バラ買った

数年前に日本から本苗(土無し)を持ち込んだ大好きなツルバラ:ルージュ ピエール ド ロンサーヌ。

大切に育てていて、年に何度も真っ赤な花を咲かせてくれていた。

ところが、先日住込みワーカーにいちご園の除草薬散布を頼んだら、そのバラにまで薬を振りかけてくれた。

技とでは無いけれど、万事そんな感じのいい加減な仕事ぶりに嫌気が差した。

沈んだ心を慰めるために、新たに二株のバラを買った。

タイ産の違法コピー品種と思うが、台木がタイの土に合っているので、日本で買う苗より良く育つ。



上手く育ったら、新居の庭に植えたい。

ワンナムキアオの今

ワンナムキアオのマシュマロいちご園と、妹さん夫婦を見に行ってきた。









放ったらかしのバーベナがまた咲いていた。











僕の好きなフルーツ 
誰も食べないので、たくさん食べた。



中共コロナで何処にも行けないので、毎日ダラダラと過ごしている。



ワンナムキアオのラベンダー畑

ワンナムキアオに今年出来たラベンダー畑を観に行った。



ラベンダーの花の盛りは終わっていて、あまり綺麗じゃなかったし、ラベンダー特有の薫りもほとんど無かった(摘めば手に匂いがつく程度)。

育てている品種は、レースラベンダーだと分かった。

ガーデナーと思しきワーカーに聞いてみたら、多くの種類のラベンダーを試した結果、これだけがまともに育つことが分かったらしい。







ラベンダーは草というより低木なので、小さく切り戻せば、一ヶ月後に又花が咲くようだ。
小さく株分けして植え変えれば、やはりひと月後に花が多く出て来るらしい。

一番観たかったのは、ウォーターシステムで、観てみて良くわかった。

小さな点のような穴が上部に10センチ間隔位で空いていて、そこから水が細かいシャワーの様に吹き出していた。

1.5インチくらいのPEチューブが150メートルの長さで畝ごとに置かれていて、大体2レーン毎バルブを開けていた。



















他にも参考になりそうな照明やスピーカーもチェックして来た。なかなか参考になる











この種類のラベンダーは、色も香りも北海道等で有名な標準種と異なるので、いまいち人気がない。

僕らのバービナをラベンダーと間違えて、
「ここのいちご園のラベンダーの方が綺麗だ。」と言う人が居るくらい。

なので、もし僕らがラベンダーをやるなら、別の種類を挑戦してみるべきだ。

にわか調査では、ラベンダーグロッソが行けそう。これは不稔性の種類なので、日本で買って多くの葉を乾かさないようにタイに持ち込み、ここで挿し木して増やすのが良さそう。

庭のマンゴー(マムアン)

今年も庭のマンゴーが沢山成りそうだ。

ひと月ほど前、まだ花だったのに、この頃急に大きくなって来た。









このマンゴーを食べるのも、今期が最期だろう。

次の乾季までに、僕らは新居に引っ越す。

タダの草なのに

今期の初めに大量に買って鉢植えにし、その後株分けして定植したタダの草がある。

名前は知らない。
多分、crimson fountaingrassという草のようだが、この穂にはタネは出来ない。

白い穂が絶え間なく出て如何にも雑草っぽい。

だから、株分けで増やすしかないが、割とよく増える。







カオヤイの山の上にたくさん生えている自然の奴とは違う園芸種らしいが、ただの草のようで、僕は特に好きではない。

いっそ、自然のススキの様な草のほうが好きだ。

どうしてタイ人はこんなのが好きなのか分からないが、マシュマロちゃんの拘りでいちご園に植えている。

植えて半年になるが、自然の草と違って、次から次へと長期間白い穂が絶え間なく出て来て、園芸種としては優れているようだ。

美しいという訳じゃないけど、野趣の雰囲気が良い。

タネが出来て枯れることも無いので、毎年幾らでも増やせる。

フラワーガーデンを作ったら、これはこれで良い風景を醸し出すのではないだろうか。


涼しげな草

Gotu Kolaという蓮を小さくしたような水辺の草がかわいい。

マシュマロちゃんが、ガーデンショップの売り物の下に溢れて繁殖していたのを、ただで引っこ抜いて持ってきたやつだ。

それから半年以上経つが、ずっと青々して涼しい感じなので気に入っている。










黄色綿の木

もう一つ大好きで、ノンタブリ時代に屋上で育てていた黄色の花の木が今満開の時期になった。

大きさ10センチ以上あるボタンや椿に似た真っ黄色の花が無数に咲くが、花の時期に葉っぱが一つもないので壮観だ。

カオヤイいちご園に近い小学校で咲いていたので写してきた。












椿みたいにぼたぼたと花が散る。その後、綿のような実ができる。

こんなに真っ黄色一色な花は日本にはないのでは。

ウィキペディアによると、

Cochlospermum regium, also known as yellow cotton tree, is a flowering plant that has its origins in the Cerrado tropical savanna of South America, but now it is also common in Southeast Asia. Cochlospermum regium is a small tree. Its yellow and bright flowers have antioxidant properties

追記


もっといっぱい花のある木見付けた。




好きな花

家を建てたら植えたいと思ってる僕らの好きな花が咲いた。

年に何度も長く咲くので気に入っているが、青い花は今の時期が一番綺麗だ。


















綺麗な花は、蝶も蜂も大好きだ。
彼らが蜜を吸うのを見ていると、一番心が和む。

こんなフラワーガーデンやってみたい

いちご園の客寄せとしてやっている花壇がとても好評で、もしかするといちご以上に好まれている。

僕らも花は好きだし、これまでの経験で、タイの気候でどんな花が育つか分かったので、いちご園のバックアップとして、フラワーガーデンをやってみたいと思っている。

イメージとしては、北海道富良野のフラワーガーデン。
もしこんなのが出来たら、お客さんがいっぱい来るのは間違いないだろう。












フラワーガーデンに適した土地もいくつか見付けた。

問題は、充分な水が確保できるかどうか。

それから、花のシーズンがどうしてもいちごのシーズンと重なるので、今のマンパワーでは到底無料だろうこと。

しかし、今借りている二箇所のいちご園の土地は、もし買い手がついたらもうできなくなるので、その場合食いっぱぐれしないように考えておかなければならない。

ただ、入園料だけではいちご園ほどお金を得るのは無理だろうから、カフェか花関連の売店も用意しないといけないので、直ぐにパッと始められる訳じゃない。

赤いブーゲンビリア

サンディエゴの学科に行った時、仕事をサボってサンディエゴ植物園に行った。そこには、亜熱帯な気候にマッチした美しい木花が沢山咲いていて僕の心を魅了した。

その時に、特に記憶に残ったのが、ブーゲンビリアだった。ブーゲンビリアなんて、昔から日本にもあって、特段珍しくもなかったが、南国の乾燥した季節に咲くブーゲンビリアの輝きはまた格別だった。

タイに来て、いちごを始めた頃から、僕は赤い色が以前より好きになった。

赤と言っても、僅かに紅色がかった赤だ。

この色がたまらない。

ブーゲンビリアはタイの気候によく合って、至る所に自生している。一年中花が咲いている感じ。

車やバイク迄赤にしたった。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる