕だけでなく、ワーカー二人も見たことがないと言う。

しかし、マシュマロちゃんは、

「そんなのは土ヘビよ。」と言う。

土ヘビとはツチノコのことか?

多分、両生類だと思う。でも手足は無い。

ほんと、こんなの初めて見た。

トッケー捕まえた

夜になると、トッケー、トッケーと鳴く、青地に赤い斑点の大ヤモリ。その名も、トッケー(トゥッケー)。

我が家にも、勿論何匹か棲息している。

と言うか、どこにでもいる。

もっと小柄で、地味な黄土色をしている小ヤモリのチンチョーは、僕の家に多分500匹以上住んでいて、掃除をするとゴミの中で一番多いのが彼等のウンチだ。と言うことは、彼等が毎日せっせと如何に多くの蚊やその他の虫を獲って食べてくれている訳だ。

大ヤモリのトッケーは、ピエロみたいな出で立ちで、いつもじっとしているが、実はとても敏捷で、性格は極めて攻撃的。

顎の力も強いらしく、噛んだらテコでも放さない。

なので、タイ人は皆怖がる。

僕は、可愛いと思う。

一度捕まえて、近くで見たいと思っていた。

そのトッケーのやや小型の奴を今日捕まえた。

正確に言うと、捕まえてもらった。

興奮しているので、青が引いている。

大きな口を開けて攻撃してくる。

口の中は青黒くてグロテスク。歯は見えないが、タイ人が言うには鋭い歯があるらしく、噛まれたら出血間違いなしとのことだが、実際に噛まれ人に会ったことがない。

体長25センチ、大物になると40センチの巨体なのに、壁だろうが天井だろうが、凸凹の樹だろうが、ツルツルのガラスだろうが、何にでもくっつく魔法の手。

細かいヒダに、極小の毛のような突起が無数にあって、それでくっつくらしい。この構造を真似て、接着剤なしのテープが開発されている。

カブトムシを売るクイッティオ屋のガキンチョに300バーツで売ろうとしたら怖がって逃げたので、トッケー酒にするしかなくなった。

タイ焼酎に漬けて薬酒にする。ハブ酒と同様、滅茶高い。

効き目の程は知らないが、ただの焼酎より栄養は高いだろう。

言うことを聞かなくなった息子に効いてくれたら御の字。

謎の黄金円盤

こんな虫捕まえた。

赤くて金色で、透明で丸い。

直径15ミリくらい。

以前、クルマのフロントガラスに付いていたのを裏から見たことがある奴だ。

プレデターはこんな宇宙船に乗ってきそう。

(プレデターの新作観たよん)

幻の五角獣

シャワーを浴びて素っ裸で寛いでいると、いつものクイッティオ屋のガキンチョがオートバイで家の前までやって来て、何やら僕の名前を呼んでいる。

取り敢えずタオル一丁で出て行くと、五角獣が採れたと言うことで売りに来たのだった。

五角獣と言えば、チェンマイ辺りで多く見られる羽が茶色のやつが普通だ。

これが未だカオヤイで見ていない五角獣。

三角獣、すなわちアトラスカブトムシは先週紹介した

ついに五角獣の生きたやつを見れるのかとガキンチョが持ってきたカブトを見ると、上の五角獣とは違う。三角獣でもない。

「何じゃこりゃー!?」と思わず叫ぶ。

ガキンチョ曰く、ここ二年採れなかった非常に珍しい種類だと言う。

メーソートから来ている住込みワーカーに見せても、

「背中が茶色のやつはいっぱい居るが、これは見たことない。」と言う。

ははーん、さては人工交配のF1を持って来たな?と思ったが、兎に角写真撮って詳しく見てみないと分からないので、商売上手なガキンチョから買わせて貰うことにした。

幾らだと聞くと、二年ぶりの初物だから、一匹350バーツだと言う。ガキンチョのくせに足元見やがって。

しかし、もしも人工交配のF1だったり、新種だったりしたら、それは貴重な虫なので、言い値で買取ることにした。

そしたら、流石に悪徳商法と思ったのか、一匹同じ種のオスをおまけしてくれた。

更に、十分後、多分お母さんに叱られて、同じ種のメス二匹をおまけで持ってきてくれた。

つまり、珍しい五角獣2ペア4匹で350バーツになった訳だ。

その五角獣とは、

大きい方の個体

体長6センチくらい。

五角獣と言っても、二つの角は小さい出っ張り程度で、一見三角獣みたいだが、角の形、背中のツヤなどが違う。

こちらは小さい方の個体

こちらがメス

ドキドキしながらネットで調べてみると、どうやら

シャムゴホンツノカブト(Eupatorus siamensis)

らしい。

これを調べているうちに、もう一つ発見して驚いたことがある。

カオヤイ等の昆虫や自然を素晴らしい写真で紹介しているブログ。このブログのお陰で、シャムゴホンツノカブトであることが分かった。

2016年でブログ更新が途絶えているが、未だタイにご在中なのだろうか? 是非お会いしてみたいものだ。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
25位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
12位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる