ナナフシ七不思議

幼い時から、昆虫が好きだった。

小学校3年生になったら周りから昆虫博士と呼ばれていた(訳者注:自分でそう思っているだけである)。

学研の百科事典やお子様向け昆虫図鑑に描いてあるすべての昆虫についてマスターしていた(訳者注:書いてあることを覚えただけである。)

数日前にいちご園で見付けたナナフシについても、昆虫博士のハムケンは勿論知っていたし、数回見たことがあるが、いちご園でこの種のナナフシを見たのは初めてだった。



しかも、大事ないちごの葉に居るではないか!

何を食っているんだろう? こいつの餌になる程大きな昆虫が居るのだろうか?

これぞナナフシギなり!

美味しい茹で卵

僕は普通の卵を使った茹で卵があまり好きではない。

殻がとても薄くて弱く、黄身はオレンジ色に染まっていて、白身は水っぽい。

しかし、ウズラの卵の茹で卵は美味しいと思う。

ウズラの卵の黄身は黄色く、白身は固く、薄殻も丈夫なので殻が綺麗に剥ける。これをタイのマーキー醤油か日本の出汁醤油を付けて食べるのが最高。海塩だけでも行ける。

ただ、少々小さすぎるのが欠点。

この欠点を補う様な卵を産むのが、ジェーと言う今飼っている鶏だ。

前回の記事のように、既に十分な雌鶏とひよこちゃんが出来たので、これからは待ちに待った茹で卵が食べられる。

それで、昨日早速食べた。

これが、その茹で卵。

異常に小さい卵も2つ産まれたので、一緒に茹でてみた。

食べた感じは上に書いた通りで、コクがあって絶品だった。

面白かったのは、小さな卵には黄身が全く入っていなかったこと。 写真を撮るのを忘れたのが口惜しいが、中身が白身だけなのだった。

なんで、こう言うのが産まれるのか知らないが、黄身が無いと小さな卵になるんだと分かった。

この鶏の卵を茹で卵以外の料理で美味しく食べる方法を見付けたい。

20センチ長のムカデちゃん

タイでは大ムカデは別段珍しくないが、元気な大ムカデは歩くのが速いので、なかなか写真に撮るのが難しい。

だが、今日は上手く撮れた。









ワンナムキアオのマシュマロいちご園の電線修理に行った際、オイラの足元に寄って来たので愛らしく撮せた。

手で捕まえたりしない限り、彼らから攻撃してくることはない。

もう見慣れたので、ゾッともしない。

自然が豊かな証拠である。

俺の手を舐め続けるハエ

ハエなどいくらでも居るし、いちいち寄ってきて鬱陶しいが、一匹のハエがしつこくオイラの手の甲に留まって離れないので、愛おしくなって接写してみた。











このハエは、所謂便所バエ、銀バエとは異なるみたい。

ハエなんかジロジロ見ないので、いったいタイに何種類いるのか見当も付かないが、俺の手の匂いに惚れるとは、きっと新種だ。

季節の変わり目

寒い乾季はもう終わり。

未だ雨は降り出さないけれど、森の木々は新葉を出し始めた。











蝉も鳴き始めた。

これから、日中の気温が少しづつ上がりだす。

日本の季節とは違うが、秋から初夏になったという感じか。

暑期入り言うのかな?

ハエのくせに美しい奴

ハエのくせに妙に美しい奴を見付けた。



糞に集る銀蝿もこういう輝きがあったと思うが、こいつは糞じゃなくて、花の葉っぱである。

そのせいか、汚い感じがしない。

気のせいか?

タイでも黄色の薔薇が咲く

カオヤイ農園に植えっぱなしの薔薇が何時までも元気だ。

中でも黄色の薔薇はタイでは難しいのでは思っていたが、割と綺麗に咲いてくれた。

ただそれだけの話。







ハナビラダクリオ菌

雨ばかり降るから木の板が至る所で腐る。

使うつもりだった看板の土台にも、真っ黄色で半透明の美しくも気持ち悪いキノコ類が生えて来た。

ハナビラダクリオ菌と言うらしい。

コロナより怖いデング

タイは中共コロナの非常事態宣言が続いているが、国内感染の中共コロナ患者は、もう何ヶ月もゼロが続いている。

コンビニでマスクや手のアルコール消毒をしても、いったいなんの為にそうしているか分からない。だって、感染者なんか居ないんだ。

こういう状況下で、中共コロナよりもずっと怖いのは、デング熱だ。

今年はシンガポールやタイで大流行している。

タイ国内では、僕の住むナコンラチャシマが最多らしい。

雨がよく降るようになって、蚊が異常に増えた。

上の写真は、数日前の夕方に、カオヤイ農園で僅か数分椅子に座って寛いだ時間に膝に刺された蚊の跡である。

他にもいっぱい刺されたので注意していたのだが、片足に5匹ずつ、腕に3匹ずつ、首や背中や顔に5匹くらい集っているので、防ぐに防げない。

この状態じゃ、デング熱ウイルスに感染しないでいることなんて不可能じゃないか?

多分僕は感染済みだが、デング熱には3種類の免疫型があるので、未感染のもあるかも知れない。

コロナも嫌だがデングも嫌だ。

ジカ熱やマラリアも嫌だけど、タイには何故か少ないみたい。

僕は酒飲みのせいか、老人臭のせいか知らないが、蚊に好かれているらしい。人一倍刺される。

昆虫は好きだが、蚊とゴキブリだけは嫌いなのだった。

何?この虫

変な虫見つけた。

良く見るとバッタのようだが、実に地味な色をしている。

動作が鈍いので変だと思ったら、後ろ足が一つ亡くなっていた。

この白い毛の芋虫も初めて見た。

カオヤイには、まだまだ見たことない生き物が多そうだ。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる