火星にあるオヤジ基地

グーグルマーズで火星の表面に、オヤジの頭の形をした巨大基地(?)が発見された。

頭の大きさは直径1キロ以上。

周囲に台形の頂点に直径100メートル以上ある丸いドームがある。

これが自然に出来た地形なのか、はたまたオヤジ好きの知的生物が作った基地なのか、真相が分かるのはいつの頃だろうか?

いちご満載カオヤイ農園

真っ赤に完熟したいちごが満載になったカオヤイ農園に、多くの観光客がいちご狩りに来た。

数百名が朝から夕暮れ迄、いちごを採っても、まだ無くならない。

1キロ以上採ったら2割匹のキャンペーンが功を奏し、沢山採ってくるお客さんも増えた。

まだ大粒はないが、甘さは抜群で、お客さんは大喜び。

糖度は15%になった。これ程甘いいちごは日本にもそう多くはない。

皆が皆、いちご狩りをするので、取り寄せのいちごが売れなくて困った。思いっきり値段を下げてみたが効果なし。

見た目も味も全然違うので、仕方がないことだけど。

明日は今日より観光客が増えるはずなので、きっとお昼過ぎには農園の完熟いちごは無くなるだろう。

明日新たに届くいちごと今日売り切れなかったいちごを合わせると、70キロ程になるので、これをどう裁くかが鍵。

カオヤイにいちごハリボテ完成

大きないちごの模型を農園に飾りたくて、知恵を絞ってみたけれど、出来たのはいちごのお化け(ピー)。

近くで見るとお化けだが、緑のガクを付けて遠くに置けば立派なオブジェになった。そこで記念写真を撮る人も居て、無いよりはマシな存在になった。

しかし、マシュマロちゃんの新聞紙ハリボテよりも醜い。マシュマロちゃんは勝者に、僕は惨めな敗者になって、マシュマロちゃん方式で大きいのを作ることになった。

先日、眼が赤く腫れた日に、彼女は突貫工事で大きなハリボテいちごを作ってくれた。

ノリが乾かぬうちに、シールドや速乾性エナメルのペンキを塗ってしまったので、多分雨季に壊れるが、乾季のいちごシーズン中は耐えてくれるかも知れない。

如何にもハリボテ風なのが気に入らないが、僕のお化けいちごよりは良い。

道路脇に置きたかったが、道路管理局に壊されて撤去されると嫌なので、道路から3メートル離れた位置に設置した。

割りと遠くからでも見えて、車の運転手に、ここにいちご園があることをアピールしてくれそう。

眼が痛いのに、頑張ってくれたマシュマロちゃんに感謝、感謝。

バラクーダのフライ

ダイバーならよく知っているバラクーダこと南洋オニカマス。

獰猛とされているが、いつも水面下数メートルで群れを成してダラダラと漂っているだけで、至って大人しい魚という印象しかない。

一度、イワシの群れを襲っているのを見たが、10回ダッシュしても1回もイワシが食えない有様で、どんくさかった。

カマスなので、白身で淡白な身で美味しい。

バラクーダはタオ島のリゾートでも食べたが、マクロで1キロ級なのがキロ100バーツ程度で売っていたので買って来た。

長さは70センチ弱くらいだった。眼が赤いのは仕方がない。

今夜はこれをフライにしてみた。

マシュマロちゃんの友人が揚げたので、ちょっと揚げ過ぎだった。なにしろ、タイ人はガスコンロは如何なる場合も常に最強で使うので。

衣は硬かったけれど、魚の肉は美味かった。

本当は塩焼きにしたかったが、魚を焼く網がなかったのと、塩味だけだとタイ人には物足りないかなと思ってフライにした。

フライにすると、どんな魚も臭くないし、おかずの量としても増えるのでおすすめだ。

僕は出汁醤油とトンカツソースで食べたが、マシュマロちゃんの友人は甘辛いナムチンだった。何でもナムチンなのは、何でも醤油の日本と同じ。だけど、あの甘辛くてニンニク臭いのは、ビールには良いが、日本酒やワインには合わないし、辛くて魚の淡白で微妙な味が分からなくなるので、僕は御免だ。

カメムシのしょんべんが目に

マシュマロいちご園にはライチーの木がたくさんあって、そこに大きなカメムシがよく来る。

3日前の早朝、上を向いてライチーの木の枝を払っていたマシュマロちゃんの目に、そのカメムシの汁が入った。

カメムシは危険な目に会うと、お尻から臭い体液を吹きかけるが、これが目に入るととても痛い。

トランス2ヘキセナールというアルデヒドが臭くて炎症を起こす主成分。

マシュマロちゃんは見事に両目に入って激痛が走り、目が開けられなった。助けを呼びながら手探りでお店まで這って行ったそうだ。

そこで水で目をよく洗ってもらったが、痛みは収まらず、目以外の顔の皮膚も腫れてきた。

アナマイという保健所(医師は居ないけど保健婦がいて簡単な処置や薬をくれるところ)で手当を受けた。ここでも眼を洗ってもらった。

しかし、夕方になっても痛みが収まらず、瞼が腫れて目もぼんやりよく見えないということで、コラートのセントマリー病院という大きな病院に行かないといけないので、直ぐに迎えに来いと行ってきた。その時僕はカオヤイで働いていた。

カメムシの汁が原因で、良く眼を洗ったのなら、眼科医に行っても意味ある治療なんて何も出来そうにない。8時間も経ってから行っても遅すぎて無駄だし、そもそも医師はもう帰っちゃっただろうし、カメムシで眼が潰れることはないから行く必要ない、と言って迎えに行くのを渋った。

ワンナムキアオまで1時間ちょっと。そこからコラートの病院まで2時間。抗炎症剤か何か処方されるだけで帰ってきたら深夜だし、下手すると医師がいないから入院なんてことになったら、お金を溝に棄てるようなものだ。

しかし、マシュマロちゃんや妹は、僕が彼女の大切な目のことを心配せず、時間やお金の方を心配してると受け取って感情的になった。

結局、お兄さんが病院に連れて行った。しかし、丁度眼科学会の総会があって眼科医は誰も何処にも居なかった。生食4リットル使って眼を洗って、抗ヒスタミン剤(しかもGSKのブランド品)を処方したのみ。それで2000バーツ。処置は正しいけれど、半日経ってからやっても仕方がないようなこと。

翌日、僕はマシュマロちゃんを迎えに行った。目の腫れは収まりつつあった。

「夕方には必ず病院に連れて行くのよ」ときつく妹さんから言われ、僕は生返事。

帰りの車の中で、マシュマロちゃんに病院に行ってもあまり意味ないから様子を見ようと言ったら、愛情がないとか、私の身体のことを心配してないとか、眼が見えなくなったらどうするとか、眼科医じゃないくせに分かったようなことを言うなとか言って逆上された。

こういう時は女に理屈を言ってもだめで、共感と同情が必要なのだが、それが上手く表現出来なかった。

彼女は目を盛んに擦るので、家に帰って花粉症用の抗ヒスタミン剤と感染予防の抗生剤と抗炎症剤を飲ませて、僕は仕事に戻った。

それから彼女は昨夜眠れなったとかで夕方まで眠った。

夕方、コラートの病院に連れて行くために早く仕事を切り上げて帰ると、

「大分良くなってきたから、もう行かなくて良いわ。」ときた。

「それよりお腹空いたわ。」と言うので、テスコロータスに行ってMKでタイスキーを食べた。

この頃にはカメムシの毒は取れて痛みは亡くなったが、涙と目やにが出て、心配していた2次感染が起きているようだった。

翌日、彼女はカオヤイで働いたが、その時目を擦るなと何度言っても言うことを聞かず、汚いシャツで目を擦り続け、遂に真赤な眼になってしまった。もう一方の眼はほぼ治っていた。

これはまずいと思った。

結膜炎が酷くなったことと、僕が病院に連れて行かなかったからこんなに悪化したと思われるのがまずい。僕は、ゲンタマイシンの点眼剤と抗生剤二種と眼帯を買って来て、マシュマロちゃんをジャックスパロウにしてあげたら、やっと僕が彼女を大切にしていることが分かったらしく、大人しくなった。

その翌日の今日、まだ眼の赤いのはなくならないが、目やにと痒みは取れて、きっと明日一日ジャックスパロウにしていれば概ね治まるだろうと思う。

JOOX

JOOX という名のミュージックボックスがある。アンドロイドで使える。

ジュークスと読みそうだが、タイ人はチュッと発音する。

日本で使えるのかどうかは知らない。タイでは使える。

僕は日本のアカウントを使ってグーグルミュージックを月額980円で使っていて、盲目的にこれが最強だと思っていた。

しかし、目の前に強力なライバルが現れた。

それがJOOXというアップだ。

グーグルミュージックでは対応していないタイのヒットソングが豊富

グーグルミュージックでは別途買わないとだめな宇多田ひかるの曲等でもなんでもある。 

使いやすく見やすいグラフィッカルな画面

ビデオクリップも豊富

そして以上が全て無料

いったいどうして無料なのか、日本の著作権法に抵触しないのかどうか知らない。

でもとにかく便利で、これがあればグーグルミュージックは要らないかなという感じがしている。

気になる人は下のスリリーンショットを良く見て欲しい。きっと欲しくなる。

カラオケ歌詞まで出て来てビックリにゃん。

ジャンルも豊富で、いちご園で流すクリスマスソングもこれで決まり!

たっぷりいちご狩り

現在のいちごの糖度

カオヤイ農園は、土日でいちごの赤いのが採り尽くされてしまったけれど、今日火曜日には赤いいちごが沢山成った。

昨日今日と平日でお客さんが少なく、あまりいちご狩りをする人も多くなかったので、赤いいちごが割りと目立つ。

まだ小粒で、細いので、もう一弾肥料をぶち込んで見ようと思う。

まだ青くて小さい実もたくさんあるので、これから2週間くらいはいちご狩りが楽しめるだろう。

ワンナムキアオのマシュマロいちご園は、ワンナムキアオの他のいちご園と同様に、早くも第一波が終了してしまったようだ。

カオヤイを遅植えしたのは正解だったようだ。

実は、炭粉末を2%添加した畝と添加してない畝があって、炭粉末の効果を検証中なのだが、今のところ、苗の生育状態、実の量には差が出ていない。

今年は糖度計を持って来ているので、甘さに差が出るか調べてみた。

炭粉末入り 13.1±0.54

炭粉末なし 12.7±0.36

ということで、今のところ有意差なし。

糖度13度は日本のいちごと比較しても悪くはないが、15度以上出て欲しい。来月には絶対出したい。

2月には18度超えに挑戦。あまおうやスカイツリーよりも甘いいちごなのだ。

池の魚

溜池が浮草で覆われて、水が腐りだしたので、放流した魚達がどうなったのか心配だった。

しかし、この頃は水の匂いも消え、浮草に隙間も出来てきたので、死滅はしてないだろうと思っていた。

今は僕らの家ではなく農園で生活している住込み労働者が、今日休みを取って、何処に行ったのかと思ったら、溜池で勝手に魚釣りをしていた。

その結果、

これが5枚

ブルーギルと思っていたが、こりゃ違うな。

腹が真っ赤。誰が分かる人教えて!

2ヶ月ほど前に彼が釣った時と同じ大きさで、約20センチ。だから、これが成魚なんだろうと思う。

プラニンことティラピアは釣れなかった。

しかし、釣りをした奴の話によれば、ナマズが50センチ程に成長していて、掛かるけれども一瞬で釣り糸が切れるんだそうだ。

うまそうな話じゃないか。

なにしろナマズは1000匹以上放流した。

しかも、美味い。

幸か不幸か、僕は今のところ釣り糸を垂らす時間が取れない。

しかし、遅くてもいちごのシーズンが終われば時間は出来るので、その時水が少なくなった溜池に仕掛けをセットして、売るほど採ってやろうと思っている。

ただ、釣りもやりたいので、店やいちご園を従業員に任せて、僕はのんびり釣りを楽しむ日も作ってみよう。釣れた魚を持って店に帰ると、レジに1000バーツ札束がいっぱい、ってのが最高。

住込み従業員が釣った魚は、僕が借りてる敷地に池を掘って(拡張して)溜池にし、水を入れて、稚魚を放流したのだから、所有権は僕のものに決まっている。従業員が休んで勝手に釣ったからといって、所有権が彼に移行するわけではない。

そこで、5匹釣った魚のうち、2匹を頂くことにした。というか、3匹を彼に譲ったと言った方が正しい。

当然、その2匹は今夜のメインディッシュになった。彼の取り分の3匹も、当然彼等のメインディッシュになった。

マシュマロちゃんはいなかったので、彼女の友人の女性の手料理で釣った魚と、いちご畑で作ったサラダ菜がおかずにして二人で食べた。

僕らは二人だったので2匹、彼らはガキンチョを入れて三人なので3匹というのは、丁度いい分配だったと思う。

不安なのは、これから毎日、朝夕に彼が僕の目を盗んで魚を失敬して食べちゃうんじゃないか。

農園の掘っ立て小屋に引っ越した当日は、野ねずみを2匹捕まえて食べたらしい。今日は魚。きっと野菜やいちごも好き勝手に採って食べてることだろう。

11月26日 日曜日

この日は5万バーツ売上て、売り子の二人にボーナス500バーツをあげた。

こんな日だった。記録の為。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内