FC2ブログ

いちご定植第二弾完了

26日に、カオヤイとワンナムキアオの2箇所のいちご園の第二回目の定植を済ませた。

一月ぶりの快晴。いちごの定植には最悪の天気。

暑くて辛いし、いちごも萎れて枯れる。

いっそ雨降りのほうが良い。

総勢30名強での作業(日雇い9名含む)。

他のいちご園との助け合い協同作業をしているので、これまでにいったい幾つののいちご園の定植をしたことだろう。少なくとも8カ所つまり8日を費やした。

残るは、妹さん夫婦と兄さん夫婦の第二回目のみ。

はっきり言って、もう疲れた。

僕はあまり植付け作業はしないけど、腰に来るきつい仕事だ。

けれど、みんなが集まって、よもやま話をし、情報交換するので、いろんなノウハウを共有出来る良い機会でもある。今でこそ、僕らは新しいノウハウの発信源となったが、3年前は何も知らず、こうして皆に助けられて始めたのだった。

カオヤイでは、スプリンクラーの準備はしていなかったが、カンカン照りでいちごが全滅しそうなヤバイ感じになって来た時、兄と妹さんの旦那がせっせと準備を手伝ってくれ、ものの30分で9機のスプリンクラーが稼働し、なんとか危機を逃れた。

僕が一人でやったら3時間はかかっただろうが、彼等の仕事は速い。

定植が終われば、いちごの実がなる迄、少し時間が出来、その間に開店の準備が出来る。

でも、未だやらなきゃいけないことが沢山有り過ぎて手が回らないので、取り敢えず開店の為に必要な最小限なことを済ませ、開店後に少しずつバージョンアップしていくしかない。

ああ、今季もやろうとしてたことの半分も出来そうにない。

いつもこうなんだ。

やりたいことを全部やろうとしたら、ワーカーの数を3倍に増やさないと無理だな。

電線リールのガーデンテーブル

僕らのコーヒーコーナーのイメージ作りのため、これまでにマシュマロちゃんと二人で、いろんなカフェを視察してきた。

その中で、ワンナムキアオにあるハイソなカフェ「22℃」に行った時、その裏庭にあった古い電線ケーブルリールを再利用したテーブルをマシュマロちゃんは気に入った。

「私のコーヒーショップもこんな風なテーブルが良いわ。」

確かに、カントリー風で、雨ざらしで使えるし、写真のように植物をアレンジするといい感じだ。

「こんなの廃品だから、安いんじゃないか?」

しかし、ネットで調べると、この手のアンティーク風な家具は高く、一つ4000バーツ以上した。

そんなに高いんじゃ要らないよねと合意したのだが、丁度カオヤイのメイン通りで電信柱の張替え作業が行われていて、空地にケーブルリールがいくつか転がっていた。

「あれ、拾って持って帰りたい。」とマシュマロちゃん。

「そりゃ泥棒になるから駄目だ。ただ、あんなのははっきり言って捨て場に困るようなゴミだ。そうだ!PEA(タイ地方電力公社)に行って聞いてみたら? 安く譲ってくれるかも。」と僕。

丁度、電気代をPEAに払いに行く用事があって、彼女は聞いてみた。

そしたら、案の定、一つ500バーツで譲って貰えることになった。

電線ケーブルリール自体は、PEAの人にとってはタダ同然のゴミで、置き場に困っているとのことだった。なので、幾つでも貰えると言う話だったが、問題は運送。なにしろ重いのだ。

マシュマロちゃんはカオヤイとワンナムキアオの二箇所用に8台注文した。

注文した中古リールが今日届いたが、クレーン付きのトラックで二回に分けて運んで来た。荷台から下ろす際はクレーンを使った。とても人力じゃ荷台に載せ降ろし出来ない。

つまりは、500バーツと言うのは、運送費みたいなものだった。

これが届いた電線リール

どれも程度の差はあれシロアリが食っていて、一部木が腐っていたが、古めいた朽ちかけが品があって良い。

ブラシでゴミを落とし、ウッドステインで塗装すると、なかなか良い感じになった。テーブルの上面には、ウレタン塗装もしてみた。

大きいのと小さいのがある。

大きいのは直径2メートル以上あって、横にしてもテーブルとしては高過ぎる。立って使うと丁度良い高さ。

それに丁度良いのが、この木製のバーチェアー。

数日前に30脚注文し、今日出来たという連絡があった。一脚300バーツ。僕が材料を買って来て作るより安い。

中学校の技術家庭科の実習で作るみたいなカクカクなやつで、ゆっくり寛げる椅子じゃないが、高さは丁度良い。

地面が泥じゃ置けないので、なんとかしなくては。

ガーデンチェアー買った

外の木陰に置く木製のガーデンチェアーが安かったので、4脚買った。

タイにはない杉か米松のような年輪がある軽い木を使っていて、おそらくはパレット廃材の再利用で作ったと思われる。

接着剤と細い釘で作ってあって、それ程丈夫ではないけれど、一脚1000バーツで、(木が高いので)どう見ても僕が自作するよりも安いし、僕にはもう作っている時間がなかった。

薄くウレタン塗装がされていたが、未だ表面がガサガサで、裏面等には塗装されていなかったので、ウレタン塗装剤を買って来て自分で分厚く塗り直したら、つやつやで防水性も高さそうなきれいな椅子になった。

これが使ったポリウレタン樹脂。

一脚300バーツのバーチェアーにも塗ってみた。これは30脚買った。

それから、喫茶部用に鉄パイプ製の丸テーブルと椅子のセットを8セット買った。こういう曲線の物は作れないし、作ったとしても買うより高く付く上、無骨なものになるに決まっているので買った。

椅子2脚とテーブルで約1350バーツ。椅子は意外と丈夫そうだ。

未だマシュマロいちご園にはテーブルや椅子の置き場所、つまりお客さんが寛ぐ場所が出来ていないのに、どうするんだろう?

カウンターテーブルの作製

二週間も掛かって、カウンターテーブルを自作した。そればかりしていた訳じゃないが、思いの外時間が掛かった。

鉄骨を溶接し、天板とスカートはスマートボードにした。

ユニット式で、再配置可能。

滅茶苦茶丈夫だが、鉄とコンクリート製なので、くそ重たい。

そのテーブルに気が狂ったのか、ピンクの色を塗った。

もうちょっと濃い紅色が好みだが、明るくするためにこの色を選んだ。シールド系の塗装で、カビないし汚れても拭き取れる。

コーヒー、飲物販売カウンターも作った。

コーヒー色にするつもりが、色混ぜに失敗して紫になってしもた。

奥の紫のはコーヒーメーカーを置く丈夫な台。天板はアクリル塗装の上にウレタン塗装を重ね、水汚れが着きにくいようにした。

どれも内側には棚があって、商品や備品等を置けるようにしてある。

このテーブル配置は暫定的なもので、変えるかも。

あと約一月でお店をオープンさせる予定。

Ichigo304の定植

昨日は妹さん夫婦のいちご園、Ichigo304の定植を手伝った。

Ichigo304は、ワンナムキアオの国道304号線沿いにあるので僕が名付けた。

3年前、乳飲み子を連れてマシュマロいちご園を手伝いに来てくれた妹さん夫婦だが、今や僕らの最強のライバルとなった。

ライバルだけど、助け合う。

だから、いちごのモニュメントも、コスモス畑も、マリーゴールドも、店のデコレーションや使う肥料や、その他諸々のノウハウを共有している。

結果、似たようないちご園になって、特徴がなくなる。

新しい試みは、いつもの僕らが始める。上手く行くと、彼らが真似する。真似されて、折角一歩抜きん出ようとした試みは皆横並びになって徒労に終わる訳だが、それでもノウハウは共有する。

兄弟は運命共同体であり、家族であり、自分自身と同じ位置にある。だから、ライバルと言うのとはちょっと違うかも知れない。

僕らのいちご園の二回目の定植は、今月末の予定である。

シャムゴホンツノカブト再び

背中が赤っぽい幻の五角獣ことシャムゴホンツノカブトを例のガキンチョからまた買わされた。

なかなかいい個体で、写真に収めたかったというのもあるが、せっせと売りに来るガキンチョを無碍に追い返すのも可愛そうなので、謂わば義理で買った。

値切って150バーツ。手が汚いのは、ウレタン塗装のせい。

隣のおばちゃんが出て来て、

「そんなの買って、何するの?」と聞かれたが、

「別に何もしない。」と答えるしかなかった。実際、特段の目的があって欲しい訳じゃない。

ただ、自然界の誰のものでもない良い物を、自分の手の内に納めたいだけ。

ガキの頃に、何故虫採りなんかするのか聞かれても返事に困るのと同じ。

カブトムシを売りに来るガキンチョだって、売れてお金が手に入るのは副産物であって、売れなくたって虫採りに毎日出掛けるのと同じ。

一応、オスメス4匹と合流させて、発酵したココナッツ培地に卵を産ませ、育ててみるという目標はあるが、あまり積極的ではない。

もしもお店がオープンしていたら、外国人に一匹500バーツで売るんだけど。塾年少年に絶対売れる。

花苗育成中

花でいっぱいにしたくて、沢山の種を蒔いた。

赤い花の黄花コスモス ディアブロ

優秀なアフリカンマリーゴールド

箒草ことコキア

ルドベキア プレーリーサンは、過湿気味で大分枯れたので、蒔き直した。

千日紅のストロベリーフィールドも過湿気味で成長悪し。

インパチェンスは発芽、初期育苗とも良好。

紫のバーベナはやっと苗が1センチになった。もっと大きく育ててから定植しないと草に埋もれてしまう。

挿し木で沢山増やした野菊のようなタイのマーガレット サマースノーローズ 挿すと必ず着くのでやたらと増えた。可愛いので農園中央の小路にいっぱい植えようと思う。

雑草より繁殖力が強く、挿し木とこぼれ種でどんどん増える紫のトイティンと言う花

これなんかは一万本くらいあって、道路沿いや農園内の小路にもびっしり植えてある。ピンクや白い花もある。

ミニトマト成り出した

ミニトマトがもう成り出した。

今年は、ミニトマトはステラスイートと言う固定種が中心。去年のナイアガラスイートやアイコも良かったが、ワーカーや親戚が使えるように固定種にした。

まだ青くて硬いけれど、いい感じの実が付いている。

木は未だ小さくて、高さ60センチくらい。無農薬の割には、病気や害虫が少ない。

これからいちご用の肥料が入るので、急速に成長して、多くの実を成らせてくれる予定。

いちご狩り+トマト狩り!

現在、更に多品種、多数のトマト株を育成中!

カウンターテーブルの作製

溶接機も買ったし、切断機もある。

ショップの上の方は殆ど人の手で作ってもらったようなものだが、テーブルくらいの小物なら、僕でも簡単にできる、

と思っていた。

しかし、薄めの角パイプの直角付は素人の僕には難易度高かった。

ちょうどいい絵が有ったので借りたが、下の絵の上の二つの丸のように同一平面にある溶接は割と上手く出来る様になった。穴はよく開ちゃうけど。

しかし、下の溶接しないと書いてある部分、つまり、狭角になった部分の溶接は僕には絶対に出来ない。何度やっても無理。

それはアークが接合面より手前で発生してしまい、接合面に沿って、二つの山脈が出来でしまい、接合面には深いスラグ巻込みが発生する。

それを金槌で叩いて取り除いて、もう一度溶接を試みるも、アークは二つの山脈に向かって発生して、山脈は5ミリも聳え立つが、接合面のクレパスも5ミリの深さになるだけ。何度やっても同じ。

電圧を変えても事態は変わらず。

結論は、「無理」。

しかし、角パイプを繋ごうとすると。狭角の接合面ばかりで嫌になる。

作製中のテーブルが作業台のテーブルの上に乗っている。

この鉄の作業台がとても役立っている。平面と直角が取れるし、電極も取れる。

溶接部分は、穴と盛り盛りの鉄と深いスラグのクレパスで見るも無残だが、数度の盛り盛り溶接のため、しっかりとくっついてはいる。

まあ、しっかりとくっついていれば良いのだ。

木と釘よりも強度があれば良いのだ。

所詮、商品を置くテーブルだし。

それにしても、どうして綺麗に溶接出来ないのかが分からん!😵😠👺😡

種蒔き記録

マシュマロちゃんが買ったインパチェンスの種400粒。600バーツ。

一週間で大分発芽して来た。インパチェンスは日陰に植えられる貴重な花。

マシュマロちゃんがずっと欲しかったバーベナファイネス。野生種に近く発芽に数週間掛かると言われていたが、一週間で揃って発芽した。種2000粒、ドイツからの輸入品。小さな紫色の花を無数に咲かせる。

恐ろしく小さな種で、2000粒が耳掻き一杯程度。

写真はないが、昨日大粒トマト二種200粒と赤い花の黄花コスモスディアブロ1000粒撒いた。

今日は、マリーゴールドの最高F1品種二種 計2000粒 一つのプラグトレーに一粒づつ骨の折れる作業。 種代は何と2000バーツ。でもその価値がある種だ。

今苗であるのは、フレンチラベンダー30株、オステオスペルマム60株、ストロベリーフィールズ数百株、タイのデージー無数、シャスタデージー200株、コキア400株、大花松葉菊10鉢、ルドベキア プレーリーサン50株などなど。

それに柳葉ルイラ草が数千株彼方此方に植えてある。

今年は花は沢山ありそう。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内