赤ちゃん

ワンナムキアオでいちご園をやってる仲間の夫婦に、待望の赤ちゃんが産まれた。

結婚して5年程子供が出来ず、産婦人科に通ってやっと出来た赤ちゃんだった。

子供が大好きなマシュマロちゃんは自分の事の様に喜んで、今日早速ナコンラチャシマことコラートの病院にお見舞い(お祝い?)に行ってきた。昨日、テスコロータスで買わされたお祝い物を沢山持って。

色白で整った顔立ちの女の子。

初産なのに、簡単にポロッと産まれたらしい。お母さんも便秘が晴れたみたいにスッキリしたと元気だった。

一昨日産まれて、今日の夕方もう退院だそうだ。

健康で元気で赤ちゃんだと楽ちんだ。この娘は、僕らの住込みワーカーの胃のない子供と違って、きっと問題なく育ちそうだ。

胃のない子供は、体重が増えないので、数日前からコラートのマハラート病院に入院してしまった。病院は近いが、気が進まず、お見舞いには行かなかった。

せっかく産科病院に来たので、パイプカット再建術について泌尿器科で聞いてきた。

一応、僕のキンタマとカットした精管を手で探って調べて貰った。

英語も話せない医師で苦労したが、医師が言うには、パイプカット再建術は何度かやったことがあり、希望するなら来週でも手術してくれるそうだ。二泊で手術は二時間、費用はざっくり8万バーツ。

手術の前に、ちゃんと使える元気な精子が産生されているかどうかチェックして欲しいと行ったら、パイプカットで精子が出て来ないので、そんなことは出来ないとほざく。精子がなかったらやる意味ないし、精子の有無は注射器刺して吸えば見えるのに何たることか。

手術は顕微鏡下でやるのかと聞いたら、顕微鏡なんかないので目で見て縫うだけだとほざく。

兎に角、くっつければ50%の確率で妊娠出来るとほざく。そんなもの人によるので、ちゃんと検査して見ないと分からんだろうに。50%はもっと若くてパイプカットして10年以内の再建術の場合じゃないのか。

多分、タイでも配偶者間じゃないと出来ない法律だったような気がするが、その辺りは質問もなかった。もともと配偶者間でない子供が多いタイのことだし(結婚しても籍を入れない)、保険が効くわけじゃないので、お金さえ払えばOKって感じ。ただ、8万バーツは高過ぎる。

ただ手術でくっつけて後は知らんという感じだったので、此処で処置するのは止めた方が良いと思った。

まあ、いくつか当たってみて気に入った医師に巡り合ったらやれば良い。精子がダメの確率も高いので、その場合どうするかちゃんと相談に乗ってもらえる施設が良い。

人の赤ちゃんを見に行った序にやることじゃなかったが、タイの一般病院だとこんなもんかと分かったので良かった。

グーグルも区別出来ないツバキと梅子

この頃、と言っても殆ど年始からずっとだが、中共コロナや中共、香港情報のニュースを一日何時間も見ている。

そうして、とても暗い気持ちになる。怒りもあるが、辛く悲しい気持ちに支配されている。

僕の顔に笑顔はなく、嫌な性格の親父になっている。

マシュマロちゃんにだけは優しくしようと思っても、悲しめるばかりなので会話がない。

シアリスを5回飲んでみても効果無しで、朝立ちすらしない。

これこそが中共コロナウイルスの弊害なのかも知れない。

今、僕の心を和ませてくれるのはワンコだけだ。

だから、ベリーに続いて、ツバキの話をしたい。

人生60年で、心底愛し合えたのは、三匹のワンコだけだったかも知れない。

🐕 🐕 🐕

去年、ラブラドールレトリバーの愛犬ツバキが18歳で死んだ。ツバキは僕の愛人だった(訳者注:ヒトにあらず、イヌである。やってない。)

その後、もう犬は飼わないと言っていた妻だが、半年後に再びラブラドールレトリバーを飼い出した。

名前は、梅子だそうだ。

僕は未だ梅子に会ったことがないが、時々梅子の写真を妻や娘が送ってくれる。

同じブラックラブラドールレトリバーなので当然似ている。梅子が青年期になってからは、ますます似てきた。

面白いことに、グーグルフォトで自動顔認識すると、ツバキと梅子は同一人物に分類される。ベリーは区別される。

こちらは2016年のツバキ

もう歳で歩くのがやっとだった。

これが今の梅子。

プロに躾されていて、独りで部屋に居ても良い子で親を待っているそうだ。ツバキよりも偉い。

まあ年齢差はあるが、同じ品種なのでグーグルフォトでは同一人物になる。

グーグルフォトの顔認識機能はなかなか優れていて、妹さん夫婦の娘を、乳児のときから5歳の今迄ちゃんと同一人物だと認識する。なのに、ツバキと梅子は区別出来ない。

こうして写真を見るとツバキを思い出して心が癒やされる。

🐕 🐕 🐕

妻は間もなく会社を辞めて、秋に梅子を連れて家を出て、沖縄の離島辺りで老人介護の仕事を探して住むのだそうだ。

21世紀初頭に、しがないサラリーマンが必死漕いて建てた家だが、20年で誰も住まなくなりそうだ。

借金だけ残った。

ワンコは人の心を癒やす。

死ぬ時は、ワンコに顔をベロベロ舐められて死にたい。

ジジイの味方抗酸化サプリ

この頃、抗酸化物質の効能について、驚くような知見がいくつか出て来た。

抗酸化物質とは、ビタミンC、ビタミンEのような有り触れたビタミン類もあるし、他にも色々ある。

オヤジ臭の元凶は不飽和脂肪酸が酸化することで発生するので、抗酸化物質が体内に十分にあればオヤジ臭くなくなるとか、

ビタミンDが老化を防止するとか、免疫力を高めるとか。

ビタミンDが不足している国ほど、中国共産党コロナ肺炎の死亡率が高いとか(BCG級に巨大な差)、

中国共産党コロナ肺炎は、サイトカインシンドロームが死因みたいだが、抗酸化ビタミン類がシンドロームを抑え死亡率てを下げるという知見も出て来てるとか、

抗酸化サプリメント飲むと、元気な精子の数が増えて、飲まない人より妊娠率が4倍も増えるとか。そのサプリメントには、ビタミンA,B,C,D,EがいっぱいでZnも入ってる。

上のは、前向き無作為試験じゃなくてメタアナリシスだけど、ハムケンの心を射るには十分だった。

それで、いきなり購入しました。

まあ良くあるマルチビタミン剤だけど。

抗酸化作用のあるビタミンA、C、Dがしっかり揃ってる。亜鉛やセレンもある。これでひと箱160バーツ程だったから許せる値段。買ったのは4箱。

息子もこれで元気になって彼女も喜ぶと信じる。 パイプカットで死にかかったタマだけど精子生産量が数倍に増えると信じる。

中国共産党コロナに犯されても、これで重症化は防げると信じる。 イベルメクチンもあるし。

オヤジ臭さも減り、息子の血の巡りを良くする一酸化窒素の酸化も抑制して20代に戻ると信じる。

ともかく、老後防止にも役立つビタミン類を十分に取ることは思いの外重要。特に全身酸化傾向の中高年の味方だ。

「信じる者は救われる。」

何でもある田舎暮らし

余りにも暇なので、ワンナムキアオの妹さん夫婦のところに遊びに行ってきた。

彼らのいちご園も僕らと同時期に終了し、一月以上何もせずぶらぶらしている。

いちご園終了で稼ぎゼロなのに、働かなくても食べ物はいっぱいあった。

田舎からライチが沢山届いていた。

粒もマシュマロいちご園のライチよりも大きい。

とてもジューシーで甘いライチだった。沢山食べたが、食べ切れず8kgくらい貰ってきた。

これはBurmese Grapeの実。鈴なりだった。マシュマロいちご園の後ろにも沢山あって僕は良く食べる。とても酸っぱくて甘いフルーツ。日本で見たことはない。タイ語の名前は忘れた。種が大きく酸っぱいので人気がないが、ビタミンC超豊富思う。

カトーンという実。10センチくらいの大きさ。硬い殻の中に甘い果肉が入ってる。食べるのはちょっと面倒くさい。日本では見たことない。

これも鈴なり。

マヨンことスターグーズベリー

超酸っぱいフルーツ。皮が薄く水分が多い。酸っぱすぎて僕は嫌い。これも鈴なり。

上の2つのフルーツを集めて剥いて、フルーツ保存液に付けてあった。こんなに沢山食べれるのか?

まだ収穫してない実の方がずっと多い。絶対食べきれない。

妹さんの旦那は、何故か鶏を飼うのが好きで、家の周りに50羽程飼っている。殆ど放し飼い。

野生の鶏と地鶏など数種類。

餌は、人間の食べ残しと余りの御飯と庭にいる虫たち。それに時々市販のニワトリの餌をばら撒いて終わり。

今日孵った雛。

勿論、卵も産む。こちらは、まだ抱卵前の卵。

全部有精卵。あちこちで抱卵していて、雛が次々に孵っている。親鶏は可愛くないが雛は可愛い。

僕は売っている鶏の卵よりもウズラの卵の方が好きだ。この鶏の大きさは、良くあるニワトリの卵とウズラの卵の中間くらい。烏骨鶏くらいのサイズか?

上が売ってるニワトリの卵、下が飼ってる庭の卵。

鶏の種類が彼は卵を得る為に鶏を飼っている訳じゃないので、この卵を食べたことがないそうだが、「食ってみたい!」との僕の望みを聞いてくれた。

オレンジ色じゃない黄色の黄身。白身も固い。

塩振って食べたら、とても美味しかった。4つペロリと食べちゃった。

オイラもニワトリ飼ってみようかな。卵取るために。

彼からは、「欲しけりゃやるぞ」と言われているが、ベリーが食べちゃうので、先ず鶏を飼う大き目の巣を作らないといけない。

ケーキも作って食べた。

昼からビールを飲んで、夕方ムーカタをやろうという話になり、仲間を読んでビール飲んで語り合った。

全部でビール6本飲んだ。

それにしても、何で女ばかりなんだろう。

白菜植えの手伝い

「さあ、もう時期雨が降り出すぞ。」

風が吹いて、遠くで雷の音が聞こえてきた。

昨日今日と、僕はワンナムキアオで白菜苗の植付けの手伝いに来ている。

マシュマロちゃんの兄貴が新たに土地を借りて、いちごの農閑期に白菜などの野菜を作って稼ぐことにしたのだ。

彼はいちご狩り園をワンナムキアオで始めた大御所なのに、ワンナムキアオでの競争に負けて、ライバルが少ないブリランでいちご園を始めた。

ワンナムキアオよりは売りが良くなったらしいが、二人の学費と新築した家のローンもあって、僕らと妹さん夫婦から借りていた大金を今年も返せなかった。多分、他からもお金を借りていたので、それを返すのに精一杯だったのだろう。

僕らと妹さん夫婦から、それぞれ50万バーツ以上の借金がある。大金である。普通に一年で返せる額じゃない。

お金が足りない僕らとしては、少しでも返してもらわないと困る訳だが、返す金がない人からお金は取れないので仕方がない。

彼は10ライつまり16000平米を1年20000バーツで借りたらしい。標高は400メートルの平坦地で以前はトウモロコシを育てていたようだ。

乾季の終わりにも、山の麓にある3つの溜池に水がたっぷり溜まっていて、これから大雨が降れば池の水が溢れることはあっても、水が無くなることはなさそう。

ここに、スプリンクラー散水設備を設置し、60000株の白菜を植える。もう7割方植えた。

スプリンクラーを作動させたところ。電気がないので、エンジンポンプで汲み取る。

タイの白菜は、気候のせいか日本のそれよりずっと小さい。日本のはひと抱えもあるが、タイでは片手の掌で持てる程度の大きさで出荷する。値段は変動するが、一つ25バーツ程度だ。

苗は一つ0.6バーツくらいで買えたそうだ。

一月半で出荷出来るそうだ。

いちごシーズン迄に2回出荷できるとすると、一つ20バーツで売ったとして、20 x  60000 x 2 = 240万バーツとなるので、そうなれば僕らにお金を返せるのではないか?

だから、ただで手伝いに来ている。

植え付けは、総勢10名で行う。土に等間隔の穴を開ける人と、セルトレイの苗を穴に植え付ける人に分かれて作業する。僕は始め植え付け係で後半は穴明け係。

面積としては、300 x 300 メートルくらい。スプリンクラーだけで900個あるから、初期投資もかなりあるだろう。

実は大御所兄貴は、前農閑期にタイのトマトに挑戦した。知り合いが成功して良い稼ぎになったからだが、彼は成功しなかった。病気が発生して収量が少なかった上にトマトの値段が下がって、疲れただけで大して儲からなかった。

だから、今回の白菜もどうなるか分からない。

タイで農業で大儲けした話は聞いたことがない。

庭の大掃除

いちごのシーズンが始まってから、半年以上掃除してなかった庭を、住込みワーカーに頼んで掃除してもらった。

ヤリスが停まる場所には、マンゴーが垂れ下がっていたので切った。

こんな風になっていたのでヤリスにぶつかっていた。

ぶつからないように枝を払った。

車に当たる下の部分だけで、こんなにマンゴーが採れた。

まだ上部には二倍以上なっている。

家の前の地面に、ごちゃごちゃに置いてあった道具類を、去年作った木の台に整理して載せた。凄いスッキリした。これで大雨が降っても道具類は濡れない。

玄関前も片付け、落ち葉やゴミを捨てた。

ピックアップトラックの荷台3台分もゴミが出た。

スッキリした。

こういう作業はタイ人ワーカーに任せるのが一番。僕一人なら絶対に出来ない。無収入だったワーカーもお駄賃貰って嬉しそう。

この借家には、丸4年住んだことになる。来年は脱出したい。

初めての自力ビザ更新

今日、コラートのイミグレ(トーモー)に、もう直ぐ切れるビザの更新に行ってきた。

今までは、ややこしい背景があって、バンコクの闇業者に高いお金を払ってやって貰っていたが、もう奴等とは手を切りたかったし、居住地もナコンラチャシマの正しい住所に変えたので、今回は自分一人でやってみた。

結論から言うと、一回で無事に更新出来てしまった。

多くの人には当たり前のことだろうが、僕にとっては快挙である。

去年の10月位に、ビザ取得にはタイ国内で使える医療保険に加入しないといけないとの通知があったが、僕はタイの東京海上の保険に入っているので大丈夫と安心していたら、

保険金額が怪我の場合は40,000バーツ以上

病気の場合は400,000バーツ以以上

補償期間はそれぞれ1年以上

であって、所定の書式に上記を満たす保険に加入しているという証明書を保険会社に発行してもらう必要があり、

リストされた13社の保険会社しか使えない

ことが分かり焦った。

先ず、東京海上は上記の保険会社としてリストされておらず、病気の場合の保険金額の上限は100000しかないので使えない。

僕の歳で、400000バーツ以上となると、一年間の保険料は40000バーツにもなる。

「こりゃあかん」 

と愕然としたが、良く調べて見ると、最近上記の保険が求められるのは、

Non-immigrant O-A

Non-immigrant O-X

の場合に限るとの変更があったと分かった。

つまり、

Non-immigrant―B (就労ビザ)

Non-immigrant―ED (教育ビザ)

Non-immigrant―O (その他)

は必須ではないように書いてある。

ここで、Non-immigrant O-AとNon-immigrant Oの違いだが、

日本のタイ王国大使館には、

Non-immigrant O-Aとは、満50歳以上の退職者長期滞在ビザのことで、Non-immigrant Oとはタイで働く家族への訪問・滞在、タイ国籍の配偶者や子供への訪問・滞在、ボランティア,年金受給者としての滞在など、と書いてある。

これに対して、タイのイミグレのページの説明は上記の逆であり、

Non-immigrant O-Aは日本等タイ国外で発行されるもので、Non-immigrant Oとはタイ国内で発行されるものと書いてあり、整合性がない。

では、今まで自分のパスポートに貼り付けられたビザを調べてみると、手書きでBuainess,  Education, retirement書いてあるだけで、何処にもNon-Immigration B、ED、OとかO-Aとか書いてない。(Re-entry Permitには、NON-IMMとだけ書いてある)

しかし、僕のビザはタイ国内で発行されたものなので、Non-immigrant O-Aではない。

また、Non-immigrant O-Xというビザは聞いたことが無かったが、有効期間が10年もあるビザのようだ。僕ののビザは有効期間1年なので、これでもない。(詳しくはココを参照のこと)。

なんとも分かりにくいが、ともかく上記の保険加入証明書が必要なのは、Non-immigrant O-A、Non-immigrant O-Xだけとなったので安心した。

2時間かかってコラートのイミグレに行き、そこで貰った申請書類を1時間かかって書き、居住地報告TM30や90日レポートがちゃんと貼ってあるパスポートと併せて提出したら、30分と経たないうちにビザの更新が完了した。

ついでに、90日レポートまでイミグレ担当官がやってくれた。

何の罰金も、何の賄賂も払わず、闇業者に高い手数料を取られることなく、一回も出直しを食らうことなく完了した。

これは、僕にとってはタイ滞在7年目にして初の快挙なのだ。

なお、イミグレは新型コロナウイルスの感染が怖かったが、申請書類は屋外で書かされ、書類の不備が無い人だけイミグレのオフィスに入れて貰えた。

イミグレはコロナ非常事態宣言下のせいか人が少なく、屋内では申請者は2メートル以上の間隔を取らないと行けないので、危険を感じることは無かった。

生き残らなけりゃ

このままタイのカオヤイにいることが生き残るために有利なのかどうか分からなくなってきた。

日本の千葉にいるのとカオヤイにいるのと何方が感染する確率が高いのか、今のところ分からない。

何方も感染爆発寸前だ。

どうやって感染を防ぐか、感染したらどうやって死なないようにできるか、そんなことばかり勉強して考えている。

医療崩壊後に感染発病した場合、病院で助けられることは期待出来ないので、自分で生き抜くしかないという前提。

無論、医療崩壊前の早期に感染したなら病院に行きたいが、どの病院が受け付けてくれそうか。(タイの田舎は余り良い病院がない)

PCRもCTも受けられずに、どうやって自分の(あるいはマシュマロちゃんの)感染を察知するか?

効くかも知れない薬剤のうち、自分で入手出来そうなのは何か?

サイトカインストームが起こり、呼吸困難になったとき、どうするか?

手動の人工呼吸器は何処にあるか? 酸素ボンベは何処から買うか?

どうやって肺機能を調べるか? (酸素飽和度を見る機械は用意した。)

免疫力を高め維持する為に何をすべきか? (ビタミンDや葉酸を多く含む幼児用栄養剤を毎日美味しく飲んでいる。ジジイには大切。)

布団のダニをどうやって退治するか。(洗って、過塩素酸水ぶっかけて強烈太陽光線で干すのが1番)

僕とマシュマロちゃんの何方か一方が感染したら、同じ家の中でどうやって生活するか。

とにかく、当たり前だが、僕らは生き残りたい。

このブログの使命は、サバーイサバーイにサバイバルなのだ。タイに来たのが運の尽きで僕だけ死ぬのか?

このカオヤイにいることが幸運なのか不運なのか、それで運命のかなりの部分が決まる。

お金貰って何する?

コロナショックで落ち込んだ経済をテコ入れする為に、各国で現金を国民に配る政策が検討されている。

そこで考えるのは、もし今10万円貰ったらいったい何をするだろう?

景気対策だから、そのまま貯金は御法度で、一月以内に使わなきゃならないとする。

普段と違ってやれることが限られている。

旅行は海外も国内も駄目だし、美味しいレストランも開いてない。

映画館も怖い。デパート等人混みも嫌だし、行ったところで格別欲しいものはない。

となると、家でネットフリックスがディズニーの番組でも観るか? でも、1万円で十分で、とても10万円も使い切れない。今どき、パソコンやスマホ買い替えても何も変わらないし。

まさか本買って読むなんて人はもういないでしょう。

そこで、[あなたならどうする?]大募集!!

この問題は、どういう職種の株が上がるかと言う予想問題でもあるよ。

25周年記念チャーンビア

近所の雑貨屋で見掛けないビールを見た。

良く飲むチャーンビアの創立25周年記念特別バージョンらしい。

1.5リットル入り349バーツ也。

ビールのくせに、シャンペンのようなコルク栓で閉められていて、開けるとポンとシャンペンのような音がした。

今日早速飲んでみた。

普通のチャーンビールのような酸っぱさは無く、呑みやすい癖のない味だった。

寂しく独りで呑んだ。

カオヤイもワンナムキアオも、他のいちご園は来週殆ど終息する。

僕らのいちご園にも平日は人が来なくなった。

コロナのせいでタイ人はもう来ない。

今までは、中国寄りで呆れたことばかり言う腐敗したWHOの事務局長に腹が立っていたが、酔っ払ってみると、巨大組織を率いる首脳部の苦痛が見えて来て、よく頑張ってるなあと逆に感心した。

彼は中国という国をよく知っていて、中国がヘソを曲げたら資金繰りが難しくなり、Covid19の情報収集や他の多くのプロジェクトの運営が行き詰るのを防いだのだと思う。

だからと言って、全く信用できない、嘘100%に決まっている中国政府からの数字を使い続けるのは問題だ。

米国CDCの調査結果の方が遥かに信用出来る。

このウイルスが中国で数ヶ月以内に終息することは、絶対にない。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる