おにぎり

僕らは、お米だけはちょっと贅沢して、一番高いホーンマリと言うジャスミンライスを食べている。

自分達だけじゃなくて、住込みワーカーに買ってあげているお米も同じだ(訳者注:この点は凄いでしょ? 普通は2級米だよ。)

そのホーンマリに水を多めに入れて時間を掛けて炊くと、日本のお米ほどではないが、少しもっちりして美味しいご飯が出来る(普通ホーンマリは少な目の水で硬めに炊く)。

昨日、マシュマロちゃんが多めのお米に多めの水を入れて炊いたので、炊飯器てんこ盛りのご飯が出来た。

翌日(つまり今日)は、ワンナムキアオのマシュマロいちご園に行って働くつもりだったので、

「今、丁度いろんなおにぎりの具が沢山あるから、僕が美味しいおにぎりを作ってあげる。明日は、それを持って行こう!」

と提案したら、彼女は妙に盛り上がって、おにぎりなんて作ったことも無いくせに、

「私が作る。どうやって作るのか言っちゃ駄目よ。自分のやり方で作ってみたいから。」

と言って、サランラップの上でいろんなおにぎりを作り出した。

日本の友人がシアリスと共に送ってくれたので、ふりかけの素や海苔など、普段は無いものが沢山有ったのだった。

彼女のお気に入りは上の2つ。

全部で6種類以上織り交ぜて使って、おにぎりが沢山出来た。

おにぎりは、便利で安上がりで健康的で美味しい日本の食べ物だ。

海苔があるから、手がべとつかず、ご飯も溢れにくい。

少々手が汚れていても、支障なく食べられる。

食べても手が汚れない。

紙だと食べられないけど、海苔だと美味しく食べられる。しかも栄誉がある。

おにぎりと言う物を始めて食べるモン族の住込み幼妻も、そういった点を感心していた。

お皿や茶碗やスプーンがなくても、2歳のガキンチョが車の中で溢さず食べられた。

やっぱり日本は良いなあ。

タイにはタイの良さがあるけれど、日本人のジジイにはやっぱり日本の方が良い。

日本に帰りたくなってきた。

アサリ汁 美味すぎてたまらん

タイも日本のアサリ(浅蜊)に似た貝が居る。

バンコク時代から大好きだったが、カオヤイの山奥ではバンコク程簡単には手に入らない(訳者注:鮮度と価格を気にしなければ手に入る)。

知ってる人は、ありふれたタイの浅利。

ホイラーイと言う。浅蜊より厚みがない。

この線の模様が特徴。

市場で2kg位で40バーツ売っていた。安い割に未だ微かに死んでない。

急に、浅蜊汁が食べたくなった。

ワカメとマルコメ味噌でさっと煮て、浅蜊の味噌汁を作った。

ああ、懐かしいおふくろの味。

めちゃくちゃ美味しく感じた。

身をむいて、味噌汁と共にご飯にかけて食べた。

庶民的な香りの出汁入りマルコメ味噌と貝の風味が溶け合って、汁が最高に美味しかった。

次回は酒蒸しにして食べたい。

久しぶりに味噌汁を飲んだら、お腹の調子がいつもより良い。

もう日本に帰った方が良いのかなあ。

🛠️ 🛠️ 🛠️ 🛠️ 🛠️

🧐 🧐 🧐 🧐

追記:イヨスタレガイ

グーグルレンズで見てみたら、この貝どうやら日本(名古屋)にも居るらしい。絶滅危惧種だけど。

お赤飯にふりかけ

モン族の白いジャポニカ米の餅米(カオニアウ)と、同じく赤いお米を2対1位のミックスで炊いたお赤飯。

小豆は入っていない。

この赤い餅米は、マシュマロちゃんが卒業論文でお米の赤ワイン(日本酒だけど味がワインみたいだった)を作った時に使ったのと大体同じ種類。

小豆色の赤い色素に抗酸化作用がある。

上の写真は、そのお赤飯に日本の青のりふりかけをかけて少し塩味を効かせたところ。

蒸すんじゃなくて、多めの水で炊いたので、ややベトベトしているが、味は美味しい。

タイ飯は不味いと決め付けてはいけない。

タイのお米には、多くの種類があるのだ。

記事に関係ないが、オイラの台所の様子はこんな感じ。

マラコー

去年のマシュマロいちご園をマネージしたマシュマロちゃんの友人は、マラコーが好きで何時も食べていた。

マラコーとは、パパイヤのことで、タイでは安く手に入る。

まだ青いうちに削り出してソムタムにするやつと、赤く完熟させてスイカのように食べるやつなど、多くの種類がある。

後者の紅いやつは黒い種がいっぱいあって、それをスイカと同様に口からプイと吐き出して食べるので、家や店の周りにマラコーが良く生えてくる。

成長が速く、今年の2月頃に生えてきたマラコーが大きく成長して日除けエリアの屋根をぶち破り、実がたくさん成り出した。

恐ろしく成長が速い。

今年もその友人は働きに来るので、彼女の為に切り取らずに育てることにした。

実は良く見るが、花は見たことがなかった。

こんなふうに粉っ気の少ない花だった。

因みに、マラコーの実は固くて植物繊維が多い気がするが、実のところ殆ど水分である。

Read more

カルボナーラ

タイ飯ばかり食っているとやっぱり飽きてくる。

たまには、美味しいスパゲッティーとかホットケーキとか軟らかステーキとかの洋食も食いたくなる。

ただ、タイ人のマシュマロちゃんは洋食系は余り好きではないので、洋食系は月に一度食べたら多い方だ。

そんなとき、突然彼女は「スパゲッティーのカルボナーラが食べたい」と言い出した。

丁度、ケーキを作った際のチーズとクリームが余ったので、それを使って作ってみた。

ハムとクリームを多めに使って美味しく出来た。

麺がやや細め過ぎた感がある。僕は腰のある太麺の方が好みだ。

たまご掛けご飯の幸せ

数日前に、たまご掛けご飯が食いたいと書いたが、

その後2日連続で食った。

最高級のタイ米ホーンマリを上手に炊いて、生卵に美味しい醤油をちょっと掛けたのを混ぜて熱々のご飯に掛ける。

それから、しっかり全体を混ぜて、お箸で救って食う。

これを見ていたマシュマロちゃんは、

「うえっ!」っと吐きそうになった。

それはタイ人の自然な反応である。

生の卵を食うなんて、タイでは不潔で危険な行為なのだ。

糞の付いたままの卵を炎天下で何日も置いて、決して冷蔵庫には保管しないタイ人にとっては、生の卵なんて生の魚を食べるのと同じくらい気持ち悪いことなのだ。

新鮮な卵の身の中に、サルモネラ菌等がいる確率はそう多くない。タイだって日本だって同じようなもの。

けれど、高温下で何日も置いた糞付の卵を、洗ってない手で割って身を取り出したならば、そこにサルモネラ菌等がいる確率は高くなる。

表面を洗って殺菌してあって、買って来たら直ぐに冷蔵庫で保管する日本の卵とは状況が異なる。

だから、僕もタイの生卵は滅多に食べない。

だけど、木材屋に行ったら、庭で飼われた10羽程の鶏の卵を売っていた。

「薬を何も使ってない野菜主体の餌で採れた卵だよ。30個で100バーツだよ。採れたてだよ。まだ若い親鳥だよ。」

と言うので買って来た。

君の色も赤くなくて黄色だった。

これなら生で食べられるんじゃないか?と思い、たまご掛けご飯にしてみたという訳。

美味かった。

おかずの魚もヤドーンのお酒も美味くて、それだけで幸せを感じた単純な奴だったのだった。

元祖チャーンビール

いつも行く雑貨屋に、一年ぶりに元祖チャーンビアが有ったので歓んで買って来た。

普段なら、住込みワーカーにも半分奢ってやって一緒に飲むのだが、ケチなハムケンはこの時は隠して家に持って帰り独り愉しんだ。

チャーンビアの25周年記念のゴールドビア。

チャーンビールは、やや安めだが何時も酸っぱく感じるので、それ程好きではないが、この復刻版は酸味ゼロでホップの辛さも少ない。やや甘みがあって癖のない飲み安い味だ。

1.5リットルで299バーツと高いが、日本のビールの高さに比べれば安い。

写真の様に、王冠じゃなくて、シャンペンのようなコルク栓である。抜くとポンと音がするところが、高級感を一層盛り立ててくれる。

チャーンビールは、麦じゃなくてタイのお米で作るのだそうだ。

ビールの隣にあるのは、タイのサルボウ貝で、中に真っ赤な血が入っていて、このため水揚げしても一日以上死なない。

カオヤイのような内陸で夕方迄日差しを浴びていても生きているから凄い。生きているので腹を壊すこともない(訳者注:もし死んでいたら翌朝下痢になります)。

買いはさっと油揚げして食べる。未だ血が赤いうちが美味しい。茹ですぎて血が黒くなると味が落ちる。

なんか贅沢した感じ。

餃子作った

家造りで疲れたので、今日は休みとし、買物と前からやりたかった餃子作りをして過ごした。

中共やコロナや災害関連のニュースばかり見ていると、ムカつくことが多く、気分まで悪くなり、心が暗く沈んだり、人に怒りをぶつけたりするので宜しくない。

餃子作りなら寛げるんじゃないかと思った。

今まで、タイで餃子作りをしなかった理由はただ一つ、餃子の皮が見つからなかったからだ。流石に皮まで作る気はしないから。

ところが、先日我らが卸のマクロで見つけた。ちょいと小さが、れっきとした餃子の皮だ。

具の作り方は普通だが、健康を考えて野菜多めとした。

豚ひき肉1kgに海塩10g。この塩加減が肝心。

肉の旨さが塩加減次第なのは、ステーキだろうがひき肉だろうが同じ。

生姜がなかったので、代わりにニンニクを10房を擦って入れ(ニンニク大好きタイ人向け)、塩分少なめ旨味醤油を5ml程と粉胡椒を適量を加え、手でコネコネ混ぜる。

次のステップが肝だが、コネコネした肉に水とゴマ油5mlを加えて、また捏ねる。

水は少しづつ150ml程加えて捏ねると、かなり柔らかい具になる。(もっと入れても良いらしいが、僕らは野菜を沢山入れて野菜から水が出るので、この量とした。)

こうすることで、食べたときジュッと肉汁の多い餃子になるらしい。

練った具に細かく刻んだ野菜をドサッと足して、よく混ぜる。

今回は、ひき肉1kgに対して、キャベツ小玉二分の一、細ねぎ(実際はタイのエシャロット20本)、人参少々を加えた。

野菜と水分の多い餃子になった。

どうじゃ、美味しそうじゃろ?

(作っただけで、まだ食べてないので、本当に美味しいかどうかは不明)

包み方が下手だが、くっついていさえすれば良いのだ。

全部で100個の餃子が出来たので、これを四等分して冷凍庫で保管。

マシュマロちゃんと二人で4回に分けて食べる予定だ。

あっ、しまった!胡麻ラー油がなかった!

🐷 🐷 🐷 🐷

追伸

餃子食べた。

超美味かった。

美味しい日本食を食べるには自分で作るしかないのは悲しいが、満足度は店で買って食べるよりも高い。

ついでに、美味しい醤油を見つけたので紹介。

タイの田舎じゃ、美味しい醤油見つけるの至難の業。

大豆6割、椎茸4割で作った良い味の醤油。

酒三種

その①

マシュマロちゃんの実家から、モン族の自家製のトウモロコシ焼酎を頂いて来た。酒税を払ってないので違法である。多分、自分で飲むだけなら大丈夫。

トウモロコシを発酵させて出来た酒を蒸留したもので、良い香りがする。アルコール度数は多分50%以上。

モン族の人はこれをストレートで飲むが、泡盛どなん並にアルコールが高く、僕はとても飲めない。

水で5倍から10倍に割ってちょうど良い。

僕はこれを約2リットル貰って来た。

ほのかなエステル臭がして、酔心地の良い実に美味しい焼酎だ。

混ざり物が少なないので、二日酔いにならない。

その②

こちらは普通の三年物の紹興酒。

華僑が多いタイでは、中国の食材はかなり多くあるが、なぜだか紹興酒はあまり売ってない。家の近くの酒屋には絶対無い。(勿論、バンコクの酒屋や、大きなショッピングモールにはある)

タイ人で美味いと言う人を見たことがない。

けれども、紹興酒は僕の大好物一つ。紹興酒に中華鍋が懐かしい。この辺りじゃ中華料理屋がない。

やっと見つけて買ってきた。一瓶270バーツもした。

その③

上の写真の紹興酒の隣にあるタイの酒。サトゥー。

紛れもなくコメの酒だが、アルコール度数は6.5%しかなく甘い。

色も黄色っぽく、匂いも良くない。

低級なお酒だが、慣れれば飲める。一瓶30バーツと安いが、それ以上は払いたくない品質だ。

サトゥーにはいろんなブランドがあるが、僕はこれしか飲んだことがない。いろいろ飲めば、美味しいお酒も見つかるかも。誰か知っていたら教えて欲しい。

悲しいことに、この辺りじゃ適切な値段の美味しい日本酒が手に入らない。日本酒の日本からの輸入品は、日本の価格の三倍する。高くて普段は飲めない。

白菜その後の様子

数日前、ワンナムキアオの年下の大御所兄貴の白菜農場を見に行ってきた。

いやあ、広いねえ。

5月1日に植えたので、写真は約3週間後の様子ということになる。

大きく育っている場所と、あまり育ってない場所がある。

彼が言うには、水や肥料の差じゃなくて、土質が良い所と悪い所の差らしい。

葉っぱが未だ大きくなく、丸まってないので、まだまだ収穫時期には程遠い。

それ程害虫に食われてないので良かった。

白菜と言えば、日本じゃ冬の鍋の季節に良く売れるので季節感が変だが、タイでは一年中売れている。日本のように、外葉を巻いて閉じることはしない。

この日は見に行っただけで、何も手伝いはしなかった。

好みは、マファイと言う。日本語で言うと「火の実」かな?

皮を剥くと、ライチのような白い実が入っている。とても甘酸っぱくて美味しかった。

マシュマロいちご園は、除草剤がよく効いて、雑草がきれいに枯れていた。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
2位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
2位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる