これをフルーツと言うのか分からない

マシュマロちゃんの弟さん夫婦から、チェンマイから送って貰ったというあるフルーツを貰った。

大きさは、長さ12センチくらい。これの左側に対照的な身が着いていたが食べてしまってなくなった。

味は滅茶苦茶酢っぽい。種はなく、シャキシャキした歯触り。

ネットで探したら成っている姿を見つけられた。

この様に2つが左右対照的に突っ張っている。

蔓性の植物で、10メートル級の場所に成るので、簡単には採れない。

栽培している人は居なく、1000メートル級の高地の自然林に生えているそうだ。

滅多に市場で売られることはなく、貴重な北部民族のフルーツとのことだ。

しかし、兎に角酸っぱい。顔を顰めずに食べることなんて無理なくらい。

けれども、酸っぱいけど味や香りは悪くない。

もう少し慣熟するのを待てば、多少甘くなるらしい。

僕は、魚を煮た味噌スープに漬けて食べてみたら、不思議にもそれ程酸っぱくなかった。

こいつを食べたことがある日本人は少ないだろうと思う。

市場で売っているのを見たこともなく、こういうのをフルーツと言うのかどうか分からないが、塩と砂糖を付けて食べれば、忘れられない味になる。

池で育ったナマズ

ひと月くらい前に買ったナマズの稚魚を幾つかの池に放流して育てているが、鯉の池に放ったナマズが一番大きくなったので、捕まえて食べることにした。

25センチから30センチ位に育った。

このくらいだと、それ程脂は乗っていないが、脂の乗り過ぎたナマズよりもさっぱりして美味しいらしい。

ワーカーに4匹上げて、僕らが2匹食べることにした。

冷蔵庫には2日間に捕まえた大きめのウナギを2匹冷やして活動停止にしてあるので、今夜はそれと併せて煮て食べてみようかな。

北海道ピュアホワイト

北海道フラワーパークだから、北海道ピュアホワイトというトウモロコシを育ててみた。

200粒程のピュアホワイトの種が60バーツ程で売っていて、既に北海道の特産品ではなくなっている。

草だらけだが、ピュアホワイトの実が成りだしているのが見える。

煮なくて生で食べても甘くて柔らかいピュアホワイト。

魅力的だが、タイでは一本40バーツ程までに値が下がってしまっているので、ちょっと商売にならないかも。

蕎麦がスパゲッティーに

先日、マシュマロちゃんから、「あんたの好きなスパゲッティーは何処だ?」と聞かれた。

「料理台の下の扉の中に、有れば有るし無ければ無い。」と答えたら、彼女は調理台の下を捌くって、古い期限切れの蕎麦を探し出した。

「これでスパゲッティー出来る?」

と聞かれても、蕎麦でスパゲッティーを作ったことなんか63年に生きても無かったので分からない。

「分からないが、多分出来る。」

スパゲッティーのシコシコ感は無理でも、蕎麦でも麺としての役割りは果たすだろう。

それで、出来たのがこれ。

これが昨日の夕食

蕎麦にトマトソースの挽き肉プラス生トマトプラス豆腐。

見た目は異様だが、食べてみたら案外悪くなかった。

味もミートソースパゲッティーそのまんま。

寧ろスパゲッティーよりも健康的。豆腐入りなのが余計エキゾチック。

何事も先入観はイケない。

この世の中、何だってあり何だから。

食べる気しないカブトガニ

日本では特別天然記念物のカブトガニだが、タイではどこにでも売ってる食材である。

浜で生きたカブトガニは見たことないが、魚市場には普通に置いてある(時期はある)。

だから、別に珍しいものではないが、知らない人もいるかと思って写真を撮って来た。

僕はタイの市場でカブトガニを買って食べたことはない。

どう見ても、美味しそうではなく、食べる気がしないから。

カニというより、三葉虫やダンゴムシみたい。

ひょっとして、卵を食べたことがあったかも知れないが、よく覚えていない。あるいは、どこかのレストランでちょっとだけ食べたかも知れないが、記憶に浮かんで来ない。

卵には毒があったような記憶もある。

美味しく食べる方法があったら、どなたか教えて下さい。

ワインと大麻

昨日、カオヤイいちご農園の地主(土地のオーナー)が知り合いを連れていちご園に来た。

幸いいちごが沢山有る時期だったので、その知り合いも大変満足して、地主の顔を立てることが出来た。

地主の奥さんも沢山採れてご満足。

全部で10kg位タダで差し上げた。

その夕方にBBQディナーに誘われたので、行きたくなかったけど、嬉しい顔して行ってきた。

勿論タダ。

こういうのが中国人や華僑との付き合い方だ。(タイではお金持ちは殆ど華僑とその子孫)

春節も近く、皆気分的に盛り上がっている。

僕はいちごと日本の梅酒を進呈したが、オーナーは美味しい赤ワインを飲ませてくれた。

タイで美味しい赤ワインを見つけるのはかなり難しい。

タイ産ではまず無いので輸入品ということになるが関税酒税の影響で、日本の良質ワインの価格の3倍以上出さないと、まともなフルボディは飲めない。

アルゼンチン産だったと思うが、久々にまともなワインが飲めた。

BBQやその他多くの美味しい料理を頂いた。

参加者は全員いちご園に来た人達。

屋外でも夕食会はコロナ伝染のリスクがあるが、皆いちご園で元気そうだったし、僕はあまり会話することなく飲んで食べるだけだったので、オミクロンは来なかったんじゃないだろうか。

先日引越が完了した借家の前のおばちゃん家族は、知り合いの結婚式に出て、一家全員オミクロンに感染してしまったらしい。お見舞いに行かなくちゃ。

ところで、昨日頂いたご馳走の中で一番の特筆者はこれ

普通の野菜の天婦羅に見えるが、野菜はマリファナの原料の大麻の葉っぱ。

かなり大量に食べたが、天婦羅油で気持ち悪くなっただけでマリファナの効果は勿論なかった。

タイでは今後大麻入の物が沢山出回りそうだ。

モン族のお米

モン族のお米は、日本のお米とそっくりの短粒米で、日本のお米と同じくらいもちもちしている。

だから、お箸でしっかり掴んで食べられる。
(タイ飯だと、カウニャウ以外は、箸で食べるのは難儀)

けれども、水田ではなくて山の斜面で育てる陸稲である。

ほぼオーガニックなので、虫食いが多いが、味は良い。

モン族は自分達の食べる分位しか栽培しないので、お米を売ってるお店に行っても、まず買えない。

写真のお米は、マシュマロちゃんの義理の弟さん夫婦が10日ほど僕らの借家に滞在した時に、持参して来たお米を分けてくれたモン族のお米である。

ちょっと痩せているので、あんまり丸っぽくない。





ちょっと水を入れすぎたが、ねっとりして美味しいご飯だった。


最近では、タイで栽培した日本米が良く出回っていて、そんなに高くなく買えるので、お米にこだわる人も住みやすくなっている。

タイの柿

チェンマイの山岳地方には、柿が沢山植えられている。

ただ、昔からの柿は、所謂渋柿であるので、そのまでは食べられない。

いろんな方法で渋味を甘味に変えることが出来るらしいが、採った柿の頭にアルコール度数40度以上の酒を塗り、密封して数日おくと甘くなるとか。

このようにして甘くなった柿を、マシュマロちゃんのチェンマイの両親が送ってくれた。







タネがなくて十分に甘くて美味しい。

けれども、渋柿なので、最近では殆ど売れないようだ。

何故なら、中国産の安くて甘い柿が大量に輸入されているから。

日本と違って、葉っぱのある今が収穫期で、雨季に当たる為、干し柿は作れない。けれども、干し柿が大好きなタイ人って結構居て、日本旅行のお土産として人気みたい。

美味しいタコプ

タイのサクランボ、タコプがまたいっぱい成り出した。








下にぼろぼろ落ちる。


酸味がなくて懐かしい甘み。種は歯で感じない程小さいのが無数に入っている。

と言うことで、全然サクランボと似てないが、樹形と葉と花と実の形はサクランボである。

タイでは一年に何度もなる。

カオヤイのいちご園に植えて5年で大木になった。

こぼれ種から小さな木も生まれるので、元気そうなのを新しいフラワーガーデンに植えてみた。

数年後には、涼しい日陰と甘い実と、それに集まる小鳥や動物達を恵んでくれるだろう。


一つ7000円の誕生日ケーキ

昨日は前王女の誕生で、所謂母の日で祝日だった。

僕らのワーカー達も休みの日を取って貰った(僕とマシュマロちゃんは働いた)。

母の日は日本の盆休みに重なるので、観光客時代だった僕は母の日に度々バンコクに滞在した。同様に女が居ない多くの男達が来ていた筈だ。

だが、疑似恋愛を求めてタイに来た観光客にとって、母の日は最悪である。

酒は飲めない。居酒屋が閉店。ゴーゴーバーやカラオケの女と遊べない等々。

反対に、家族愛を重んじるタイ人にとって、母の日は最も大切な日の一つである。この日に、お母さんにプレセントを上げたり電話したりしないタイ人はいない。

僕は最近まで知らなかったのだが、マシュマロちゃんの妹さんの誕生日が、まさに昨日の母の日が誕生日だった。

だから、その1人娘にとって二重の母の日ということになる。

と言うことで、旦那さんと折半で、一つ7000円の立派な誕生日ケーキを買った。タイの誕生日ケーキは、このサイズで1000~2500円が普通なところ、この価格は凄い。日本だって、あんまりないんじゃないの?

ところが、車で移動中に娘さんの身体が揺れて、誤ってケーキの袋に手を付いてしまい、大切なケーキを少し潰してしまった。


タイだから、勿論生クリームケーキじゃなくて、バタークリームケーキだが、そのクリームの細かい技が凄い。


それが残念で悔しくて娘さんは、なかなか泣き止まなかった。

けれども、ケーキを食べる時には、もう笑顔に戻ってくれて良かった。それに、思ったより潰れた部分が少なかった。

バタークリームが脂っこいが、甘過ぎず美味しいケーキだった。


横向いているのは、スマホでチェンマイの母に見せている為。

その母は、娘の誕生日を覚えていなかったけど。









訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる