fc2ブログ

タイのクマゼミ

昨日、コラートのバンコク病院に行った時、懐かしい声で鳴く蝉がいた。

姿は見えなかったが、鳴き声は明らかに日本のクマゼミと同じで絶対にクマゼミだったと思う。丁度お昼頃だった。

僕は子供の頃、昆虫博士と言われた程、昆虫に詳しく、鳴き声でどの種類の蝉か分かる。間違え率はゼロパーセント。

何故、クマゼミがいたのが珍しいかと言えば、タイで始めて聞いたから。

カオヤイにも、沢山の種類の蝉が居て、中にはヒグラシとクマゼミを足して2で割ったような鳴き方で鳴く蝉がいる。鳴くのは朝夕で大きさはヒグラシより大きいがクマゼミよりは小さい。

しかし、カオヤイやバンコク、ノンタブリでチェンマイではクマゼミは居ない。

なのにコラートに居た。

千葉にも居るが、南部や海岸地方に居て、山の中には居ない。

東京もミンミンゼミが主体でクマゼミはあまり居ない。

西伊豆には居るが、天城峠には居ない。

という様に生息域が割と鮮明に分かれているが、温暖化で生息域が北上中。

ナコンラチャシマ県のパクチョンにはいないが、コラート市内は居た。この日パクチョンの気温は34℃。コラートの気温は40℃だった。

このオスの赤い振動板がセクシーで心惹かれる。

大きなカミキリムシ

今朝、家の近くで上向きにひっくり返ってもがいていた大きな昆虫を見つけたので捕まえた。

グーグルレンズで調べたところ、

Derobrachus

と言うらしい。

割とよく見るタイプのカミキリムシだが、見た目は可愛くない。

牙が大きく噛まれると痛い。

体長は5.5センチ位か。

家に持って帰って、写真を撮って、庭の木に逃がした。

巨大クツワムシ

今朝、玄関前で大きなクツワムシを見つけた。

タイの日本のクツワムシよりも普通大きいが、こいつは今まで見た中で最大。

色鮮やかで素晴らしい。

僕の指が小さく見える。

体長は11センチくらい。

初夏が来た

2月になったばかりで、日本じゃ一番寒い季節なのに、タイではセミが鳴き出し、木々の新芽が吹き出してきた。

夜はカオヤイでも26度もあって、エアコン入れないとベッドの上で汗だくになってしまう。

オレンジ色の花に黄緑の新緑が芽吹いた。

何やら美味しそうな実もある。

カオヤイのいちご狩り園の後方には、新たにカフェとキャンプ場が開園した。

お客さんはまだ少ないが、藪だった所が綺麗に開かれた。

カフェも僕等のいちご園の珈琲売り場よりも立派。

僕等の水源のポンプの場所に、井戸と大きなタンクが設置されて、それらは家風の壁で隠された。

カフェとキャンプ場に行く道は整備されたが、池に

野生ゾウが来ている形跡あり。

キャンプ場に入られたら、どうするんだろう?

川の増水

7月中旬から、殆ど纏まった雨が降らないので、乾季の水の枯渇を心配していたが、先日数回1時間ほどの纏まった雨が降ったので、我らの水源ラムタクローンを見に行った。

増水していた。

氾濫まで未だ2メートルは有るので心配はないが、奥の石垣の上まで水が増えていた。これで水が涸れることはないだろう。

例年、9月か10月に一度氾濫する。氾濫すると大変だが、幸いいちご園もフラワーパークも2メートル程高い位置にあるので流されることはない。

家に近くの大きなイチジク

新居に向かう道の途中に、大きなイチジクの大木がある。

樹齢100年はありそう。

その木に、イチジクの沢山成った。

イチジクと言っても日本のイチジクとは全然似てない。ゴルフボールくらいの実が幹に直接ぶら下がる。

美味しそうだが、食べたことはない。

タイ人も普通食べない。

それにしても、凄い大木。ここは、カオヤイ自然国立公園の縁にあって、伐ったり拾ったりしてはいけない。

木が風で倒れても、その枯れ枝も持ち出してはいけない。それが自然公園の決まり。

このようなイチジクの大木は、僕らの北海道フラワーパークの後方の川辺りにもあるし、カオヤイいちご園の後方の川辺りにもある。

川辺りにあるのは、実が流れて来るからだろうか?

大きなキノコが生えてきた

フラワーパークに作った野菜用花壇に大きなキノコがいっぱい生えてきた。

開いた傘の直径は20センチ

どうも2種類あるように見える。

美味しそうだが絶対食べないほうが良いと思う。

カオヤイやワンナムキアオ周辺はキノコの宝庫。

街道沿いに山から取ってきた自然のキノコを売っているのを時々見かける(多種類)。どれも割と高いが、スーパーで買うのとは比較にならないほど香りが強い。

大きなナナフシ

ティッシュの袋に枝のゴミが付いたと思ったら、大きなナナフシだった。

カオヤイ国立公園の滝と崖

カオヤイ国立公園には数え切れない程行ったが、外人は1人400バーツも取られるのが痛かった。

しかし、ハムケンはかなりタイ人化したし、日本人とバレない技を身に着けた。

それは、エントランスでお金を払う時に、

① メガネを外す。

② ワイシャツやポロシャツは駄目。汚いTシャツか作業用の長袖シャツにする。

③ 運転手はタイ人にする。

④ 決して声を出さず、目も合わせない。

⑤ 出来れば大勢のタイ人に紛れる。

こうすることで、約50%の確率でタイ人料金で済む。

それから、今日発見したのだが、タイ人で60歳以上は無料だった!

つまり、60以上のタイ人に成り済ませば400バーツがタダになる訳。

昨日はそれでタダでカオヤイ国立公園に入れた。

カオヤイに行ったのは、新車フォレスターで山道をハシルには、オートの普通で良いのか、オートのスポーティーが良いのか、はたまたマミュアルが良いのかをマシュマロちゃんが調べたかったから。

それと、久しぶりに運動の為にカオヤイ国立公園内の名所スポットに行くトレッキングコースを歩くも良いと思ったから。

DJIのポケット2で雑に撮ったビデオだが、カオヤイ国立公園の中がどうなっているのか知りたい人には観る価値が多少ある。

30分長のダルい動画です。

登場人物は、僕とマシュマロちゃんと、マシュマロちゃんのお母さんとマシュマロちゃんの姪。

この時期は日本と同じ新緑の季節で、気持ち良かった。

動画はこちら。

https://youtu.be/Mej1m5jge4g

マシュマロちゃん一家がモン語で話すので、何言ってるのかさっぱりだが、たいしたことは言ってない。

イオン交換装置の効果

カオヤイ辺りの井戸水はカルシウム濃度が異常に高いが、水道水も井戸水からの簡易水道なので  超硬水であることに変わりはない。

一月程前、簡易水道水からカルシウム除去の為のイオン交換装置を設置したことを書いた(こちら)。

その効果を測ってみた。

分かったことは、

イオン交換装置を通す前の簡易水道水の硬度 TDS 330 ppm

装置を通した後の高度 TDS 50 ppm

売っている飲料水(限外濾過)のTDS 61 ppm

ということで、完全に軟水になっていることが確かめられた。

約85%の金属イオンが取り除かれたわけで、仕様通りの効果を発揮している。

q(TDSとは、Total Dissolved Solids:(総溶解固形物)の略で、水の中に溶け込んだ無機塩類(主にカルシウム、マグネシウム、カリウム、ナトリウム、重炭酸塩、塩化物、硫酸塩)と、水に溶解する有機物の濃度の総計を示したもので、米国FDAで水道水の基準等に遣われている指標)

これだけ硬度が下がれば、料理やお茶系に使える。

体感的にも大きく変化していて、

石鹸やシャンプーの泡切れが悪くなって、皮膚のヌルヌルがなかなか取れない。以前は泡切れが物凄く速く、洗い流せば直ぐに皮膚がキュッキュッとした。

蛇口付近のカルシウム析出がなくなった。

僅かに塩辛いような気がする。

このあたりは好き嫌いがあるだろうが、至る所にカルシウムが析出して詰まるのはなくなったし、料理に使っても身体に良いので僕は装置を設置してよかったと思う。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった親父。
タイに来て早10年。挑戦と冒険の心を忘れずに、異国でセカンドライフを謳歌している60代のオヤジです。

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる