安オーブン買ってみた

いちご園で生き抜く為には、集客と客単価を向上させないといけない。

この2年で、最も効率よく集客出来る広告は、お客さんの車の数と分かった。たくさん車が停まっているところが良さそうに思える訳で、当たり前のことである。

そのためには、一度立ち寄ってくれたお客さんの滞在時間を長くするのが一つの手だ。

そのためには、単にいちごを売るだけでなく、そこで一服してもらうのが良い。

そのために、来季はコーヒーとスイーツを始めるつもりだ。

スイーツは、簡単で手間がかからず且つ独特のものが良い。スイーツの候補は、

紅はるかの甘い焼き芋のカットとホイップクリーム

千葉のいちご園で見て来たストロベリーピザ

クリームチーズケーキいちご入り

ラベンダーと生いちご入りソフトクリーム

いちごジャム手作りパン

などを検討してみたいと思っている。

(他にもサラダ、野菜ジュース、甘い生トマトジュース、安いヨーグルトスノーアイス、アメリカンホットドッグなどやるかもしれない。)

焼き芋とピザとパンに共通するのは、オーブンが要るということ。千葉のいちご園で見たような耐熱レンガの窯を作るのが宿題だったが、窯を上手く作れる自信が全然ない。仮に上手く作れたとしても、多分結構高くつく。更には、薪は高いし火の管理が大変そうだ。そこで、調理店用のガスオーブンの中古辺りを探したほうが良さそうに思えた。

しかし、その前に、果たして僕らに美味しいピザやパンが作れるのかどうか試して見る必要があった(焼き芋は美味しく出来ることを確認済み)。

そこで、数日前、安い電気オーブンを買ってみた。

安い電熱家電で有名なOTTO製。上下電熱器と温風ファンが付いている。値段はMakroで1960バーツだったかな? まあ、オーブントースターに毛が生えたようなもの。

が、しかし、これまでにドライイーストで発酵させたソーセージパン、具たっぷりのピザ、手作りジャムを使ったストロベリーピザ、そしてクリームチーズとクリームを使ったチーズケーキをトライし、いずれもはじめての割には上手く出来た。

具がとろけてはみ出したのは愛嬌

ちょっと焼き過ぎたチーズケーキ

でも味はGOOD!

ソーセージパンは写真取り忘れたけど、いい感じに焼けて美味しかった。

何も考えず、何も工夫せず、レシピ通りにやったので、ある程度美味しく出来るのは当たり前か。

ピザは、注文が入ってからオーブンの予熱を始めてたんじゃ、お客さんは帰っちゃうので、そこが問題。

千葉のいちご園ではお客さんにトッピングさせていた。こうすることで、単に商品を売るのじゃなくて、体験を売ることになり、待つのも楽し、型が崩れても楽し、ということになる。これ重要ポイント。

まあ、いろいろやってみて、行けそうなものを選んでやってみればいいだろう。

エアロビとダイエット

この二週間余り、僕とマシュマロちゃんは、エアロビとダイエットに挑戦している。

動機は言うまでもなく太り過ぎだから。

自分に関しては、日本に帰った際に受けた腹部のCTで、内臓脂肪が正常値の倍もあることが分かった。肝臓は勿論フォアグラである。

これがその時の画像。分かりやすくする為に、皮下脂肪を青、内臓脂肪を赤にしてある。

腰と腹の皮下脂肪も凄いが、腹の中が脂肪だらけの真っ赤っか。内蔵の隙間もない程の脂肪。このまま行くと、糖尿病まっしぐらとか。

マシュマロちゃんは検査受けてないけど、もっと真っ赤なのは明らか。

まあ振り返って見れば、いちご園が終ったこの時期は楽して美味しいご飯を食べるので、二人共肥る時期であって、これから農作業が始まれば10キロ近く痩せるだろうから、放っておいても良いかなとも思ったが、見苦しいのと、身体が重くて動きにくいし、メタボリックシンドロームになっちゃうのも嫌なので(もうなってる?)、二人でダイエットをすることになった。

1. 食事療法

つまり、油分とご飯の量を減らし、野菜を沢山食べる。腹7分目でやめる。ビールは、マシュマロちゃんから2日に一回缶ビール小サイズ1個のみに制限されている。殺す気か!? しかし、何故かワインはOKとのことで、お陰様で死なずに済んでいる。

2.  エアロビクス

YouTubeで初心者向けエアロビの動画が沢山ある。これを見ながら、真似っ子して汗をかく。30分やると全身ヌルヌルローションを塗ったみたいに汗びっしょりになる。二人共、身体が重くて、インストラクターの軽快な動きについていけないし、動きが鈍臭くて笑っちゃうが、誰も見てないので良しとする。

途中成績

ハムケン:1ヶ月前の体重から、2.7kg減少。心なしか腹が少し減っこんだ気がする。

マシュマロちゃん:1ヶ月前の体重から、1.5kg減少。

ダイエットを主導する彼女の方が成績悪い。食事制限がきつ過ぎて、数日毎に馬鹿食いするから。

まあしかし、このペースで行けば、3か月後には内臓脂肪は半分程度に減ってるんじゃない??

快晴のち雷雨

日本に帰る前に、出来るだけ除草はして行った。

なのに、日本、カンボジアから帰ると、園内は草茫々。

この草を取り除き、生き残っているいちごの株を枯らした後、いちご株のビニールポット(ポリエチレンだけど)を集めて、培養土のココナッツがらを回収し、畝とウォーターシステムの補修をするのが、当面の仕事。

なのに、未だに除草が終わらない。

朝は快晴で除草日和なのに、午後1時か2時になると、必ず雷雨になって除草剤を洗い流してくれる。

全く持って時間と除草剤の無駄。今日もお昼に散布し終わって、やれやれと思ったら2時から雷雨。

それでも、散布から1~2時間雨に当たらなかったところは、薬が効き出して枯れ始めた。

と言うことで、今日を持って、8,000平方メートルのいちご園+取水口迄の400メートルの電気配線周り、それからお店と道路の間の駐車スペースと花壇周辺の除草剤散布が完了した。完了したと言っても、数週間後にはまた草は生えてくるので、飽くまでも第一段階が終わっただけだが。

ワンナムキアオのマシュマロいちご園は手付かずで、明日から除草を始めるつもり(意欲があれば)。

除草シートなどを敷いて、もう一生草が生えて来ないようにしたいが、全部やると10km以上の長さになるので、仮に1m100円だったとしても、全部で100万円になってしまう為、とても買えない。ああ、でも除草シート欲しい!

除草が終わったら、サツマイモの中耕と伸びたツルを取って空いた場所に定植し、それが終わったら一泊くらいで旅行したあい。

シェムリアップ紀行:食えなかったシジミ

遺跡に行く途中の道端で売っていた貝。

一旦通り過ぎたトゥクトゥクをUターンさせて行ってみると、

タイでよく売っている赤い血のサルボウではなくて、シジミだった。

海の貝で生きていたのなら心配なく食べられるが、淡水の貝で死んでいるとなると、ちょっと怖い。

茹でてあれば美味しく食べられるが、貝殻は固く閉じていて茹でてはないようだ。

聞いてみると、塩と唐辛子を振って、こうして太陽の熱で半煮えにしているのだそうだ。

とにかく、約500グラム1.5ドルで買ってみた。

しかし、食べようと思っても貝殻が開かない。一つトゥクトゥク運ちゃんに開いて貰って、中身を見てみると、ベトベトな感じで匂いもきつかった。

せっかく食べようと思っても買ったものの、お腹を壊しそうだったので食べるのをやめて、トゥクトゥクの兄さんにあげてしまった。

シェムリアップ紀行:Banteay Srey Butterfly Center

10世紀に作られ、ジャヤーバルマン7世が1200年頃補修したと言われるSrah Srangという貯水池は何度も通った。

今でも水をたたえ、庶民の憩いの場所になっている。他の多くの貯水池は、泥で埋まって使えなくなっているのと対照的。

その貯水池の正面に、Banteay Kdei という素晴らしい遺跡がある。その遺跡の近くにBanteay Srey Butterfly Centerという蝶々センターがあったので行ってみた。ここはかなりマイナーな上、遺跡とは関係ないので、行ったことがない人が多いのでは?

とても長閑な田舎街。

観光客相手に売っているのは、パームの砂糖。

さて、本題の蝶センターは、そんな街にある。

なかなかいい写真でしょう?

サナギのコーナーもある。

羽化は高頻度で失敗するらしい。羽に体液が上手く回らないのだ。そんな蝶は跳べないので、見かけることはないが、厳しい現実を知ってしまった。

僕の指にウンチ吹っかけて、今まさに初飛行しようとする蝶。

僕は昆虫大好き。この施設のガイドは相当蝶々に詳しかった。

もちろん、幼虫コーナーもある。

という訳で、蝶々センターでした。

自転車が庶民の移動手段

バイク用のガソリン

ガソリンスタンドは殆ど見かけないが、オートバイ、トゥクトゥクはこのガソリン売りで充分便利。

お酒、飲み物、生活必需品はタイからの輸入品が多い。

ドローン初飛行

ドローン初飛行の動画はこちら

DJI Go4というスマホコントロールアップで編集したのはこちら

ドローン買ってまった

マシュマロちゃんは未だ仕事を始める気運が出来てないらしく、今日はコラートに買い物と映画を観に行きたいと言うので、渋々行ってきた。

どうせ行くなら、未だ行ったことがない、新しく出来たセントラル·ナコンラチャシマに行ってみた。コラートも以前はThe Mallだけだったのに、今やTerminal 21有りのセントラル有りの一端の都市になった。

しかし、シネマはアヴェンチャー1色。アヴェンチャーは先週既に観たのでパス。他には観たいプログラムがなかった。

映画を見損なって、じゃあスマホを買い換えるかということになり、気に入っていたSamsung S9+を物色したが、32,000バーツオーバーの価格に尻込みした。確かに、カメラやCPUのスペックは凄いが、2年使うか使わないか分からないスマホにしては、どう見てもオーバースペック、オーバープライスに思えた。

それでスマホ買うのも止めてブラブラしていたら、ドローンのトップメーカーのDJIのコーナーに来た。

ドローンは何時か買いたいと思っていたが、Phantom 4 Pro は如何にも大きく持ち運びに何があるし、何より高過ぎるから駄目だ。もっと安くて小さいのが欲しい、と話していたら、店員が「これがお勧めです」と言って実演して見せたのが、DJI Mavic Air。

折り畳むと、ミラーレス一眼カメラくらいになる。ポケットには入らないが、小さなバックに充分収まる。

ケース、バッテリー3つ、換えプロペラ2セットなどが付いているコンボセットが37500バーツだった。無いのはメモリーカードのみ(本体内に8Gのメモリーはある)で、他に何も買い足す必要が無いのが気に入った。

更に僕のココロを射止めたのは、4Kビデオ撮影可能な3軸ジンバル(スタビライザー)付きカメラと、高度操縦支援システム付きなところ。これにより、ブレのない映像と、自動衝突回避が達成されるのだそうだ。

細かいスペック等は、こちらの公式ページを参照あれ。

売り場で実際に操縦させてもらったが、思ったより簡単だった。なんか気軽に使えそうだし、小さいくせに最新技術が詰め込んであるようで、止めときゃ良いのに、ハムケンは買ってしまった。

買ってから、ネットでレビューを見たら、かなり高評価の製品のようでホッとした。

一言で言うと、空飛ぶデジカメ。

旅行にも連れて行くし、仕事にも使うつもり。

ビデオをこのブログに埋め込む方法が分からないが、YouTubeには4Kでもアップ出来るので、空飛ぶデジカメで撮った映像をこのブログにも載せていきたい。

シェムリアップ紀行:遺跡の岩ラテライト

アンコール遺跡群を訪れた人は、遺跡が主に二種類の岩で出来ていることに気付く。

一つは、骨格部分や基礎部分に多く使われる赤くて穴だらけの岩。

本当に空隙だらけ。まるで軽石みたいな火山岩に見えるが、アンコール遺跡群の近くに火山はない。それに、とても固くて重い。

この岩はラテライトという。ラテライトとは、イサーン大地を含むインドシナ半島を覆う赤い不毛な土のこと。日本にはない。

ウィキペディアでは、こんなふうに書かれている。

サバナや熱帯雨林に分布する。地表の風化物として生成された膠結物質(粒子間に鉱物が入り込み、それが接着作用をしたもの)である。雨季に有機質が微生物により分解することに加えて珪酸分や塩基類が溶脱したことにより残った鉄やアルミニウムなど金属元素の水酸化物が表面に集積して形成される。

構成鉱物は主に針鉄鉱、ギブス石、ダイアスポアなどで、インドシナ半島およびインド、キューバなどサバナ気候地方に広く分布している。やせ土なため農業には向いていないが、インドでは煉瓦をつくる原料に利用されている。

なにやら難しいが、要は石灰岩などが雨で侵食されて土になり、そこに水に溶けるものは溶け出し、残った重金属がくっつきあって岩になったもので、火成岩でも堆積岩でもない。穴だらけのくせにとても固くて重い。

どこかで見たような気がすると思っていたら、カオヤイの借家の庭に敷いてあった。

ラテライトは丈夫だけれど、穴だらけで表面はゴツゴツなので、彫刻には適さない。

もう一つは砂岩。

砂岩は風雨で削られ安い。人為的に剥がされる時は、多分火で熱せられて割られている。王や神の部分は黒く焦げていることが多い。

遺跡の城壁や塔の骨格部分はラテライトを積み上げて作られていて、その表面に彫刻された砂岩で覆う感じだ。

城壁や参道などは、ラテライトのブロックだけのところも多い。

このラテライトも砂岩も、アンコール遺跡の北東の丘陵地帯から運ばれて来たらしいが、こんなにたくさんどうやって持って来たのか不思議だ。こんな重い物を運ぶなんて、辛い仕事だったに違いない。

今ならコンクリートで作るんだろうけど、もしもアンコール遺跡がコンクリートで作られていたなら、熱帯モンスーン気候のカンボジアでは、見る陰もなく溶けて壊れていただろう。

除草は苦労の始まり

カンボジアからタイに戻って、早速の仕事は除草。

雑草のみならず、本家のいちご株にも枯れてもらわないといけない。

カンボジア旅行中、カオヤイもワンナムキアオも雨がとても降って、紅はるかには良かったが、雑草にも良かった。お陰で、雑草の背丈はいちごを超えて、我が農園は雑草園と化した。

除草は今日で3日目。でも、未だカオヤイが終わらない。もうすでに、グライフォセートを200リットルタンク5杯半分も散布したのに。

理由は、

1 朝寝坊

2 夕立

朝寝坊は許して貰うとして、悲しいのは夕立。

いつも午後の部の除草剤散布が徒労に終わる。

空を見ながら仕事をするのだが、夕立の予想はいつも外れる。

昨日は大きな積乱雲が昼から立ち上がったので、雲の動きを注意深く見ていたが、雲はこちらには寄って来ず、夕立はやり過ごせると思った。夕立は、500メートル外れれば幾ら向こうで稲光が走ろうが人畜無害である。その時も外れると思った。ところが、急に雲がこちら側に降りてきて、そろそろ雨だから除草剤散布を終わりにしようと思った矢先に、急に土砂降りになった。

それから1時間も降り続き、バケツに10センチもの水が溜まった。カオヤイ農園の水路は濁流になり、何十トンもの水が溜池に流れ込んだ。

午後から2時間かけて散布した除草剤は、見事に流され、僕たちの努力は文字通り水の泡となった。

こんな日が続くのである。

今日は、マシュマロちゃんはやる気をなくして、ベッドでうだうだ。僕一人でカオヤイ農園に行って、紅はるかの周りに除草剤を散いたが、お昼には夕立となり、虚しく帰還した。

未だ、昨日今日のやり直しと、トイレからラムタコーンの取水ポンプ迄の道の除草が残っている。

それが完了すれば、今度はワンナムキアオ。

草取りは果てしなく続く。

シェムリアップ紀行:ラピュタとトゥームレイダーその1

アンコールトムのバイヨン遺跡も良かったが、僕が最も興味深かったのは、アンコールトムの直ぐ北側にあるプリヤ・カーン (Preah Khan) と東側にあるタ・プロームTa Prohm )だった。最も偉大な王として知られるジャヤーバルマン7世の、それぞれ父親と母親を祀ったところ。

天空の城ラピュタのモデルはベンメリア遺跡という説が有力だが、プリヤカーンとタプロームも十分にそのイメージを醸し出している。

タプローム遺跡は、実際にトゥームレイダーの映画の撮影に使われた。小さな女の子が遺跡の窓に現れては消える魔界のシーンだ。なので、人気絶大で某大陸からの団体様で何時もごった返していた。人気なので、修復作業中のところが多く、行けないところが多かった。

プリヤカーンは、アンコールワットに迫る敷地の広さがあるが、修復は余り進んでなく、タプローム同じく大きな木が遺跡を覆うように生えていて、神秘的だった。

が、僕を一番惹きつけたのは、そのレリーフとリンテル。

先ずは、プリヤカーンから。現地語では、プラカーンと聞こえた。

ここが外門。ナーガが凄い。

建物は大きくはない。

ここのナーガは凄い タイだと7つの首を持った大蛇多いが、これは何だろう。

まぐさ石もよく残っていた。

新しく彫られたような深くて美しいまぐさ石だが割れているところからオリジナルかも。

アプサラは天女であり、踊り子でもある。アプサラは発音から阿修羅のことかと思ったら、阿修羅が乳海撹拌で生まれた水の精、天女だった。

まぐさ石の中央は神格化された王である場合が多く、殆どのまぐさ石で後日征服者から削られているが、残っている物もある。

こんなの良く残っていたもんだ。アンコール博物館にもあった。意味は分からないが、きっと王様と妃。

危険なところが多いからか、レリーフの盗難が多いからか、遺跡監視員が何人もいた。彼らの一人にツーショットを撮って貰った。

落っこちたままのまぐさ石。

砂岩の色から修復のようでもあるが、大きく欠けているから、やっぱりオリジナルだろうか。

壁の上に根付いた木がこんなになった。

これがアプサラの踊り。こんな踊り観たことない。楽しそうだが、すごく変。このポーズのアプサラのお土産が人気。

凄い巨木。樹齢は400年とか。

巨木は遺跡を破壊しているという説と倒壊から守っているという説がある。

素晴らしい過ぎる。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内