FC2ブログ

還暦の誕生日

何も考えず、ただ風に揺れる木の葉や流れる雲を見ていた。

鳥達が飛ぶのを目で追いかけ、野の花を想う。聴こえてくるのは、鳥の声と風の音だけ。

プールで泳いで濡れたままの身体をソファーのブランコに横たえて、涼しい風が心地良かった。

こんな風に身も心もリラックスした時を過ごすのは久しぶりだった。

4日は僕の還暦の誕生日ということで、マシュマロちゃんがカオヤイのリゾートホテルを予約してくれた。

「今日明日は何にも考えずにゆっくりしてね。」

その言葉通りに、何も考えないことにした。朝から彼女に連れられれるまま、ラムタコーンのカフェで朝食を摂った。そのカフェは同じラムタコーンとは思えないほどの清流で感激したので、別の機会に紹介したい。

誕生日の日に泊まったホテルは、Sala Resort Khaoyai という。カオヤイ農園とワンナムキアオのマシュマロいちご園の中間地点にある。ゆったりとした丘陵地帯の一番高い丘の上にあって(標高585メートル)、周りには民家が全くない。風が涼しい。

丘の上に大きなプールとレストランがあって、その周りにプール付きのビラが4棟あるのみ。各ビラは他から見えずプライバシーは抜群。

僕らが利用したビラはこれ。屋上に夕暮れや夜に寛ぐソファーがある。昼は日陰が無いので暑くて居られない。この時は、にわか雨の後だったので、カバーが付けられていた。

こちらが正面側。前には何もなく、裸で居ても誰にも見られない。小さなプライベートプールが有難かった。

顔がタイ人より真っ黒で嫌になる。

部屋の中は白基調。曲線が多く角が無い作り。

やけに広くて、この部屋は138平米とのこと。プライベートプールもあるし、高そうだったので、

「このホテル高かったんじゃない? 4000バーツ位したんじゃない?」

と聞いたら、マシュマロちゃんは、直ぐには答えなかったが、朝食付きで7800バーツだったと後で教えてくれた。7800と言ったら、タイじゃちょっと凄いぞ。何しろ、税込みで3万円だよ。何も考えるなと言っても、貧乏人はお金が気になるじゃないか。

「一年に一回だけの日なんだから、高くないわ。私、時間をかけていろいろ探したけど、ここならゆっくりリラックス出来ると思って選んだの。気に入ったでしょ? 何も気にせずゆっくり休んでね。」

プライバシー重視のリゾートホテルだけあって、お客さんは、レズビアンのカップル、中年とミヤノイのカップルがいた。他はシンガポールからの観光客と僕ら。タイのリゾートホテルでコンドームがアメニティーにあるのを見たのは初めてだった。

ライラックとクチナシのようなうっとりする香りがホテル中に香っていた。このホテルのオーナーは、植栽には拘っているのが分かる。小鳥もこれらの木が大好きで、沢山寄ってきて美しい声で鳴く。

「私達の庭にも、綺麗で香りが良くて、小鳥が好きな蜜や実がなる木を植えましょうね。」とマシュマロちゃん。

やっとのことで水から上がった彼らが、やがて大空を飛び回るようになるなんて、誰が想像出来ただろうか。

真っ赤な夕焼け。イサーンの夕焼けは何時も美しい。

これはメコン大ナマズではなかっただろうか?

夕食のお値段はまあこんなところかな。他にレストランはないし、わざわざ遠くの安くて不味いローカルレストランに出掛けることもないので、ここでじっくり味わいましょ。

本当に何も考えずに一日を過ごした。

シアリスを仕込んだのに、息子も主人もその日はぐっすり夢の中。

で、

アーサー!

日の出。

それから二度寝。起き上がったのは8時半。

いろんなコーヒーを飲んだけど、ここのコーヒーはいまいち。僕らのお店のコーヒーの方が断然美味いでヤンス。

多分、この日だけで1.5kgは肥った。

マシュマロちゃん、ありがとう! とっても素敵な誕生日だったよ。脱世間で静かに過ごすには最高のリゾートだと思う。

還暦の身で、美人じゃないけど心優しい年若き女性から愛されるなんて、それだけでセカンドライフはハッピーなんだろう。

日本なら、会社首になって、警察に逮捕されて、一家離散ものかも。自由度が低く、がんじがらめで無表情の日本よ、さようなら。

自由で自然でおおらかで明日のことなんか考えないタイよ。ありがとう。

モーターショーで車買った

4年前に買った白いマシュマロD-Max号は、最近運転していてどうも芳しくない。ステアリングがしっくり来ないし、高速時やカーブでの安定性が悪い感じがしていた。2年前の大事故の修理がいい加減で、その歪が効いて来たのだろうか?

6年ローンで買ったので、未だローンが残っているが、この際買い替えた方が良いと思った。

買い替える車に拘りはなかったが、ここでいちご園をやるとなると、やはりピックアップトラックが必要だ。

どうせ買うなら、泥んこのオフロードでもスリップせずにちゃんと走れるのが欲しかったし、ステアリング周りのアシストがしっかりしているのが良い。

いろいろ検討しているうちに、ToyotaのRevo Roccoという車種の赤バージョンの色に心が捕らわれてしまった。

その色は僕を狂わす色。真赤じゃなくて少し紅が入る。いちご園のトレードマーク!

と言うことで、色で決めてしまったのがこれ。実際は写真よりやや紅っぽい。

最上位機種 の2.8リットルディーゼルVNターボ4WD オートマチック。所謂フル装備。

汚くクロカン的に使うので、もっと安いのでも良かったが、この赤と黒のストイックな配色が気に入ってしまった。きっと、いちご園に似合う。

4WDバージョンには上記のアシストが全部付く。その割には価格の上昇が少ない気がした。

日本に同じモデルはないが、ハイラックスブラックラリーエディション2.4リットル4WDが近い。ハイラックスは日本では未販売になっていたが、近年のクロカン人気で再度販売されるようになった。

つくづく思うのは、ピックアップトラックはタイでは価値があるということ。

先ず、タイで生産されている上に農民保護の為、税率が低い。一般乗用車の関税の高いタイでは、普通乗用車の価格は日本の価格の2.5~3倍もしてしまう。例えば、タイのタクシーで良く使われるカローラALTISとハイラックスが同程度の価格なのである。上記日本版ハイラックスが約400万円するのに対して、僕の買ったモデルは115万バーツ約405万円とほぼ同価格。僕のは2.8リットルなので、タイの方が安い位だ。つまり、価格に対する価値を考えるとピックアップトラックが最高。400万円も出してカローラ買う気はしないが、これなら納得。

ピックアップなら悪路の多い田舎道でもへっちゃら。

ピックアップは丈夫なフレームがあるので、比較的大きな事故でも助かる可能性が高い。アメリカではハイラックスをどうしても壊せないという動画があるくらい。

いちご園をするなら、ココナッツ培地や豚糞、ポンプ、丸太等、大きくて重い物を運ぶ必要が何度もある。

モーターショーで注文すると、金利が低くなる、販促費が多く出るので値引きが良い、車両保険が安いと言うメリットがある。

僕の場合、120万バーツの車体に6万バーツ位の保険その他備品手数料込で、115万バーツ。頭金25%で残りは4年ローンで金利1.84%だった。

パクチョンのトヨタディーラーで買うと、値引きはせいぜい3万バーツ、金利は2.9%ということだったので、それよりかなり良い条件で買えたことになる。リース審査もその場でOK。

D-Max号を売却費で頭金は余裕で出る。

毎月の返済が11000バーツから19500万バーツと高くなるが、性能と安全性を考えて良しとした。

ところで、タイでは現金一括払いはそう多くなく、頭金は15, 20, 25%が一般的。それより頭金を多く積んでも利息は変わらない場合が殆ど。

モーターショーでは、スバルや三菱、MGその他多くの車種で、3年ローン金利ゼロがあった。ハイラックスで金利ゼロは残念ながら出来なかった。

いすゞのD-Maxも、真っ赤でデコデコのクロカン仕様の車が置いてあって心がそそられたが、流石にクロカンやる訳じゃないので止めておいた。

ここまで来ると、働く車じゃなくて遊びの車。

こんな軽自動車みたいなのもあった。電気自動車だった。

トゥクトゥクに良いかも。

クンター吉田さんの新作

確か土日の忙しい時間だったと思う。

いちごスムージーを作るため、轟音を立てるブレンダーと格闘していた時、僕よりは年忌が入った一人の日本人がいちご園を訪れた。

「ハムケンさんですね。吉田です。」

とその人は言った。

見覚えの無い顔だった。はて、吉田さんという人からここに来るという連絡を貰っていただろうか? 毎週何人かの日本人から連絡を貰っていたが、ほとんどの場合、名前は覚えられずにいた。

記憶をま探りながらも、取り敢えず、

「ああ、吉田さんですか。いらっしゃい。」と答えたが、吉田という名前に思い当たらないままだった。

その後、二言三言何かを話したような気もするが、何を話したかは覚えていない。

そのままいちごスムージー作りに忙殺されてしまった。

それからしばらくして、不意に

「吉田さんとは、ひょっとしてあのクンター吉田さんでは?」という疑念が頭を離れなくなった。

クンター吉田さんとは、このブログでもリンクしている

タイ山岳民族の村に暮らす」というブログを書いておられたフリーライターで、

小説「遺された者こそ喰らえ」の作者 吉田清さんである。

この本は僕がタイに来る前に読んだ。

マシュマロちゃんはモン族、オムコイのラーはカレン族(ガリアン)で、民族は異なるが、同じタイ北部山岳地帯で暮らす少数民族で、暮らしぶりなどが似ている点が多く、面白く読ませて頂いた。

そのオムコイでの暮らしを綴ったのが、ブログ「タイ山岳民族の村に暮らす」である。

しかし、久々にそのブログを閲覧してみると、クンター吉田さんは、もうオムコイには居らず、チェンマイの別の場所で暮らし始めたようだ。

その新しいブログは「チェンマイで悠々として急げ」。

そこで彼の新作が発売されたことを知って、さっそくKindle版を購入し、今日読み干した。

アマゾンの紹介文には次のように書かれている。

---

肺癌で妻を亡くした「私」は、介護中に発した極度の不眠と鬱に見舞われ自死への誘惑と絶望の淵に沈んでいた。だが、ひょんな偶然から銀座のマッサージ店で落陽出身の女子留学生小黄に出会う。純朴な彼女との触れ合いを通じて「日常のリズム」を取り戻した「私」は、春休みで帰省した彼女の実家を訪ねるべく、北京、上海経由で落陽に向かうことになった。だが、不眠と鬱の反動から一転して異様な「躁」状態に転じていた私は、向こう見ずな狂躁の中で取材の行き過ぎを起こし売春マフィアに拉致されたり、銀行員との乱闘事件を巻き起こしたり、市民さえ怖れる公安警察にひとり乗り込んだり。無軌道な旅の混乱に翻弄されながらも、なぜか人間との出会いに恵まれる。人のいい能天気な売春婦の小霊、落陽のホテル・ビジネスセンターで「私」の世話を焼く切れ者少女小楊、雲南省麗江納西族長老の娘で出戻りタクシードライバーの小洪などなど、男女の仲を超えた人間的な触れ合いを重ねてゆく。そうして、最後にはタイのチェンマイで山岳民族カレン族女性との運命的な邂逅を果たし、山奥のカレン集落で人生崖っぷちの“生き直し”を図り始める・・・。「第一回開高健ノンフィクション大賞」最終候補作家が、自らの壮絶な実体験を容赦なく晒し、えぐる“喪失のあがきと狂躁のもがき”。そうして、ようやく辿りついた自給自足の村で見出した「生きる原点」とは? 2019年1月新刊行の<アジア・ノンフィクション文庫>第一弾『「遺された者こそ喰らえ」とトォン師は言った』の前編に当たる待望の新作小説が、いま<アジア・フィクション文庫>第一弾となって堂々の刊行! 
 愛する者に遺された人、そうして人生の意味を求めて旅をさすらうすべての老若男女に贈る“”感涙必至の名著“、ここに誕生!

心に残った言葉

いちご園やこのブログを通して、僕に会いに来てくれた人が大勢居る。

僕は相手の方のことは全く知らないのに、向こうは少し僕を知っているというのが妙な感じがするが、わざわざ会いに来てくれたということ自体、大変有り難いことに違いない。

そんな人達から頂いた心に残った言葉を書いてみた。

「前からお会いしたいと思っていたけれど、今日やっと会えました。お会い出来て嬉しいです。」

「身体に気を付けて、これからも頑張って下さい。陰ながら応援してますよ。」

「いろいろあったようだけど、いちご園で成功されて良かったですね。」

「僕はハムケンさんのように冒険は出来ないけれど、何時もブログを読んで励まされてます。僕も一つ飛び出してみたくなりました。」

「ゼロから始めて、ここ迄出来ちゃうなんて凄い。とても励まされます。」

「ハムケンさんの生き方は、日本でモジモジしている僕らサラリーマンの励みになりますよ。成功を祈ってます。」

「タイで一番美味しいいちごと評判ですよ。」

そう言われれば、ちょっと恥ずかしくも素直に嬉しい。有り難い話である。

ただ、自分では別に成功したとは思ってない。

寧ろ、起業で失敗して無一文になるところを、いちご園で辛うじて食いつなぐことができるようになったというだけだ。

実際問題、早期退職せずに順調にサラリーマンを続けていた場合に想定される老後の方が、少なくとも経済的には豊かだっただろう。

ただ、この6年間はそれなりに楽しく過ごすことが出来、精神的にはサラリーマン時代より豊かに生きて来られたと思う。

明日のことは未知数だが、サラリーマンを続けていた場合よりも経済的にも豊かになれるよう頑張りたい。

薄くなった頭髪

僕は、あと三週間程で還暦を迎える。

苦労しなかったせいか、還暦を迎えた他の人と比べて、自分はそれ程ジジ臭くないように思うが、タイに来た頃の写真と最近の写真を見比べると、少し髪が薄くなった気がする。

マシュマロちゃんに言わせると、物凄く薄くなったそうだ。自分では、そこまで変わらない気がするが。

一昔前迄は、頭頂部が脂ぎって、そこに雑菌(恐らくカビ)が繁殖して、頭皮が赤くなっていた。指の腹に頭の脂を着けて匂いを嗅ぐと臭かったので、明らかに感染があった。

実際問題、ハゲの原因はカビ等の感染が主因ではないかと言われている。

間接的には、ストレスや血行障害、男性ホルモンの影響で男の禿頭の下地が出来る訳だが、この感染がなければ頭頂部のハゲは進まない(と思う)。

そんな訳で、現役時代は時々逆性石鹸で頭皮を消毒していた。これは効果があったし安価で良い。他にも手足や傷口の消毒にも使えるので、お風呂に常備していた。

抜け毛や育毛に良いとされるシャンプーも使ってみたが、逆効果ばかりだった。

ところで、最近は女性の頭髪(が少ない)という悩みが増えているそうだ。

それと同じかどうか知らないが、マシュマロちゃんのお母さんは頭髪があまりない。昔、中国式の丸帽を寝る時まで着けていてカビが繁殖したのが原因のようだ。

そのカビが先祖代々受け継がれて、時々足首や腿の皮膚で暴れだし非常に痒くなることがあるらしい。そんなときにはファンギダームとかいう同じくアゾール系の抗真菌剤クリームを塗ると一発で治る。

