Tomb Raider 4DX

Tomb Raider トゥームレイダーは、25年前程にハマった3Dゲームで1から3か4迄やったと思う。今から見れば、カクカクのポリゴンだが、当時はそのリアリティーに溺れるほどだった。

バージョンが進むに連れて難易度も上がり、僕の手に負えなくなったが、何度死んでもすぐ直前から何度でもやり直せるのは快感だった。

後半にはグラフィックボードの性能も上がり、リアルで美しい風景にゲームを忘れて見入ってしまうこともあった。

3Dの乳揺れもたまらなかった。

話し変わって、今日仕事をサボってマシュマロちゃんとコラートの The Mallに行って来た。そこに行ったのは、ほぼ8年ぶりのことだ。当時はコラートにはThe Mallしかなかった。今はTerminal21もCentralも出来て、The Mallは寂れているかと思いきや、相変わらずの人手で、改装されてきれいになり、Terminal21よりも賑わっていた。

そこで映画を見ることになったのだが、選んだ映画がTomb Raider 2018.

タイ語だったが、初めて4DXというのを見た。

4DXというのだから、3D映像+重力 つまりディズニーランドのスターツアーズみたいなやつかと思ったら、映像は2D。それに座席が揺れたり、閃光が光ったり、水がかかったり、風が吹いてきて臨場感を盛り上げる仕掛けだった。

いやあ、初めての体験だった。

海が荒れて船が座礁する場面では、椅子が揺れて水が顔にかかり、本当に海に放り出された感覚になって、面白かった。

タイ語だけど、ストーリーはTomb Raiderだから、話にはついていけた。

前作のララクラフト役の女優アンジェリーナ・ジョリーが乳がん腫瘍マーカーが高くて自ら予防的に乳房を取ってしまった。ゲームもアンジェリーナ・ジョリーも定番の乳揺れがあったので良かったが、新作の女優は貧乳で乳揺れなし。Tomb Raiderは乳揺れしないと駄目だとつくづく思った。

ストーリーは日本は邪馬台国卑弥呼の墓が舞台。トリックが仕掛けられた墓の中に進む様子は、まるでインディージョーンズのまんまだった。

しかし、インディージョーンズ大好きな僕は大興奮。

Tomb Raiderはまさに4DXの為にあるような映画。ああ、面白かった。

日本にも4DXはあるのかなあ? タイのコラートにあるくらいだから、有るに決まってるか。

ネズミ捕獲作戦

最近、多分ここ1~2週間のことだが、ネズミがキッチンに出没するようになった。

ヤモリやアリやナメクジやゴキブリ、ヤスデやガなら許すが(許さないと生きていけないから)、ネズミは許せん。

というわけで、ネズミ捕獲作戦開始。

こいつを2器キッチンに設置(キッチン汚くてすいません。美人セクシーメーバーン募集中!)。

更に、毒殺の為の薬を購入。

ノンタブリやマシュマロいちご園で使ったのは紫色のクッキー風の餌で、ワーファリンが主成分だったが、今日買ったのはお米に黒い粉がまぶしてある奴で、タイ語分からなくて毒成分は何か分からない。書いてなさそう。こいつをネズミが逃げ込みそうな角に設置。

うっしっし、明日の朝が楽しみだ。

ネズミ取り器は、何度でも使えるので良い。家のネズミが居なくなったら、今度は農園のショップのネズミを捕るのに使う。小さな飛べない鳥で食べると美味しい奴(従業員が言うには沢山居るが、僕は見た事も食べた事もまだ無い。)を捕るのにも使えるかも。そうだ! カメレオンもこれで捕れるかも。

愛犬ベリーちゃんが来てから、ショップにネズミは見かけなくなったが、糞があるので居ないことはなさそう。

プール行って全員風邪でダウン

酷い風邪からやっと開放されつつあった先週金曜日、急にプールに行くことになった。

体調が今ひとつだった上、空は今にも降り出しそうな曇天で、余り気が進まなかったが、ワンナムキアオから親戚兄弟、従業員一同が皆店を閉めて来るという。

そろそろ仕事に飽きたのか、皆遊ぶ気満々である。

「あんたも来たけりゃ来ていいよ。」とマシュマロちゃんに言われ、急に行く気になった。

行ったのは、カオヤイ農園から僅か200メートルの一大エンターテイメントゾーン、シーニカルワールド内のスプラッシュワールド。

僕らの農園からは、住込み従業員3名を加えて5名。総勢は15名になった。

ピンボケながら笑えるショット

皆さん、楽しそう。

僕は昼からビールを飲んで、子守。

気が付いたら、僕の写真無いぞ!

従業員の分を入れて、うちだけで8000バーツの出費。まあ、社員ミニ旅行みたいなもの。明日から、また一生懸命働いてくれればいい。

と思っていたが、流石タイ人。

みんな風邪引いて月曜からダウン。

特にマシュマロちゃんが酷い。僕の風邪は彼女から感染つされたものと思っていたが、そうではなかったらしい。どう見てもインフルエンザ。

というわけで、今日月曜日、僕はワンナムキアオのマシュマロいちご園で仕事。マシュマロちゃんは家で休養。

マシュマロいちご園の前のいちご園は風邪でダウンで閉まったまま。

向こうの店は閉まったまま。

いつの間にかタイの花、黄色のラーチャプルックが咲いていた。

ここでラーチャプルックを見るのは3度目。

カオヤイのボロ借家に光ファイバが来た

カオヤイの築18年の虫だらけのオンボロ借家には、3BBのADSLが来ていたが、この一ヶ月余り使い物にならない程接続スピードが落ちていた。

スピードは0-5KB/sでFacebookをスマホで見るのもままならなかった。

何度もクレームを入れて技術者にもチェックに来てもらったが解決せず困っていたら、、、

光ファイバーが来ることになった。しかも、設置料ただ、1ヶ月分使用料ただ。やはり3BB側に何か問題があったのだろう。

今どき光ファイバーなんてバンコクだったのなら驚く話じゃない。

しかし、カオヤイのメイン道路から数キロも奥まったところにある超田舎のボロ屋にいきなり光ファイバーが来るというは俄に信じ難かった。

何しろ、インターネットを引いてる家は少なく、WiFiスポットもうちの周りには他に無かったようなところだ。

カオヤイのメイン道路に面した僕らのショップですら、VDSLが去年やっと来たばかりなのだ。

何百メートルもファイバーを引っ張って来たようだ。ファイバーがソイの一番奥にあるオンボロ借家のルーターに刺さっているのが夢のようだ。

5年前、初めてバンコクで生活し始めた頃、シーロムにもまだ光ファイバーは来ていなかった。それが翌年シーロムやサトーンの大通りにファイバーが入って、四年後にはナコンラシャシーマ県の山奥の田舎部落にまで来たという訳だ。

元気になったベリーちゃん

不妊手術の翌日は、呼んでも近寄って来ない、尻尾も振れないほど痛かったらしい。

もう懲り懲りという感じだった。仕方なく、ショップに置き去りにして帰った。

夜中に心配になってショップに行ってみると、何処にも見当たらず、呼んでも気配もない。死んでしまったのか、もうダメだと思って遠くへ行ってしまったのかと心配した。

しかし翌々日には、尻尾を振ってよろよろ歩いているベリーがいた。

急に痛みも減ったみたいで、お腹が空いていた。

ベリーの腹の傷はぶっとい糸で縫ってあって、一週間後にハサミで切って抜いてあげるように獣医から言われていたが、見るとベリーは自分で糸を噛み切って抜いたらしい。そしたらスッキリしたようで元気になったが、2日しか経ってないのでまだ傷口が塞がっていない。

つまり穴がお腹に空いている。

これは不味いだろうといことで、ヨードチンキで消毒してあげたが、気に入らないらしくすぐに舐め取ってしまう。

本人がそれでいいならと放っておいたら、4日後には塞がっていた。

ハムケン風邪でダウン

マシュマロちゃんから染されて、先週金曜から発熱、咳、筋肉痛でさんざんだ。

この土日は、抗炎症剤と抗生剤と抗ヒスタミン剤を3倍量以上使って、なんとか乗り越えたが、今日月曜は午後二時で切り上げて、一人ベッドでゆったりすることにした。

抗生剤をガッツリ使って、イゾジンの類で頻繁にうがいをしても、一向に効いて来ないので、これは多分インフルかなんかだろう。

今更、抗インフル剤飲んでも多分遅いので、ひたすら休養するしかない。

自分の顔の写真を撮ったら、なんと苦々しく苦痛を秘めた顔。

サラリーマンやってたら、何時もこんな顔をしていたかも。

タバコのヤニと妬みと恨みに満ちたような嫌な顔だ。

こちらは昨日の夕方。トロンとしている。

マシュマロちゃんが一緒にクイッティオを食べようと言うので、一人クイッティオ屋で待っていたら、自分だけ先に食べて来なかった。

スケジュールを変えるのは自由で、その際相手のことなんか考えないのは、タイ人の習性で、死んでも治りません。

ベリーちゃんの不妊手術

昨日、カオヤイ農園の隣にあるテーサバン(地域自治体)に、ゴミを早く集めに来るように依頼しに行ったら、皆さん総出でちょうど犬猫不妊手術をやっていた。

聞いてみると、この出張不妊手術サービスは昨日と今日の二日間限り。次回は来年のいつか、とのこと。

オープンエアーで同時に何十匹もの犬猫が不妊手術を受けていて、余り衛生的ではなさそうだったが、なんと料金がタダなのである。テーサバンが払うらしい。僕は自治会費も税金も払ってないが、そういうことは関係なく、連れて来た犬猫は全部ただでやってくれる。

僕の愛犬ベリーは生後6ケ月強で、ぎりぎり不妊手術が出来るらしい。まだ発情はないが、来年に回すとうっかり出張不妊手術サービスを逃してしまいそうだし、一年後では手術より先に子供が出来てしまいそうなので、これもなにかの縁ということで、翌朝一番の不妊手術を申し込んだ。

仔犬が欲しい気もしたが、考えて見れば、別に雑種の雑種であるベリーの子供である必要はないし、欲しければ街にいつでもタダで貰える仔犬がいくらでもいる。

翌日の今朝、少し早めに8時半にベリーを連れて行ったら、ベリーの予約はされてなくて、14番目になってしまった。

9時少し前に獣医7~8名と、軍の動物担当者4名が来て、不妊手術が始まった。

鎮静剤を打って30分でヘロヘロになり、それから麻酔薬を注射されて意識不明になったベリー。

毛を剃られて、下腹部を3センチ位開いた。

指で内性器を取り出し、結束して、内性器を切り取る。

10分くらいで手っ取り早くやってしまうのかと思ったが、意外と丁寧で、取り出すまでに30分くらい掛かった。

手術が終わって、意識不明のまま安置される。

手術後約一時間、まだ目が覚めないベリーを連れていちご園に戻った。

そうそう、書き忘れたが、順番待ちの間と術後に2回、狂犬病ワクチンを接種してくれた。2回打ったのは適当な証。

狂犬病の予防接種しましたよという札をくれた。でも首輪してないから、着けるところがない。

帰り際、あと一時間くらいで麻酔から覚めると聞いていたが、ベリーの目が覚めたのは3時間後だった。

起きたら痛くて痛くてベリーは泣いた。可愛そうだが、数日の辛抱。

バンコクに行ってきた。

久々にバンコクに行ってきた。

90日レポートと換金の為。

90日レポートは午前10時50分に順番待ちして、1時20分に完了。午前中に済ますためには10時に順番待ちしないと駄目だと分かった。

この間、銀行に入金して、一部を日本に換金しようとしたが、円からタイバーツには換金出来なかった。

理由は2つ。

一つはチェーンワタナの合同庁舎内の銀行には日本円が置いてない。

因みにパクチョンのどの銀行も駄目だった。

もう一つの理由は、換金も海外送金もワークパーミットが必要だったこと。

ワークパーミットなんて持っていかなかった。

そもそも、どうしてワークパーミットが必要なのか分からない。説明では、そのお金がちゃんとタイで稼いだお金かどうか確認するため。お金に印はついてないので、何処から来たお金かなんて分からないだろうし、旅行者が日本に送金することだってあろうものなのに。

市中の両換え所では必要ないし、マネーグラム等の送金サービスでも必要ない。

そこで、久々にタニヤに行って、タニヤスピリットで日本円に換金した。そこなら、いつでも纏まった日本円があるので。換金率も銀行より良い。

それから、あるものを日本に送る為に、郵便局に行ったのだが、それに苦労した。タニヤから徒歩圏内のシーロム郵便局とパッポン郵便局に車で行くのに、一方通行等で上手く行けず、サラデーン周辺をウロウロ。

頭に来て別の郵便局を目指したら無くなっていた。

更に別の郵便局を目指したら、侵入経路が工事中で入れず。

結局、昔お世話になったサトーンのスワンプルー郵便局に行ったら、駐車場が一杯で構内を30分もグルグル回って、やっと空いた場所に駐車出来たが、郵便局内は長蛇の列。

郵便局に行こうと思ってから用事が済むまで、何と2時間も要してしまった。

バンコクは何でもあって便利だが、車を脚にした場合は少しも便利じゃない。今に始まった話じゃないが、バンコクの旧市街やシーロム付近は車はやめたほうがいいとつくづく思った。

朝、カオヤイ農園を出て、帰ったのは夕方6:30。

時間の無駄。

パソコン買った

パソコンは何台もあるのに、まともに使えるのが無くなっていた。

iMacは、マックによくある話だが、使ってるうちに何だかどんどん遅くなって、遂にはマウスをクリックしても1分くらい考え事をした挙げ句、クリックを無視してくれる。

特別仕様のAirMacは、最近まで調子良く動いていてくれたのに、キーボードがバカになって、タイプを無視したり、タイプしないのに数字を勝手に連打したりと、手に負えない。

割とハイスペックなWindowsパソコンは、いつの間にかリソース不足になって、ウインドウを閉じるようにマウスをクリックしても、閉じるまで2分もかかるようになり使い物にならない。

会社用のWindowsパソコン2台は、押入れの奥にあって、出すのが面倒くさい。

マシュマロちゃんのパソコンは、この間から悪いウイルスにかかって、勝手に意図しない動作をするようになって、怖くて使えない。

という訳で、僕の周りに使えるパソコンは無くなっていた。

そんな時、例のカオヤイ在住日人美人妻スーさんから、旦那さんの会社で余ってるPCがあるから買わないかというオファーが来た。まだ、数回しかログインしてない新品同様の品。

いろいろあって、もう二度とマイクロソフトのソフトは使わないと決めていたので、『要らん』と断ったのだが、 詳しく聞いてみると、なかなかのスペック。

DDR4なんて規格、おじさんは使ったことない。A4チップも初めて。

これで、7000バーツで譲ってくれると言う。

しかも、正規のWindowsX Proと正規のOffice付き。

ズバリ安い。事実上、ハード代タダって感じ。

要らないと思っていたが、時々画像処理ソフトGIMPとパワーポイントを大画面で使いたくなる時があったので、急に気が変わって譲って貰うことにした。

おまけで、パソコン持ち運びバッグ、光学マウス、スピーカーを付けてくれた。

セットアップして、環境整備すると、やっぱりスマホより使い勝手が良い。

Officeのメニュー等の言語がタイ語になっていて、英語にするために英語版のOfficeを再インストールしなければならなず、時間が掛かったが、正規版のお陰でお金は払わずに済んだ。

ウンドウズは新しくなる度に、僕がしたい事をどんどん隠してやりにくくしていて、相当相性が悪い。抜け出せないモーダルループも相変わらず盛り沢山で頭に来る。

CapsLockとNumLockのステータスがWinXから表示されなくなって、パスワードを正しく入力出来ずに困ったが、フリーのアプリを使ってなんとかなった。

グーグル日本語入力とグーグルクローム、GIMPだけインストールして準備完了。

OSは嫌いだが、決まったソフトを使うだけであれば便利そのもの。

驚きの一卵性双子4人

驚いた。

同じ顔で同じ服を来た女の子4人が来た。何も、同じ髪型にまでしなくてもいいのに。

一卵性とのこと。

でも、四ツ子じゃない。

双子が2回。

1つの卵子から出来た4つの胚を二回に分けて産んだそうだ。つまり、産まれた年が違う。

どういうことだろうか? 

もちろん自然受胎じゃない。こうしたかったのか、こうなっちゃったのかは聞いてない。

病院で一年以上待たされて作ったそうだ。

人口受精だと普通は多卵性なんだけど。

それぞれ別々の対象に興味を示すので、親は子供を近くに集めておくのに忙しい。1枚の写真に4つの顔を写すのは至難の技だった。

因みに、病院はコラートにある。

混んでいるので、順番待ちが一年以上。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内