FC2ブログ

12月30日 カーボーイフェスティバル再び

マシュマロちゃんとその友達で一緒に住込みで働いていてくれる人と、カオヤイ農園に住込みに来た労働者1人を連れて、一昨日に続いてカーボーイフェスティバルに行ってきた。

おっと、愛犬ベリーも連れて行ったのを忘れていた。

マシュマロちゃんとその友人は、僕と住込み労働者とベリーを残して、ショッピングに行ってしまい、なかなか帰って来なかったので、やむを得ずそこらへんのビアガールを捕まえて写真を撮って遊んだ。

ビアガールの腰つきは良かった(ウエストサイズがマシュマロちゃんの半分で、片腕で抱けるくらい)けど、たった5秒の刹那。髪のリンスの残り香が束の間欲情させてくれたが、ただそれだけ。

後でマシュマロちゃんにこの写真見せたら、彼女はカッとなって怒ったが、僕は何で怒ったのか分からない。他の女に欲情するのはの許さんのだそうだ。そんなの100%無理な注文。

置いてきぼりにされて暇だったので、写真撮っただけなのに。

ベリーとモン族男が相手じゃ話が弾まないので、ビールを黙々と飲むしかなく、その夜は6回もトイレに行く羽目になった。

一方、マシュマロちゃんの方は、いろんな写真撮って楽しそう。

こういうのを一緒に撮りたかったのに。

去年、僕がこのカーボーイフェスティバルの出店で、マシュマロちゃんに質の良い本皮の腰巻財布を買ってあげて、彼女はそれを大事に使っていたのだが、数ヶ月前の例の引ったくり事件で盗まれてしまった。

それで、彼女は今年のカーボーイフェスティバルで新しいのを買おうと心に決めていたらしい。僕がビールを飲んでいる間に、ちょっと小さめだが本皮の丈夫そうな腰巻財布とハンドバッグを買って来た。こういうところがちょっと可愛い。

そう言えば、インデアンもモン族も日本人も、皆子供の時にお尻に青アザが出るモンゴロイドだ。タイ族や漢民族は出ない。

アメリカンカントリーロックの生演奏を聞いていたら、突然ローリング・ストーンズはここから来たんだと閃いた。

だから、翌日大晦日は、カオヤイ農園にローリング・ストーンズを流しまくった。

カーボーイで一杯2017

クリスマスを過ぎてから、カオヤイに来る人が増えた。

昨日27日は一日中お客さん相手に売り子をやり、腰と口がヘロヘロになった。ど疲れさまでした。

新入りの住込み従業員も気持ち良く働いてくれているので、ビールでもご馳走してやろうかな(と言いつつ自分が飲みたいだけ)。

そして、ちょうどタイミング良く、カオヤイでカーボーイ·フェスティバルガ始まった。

そうだ、ならばカーボーイに行こう!

カーボーイ·フェスティバルはカオヤイの冬の名物で、ビールとカントリーミュージックとカーボーイグッズ、米軍放出品、革製品等などで賑わう。ソイカも良いけど、こっちのカーボーイフェスもなかなかいい。会場はカオヤイ農園からほんの2キロ程の所にある。

去年も行って、そこでマシュマロちゃんの為の本皮の腰バッグを買ったっけ。(ひったくりで取られちゃたけど)

お店を閉める頃、タイ通の日本人夫婦が僕のブログを見て訪ねて来てくれた。タイにはもう30回以上来ているとかで、定年後はタイ移住も考えているらしい。僕はその夫婦にカーボーイ·フェスティバルに行くと良いよと勧めた。

こういう写真スポットもちゃんとある。無料。

20℃を切って寒い日だった。釣り用のジャンバーを着て丁度よい感じだった。

カーボーイだから馬も居るよん。

革製品屋

僕は400バーツで純牛革のベルトを買った。

屋台で100バーツ位のベルトを何本も買ったが、革なのは皮だけで、直ぐに革の皮が剥がれたり、ベルトの穴が拡がって駄目になってしまう。でも、400-500バーツ出せば、丈夫で数年間は使える良い物が買える。ベビ革、ワニ革のや、本家カーボーイスタイル物は、1500バーツ以上する。

出店はこんな感じ。アメ車のナンバープレートとか、ガンベルトとかも売ってるが、買ってどうするんやろ?

骨董系、似非骨董美術品も多い。古いコカ・コーラのポスターや、ブリキ製の看板等は皆偽物。去年、作っているのを見たから知っている。

僕は軍用ナイフが欲しいと思っている。高いから本物っぽい。

去年よりかなり大人しいステージ。去年はど派手なロックンロールだったが、この時は純正カントリー。ジョン·デンバーとか。

ステージを見ながらビールでも飲もうと、ビールとツマミを買った直後、先程訪ねてくれた日本人夫婦とばったり会った。

当然の成り行きで、干草のテーブルを囲んで乾杯して、楽しい時間を過ごすことが出来た。

まだ27日ということで、カーボーイフェスティバルはまだいまいち盛り上がりに欠けていたが、開放的でリラックス出来た。

これが31日のカウントダウンに向けて盛り上がって来るので、また行ってみたい。

ジム·トンプソン·ファーム

ジム·トンプソン·ファームに行ってきた。

ワンナムキアオのマシュマロいちご園から1時間程の所にある。

そこに行ったのは2回目だが、初回は閉まっていて入れなかったので、初めて行ったということかな。

土日に良く働いて、ちょっと疲れたのと、僕らの専売特許のつもりだったコスモス畑の凄いのがあると聞いたので、視察したかった。

行ってみて圧倒された。

完敗です。

ま、相手がジム·トンプソン·ファームじゃ仕方ないか。

さらに、あのコスモスは日本から種を持ってきて、マシュマロいちご園から広げたものと思っていたら、ジム·トンプソン·ファームの方が先だったという。

ま、相手がジム·トンプソン·ファームじゃ仕方ないか。

この色は僕の好きな色

心温まる初恋の色

サルビアフィナセリアもハロウィンパンプキンも、今年カオヤイでやろうとして失敗したやつなのに。

ジムトンプソンは僕の考えを僕が考える前に真似してる。

寒くて暑い日

雨らしい雨が雨がもう何週間も降ってない。

朝の気温は下がって、寒いくらい。

いちごの花芽ができる気温だ。

だけど、日中カンカン照りになると30℃を超える時もある。

暑くていちご狩り客は汗びっしょり。

一日中立ち歩きの僕らもぐったり。

お陰でアイスクリームがよく売れる。タイ人はアイティムって言う。

山は乾いて落葉の季節。

そろそろ山火事が起こる頃。

小学生が小学生を乗せて無免許、無灯、ノーヘル

バンコク辺りじゃモトサイに乗る時はヘルメットを被りましょう運動の成果で、ヘルメット着用率がかなり高くなった。

ノーヘルだと直ぐに警察に停められる。

ただ、それはバンコクの話。それ以外の地方は別の国のようだ。

ヘルメットを被っているのは、高級大型バイクのツーリング族だけ。

ノーヘルが当たり前なのは許すとしていても、ほぼ9割が無免許。

後ろの車を気にすることなく我道を行く。下手するとバックミラーがない。

そこまでは許すとしても、夜間の無灯は辞めてほしい。ほんとに見えなくて、ものすごく危険。

わざと無灯にしているんじゃなくて、電球が切れているから。ヘッドライトもテールランプも無灯。

しかも、半分以上が二人乗り。父ちゃん母ちゃん子供の3人乗りも多い。4人乗りまでなら毎日見る。5人乗りは流石に稀。

でも、本当に驚かせるのは、小学校高学年の少年が後ろに低学年の弟や妹を載せて通学するのを見る時。勿論、無免許、無灯、ノーヘルの三重苦。

田舎じゃ、10歳の男の子は当たり前のようにオートバイに乗ります。生活の足として。

雨+汚職=道路の穴

タイの田舎の舗装道路は穴だらけ。

大抵は貧しい村を結ぶ通行量の少ない道か農道。

穴と言っても馬鹿にできない。半球状で下手するとタイヤの半径よりも深く、一般乗用車は通れなくなるほど。

日本では滅多に見られないけど、時々大都市で水道管破損などが原因の道路の大陥没がある。その程度だが、タイの田舎道は穴があるのが普通。

ここは未だ序の口。

どうして道路に穴が開くのか?

薄いアスファルトの割れ目から雨水が入り、下の土を溶かして流れ去る。するとアスファルトの下に空洞ができ、それが成長する。

直径10センチ深さ5センチくらいになると、薄いアスファルトが陥没して穴が開く。

10センチくらいなら問題ないが、穴には水が溜まりますます土が溶かし去られ、どんどん成長する。どれもきれいな半球状。

直径1メートル深さ50センチくらいになると車にとっては脅威だ。不用意に時速20km以上で通過したら、車軸が曲がるか、パンクするか、タイヤが宙に浮いて動けなくなるか、激しい揺れで頭を天井にぶつける羽目になる。

物理的には、確かに穴は雨水によって作られる。

しかし、タイ人の友人にどうして道路がこんなに穴だらけなのか聞いてみたら、面白い答えが返って来た。

「道の穴は、汚職によって作られる。」

直ぐには意味が分からなかったが、こういうことだ。

例えば、ある道路の舗装整備に一億円の予算が付いたとする。これを優良業者が受注して、業者は7000万円の経費を掛けて舗装工事を行い、3000万円の利益を得るとする。普通はこれで穴の開かない立派な道路が出来る。

一方、悪徳業者は3000万円ケチって4000万円で手抜き工事を行い、6000万円利益を得たいと思ったとする。しかし、タイでも当然お金を出す国や自治体がちゃんと工事が正しく施工されたかチェックする。

そこで、道路を管理するお役人とグルになり、お役人に1000万円の賄賂を渡し、大目に見てもらう(虚位の報告をしてもらう)。

賄賂で1000万円利益が減るが、悪徳業者は5000万円儲かるからハッピーハッピー。給料だけでは中流以下のお役人も、こういう美味しい話があるからやっていける。(仮定の話です)

手抜き工事で、肝心の道路の下地ならしはいい加減。安い砂利を少し敷いただけで、アスファルトは厚さ1センチか1.5センチしかない。

こうして、雨が降る度に立派な穴が開く道路が出来上がる。

穴の場所をアスファルトで埋める応急措置を施しても、雨期だとたった2週間で元の木阿弥の穴だらけになる。

そんな道路は、穴を避け避け徐行運転するしかないのだが、ところどころ大きな穴が融合していて避けられず、道路なのに通れない道になることがある。

ピックアップのハイランダーならなんとか。コンパクトカーじゃ無理。車体の低いスポーツカーだと笑っちゃう。

ヴェロナ再び

ワンナムキアオからプラチンブリ方面に304号を少し下った所にヴェロナと言うショッピングモールがある。

2年前、そこにいちご売店を出店しようか検討して、結局止めた。

その後、数十回ヴェロナには行ったが、どうも活気がなく、どのお店も繁盛している様子は伺えなかった。

一週間ほど前にも寄ってみたが、一定数のお客さんは居るものの、写真を取るだけで、物を買っている様子はない。

僕達が契約しようとしたお店の場所も、その後一度もテナントが入ることはなく、シャッターが降りたままだった。

もしここでお店を構えていたとしたら、きっと赤字だっただろう。

カオヤイのパリオもそうだが、観光客が必ず寄るところなのに、写真撮って何も買わずに帰るだけ。

魅力的な商材がなくて小奇麗なだけでは誰も何も買わない。

コバンザメのように流行っている所に行ってお店を出すだけじゃダメなんだ。

ターミナル21とセーブワン(セウォン)

今日は休暇で、コラートのターミナル21に住込み従業員家族を連れて行ってきた。

そこのSFシネマでトム・クルーズ主演の3Dの新作映画「マミー」を観た。

英語版は夕方からしかなかったし、住込み従業員家族は英語なんか分からないので、止むなくタイ語での鑑賞となった。

先週は、サラブリのロビンソンで、パイレーツ·オブ·カリビアンの新作をやはりタイ語で観た。

2つとも特段難しいストーリーではないので、タイ語でも一応楽しめたが、細かい会話のニュアンスやジョークなどは全然分からなかった。ざっくり言って会話の15パーセントも聴き取れてない。

もっとも、仮に英語版だったとしても、多分50パーセント程度しかから聴き取れないので、どっちもどっち。

聴き取りゼロパーセントでも、同程度に楽しめる映画だったのかもしれない。

映画を見終わってから、名物の展望台に登った。展望台へのエレベーターは意外にも無料だった。

展望台は高さ90メートル足らずだが、コラートの街には高いビルはないので、見晴らしは最高だった。

2号線カオヤイ方面

ボーコーソー·マイ(新バスターミナル)方面

コラート台地の限りなく平で広い平原が見渡せる。こういう風景は日本には無い。

鉄板焼 宮崎 で遅い昼食

二人で1000バーツになってしまった。

89バーツの天ぷらうどんにしとけば良かった。

マシュマロちゃんはスノーアイスまで食べて、更に北海道レアチーズケーキも食べた。

ターミナル21の帰りは、懐かしの巨大タラート セーブワン(セウォンと発音)を散策。6年前、コラートの女に連れて行ってもらった以来、初めての再来だった。僕はターミナル21には買いたい物がなかったけれど、セーブワンには沢山あった。

レンチセット、スチール巻尺、中古電動工具、コピーDVD、軍用ナイフ、強力レーザーポインター、スピーカーなど。

手作りスピーカーは、2台で800バーツで買った。去年いちご園に音楽を流す為に1台500バーツで買ったホーン型スピーカーの定格入力が小さ過ぎて、酷い音割れだったので、今日買ったスピーカーに取り替える予定だ。

カオヤイの山は穴だらけ

カオヤイからPBバレーに向けて下ると、切り立った岩肌の山が見えて来るが、よく見るといたる所に大穴が開いている。

鍾乳洞と思うが、この中を見物するコースやサービスは見たことがない。

こんな風に大穴が開いていないところでも、山は穴だらけだと思う。

それで、僕の住む街の水道も、こうした山からの水なので、カルシウム分が滅法高く、シャワーや蛇口がすぐ詰まる。普段使わないトイレの床なんて、カルシウムが析出して真っ白に固まっている。

こんな水で料理しているが、それが良いのかどうか?

千葉のいちご農家では、日本の水を更に限外濾過して純水にしたのを使っているらしい。僕らはカオヤイからのラムタコーンの水。

話が飛ぶが、日本滞在中に白骨温泉に行ってきた。そこのお湯も炭酸カルシウム多量で、木の湯船にカルシウムがたっぷり析出していた。

さて、いちごや人間様の身体にどんな影響を与えているのだろう。

サラブリのサオノイ七滝国立公園

お花畑を観たあと、そのままサラブリ方面に30分程進むと、サオノイ七滝国立公園がある。割りと有名そうだったので見に行ってきた。

着いてみたらビックリ。大きな駐車場に車がいっぱい。売店には、浮き輪や水着がいっぱい。

多くの人が川で水遊びをするために来ているらしかった。

ここが入り口。入場料は無し。

少し歩くと段々畑のような滝が見えて来て、家族連れが水遊びをしていた。

川の水は少し濁っていて、魚がたくさん居た。

水深は1~2メートル。

僕は水着を持っていたが、朝にきれいな天然鉱泉で泳いできたので、ここでは泳がなかった。

こういう段々畑の川になるのは、カルシウムが多く含まれていて、それが沈着するから。山も川の岸も全部石灰岩。

とても良いところだと思った。

あまり外国人の姿はなかった。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内