真っ赤ないちご

この頃は、ワンナムキアオのマシュマロいちご園でも、カオヤイのいちご園でも、真っ赤に完熟した糖度の高いいちごが採れる。







お客さんから、
「これは日本のイチゴだろう? タイにこんな甘いイチゴは無いよ。」
と聞かれるが、正真正銘タイのいちごなのである(極一部、日本のいちごも試験中)。

どうしてこんなに甘いのかと聞かれれば、
「それは、明るい日差しで完熟させるからだよ。」
と答える。

温室で育てたイチゴには、これ程コクのある甘さのいちごは滅多にないと思う。

カオヤイやワンナムキアオの競合いちご園の中でも、僕らのいちごの株が一番元気で綺麗だし、いちご園も花で綺麗だし、お店も一番綺麗だと思う。

5年目でやっとこの地区での王者になった。

全部、マシュマロちゃんの努力の賜物である。

今期は水不足はなさそう

カオヤイいちご園の一部は、未だに地面から水が染み出して来ていて、長靴なしでは歩けないところがある。

去年の10月に降った大雨が、山から地下を通って湧いて来ているので防ぎようがない。
それにしても、大雨から3ヶ月も経っているのに水が引かないとは全くの想定外。

溜池の水も、ポンプが水面に出るまで水抜きをしたが、それ以降水は減らず、未だに満水状態である。

我らが水源の沢ラムタコーンの水も、去年の同時期より40センチ程水位が高い。










と言う訳で、多分今年は水不足に悩まされることはないだろうと思う。

これは、運が良い思うべきだろう。

こんなフラワーガーデンやってみたい

いちご園の客寄せとしてやっている花壇がとても好評で、もしかするといちご以上に好まれている。

僕らも花は好きだし、これまでの経験で、タイの気候でどんな花が育つか分かったので、いちご園のバックアップとして、フラワーガーデンをやってみたいと思っている。

イメージとしては、北海道富良野のフラワーガーデン。
もしこんなのが出来たら、お客さんがいっぱい来るのは間違いないだろう。













フラワーガーデンに適した土地もいくつか見付けた。

問題は、充分な水が確保できるかどうか。

それから、花のシーズンがどうしてもいちごのシーズンと重なるので、今のマンパワーでは到底無料だろうこと。

ただ、今借りている二箇所のいちご園の土地は、もし買い手がついたらもうできなくなるので、その場合食いっぱぐれしないように考えておかなければならない。

ただ、入園料だけではいちご園ほどお金を得るのは無理だろうから、カフェか花関連の売店も用意しないといけないので、直ぐにパッと始められる訳じゃない。

歴史的な大停電

中国で歴史的な大停電が続いている。
遂に、上海や北京も停電した。
これは、オーストラリアからの石炭輸入を中共が止めたために石炭が不足して発電が出来なくなった為と言われているが、ハムケン探偵は多分軍事攻撃によるものだと思う。

中国以外に、イタリア、バチカン、ベルリン、ベネズエラが停電したが、どれも米国大統領選挙データ改ざんと中共への軍事技術移管が関連している。

アメリカでは、昨日は、カリフォルニア、オレゴン、テキサス、ペンシルバニア、ルイジアナが停電した。
今日も、ワシントン州で大規模停電、オレゴン、アイダホ、モンタナが停電中。

ハムケン探偵の予想では、明日以降20日迄の間にワシントンDCが大停電する。

これらの停電は、2週間以上前から(一部半年以上前から)予測されていた。
(これが、僕が未来を知っている宇宙人がいるのではと感じた理由)

米軍が(ロシア軍が電磁波攻撃で協力したという説もある)、大統領選挙データ改ざんの犯人と協力者、ディープステートの要人、ワシントンの沼の一斉逮捕を密かに穏やかに実施する為に行っていると一部の人達の間で言われている。

既に何人かは行方不明となっている。

1万人を超える逮捕者を隔離するためのグアンタナモ収容所の拡張工事も終了している。

これらの陰謀論めいた話は、Qアノン信者の間では有名だが、この頃はQアノン信者でなくても多く信じられるようになって来た。

真相が分かるのは20日以降になるだろう。

今、暗闇の中で、歴史的大事件が進行しているのかも知れない。

抗うつ薬買った

余りにも気分が晴れないので、プロザックというSSRI抗うつ薬を買った。

先ずは僕が飲んでみる。

これで少しでも気持ちが晴れれば御の字。

マシュマロちゃんの不穏時にも飲ませてみたい。

いちご家族来たる!

今朝、カオヤイ農園にいちご家族が来た。
それだけ。

カオヤイ農園 お客さんの写真

カオヤイ農園に来たお客さんが写してフェイスブックに投稿した写真は僕の人生の大切な記憶

気分が落ち込んで、何をやっても楽しくない自分を少しだけ励ましてくれる。



















































第二波の到来

今年の自分はさっぱりパッとしないが、2つのいちご園のいちごの苗はこれまでで一番美しい。
特に葉の色艶が良いのだ。
肥料のカリウム分を増やしたのが正解と見ている。
あと、スリップスやダニは殺すが、人には無害の超高い農薬を万単位で使っていることも大きい。
いちご苗が元気な時は、これから沢山美味しい実が成ることを予感させるので期待している。
朝の最低気温は12℃以下になって寒いが、昼は29℃まで上がって温かい。
こういう気温差が良い実を成らすなので、第二波の盛りはお客さんを喜ばせてくれるだろう。
お客さんが来ればの話だが。




























隣のカフェ 流行ってるじゃん!

僕らが買った土地の2つ隣に、オーナーがコーヒーショップを造り出したことは以前にも書いた。

前月、そのカフェが誕生して営業開始したので行ってみたら驚いた。

なんと、流行ってるではないか!

こう言っちゃ悪いが、絶対にお客さん来ないと思っていた。

何故なら、車道から離れていて道路から全く見えないから。

よっぽどフェイスブックやグーグルマップ等で宣伝しても、場所を探して迄来るお客さんは少ないと思ったし、道から見えないカフェに飛び込みで来るお客さんいないと思ったから。

ところが、行って見ると駐車場には車が10台以上(多い時は15台)もいたのだ。

その駐車場というのが、実は僕らの買った土地で、タダで駐車場として使わせてあげている。

オーナーに聞いてみたら、フェイスブックで宣伝しているだけと言う。

そのフェイスブックには綺麗な写真が載っていた(こちら)Link

以下、順不同だが、そのカフェの様子を写した写真だ。






ここが僕らが買った土地。
硬い砂を敷いたのでスッキリした。

駐車場から見たカフェ。
カフェ自体はこじんまりしている。








宇宙人

地球人よ、よく聞け。

我々は宇宙人だ。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
1位
サブジャンルランキングを見る>>
現在閲覧者数
現在の閲覧者数:
閲覧者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる