FC2ブログ

いちご最盛期

遅ばせながら、僕らのいちご園に最盛期がやって来た。

遅すぎる感はあるが、その分、他園が無くなって来ているので、お客さんはここへ来る(予定)。

今日、ツアーの下見に来たパンダバスのガイドさんは、いちごを味見して、

「何これ!?日本のいちごより甘いーよ!」

と言ってくれた。

それもそのはず、糖度は、14~19度ある。19度の糖度なんて、日本じゃ無理。

作り笑いがキモい。

黄色の花

(要訂正:植物名が間違っています。後日訂正します。)

多分、この世で一番真っ黄色で大きな花。

今が盛り。

カオヤイとワンナムキアオの中間地点にある。

青い空に黄色が映える。

一つの花は直径10センチ位。

学名は、Cochlospermum regium

英名の一般名は、Yellow Cotton Tree

>タイでは、สุพรรณิการ์

ブリラムとサラブリとウタイタニの県の花

八重と一重があるが、八重が豪華。

これほど黄色の薔薇はない。陽にも褪せない色。

椿のように、咲いているうちに、ボトンと落ちる。そして地面を真っ黄色にする。

葉っぱが無く、花だけやたらにたくさん咲くので、黄色に圧倒されそう。

いちご苗セール

いちご苗を買って、お家でいちご狩りしましょう!

200 bahts/2 trees

500 bahts /6 trees

1000 bahts/16 trees

more to be discussed.

庭のマンゴー

借家の庭に植えてある大きなマンゴー(タイ語ではマムアン)の木。

茂り過ぎて、去年バッサリと剪定したら、今年は多くの実が成り出した。

命の危険を感じて、今のうちに多くの子孫を残しておこうと思ったのだろうか。

これらが3月から4月にかけて美味しく熟す。

マンゴーには非常に多くの種類があって、僕もぱっと見では見分けられない。庭のマンゴーは良くある種類だが、今ひとつ甘みが少なくて酸っぱいのが残念。

マンゴーは僕もマシュマロちゃんも大好物で、時期には毎食のように食べている。

美味しいマンゴーの見分け方:お店で高いマンゴーを買うこと。

ハメケン激怒

性格温厚で、何時もへらへらしているハムケンだが、この前、珍しく激昂した。

もう一月も前のことだ。

あまりにも腹が立って、相手を殴り倒すか、余程痛い目に会わせてやらないと気が済まかったのだが、悲しいことに腹が立った時には、もうその相手は手の届かないところに居た。

腹が立って夜中に眠れないし、仕事中も精神衛生宜しくなく、酒も増えるし、健康には良くなかった。

それを見ていたマシュマロちゃんは言った。

「あなたが怒る気持ちは分かるけど、もう怒らないで。今更怒っても何も変わらないし。こんなことは、日本ではないとしても、タイでは普通のこと。もう怒るのを止めて忘れた方が良い。」

そう言われて、僕は暫く怒りを封印することにした。

それから一ヶ月、僕はそのことについて考えない事にした。ブログにも書いてない。

その間、マシュマロちゃんが肺炎で入院したし、僕らが不在の間、どうやっていちご園を仕切ってゆくかといった差し迫った課題に追われて、本当に怒りを封印していた。

しかし、今振り返ってみると、やはり腹が立つ。

もう済んだことだし、こちらの被害は上手く乗り越えたので、今となってはどうってことはないのだが、不愉快極まりない記憶であることには変わりはない。

せっかく煮え繰り返った腹が収まりつつあるので、詳細に経緯を書くのは、もうちょっと先にすることにしたいが、腹が立った相手と言うのは、住込みワーカーのことである。

あいつら、悪気は無さそうだが、人間失格だ。

この俺様との、幾度かの堅い約束をへらへらとぶち破った。

努力して培ってきた信頼関係を屁の如く放り去った。

何時ものように、義理と恩義と仇で返してくれた。

しかし、本人はそれ程悪いことをしたという認識はない。

ただ、ちょっと気が変わっただけだ。

全ては自由。自分の都合優先。人への迷惑なんて関係ない。

今頃、もしかして後悔しているかも知れないが、後悔しているのは僕を裏切った事では無くて、割が良い仕事を無くして、不毛な貧乏生活に戻ったことだけだろう。

マシュマロいちご園大健闘

FBの宣伝効果か風の噂か知らないけれど、ワンナムキアオのマシュマロいちご園ことファーサイでいちごが最盛期になって、客足が一気に増えた。

これまで、マシュマロいちご園の売上は、連日カオヤイ農園ことライペンディントーンの半分にも届かなかったのに、この週末は遂にカオヤイを超えた。

今日日曜日の粗利益は、驚きの9万バーツ。二つのいちご園の土日の売上は、25バーツに届いた。

今季最高の出来高で、マシュマロちゃんの鼻も高い(訳者注:実際の鼻は低い)。

流石に大忙しだったようで、先天性奇形で産まれた子の世話で手が放せなかった住込み夫婦のお母さんも、ピーク時にはお店を手伝ってくれたそうだ(訳者注:子どもの状態が予定外だった為、出産後まだ仕事に就いてなかった)。

やっぱり、良いいちごがあるいちご園にはお客さんは集まるのだ。

カオヤイも今年最高の売りとなり、売り子の二人には500バーツのボーナスを上げた。高校生の娘(訳者注:お客さんからハムケンの本当の娘と良く勘違いされる)の方は、通常500バーツにプラス500で、一日1000バーツとなった訳で、彼女はホクホクだった。

(訳者注:今日の売りは瞬間最大風速であって、普段は無風の閑古鳥)

今日のカオヤイのいちご

カオヤイ農園のいちごは、このところの異常高温で小さいうちから赤く熟してしまう為、大粒は少なくなってしまった。

これに対して、マシュマロいちご園は、これまでお客さんが少なかったせいもあり、大粒いちごがたっぷりある。

来週は、マシュマロいちご園からのいちごをカオヤイの店先でどんどん売るつもりだ。

カオヤイ農園の方は、C区画がメインだったが、あと一週間でA区画、B区画がピークを迎えそうなので、その頃はまた大粒いちごが採れるだろう。

ほぼ全ての株に花と若い実が着いたB区画

少し肥料落ち臭いが、株の状態は良好で、スリップスも皆無。きっと美味しい実を着けてくれるだろう。

ほんの少しの違い

知り合いが、胸にグサッと刺さる名言を紹介してくれた。

人生の羅針盤の為に転載。

❴ほんの少しの違い❵

できない人は言葉で説得し
できる人は行動で説得する


できない人は話したがり
できる人は聞きたがる


できない人はお金を求め
できる人は成長を求める

できない人は過去にこだわり
できる人は未来にこだわる

できない人は不可能と思い
できる人は可能と思う

できない人は他人のせいにして
できる人は自分のせいにする

できる人もできない人も
能力にほとんど差はない

ほんの少しの意識の違いによって
結果に差が生まれる。

まだ残りがたっぷりある(つもりの)人生をより豊かなものにするために、しっかり覚えておこうと思った。

異常高温

なんてこったい!

遂に体温超え。南風でフェーン現象か? 

南風はバンコクからPM2.5も連れて来た。

山が白く霞む。

自宅の近所のいちご園では積雪の模様。

温度差凄い。

カオヤイ花ごよみ

高温乾燥にもかかわらず、美しく咲いている花達に癒やされる。 

ソンクラーンの頃の暑さ

こんな救急車なら乗っても良い!?

この一月で、マシュマロちゃんは2回も救急車に乗った。そして僕は、付き添いで1回。

乗ったのはバンコク病院の白地の如何にも救急車って感じだった。

救急車なんて一生、死ぬまで乗りたくないが、こんな救急車だったら、少しは気持ち良いだろうか?

これはカオヤイ農園隣のテーサヴァンの救急車

日本の救急車も、こんなアニメでも描いてみても良いんじゃないかな。

但し、タクシー代わりに利用されないように、一回10000円取るとか。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
24位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
12位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる