スゴイビールを発見

写真を見て欲しい。



ただのチャーンビールやないかい!
と思ったあなた。

ただのビールじゃなくて、なんと
エスプレッソという名のコーヒー味のビールなのであった。

実際に、タイとラオスのコーヒー豆が使われている。

最近、タイではいろんな味のビールが多く出ている。どれも美味しく僕は好きだが、こいつには驚かされた。

コーヒー好き、ビール好きのハムケンの為に作ってくれたビールとしか思えない。

有り難く購入して、Netflix見ながら味見してみたら、

「いけるじゃないか!」

ってのが感想。

Makroで売っていた。
ちょっとホップだけのビールよりも高く、タイのアサヒスーパードライよりも高いが、それだけの価値がある。

特に映画のお供には最高!

いちごが終わってフルーツの季節に

いちごの季節が終わると、タイはフルーツの季節を迎える。

ありとあらゆるフルーツが一斉に成りだす。
甘みも増して、値段も下がる。

最低1kgの売りで、思わず3kgも買ってしまうが、何時も食べ切らない。

タイはフルーツ天国なので、これからが楽しい。

借家のマンゴーは、今年も豊作の様だ。













ビワに似たマヨンチッド
甘酸っぱくて大好物。







ライチは既に終わりに近い。

スイカも美味しくなった。

ミカンも甘い。

バナナは安い。




カレーライス キャンプバージョン





見よ! この汚い鍋と皿を。

これは、数日前に予言通りに作って食べたキャンプバージョンのカレーライスだ。

滅茶苦茶美味しかった!

中学生の頃のキャンプファイヤー以来の味。

旨さの秘訣は、S&Bフォン・ド・ボーカレーの元(何じゃ、そのありきたりな秘訣は)。

いや、実は美味しい秘訣は、

豚肉500 g
玉ねぎ小2個
ニンニク10房
人参2本
小ネギ10本
大赤トマト6玉
タイの丸青ナス12個
胡椒大量
エリンギ2本

ジャガイモ大1個
ダイズ油少々
牛乳200ml
和風だし大さじ一杯
シイタケ醤油少々

をとろける迄煮込んだから。野菜の味が濃く溶け込んだから。

その日の夕食に3皿平らげて、大満足。

次の日の夕食に2皿食べて感動。

キャンプファイヤーカレーは、翌日の方が美味しいと相場が決まっている。

タイ人は、下痢便みたいだと言って不味そうだったが、自分が美味しければそれで良いのだ。

あー美味かった。幸せいっぱい。

うつ病治った。


メンチカツ

お店を抜け出して、一人で銀行に行った際に、ちょっとサボってヤヨイ食堂でメンチカツを食べたら、妙に美味く感じた。


勢いで、豚骨ラーメンも追加で食べた。

腹一杯になって、幸福になった。

この前、自分で作ったハヤシライスが妙に美味かった。

今度、美味しいキャンプバージョンのカレーライスを作ってみよう。

🤔

オホーツク蟹とサーモンステーキ

少しお金が溜まって来たせいか、マシュマロちゃんが贅沢な事を言い出した。

実は二週間前、妹さん夫婦の子供の6歳の誕生日に、妹が奮発してオホーツク蟹(タラバ蟹)を家族で食べた。それが超美味しかったとFBに自慢げにアップしたのを見て、

「うわあ!美味しそう。羨ましい!私未だ貴方からこんなの食べさせて貰ってなーい!」
と言い出した。

嘘である。
実際には、日本でタラバ蟹や毛蟹やズワイ蟹も食べて貰っている。
ご馳走した量が少なすぎて記憶に残ってないだけだ。

今日は、昨夜からの雨が止まず、お客さんも少なかったので、タイサワドゥに将来の家具の下見に行ったのだが、その時またもやタラバ蟹が食べたいと言い出した。

「妹も食べたのに、日本人の彼がいる私が食べてないのはおかしい」だの、
「日本に行ったのに、ちょっとしか食べさせて貰ってない。妹みたいに、大きいのを腹いっぱい食べたい。」
とかほざくので、隣のマクロに行って、2kg級の冷凍タラバと、脂が乗った本鮭の切り身と、生エビを合計3000バーツも買い込んで、ハムケンシェフの腕を奮ってやった。


絶対に日本人しか出来ないように美しくハサミでカットしてあげた。

「うわー!凄い!美味しそう!」
と言ったものの、食べ出したら期待の味と違ったらしく、食が進まない。

また、僕のカニ酢の味が気に入らなく、タイ式のド辛いシーフードソース(ほぼ70%青唐辛子)を漬けて食べだした。あんな辛いソース漬けたら、カニの味など消えてしまう。

「冷凍品はやっぱり美味しくない。生を茹でたのと感じ全然違う。」

とか言って、半分も残してしまった。

反対に、自分で茹でたエビと、僕が別に作ったサーモンステーキは残さず全部食べた。



蟹は生を浅茹でして食べないと駄目だと分かってもらえた。

それには、日本の地方に行かないと駄目だが、一体何時になれば行けるのだろうか。

温泉と雪見酒と刺し身と蟹の世界に戻りたい。

おにぎり

僕らは、お米だけはちょっと贅沢して、一番高いホーンマリと言うジャスミンライスを食べている。

自分達だけじゃなくて、住込みワーカーに買ってあげているお米も同じだ(訳者注:この点は凄いでしょ? 普通は2級米だよ。)

そのホーンマリに水を多めに入れて時間を掛けて炊くと、日本のお米ほどではないが、少しもっちりして美味しいご飯が出来る(普通ホーンマリは少な目の水で硬めに炊く)。

昨日、マシュマロちゃんが多めのお米に多めの水を入れて炊いたので、炊飯器てんこ盛りのご飯が出来た。

翌日(つまり今日)は、ワンナムキアオのマシュマロいちご園に行って働くつもりだったので、

「今、丁度いろんなおにぎりの具が沢山あるから、僕が美味しいおにぎりを作ってあげる。明日は、それを持って行こう!」

と提案したら、彼女は妙に盛り上がって、おにぎりなんて作ったことも無いくせに、

「私が作る。どうやって作るのか言っちゃ駄目よ。自分のやり方で作ってみたいから。」

と言って、サランラップの上でいろんなおにぎりを作り出した。

日本の友人がシアリスと共に送ってくれたので、ふりかけの素や海苔など、普段は無いものが沢山有ったのだった。

彼女のお気に入りは上の2つ。

全部で6種類以上織り交ぜて使って、おにぎりが沢山出来た。

おにぎりは、便利で安上がりで健康的で美味しい日本の食べ物だ。

海苔があるから、手がべとつかず、ご飯も溢れにくい。

少々手が汚れていても、支障なく食べられる。

食べても手が汚れない。

紙だと食べられないけど、海苔だと美味しく食べられる。しかも栄誉がある。

おにぎりと言う物を始めて食べるモン族の住込み幼妻も、そういった点を感心していた。

お皿や茶碗やスプーンがなくても、2歳のガキンチョが車の中で溢さず食べられた。

やっぱり日本は良いなあ。

タイにはタイの良さがあるけれど、日本人のジジイにはやっぱり日本の方が良い。

日本に帰りたくなってきた。

アサリ汁 美味すぎてたまらん

タイも日本のアサリ(浅蜊)に似た貝が居る。

バンコク時代から大好きだったが、カオヤイの山奥ではバンコク程簡単には手に入らない(訳者注:鮮度と価格を気にしなければ手に入る)。

知ってる人は、ありふれたタイの浅利。

ホイラーイと言う。浅蜊より厚みがない。

この線の模様が特徴。

市場で2kg位で40バーツ売っていた。安い割に未だ微かに死んでない。

急に、浅蜊汁が食べたくなった。

ワカメとマルコメ味噌でさっと煮て、浅蜊の味噌汁を作った。

ああ、懐かしいおふくろの味。

めちゃくちゃ美味しく感じた。

身をむいて、味噌汁と共にご飯にかけて食べた。

庶民的な香りの出汁入りマルコメ味噌と貝の風味が溶け合って、汁が最高に美味しかった。

次回は酒蒸しにして食べたい。

久しぶりに味噌汁を飲んだら、お腹の調子がいつもより良い。

もう日本に帰った方が良いのかなあ。

🛠️ 🛠️ 🛠️ 🛠️ 🛠️

🧐 🧐 🧐 🧐

追記:イヨスタレガイ

グーグルレンズで見てみたら、この貝どうやら日本(名古屋)にも居るらしい。絶滅危惧種だけど。

お赤飯にふりかけ

モン族の白いジャポニカ米の餅米(カオニアウ)と、同じく赤いお米を2対1位のミックスで炊いたお赤飯。

小豆は入っていない。

この赤い餅米は、マシュマロちゃんが卒業論文でお米の赤ワイン(日本酒だけど味がワインみたいだった)を作った時に使ったのと大体同じ種類。

小豆色の赤い色素に抗酸化作用がある。

上の写真は、そのお赤飯に日本の青のりふりかけをかけて少し塩味を効かせたところ。

蒸すんじゃなくて、多めの水で炊いたので、ややベトベトしているが、味は美味しい。

タイ飯は不味いと決め付けてはいけない。

タイのお米には、多くの種類があるのだ。

記事に関係ないが、オイラの台所の様子はこんな感じ。

マラコー

去年のマシュマロいちご園をマネージしたマシュマロちゃんの友人は、マラコーが好きで何時も食べていた。

マラコーとは、パパイヤのことで、タイでは安く手に入る。

まだ青いうちに削り出してソムタムにするやつと、赤く完熟させてスイカのように食べるやつなど、多くの種類がある。

後者の紅いやつは黒い種がいっぱいあって、それをスイカと同様に口からプイと吐き出して食べるので、家や店の周りにマラコーが良く生えてくる。

成長が速く、今年の2月頃に生えてきたマラコーが大きく成長して日除けエリアの屋根をぶち破り、実がたくさん成り出した。

恐ろしく成長が速い。

今年もその友人は働きに来るので、彼女の為に切り取らずに育てることにした。

実は良く見るが、花は見たことがなかった。

こんなふうに粉っ気の少ない花だった。

因みに、マラコーの実は固くて植物繊維が多い気がするが、実のところ殆ど水分である。

Read more

カルボナーラ

タイ飯ばかり食っているとやっぱり飽きてくる。

たまには、美味しいスパゲッティーとかホットケーキとか軟らかステーキとかの洋食も食いたくなる。

ただ、タイ人のマシュマロちゃんは洋食系は余り好きではないので、洋食系は月に一度食べたら多い方だ。

そんなとき、突然彼女は「スパゲッティーのカルボナーラが食べたい」と言い出した。

丁度、ケーキを作った際のチーズとクリームが余ったので、それを使って作ってみた。

ハムとクリームを多めに使って美味しく出来た。

麺がやや細め過ぎた感がある。僕は腰のある太麺の方が好みだ。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる