FC2ブログ

もう時間切れ

政治的なことはあまり書きたくないが、北朝鮮はアメリカのレッドラインを越えて、アメリカは軍事力行使しか選択肢がないことを悟ったように思う。来年には水爆搭載のICBMが米国本土を射程に入れる可能性が高いので、やるなら今しかない。

あとは、口実だけ。

やるとしたら、大規模な奇襲攻撃で、短時間で反撃力を奪い、あとは、ゆっくりと時間をかけて一つずつ潰していくんじゃないかと思う。

国連の緊急安全保障会議の追加制裁が決まるのは11日以降だから、それまでは手を出せない。

どんなに厳しい制裁が決まっても、金正恩が直ぐに白旗を揚げることはないだろうし、逆にカットなってミサイルを撃ち込むだろうから、きっとブラックデーは1ヶ月以内。

多分、最も初期の段階で金正恩書記の指揮系統を奪うので、その後の軍部や市民がどう動くのか未知数だと思う。

中国とロシアは動けないと思うが、参戦したら文字通り大惨事の第三次世界大戦。

身勝手だが、タイにいて良かった。

インラック女史も上手いこと亡命させたので、赤と黄色の醜い衝突もなく、政治的裁判で欧米から激しい非難を受けることも避けられた。

ここにミサイルが飛んでくることはなかろう。

日本が再び放射能で汚染されないことを祈って、カオヤイの森で静かに眠るのだ。

このビール飲みたい

写真を勝手に拝借して恐縮だが、ウクライナでこんな面白いビールが発売されたようだ。

遺伝子的に好きになれないレッドネック中南部アメリカンな印象の某化け物大統領のビール。

この記事を読めば、きっと貴方も飲みたくなる。

5月26日 AFP】「政治的陰謀」のフレーバーが効いたビールはいかが?

 昨年の米大統領選でドナルド・トランプ(Donald Trump)氏を勝たせるために、トランプ陣営がロシアと結託したという疑惑。ウクライナ西部リビウ(Lviv)にあるクラフトビール醸造所「プラウダ(Pravda)」が、この政治スキャンダルを利用して、トランプ米大統領とロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領をラベルに描いたラガービールを販売している。商品名は「トランプ、アメリカ分断国大統領」。

 ラベルに描かれたプーチン大統領は、選挙戦でのトランプ氏のスローガン「Make America Great Again(米国を再び偉大に)」の文字が入った帽子をかぶっている。

「商品名とラベルには、世界的なポピュリズムの波に対する私たちの皮肉が込められている」と、プラウダのオーナーは言う。

 プラウダのウェブサイトでは、「予測不能な未来のために」飲み干そう、と呼び掛けている。(c)AFP/Yurko DYACHYSHYN

バンコクから屋台が消える日

軍事政権になって間もなく、チャトチャック市場周りの露天が消えた。

トンロー辺りの露天商も撤去された模様。

そしてこの程、ある意味衝撃的なニュースがあった。

以下に抜粋。

ワンロップ・サワンディー都知事は、 今年いっぱいでバンコク都下全域で路上屋台を排除すると宣言した 。都知事は発表の中で、都は店主たちへ代替地への移転を長期に渡って話し合い、提案を行ってきた。屋台での営業は、より多くの歩行者の妨げになっているとともに安全や衛生面でも障害となっている。このたびの決定は、 バンコク都下50地区で例外なく執りおこなう。それには、カオサン通りやヤワラート(中華街)も含まれると語った。

 一方、カオサン商業協議会では、バンコク都の今回の決定は知らなかったとして、事前の通告が行われていないことを明かした。協議会では、都の計画に対して十分な説明を求めていく考え。

 また市民は、屋台は便利であり、無くなると困るとしながらも、路上の安全や衛生面では理解出来る。どこか代替の場所がうまく設置できるといいのだけれどと困惑気味だが一定の理解を示していいた。

 都内では、今週17日よりトンロー、エカマイ、プラカノン各地区での路上屋台を全面禁止に踏み切っている。都ではこれを先例として順次、拡大して行く構えのようだ。しかし、大通りに面していない場所や歩道にはみ出していない私有地の店頭などでの営業は認められる。

先日、久々にバンコクの繁華街に出る機会があったが、既にサラデーン駅周辺、ソイカーボーイ周辺、ナナからアソークまでのスクムビット通りから屋台が消えていた。(怪しい行動がバレバレの守備範囲)

無くなれば、きっと薄汚いアジアの後進国のイメージは払拭され、清潔で近代的な国家イメージになるだろうと想う。車の渋滞や歩道での人の渋滞も緩和され、動き安い街になるだろう。

記事のように、本当に「例外なく」やれたら、それ自体タイでは画期的だ。

しかし、多くの人が指摘するように、本当に屋台が全て消えてしまったら、さぞかしつまらない街になってしまうことだろう。

9月にはタバコもお酒もあり得ないくらい値上がりして、屋台の火も消え、バンコク繁華街通いの男たちはそれでもタイに来るのだろうか?

幸せな国 不幸せな国

いちご園に来るタイ人を見ていると、中年期より若い人は皆さん幸せそうだ。

ミャンマー人もカンボジア人もとても幸せそう(タイに来れる人達だから一部の上流層だろうが)。

続いてマレーシア、台湾。ドイツ人やフィンランド、ノルウェー人は割りと幸せそうに見える。

幸せそうじゃないのは、日本人、シンガポール人、中国人、インド人、アラブ人、イエメンなど。

タイにいる日本人は、日本にいる日本人よりも幸せそうである。

人種、民族性などで、そう見えるだけかも知れないが、日本の日本人が幸せそうじゃないのは気になる。

また、タイ人が幸せそうに見えるのは実態を伴っているのか、脳天気なだけなのか、それも気になる。

人の幸せを客観的に数値化することが出来るのかどうか知らないが、毎年それをやっている組織がいくつかある。その中で最も信頼出来そうなのが、国連の「持続可能な開発ソリューション・ネットワーク(Sustainable Development Solutions Network、以下SDSN)」が発表したThe World Happiness 2017.

評価方法等詳しいことは原文を参照あれ。

155カ国の幸せ度ランキングを見てみよう。

上位5カ国はノルウェー、デンマーク、アイスランド、スイス、フィンランドと北欧系が並ぶ。

アメリカ合衆国は14位、ドイツが16位、不幸せそうなシンガポールがなんと26位と高順位。

そして、脳天気で幸せそうなタイは32位。

幸せそうじゃない我らが日本は、51位。やっぱりタイの方が幸せなのだ。

日本より不幸せな国は、韓国56位、トルコ69位、香港71位、中国79位。

物凄く不幸な国は、イエメン、南スーダン、シリア、ルワンダなど。

お金とか社会保障、寿命など、幸せ感とは異なる指標での順位だが、そういう物で幸せ度が本当に測れるのだろうか?

一応、この順位でもタイ人の方が日本人よりも幸せと出たが、

お金も無くて将来計画も真っ白なのに今を楽しく生きるタイ人と、

お金も社会保障も寿命もたっぷりあるのに尚も不安だらけで楽しくない日本人の幸せ感をもっと主観的な指標で比較できたら面白いと思った。

ここ数年で幸福度がアップした国に、ロシア、タイ、中国の名がある。

反対に不幸せになった国に、アメリカ合衆国、日本、デンマーク、エジプト、イラン、スペイン、イタリアの名がある。

分かる気がする。

幸せはセックスで決まる?

「幸せはセックスで決まる」というのは古くて新しい考え。

僕は人生で実感している。

離婚原因の第一位は、「性格の不一致」だが、この言葉は「性の不一致」と同義語である。性格など一致するわけないし、性は男女で不一致に決まっているから、この意味は「セックスの不一致=不満足」と同義となる。

お金や名声ではなくセックスとは何たることか、と思うかも知れないが、女性の幸せはセックスで決まるそうなので、妻や恋人と幸せな人生を送りたいと思っている男たちの幸せもセックスで決まるのかも知れない。

以下、ノーベル経済学賞を受賞したプリンストン大学のダニエル・カーネマン教授らの調査結果。

対象はテキサスで働く909人の女性。

調査手法は前日に起きたエピソード(夕食や仕事、ショッピングなど)について関する感情について説明してもらう方法をとっています。このエピソード別に正味の幸福度(ポジティブ感情からネガティブ感情を引いたもの)を集計した。

上位の幸福度ランキングからみていくと

●幸福度ランキング ベスト5

1. セックス

2. 仕事帰りの友人とのおしゃべり

3. 夕食

4. リラックス

5. 昼食

順位1位のセックスのポイントが他と比べて突出しているとのこと。

逆に、ワースト5は、

●幸福度ランキング ワースト5

1. 朝の通勤(電車など)

2. 仕事

3. 夕方の帰宅(電車など)

4. 子供の世話

5. 家事

どおりでサラリーマン時代が不幸せだったわけだ。

経済学者でダートマス大学のデヴィッド・ブランチフラワーとウォーウィック大学のアンドリュー・オズワルド教授の調査結果によると、

「性生活が活発でない人が、活発な人と同じ幸福感を味わうためには、年5万ドル(現在のレートで565万円)余分に稼ぐ必要がある」

たとえ年収が人より565万円少なくても、夜の生活を含むプライベートが充実していたら、幸福感は同等、ということ。

逆に、人より600万円稼いでいても、性生活が貧しければ幸福度は低いということのようだ。

昔、カラオケ嬢が言っていた。

 「田舎じゃ遊ぶお金もないし、遊ぶところも何にもないから、夜にやることといったらセックスくらいしかない。あれはタダで出来るからね。お金がないのはストレスだったけど楽しかったわ。クルンテープに来て夜の仕事始めてお金は増えたけど、全然楽しくない。仕事のセックスは苦痛なだけ。たまに逝くことはあるけどね。女同士の啀み合いもあって結構ストレスなのよ。早く借金返して田舎に帰りたいわ。」

改善どころか悪化したタイの汚職指数

タイの政権は汚職撲滅を目指しているが、下のデータを見る限り改善どころか悪化している。

国際非政府組織(NGO)トランスペアレンシー・インターナショナルの2016年版の腐敗認識指数の結果が出た。

中国の腐敗度は2年連続で改善。

一方、アジアの主要経済国10カ国のうちタイのイメージが最も悪化した。調査対象となった176の国と地域のうち中国は79位と、インドと同順位。

アジア10カ国・地域のうち中国以外でイメージが向上したのは香港だけだった。

14年のクーデター以降、軍事政権が統治しているタイの順位は35低下し101位。

チェーンワタナはともかく、地方の警察の行動をみると、汚職を無くそうという動きすら感じられない。

以下、トランスペアレンシー・インターナショナルのホームページからダウンロードしたデータをそのまま掲載

国 清潔度指数 順位

New Zealand 90 1

Denmark 90 1

Finland 89 3

Sweden 88 4

Switzerland 86 5

Norway 85 6

Singapore 84 7

Netherlands 83 8

Canada 82 9

Germany 81 10

Luxembourg 81 10

United Kingdom 81 10

Australia 79 13

Iceland 78 14

Hong Kong 77 15

Belgium 77 15

Austria 75 17

The United States of America 74 18

Ireland 73 19

Japan 72 20

Uruguay 71 21

Estonia 70 22

France 69 23

Bahamas 66 24

Chile 66 24

United Arab Emirates 66 24

Bhutan 65 27

Israel 64 28

Poland 62 29

Portugal 62 29

Barbados 61 31

Taiwan 61 31

Qatar 61 31

Slovenia 61 31

Saint Lucia 60 35

Saint Vincent and The Grenadines 60 35

Botswana 60 35

Dominica 59 38

Cape Verde 59 38

Lithuania 59 38

Costa Rica 58 41

Brunei 58 41

Spain 58 41

Georgia 57 44

Latvia 57 44

Grenada 56 46

Cyprus 55 47

Czech Republic 55 47

Malta 55 47

Mauritius 54 50

Rwanda 54 50

Korea (South) 53 52

Namibia 52 53

Slovakia 51 54

Malaysia 49 55

Croatia 49 55

Jordan 48 57

Hungary 48 57

Romania 48 57

Cuba 47 60

Italy 47 60

Saudi Arabia 46 62

Sao Tome and Principe 46 62

Suriname 45 64

Montenegro 45 64

Oman 45 64

Senegal 45 64

South Africa 45 64

Greece 44 69

Bahrain 43 70

Ghana 43 70

Solomon Islands 42 72

Serbia 42 72

Burkina Faso 42 72

Turkey 41 75

Kuwait 41 75

Tunisia 41 75

Bulgaria 41 75

Brazil 40 79

China 40 79

India 40 79

Belarus 40 79

Jamaica 39 83

Albania 39 83

Bosnia and Herzegovina 39 83

Lesotho 39 83

Panama 38 87

Mongolia 38 87

Zambia 38 87

Colombia 37 90

Indonesia 37 90

The FYR of Macedonia 37 90

Morocco 37 90

Liberia 37 90

Argentina 36 95

El Salvador 36 95

Maldives 36 95

Sri Lanka 36 95

Kosovo 36 95

Benin 36 95

Peru 35 101

Trinidad and Tobago 35 101

Philippines 35 101

Thailand 35 101

Timor-Leste 35 101

Gabon 35 101

Niger 35 101

Guyana 34 108

Algeria 34 108

Egypt 34 108

Côte d’Ivoire 34 108

Ethiopia 34 108

Bolivia 33 113

Vietnam 33 113

Armenia 33 113

Pakistan 32 116

Mali 32 116

Tanzania 32 116

Togo 32 116

Dominican Republic 31 120

Ecuador 31 120

Malawi 31 120

Honduras 30 123

Mexico 30 123

Paraguay 30 123

Laos 30 123

Azerbaijan 30 123

Moldova 30 123

Djibouti 30 123

Sierra Leone 30 123

Nepal 29 131

Kazakhstan 29 131

Russia 29 131

Ukraine 29 131

Iran 29 131

Guatemala 28 136

Myanmar 28 136

Papua New Guinea 28 136

Kyrgyzstan 28 136

Lebanon 28 136

Nigeria 28 136

Guinea 27 142

Mauritania 27 142

Mozambique 27 142

Nicaragua 26 145

Bangladesh 26 145

Cameroon 26 145

Gambia 26 145

Kenya 26 145

Madagascar 26 145

Tajikistan 25 151

Uganda 25 151

Comoros 24 153

Turkmenistan 22 154

Zimbabwe 22 154

Cambodia 21 156

Uzbekistan 21 156

The Democratic Republic of Congo 21 156

Haiti 20 159

Burundi 20 159

Central African Republic 20 159

Chad 20 159

Republic of Congo 20 159

Angola 18 164

Eritrea 18 164

Venezuela 17 166

Iraq 17 166

Guinea-Bissau 16 168

Afghanistan 15 169

Libya 14 170

Yemen 14 170

Sudan 14 170

Syria 13 173

Korea (North) 12 174

South Sudan 11 175

Somalia 10 176

セキュリティー強化

数週間前、iCloudのパスワードが6000万人分盗まれたというニュースを読んで驚嘆した。驚き桃の木山椒の木。

4967

パスワードを含む個人情報は、至る所から漏洩していて、半ば慣れっこになってきたが、APPLEとGOOGLEという大御所からの流出は影響が大きすぎる。今回は6000万人。その中に僕が入っているのかどうか知る由もない。

僕はGoogle Keepや iCloudメモに、いろんなパスワードや口座情報、お金のこと、自分のためのメモ等、あらゆることをメモしている。写真も同様で、すべてクラウドにもバックアップしているが、ヤバい写真も少なからずあり、これらが漏れるのは非常に困る。抱いた女の秘密の場所や連絡先まであるから、漏れたらやばいに違いない。Ken Angry

こういう大切な情報をクラウド等の他人に授けるのは危険なのかもしれないが、自分ではどうにも覚えていられないので仕方がない。本当に何も覚えられないか、仮に覚えていても思い出せないのである。こういうものに頼るしかない。

そこで、とりあえずの対策として、iCloudのパスワードを複雑なものに変更し、Googleのパスワードも同様に変更し、二段階認証を設定した。

何か大事件が起こって、大御所のデータが使えなくなったら、、、、僕だけじゃなくて社会は相当困るだろうな。まるで人類全員がアルツハイマーになったように。

日本に対する好感度

タイにいると、タイは親日的というのが実感できる。

自己紹介で、カンボジア人でも韓国人でも中国人でもない日本人だと言った瞬間からタイ人の態度が変わるほど。特に、日本の会社に務めたことがある人、かつて日本に行ったことがある人ほど好感度が高い気がする。

この環境は、タイで働く者にとって何物にも変え難いほど有り難いこと。この点、諸先輩たちに感謝したい。

こうした感覚を裏付けるデータが先日、公益財団法人 新聞通信調査会から発表された。

調査対象は、米国と英国、フランス、中国、韓国、タイの計6か国

実施時期は今年1~2月

実施方法は電話方式など

調査人数は各国約1000名

日本に「好感が持てる」と答えた人の割合(「とても」と「やや」の和)

タイ   90・8%

米国   78・6%

フランス 73・2%

英国   69・7%

韓国   32・3%

中国   27・8%

タイの親日度の高さが凄い。

中国と韓国における日本の好感度の低さが目立つが、僕はもっと低いと思っていた。

一方、日本人の他国に対する好感度調査結果は内閣府から出ている。

このデータにはタイが含まれていないが、かつてアメリカと並ぶ好感度だった中国の下落が凄い。

東南アジアEコマース震度7

最近、東南アジアのEコマースを揺さぶる大きなニュースが二つあった。

一つは、数週間前のことになるが、楽天のB2C通信販売の東南アジアからの大規模撤退。タイではTaradと組んでいたが、ラザダの市場拡大に付いて行けず、事業を第三者に売却するらしい。

この動きは大分前から予想していたし、日本の楽天市場の商品がそのままタイでも買える(または価格が分かる)のは、僕の事業には都合が悪かった。日本人好みの、これでもかという位のくどい商品説明もタイ人には合わないと思っていたので、タイから事実上の撤退のニュースはさほど驚かなったが、東南アジア全体からの大幅な事業撤退というのは驚いた。

そして、数日前、もっと驚いたニュースが飛び込んで来た。

ドイツのロケット・インターネットが設立した「ラザダ」(Lazada)を中国のアリババグループが買収したと言う。

買収額はアリババにとって過去最高となる10億ドル(約1,080億円)とのこと。

ラザダはアメリカのアマゾンと同じように、巨大資本を投入して毎年大きな赤字を拡大させながら市場を駆逐してきた。今やタイ人なら誰でもラザダの名前を知っているのではないだろうか。

アリババが、過去最大級の投資をしてまで何故大赤字企業を買収したのかと言えば、5億6000万人が住む東南アジアという今後世界で最も魅力的なEコマース市場を手に入れるためだろう。ラザダの単純明快な戦略とシステム、優秀な若い社員もアリババの資源になるはず。

でも僕はこのニュースには少し痛いショックを得た。いい感じに発展していたラザダが、フィッシング詐欺と嘘だらけのアリババなんかの手に納められて欲しくなかった。アリババは世界最大規模の会社となったが、中国の会社が社会や消費者を幸せにするとはどうしても思えない。

現にアリババは僕の会社からは金を取ることばかり画策して来て、フィッシング詐欺やだましメールについて、何の責任も取らないばかりか、そういった悪特ユーザーを排除しようとさえしていない気がする。

タイ入管取締強化

2016年3月20日すなわち昨日から、タイにて悪質なオーバーステイをした外国人の再入国拒否が実行されている。

再入国禁止期間は次の通り。自首すれば、多少再入国禁止期間が短くなるようだ。

出頭した外国人の場合
1.1 滞在許可最終日より数えて90日を超えて滞在した外国人は、王国出国後1年間は入国不可
1.2 滞在許可最終日より数えて1年を超えて滞在した外国人は、王国出国後3年間は入国不可
1.3 滞在許可最終日より数えて3年を超えて滞在した外国人は、王国出国後5年間は入国不可
1.4 滞在許可最終日より数えて5年を超えて滞在した外国人は、王国出国後10年間は入国不可

逮捕された外国人の場合
2.1 滞在許可最終日より数えて1年を超えない滞在をした外国人は、王国出国後5年間は入国不可
2.2 滞在許可最終日より数えて1年を超えて滞在した外国人は、王国出国後10年間は入国不可

この法令は以下の場合には適用されない
(1)年齢が18歳になる前に王国を出国する外国人
(2)この政令が適用される前に王国を出国する外国人。

この最後の(2)は重要で、在タイ日本大使館から、万一不法滞在している場合は20日までに出国するよう通達が出されている。

20日までに出国すれば、不法滞在1日当たり500バーツの罰金だけで、再入国禁止の措置は取られないそうだ。

「悪質な」というのが判断が難しいところ。たとえ本人に悪気はなくても、容赦なく悪質な不要滞在という烙印を押されてしまうことがある。

次のような場合はどうなるのだろう?
  1. ビザランで一定日数以上滞在している場合
  2. 転職、退職、事務所移転等でワークパーミットが失効した場合
  3. 社員の退社等で、外国人一人につきタイ人4名という条件を満たさなくなった場合
  4. 数ヶ月、個人所得税の納税をサボった場合
  5. イミグレ査察などで、その他NonBビザの要件を満たしていないと判断された場合
  6. NonBビザ、ワークパーミットなしで働いていると判断された場合
僕の場合、もちろん不法滞在はしていないつもりだし、この通知とは無関係に、たまたま今月8日に出国しているので、仮に不法滞在と言われても再入国禁止とかにはならないだろうが、最近入国管理局はNonBビザのチェックを厳しくし、新ルールも適用させたらしいので、安心はしていられない。

例えば、
  • 外国人一人にタイ人4人の従業員という規則の確認が厳重に行われ、いわゆる名義貸しは通用しなくなった。
  • 外国人の居住所と会社の住所が同じ場合には、NonBビザは発行されない。
など。

僕の場合、3階が寝床で1階が事務所となっているから、後者が当たってしまう。

例えば、上記の例でNonBの要件を満たしていないと判断され、要件を満たさなくなった時点またはルールが適用された時点に遡って日数をカウントされると、「悪質」にされて、多額の罰金プラス再入国禁止なんてことになってしまう可能性がないとは言えないところが入管の怖いところ。

以前は起業時の新規ワークパーミット取得が難物だと思ったが、今ではNonBビザのほうが遥かに厄介に思えてくる。

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内