先日も彼女の足首と頭頂部が痒くなって、頭頂部を見ると皮膚が赤くなっていた。

そこで先日、タイの薬局で抗真菌クリームを買うために薬局に行った際、ハゲ防止のシャンプーはあるか?と聞いてみたら、こんなのが出て来た。

ケトコナゾールという抗真菌剤が配合されている。普通に洗髪して数分待ってから流す。

こんなのが若い時に日本の薬局で買えたら、今頃はもっとふさふさの髪だったことだろうに。残念ながら、在日中は見つけられなかった。

効果の程は未だ確認出来てないが、如何にも効きそうだ。

予期せず神薬を見つけたので、ハムケンの頭髪はあと10年は温存されるであろう。

マシュマロちゃんのお母さんに保険

マシュマロちゃんのお母さんは、2ヶ月程前にトイレで突然意識不明になり倒れた。

その数時間後、意識は回復し、今は何事もなかったかのように元気だ。

これはおそらく一過性脳虚血(TIA)であった。頸動脈などの大血管の血糊が剥がれて脳血管を塞ぎ意識がなくなったり話せなくなったりするが、血糊が短時間で溶けてなくなったので回復したのだろう。

しかし、その場合、数日内に本格的な脳梗塞になる確率が高い。ならなくても、数ヶ月以内に15%が脳梗塞になるので、至急の専門医の診断と予防措置が必要なのだが、彼女のお母さんは何もしなかった。

僕はアスピリンを薬局で買って毎日飲むようにマシュマロちゃんに言ったが、僕の言うことなど信用してもらえず、結局何もしていない。したことは、インスタントコーヒーの量を減らしたことくらいだ。

脳梗塞になれば、命を落としたり、そうでなくても言語障害や半身不随等の重篤な後遺症が残るかも知れない。

そうなれば、治療やリハビリ、介護の面倒は僕らがみなければならなくなるのは明白だった。

そんな時、丁度僕の生命医療保険の更新の話が進んでいた。自分は今のところ頗る元気で大きな病気になりそうにないし、がん等命に関わる病気になった時は多分日本で治療を受けるので、僕のタイでの保険料を減らした。

そこで、その浮いた額にちょっと足して、彼女のお母さんに三大成人病の生命医療保険を掛けることにした。

三大成人病と言っても、がんのほぼ全てと、心臓脳血管性障害のほぼ全て(アルツハイマーやパーキンソン迄含む)が対象になっていて、死亡保険金は30万バーツと安いが、診断されれば50万バーツが支払われるもので、且つ事前の健康診断は不要というやつだ。

保険料は掛け捨てで約21000バーツ。安くは無いが、5年後に脳梗塞や心筋梗塞が起こったとすると、約10万バーツの保険料に対して50万バーツ、死亡したリ重篤な後遺症が残ったら更に30万バーツが支払われるということなので、この際加入しておいた方が得策と判断した訳だ。

お母さんは時々頭痛や目眩で寝込むことがあるそうで、不吉な予想ではあるが、5年以内に脳梗塞になる可能性が高いと思う。

自分の保険は掛けて損した気分だが、今回の保険加入は正解だったと思っている。

余談だが、笑っちゃうのは、彼女のお母さんの年齢は僕とほぼ同じってこと。お父さんは僕より5歳も若い。

一時帰国日決定

今年の帰国予定が決まり、飛行機を予約した。

帰国はゴールデンウィーク開けの5月8日。

タイに戻るのは、21日。

今回は、マシュマロちゃんの他に、彼女の妹さん家族三人が着いて来る。

マシュマロいちご園立ち上げの際に手伝ってくれた人達で、飛行機に乗るのも海外に行くのも始めてという。

勿論、費用は割り勘。

富士山、立山黒部アルペンルート辺りを周ろうと思っている。

悲劇:水が出ない!

いちごの水源ラムタコーンの流れが止まって、間もなく涸れそうなのは重大問題だが、それより深刻で差し迫った問題にぶち当たっている。

もう2週間も住んでいる家の水が出ないのだ。

特に、夕方から深夜迄の肝心な時間帯に水が全く出ないのが最悪。

水がないのは致命的だ。人間、水がなければ生きていけないとつくづく思う。

仕事で汗まみれになって帰り、シャワーの蛇口をひねっても、一滴の水も落ちて来ない。汗でねとねとの身体じゃ、気持ち悪くて眠れない。

台所の水も出ないので、調理も出来ないし、既に汚れた食器の山になっている。食器に残った食べ物が腐って気持ち悪いが洗えない。

全自動洗濯機に洗濯物を打ち込んでスイッチを入れても、水が出ないので何も始まらない。

朝起きても、顔も洗えないし、歯も磨けない。

一番困るのは、トイレが流せないことだ。事実上、使えない。

しかし、どうしても💩が我慢出来ない時は、仕方なく用を足し、飲料水で流す。小便の方は、数回溜めてから飲料水で流す。

シャワーが使えないけれども、どうしても汗は流したい。そこで、20リットルの飲料水を使って二人が身体を洗う。

先ず、軽く頭から水を掛けて、頭髪を濡らす。未だ塩辛い水が頬を伝わるが、そこにシャンプーを掛けて頭を洗う。その後、頭は流さないままに身体を洗って、最後に頭から水を被って石鹸分を洗い落とす。少し石鹸分が皮膚に残るが、土埃や汗が着いたままに比べれば、100倍サバイサバイだ。その後、コップ数杯の水で歯磨き。

ここ迄、一人あたり僅か10リットルの水しか使えない。

朝は、半分位の確率で水が少し出るので、その時は行水をし直す。

簡易水道の水が出ないのは理由が2つある。

一つは、雨が降らないので井戸の水が枯れかけていること。

もう一つは、水道上流に洗濯屋があって、少ない水を大量に使うので、下流に水が回って来ない。

こちらもそれなりに鍛えられて逞しくなっているので、なんとか生きていけてるが、こんなのは長くは続けられない。

今年のタイの暑期は干ばつが問題になりそうだ。

土地契約:季節の変わり目

夜空のあちらこちらでピカッ、ピカッと雷光が光り、大きな雷鳴も迫って来た。

空から吹き降ろす冷たい突風が雨が迫って来たのを教えていた。

僕らはカオヤイカーボーイでの食事を切り上げ、家路に着いた。

いちご園への雨は、いちごを腐らせるので歓迎しないが、カオヤイの山々への雨は、いちご園の水源ラムタコーンを潤してくれる筈なので恵みの雨となる。

ラムタコーンはもう流れがほぼ止まり、干上がる寸前なので、今日こそはたっぷり降って欲しいものだ。

雷鳴は、乾期(寒気)が終わり、暑期に入ったことを告げていた。明日からは、もう朝夕に冷え込むことは減り、日中は34℃超えが普通になるだろう。

今日は土地売買の調印式。

と言っても、村の長老(プーヤイ)の立会の下、署名と小切手の受渡しがあるだけだ。

今年A1を買って、来年A2を購入する計画である。

家はA2地区に建てる。

マシュマロちゃんの憧れの家はこんな感じ。

今年は、いくつか木を植える予定。

おじさん

いちご園に来てくれた若くて可愛いお母さんから、「おじさん」と呼ばれた。

そのお母さんは、学生時代の同級マドンナにそっくりで、思わず彼女にしたいと思ったくらいなので、その彼女から「おじさん」と呼ばれて、一瞬チクリと違和感を感じた。

タイに来てから、付き合う女性は皆30未満だったし、いちご農園でも関係者は皆若かったので、自分も同じ位若いように錯覚していたのかも知れない。

しかし、その若いお母さんは多分自分の娘よりも若いので、僕は多分彼女のお父さんよりも年寄りである。

もうじき60になる親父であって、お父さんよりも歳が上なら、「おじさん」という呼び方は全く持って正しい。

そんな当たり前なことも忘れているほど、僕の気持ちは若返っていたのだろうか?

「おじさん」どころか、「お爺さん」と呼ばれたって可笑しくない言うのに。

自分ではまだ少年のつもりのお爺さん。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
18位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
10位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる