アンコール遺跡に行ってきます

金曜から土曜にかけての大雨で、すっかり働く気を無くした僕たちは、急遽アンコール遺跡への旅に出ることに決めた。あと二回週末をいちご園で頑張ろうと思っていたが、もう止めた。

出発日は、5月1日。帰国は5月6日。5泊6日の旅だ。

計画中は気が付かなかったが、ゴールデンウィークど真ん中。しかし、飛行機、ホテルはガラガラ。ゴールデンウィークなんて日本だけの話だし、今や混雑状況は某大陸の方々の動向に依る。

アンコール遺跡には、以前からずっと行きたいと思っていた。シェムリアップの気候はタイの気候とほぼ同じで、シーズンとしては乾季が良いが、いちごをやってる僕らには難しい。いちご園が終わった今は、雨季入りで蒸し暑い時期だけれども、雨や暑気には覚悟が出来ている。

今は、特に混雑する時期じゃないが、ゴールデンウィークだから、現地で多くの日本人に会うんじゃないだろうか?

さて、どうせなら駆け足のツアーじゃなくて、自分たちのペースでゆっくり遺跡巡りをしたいので、セットツアーではなくて、完全自由旅行とした。

行き帰りは、ドンムアンからの飛行機。

二人で往復8353バーツ。一人片道約2000バーツなので、距離の割に安くはないが、日本から来るのと比べればずっと安い。飛行時間はたったの1時間。

ホテルは、初めの2泊はシェムリアップ市街の便利なところにした。パブストリート、オールドマーケットから共に徒歩5分以内。

小さなホテルだが、アゴダでユーザー評価はすこぶる良い。

3泊目から5泊目は、少しホテルを変えて、もうちょい優雅なところにした。

こっちのホテルはパブストリートやオールドマーケットへは徒歩だと10分以上かかるので、トゥクトゥクかバイクタクシーとなる(歩いても良いけど)

料金は、共に朝食付き、バスタブ付き、空港送迎付きで一泊1300~1500バーツ。僕らには充分過ぎる。

実は日本に帰った際、オリンパスEM5MarkII用に、ちょいと高級な単焦点レンズを買った。アンコール遺跡のような雄大な被写体に向いていそう。

今回はスチールだけじゃなくて、手持ちで動画を撮ってくるつもりだ。

アンコールワット、アンコールトム、タプローム、バンテアイスレイ、ベンメリア、プリアカーン辺りを一日1箇所位のつもりで回る。

日本語ガイドを付けると色々教えてくれて便利だが、高いし、マシュマロちゃんは日本語が分からないので、ガイドなし、若しくはいい英語のガイドがいたら付けて見ようと思う。

実は僕はクメール遺跡が大好きで、特にまぐさ石などに彫られたヒンズー教系の彫刻をじっくり見て来たいと思っている。マシュマロちゃんは遺跡には興味ないが、写真が好きなので、写真映えするアンコール遺跡は絶好の被写体だ。

ドンムアンで米ドルに換金して、シェムリアップ空港でアライバルビザ取って、その日のうちに遺跡見学チケット3日分を買う。しかし、その日はシェムリアップ市街でまったり過ごす。2日目から遺跡巡りのスタート。それ以外には何の計画も立ててない。

読者中には、アンコール遺跡に行ったことがある人が多いと思う。ここは行ったらあかんとか、ここが穴場で活かすとか、ここのあれが美味いとか、ここで女が買えるとか、こういう奴に気をつけろ、といった情報教えて下さい。

Heartgard を購入

愛犬ベリーのノミやダニは、安い注射薬で落ちる。腹の中の寄生虫は人用の安い駆虫薬で落ちる。

どちらも100円か150円程度で安い。

けれど、蚊が媒体するフィラリア症の薬が売ってない。

そこでやもなくアメリカ製の定番フィラリア薬HeartgardをLazadaで購入した。

送料込みで629バーツ 2,000円あまり。

毎月一回6か月分。犬が好んで食べるチュアブルで手間要らず。

タイには冬がなく、何時でも蚊は居るので、一年では二箱要るが、まあ二ヶ月に一回程度でもいける。

日本の実家に居る愛犬は、寝たきり老犬で、オムツに食事も抱えて口に入れてやる要介護犬。オムツ、薬、診療代、餌代とバカにならないが、タイで犬を飼うのは安く済む(バンコクのコンドミニアムで飼われるハイソ犬は別)。

ドッグフードは3kg100バーツ。露店のおばちゃんに頼めば、豚や鶏の骨はタダでくれる。

狂犬病ワクチンも、不妊手術だってタダ。

だから、Heartgardは大出費だが、これさえあれば寄生虫のほぼ全てが落ちる優れものだ。

彼女の顔

「ハムケンさあーん。」とアニメみたいな声で彼女が僕を呼ぶ。

「これ、ミキさんが私にくれたUVカット。あなたもつけなさい。」

そう言って、彼女は僕の顔にUVカットクリームを塗りだした。

その顔を見れば、僕への想いが分かる。

誰からも愛されずに死んでいくのは悲しいものだ。

仕事も経歴も家庭も全て切り捨てて、単身タイにやって来たのは、これが欲しかったからだ。

タイにて

タイに戻って2日目。

今日から農園での仕事開始。第一印象は、『酷、暑いよー』でした。

当たり前だが、やっぱりこの時期のタイは暑い。暑過ぎて観光客も来ない!

今日は土曜なのに、売上は2000バーツ。ショボ。

カオヤイ、ワンナムキアオを合わせても、まだいちご園やってるのはうちだけで、だから独占的に客が取れるはずが、観光客がそもそも来ないし、来てもまさかいちごがまだあるとは思ってないので素通りしてしまう。

だけど、良いところは、売上低迷でも別に胃が痛くなる訳じゃない。誰に責められる訳でもない。のんびりタイの良いところだ。

そもそも、例年はもう終わっている時期で収入ゼロになっているのに、今年はまだ続いていて、2000バーツの収入があることは実に有り難いことである。

なにしろ、2000バーツあれば、二人で三食食べ、日雇い労働者を一人雇い、ビールを二本呑んでも、まだ1000バーツも残るのだ。ありがたや、ありがたや。

次にタイの良いところは、花粉がないこと。

日本に帰って一週間目から鼻水が出だし、10日目には鼻が詰まって呼吸出来ず、枕が鼻水で汚れる有り様。

すっかり花粉症のことなど忘れていたので、薬を飲むのが遅れた。杉の多い奈良や福島の山に行ったのが災いした。

それがタイに戻ると、何事もなかったように鼻スースー。

素っ裸で大股拡げて寝れるのもグッド。

日本にて

今朝、日本からタイに戻って来た。

日本での出来事はこのブログのテーマでないので、あまり書かないけれど、自分の記憶のためにも、何時何処へ行ったかだけ纏めてみた。

4月7日 バンコクから成田へ 夕方自宅到着

4月8日 メガネ2つ新調

    ガイアファーム訪問 いちご観察とBBQ大会

名物いちごピザの作り方を伝授される。

僕にはピザやクッキーや焼き芋を焼く窯の作製という宿題が出た。

4月9日 確定拠出年金繰上げ一時支給手続き 千葉で買い物

    午後 佐倉チューリップ畑

風が強くて砂が眼に入って花見どころでない。

4月10日 愛知、大阪方面に向けて第二東名直走り

途中下車して富士山と茶畑を堪能

やっぱり良いなあ、こういう風景は

御殿場付近ではまだ桜が咲いていた

愛知の母は元気でした

大阪で友人と会食

定番写真スポットの道頓堀はグリコの前

大阪に来ましたという証拠写真か?

4月11日 ユニバーサルスタジオジャパン

この日は年間で最も空く日らしく、十分楽しめた。

4月12日 奈良 法隆寺、東大寺観光

4月13日 人間ドック 自費のフルコース

     内臓脂肪、脂肪肝、ガンマGTP 200オーバー 

お酒控えるしかない 幸い胸部CT 胃カメラ異常無し

アメ横はもはや中国人タイ人街

人間ドック終わったので、その足でプリティー長嶋さんらと会食

ポスターと実物が一致の凄いショット(二人とも)

美味しい和食をご馳走

4月14日 家で雑用

4月15日 福島、会津若松へ出発

    花見山公園

残念ながら桜(染井吉野)は散っていた。

    高湯温泉で宿泊

この夜は、バイアグラ+温泉効果が効きすぎて、心臓バクバク 

それに風邪に依る発熱が加わり、濡れタオルで身体を吹いてもらうだけで終わった。またも薬代損した。

意気込み過ぎた。

4月16日 福島 猪苗代

福島 猪苗代 観音寺川の桜並木 満開の桜に到達

これにて約束を果たした。

会津若松 鶴ケ城

こんなにじっくり満開の桜を見るのは、これが人生で最期かも知れないと思った。

マシュマロちゃんと夜桜見物

お城までハートの花びら舞ってうっとり。

しかし、寒かった。気温12℃。

会津若松市で宿泊

4月17日 喜多方のピンク枝垂れ桜

まだ3部咲き

この日開通の吾妻スカイライン

修学旅行以来の五色沼

4月18日 千葉で買い物、雑用

新メガネ トレードマークの赤フレームは外せない

こいつは内側のお花模様の女物

4月19日 深夜便でバンコクに

17歳の愛犬つばきちゃんとお別れ

4月20日 朝 カオヤイに到着

ベリーちゃんが喜んで走り回る。

やっぱり偽物128GBカード

Lazadaで購入した激安128GBメモリーカード。

Windowsマシンに差し込んでファイルコピーを試みたが、滅茶苦茶遅い。平均5メガバイトの画像ファイル29GB分を購入したメモリーカードにコピーしようと試みているが、3日経っても完了してない。

なぜなら、平均速度がWindows10の普通のファイルコピーで平均700KB/sしか出てなく、全部コピーするのに9時間以上かかるので、途中中断してパソコンをスリープさせ、翌日再開させようとすると、失敗して全部消えてしまうから。

FastCopyというツールを使ってコピーしてみたが、書込み速度が800KB/sしか出ず、しかもそのツールでコピーした画像ファイルは理由は分からないが表示できない。

変だと思ってメモリーカードのパッケージをよく見たら、如何にも怪しい点があることに気付いた。

128GBならSDHCはあり得ず、SDXCの筈だが、メモリーカード上の印字はSDHCとなっている。こう言う間違いが正規品であるとは考えられない。

パッケージ上の印字はSDXCとなっているが、印刷がかすれていて不鮮明。

ただ、Windows上のでデバイス情報を見ると、容量128GBのSDXC となっている。デバイスは正常に稼働していると表示され、コピーした写真も開ける。

しかし、よく調べてみると、コピーしたはずのファイルのうち、ざっくり15%が開けない。「このJPGファイルは開けませんでした」となる。

スマホに差し込んでデバイス情報を見ると、やはり128GBとなっており、カメラで撮った写真はなんとかメモリーカード上に保存出来た。

なんとかというのは、いくつか写してみると、保存に時々失敗して、写した写真が真っ黒だったり真っ白だったりする。

ということで、やっぱりちゃんとは使えない偽物という結論に達した。

想像では、本来なら出荷せず廃棄されるべき不良チップ(ウエハーから良品が取れる収率は意外と低い)が横流しされて、本物に似せたパッケージに梱包されて売られていたのではないか? 店側もそれを知っていて、格安の価格で処分したのではないか? ということ。

これが100バーツの価値があるのか、あるいは百害あって一利無しで、捨てたほうが良いのか、もうちょっと使ってみないと分からない。

安くない?

僕のスマフォに挿してあるSDメモリーカードが一杯になったので、もっと容量の大きいメモリーを買おうとLazadaを物色してみて驚いた。

この辺りには電気屋はなく、コンビニに16GBのメモリーカードが置いてあるくらいで、しかも399バーツもする。

ところが、それに比べてLazadaの価格がどうもしっくり来なかった。

KingstonのマイクロSDXC 128GB クラス10 アダプター付

これが3つで、送料込みで399バーツ!

送料を考えると、一つ100バーツ程度。実際、Lazadaの最安値は99バーツだった。

日本行きで、また沢山写真を撮すだろうから、この際三枚セットを購入した。

商品はちゃんと届き、中身も広告と同じ128GB。

当たり前だが、おじさんにはどうもしっくり来ない。

コンビニで買った16GB一枚と、128GB三枚が同じ値段。これは、おかしい。

128GBと言えば、ジョブスがアップルを辞めて作ったNeXTコンピューターに内蔵のハードディスクの400倍近い容量。タイに初めて持ってきたカメラ用のSDが32MBだったので、それの4000倍の容量。そんなのが、数ミリ角のチップに入ること自体がおじさんにはしっくり来ないのだ。

それと値段。価格ドットコムで日本での価格を調べて見ると、128GBはたいてい5000円以上する。僕が買ったのは、400円位(送料込み)。

どうも怪しい。

ビザ更新と換金

昨日、チェーンワタナでビザを更新して来た。

ビザ更新に関しては、何度か書いているように自分ではやりたくないので、チェーンワタナに潜っているグレーなエージェントに頼んだ。払ったのはオール込みで12000(リエントリーパーミットは含まず)。午前11時に合同庁舎B内で落ち合い、正午には全て終わった。受付での順番待ち札を受け取ることもない。だから、呼び出されることもない。顔写真を撮るために区域内に一度だけ入ったが、質問等は一切なし。出来上がったビザは担当者がエージェントの所まで持参。

正規に必要な書類等は全て問題なく用意したので、エージェントのメリットは、上記のように何もいちゃもんをつけられることなく、待たずにすんなりとビザが取れることだけだが、それだけで僕にはメリットがある。

コラートのイミグレは、90日レポートの為に現住所に登録上の住所を移すだけでも断念した程無理難題を突き付けられ、もう二度と行きたくもない。あれは賄賂欲しさにわざと難しいことを言っているのだろうと思う。それでも、入管と外国人の地位の差から、笑ってハイハイ言うしかないのが我慢ならない。

僕は一週間後に日本に帰る予定だが、何年も入金の無い日本の口座にお金が不足してきたので、タイで稼いだお金の一部を持ち帰るべくタイバーツを日本円に換金する為に、タニヤのタニヤスピリットに行ってきた。このところずっと、タニヤに行くのは換金目的ばかりで、カラオケが今どうなっているのか気になったが、それには夜を徹した調査が必要なので今回は断念した。

いつも大量の日本円が置いてあるタニヤスピリットだが、今回はこともあろうに、予定の換金分の半分しか日本円がなかった。勿論、隣の公設両替所も日本円売り切れ。他の有力外貨交換所を回る時間もなかったので、滅多にバンコクに行かない僕は窮地に立たされた。空港の換金所でもあまり多く円は置いてないし、限度額もある。今回のようにまとまった額の換金をするにはタニヤスピリットが頼みの綱だった。

しかし、ダメ元でスリウォン通り側のセブンの前にある金行(ゴールドの売買所)に日本円両替の看板があって、聞いてみたら数百万単位で日本円が用意出来、しかもレートがタニヤスピリットと同じだったので助かった。タニヤスピリットは有名だが、その金行も十分使えると思った。

タイの新札

またADM CDM で使えないお札が増える。

ノミ

1ヶ月ほど前から、足首から膝の辺りと、腹のパンツのゴム辺りが、痒くて痒くて痒くて痒くて、血が出るまで痒いてもまだ痒くて死にそうだった。

蚊に刺されたのとは、痒さの質と程度が違う。いくつか纏まってブツブツが出来る。

原因は、愛犬ベリーに付いたノミだった。

ベリーは極短毛で、これまではノミ一つ居なかったのだが、毎日ノミだらけの友達とレスリングごっこしてるもんだから、ノミが引っ越して来たらしい。

ベリーはお腹の中の寄生虫はしっかり駆虫できているが、フィラリア、ダニ、ノミが出来ていなかった。イベルメクチンという特効薬があって、それされ飲めば、ダニでもフィラリアでもノミでも全部落ちるのだけれど、それがどこに売ってるのか分からなかった。

ベリーの避妊手術をした際に、獣医に聞いてみてが知らないと言う。動物病院ならあるんじゃない? と獣医に言われがっかりした。

ところが、いつも行くよろず屋の売り子に、ミノの薬何処で売ってるか聞いてみたら、なんとその店に置いてあった。引き出しの奥にあって、普通客から見えない。まるで、薬局のバイアグラと同じだ。

しかも二種類。一つはなんとニプロに入った針付きプレフィルドの注射剤。

もう一つは、首の後ろに垂らして、脂肪に吸収させるやつ。

用量も二種類ある。成分はフィプロニル。

しかも、驚くほど安い。プレフィルドの注射と垂らすタイプの二種類を買ったが、2つで100バーツ以下。

早速翌日に、ベリーの首元に注射したところ、ノミはころりと落ちて、以後2週間全くノミは居なくなった。

しかし、その後ノミとダニがまた出現。

今度は、いちご用に用意して置いたフィプロニルを溶かしたお風呂にベリーを漬けて消毒。

寄生虫はいなくなったが、数日後にまた出てきた。

当たり前だ。

この辺りのワンコ全部に処置しない限り、イタチごっこは必須。

ただ、注射薬が滅茶安いので、毎月打っても、たかがしれている。

最近、痒い理由がもう一つあることが分かった。それはヒアリに似た小さな赤アリ。

毎日刺される。

痛痒くて安眠出来ない。

タイでの生活は、虫との戦いである。

退職後の人間ドック

退職すると疎かになるものの1つに健康診断(人間ドック)がある。サラリーマン時代は会社の補助で、年に1~2回受けていたが、辞めてからは費用も全部自己負担になるし、なかなか一日休んで健康診断を受ける気運になれなかった。

2年前の帰国では、上手いことやって胃カメラ、ピロリ検査、大腸鮮血テスト、血算、血液生化学、尿検査が全部保険で出来た。

今回、来月の帰国では、東京人間ドッククリニックというところで標準人間ドックを受けることにした。

そこを選んだ理由は、

胸部ヘリカルCT

経鼻胃カメラ

込で1時間半で検査が終わり、結果がその日に出るという点。

これで59400円なら、まあ良いかと思った。

僕の友人は、たまたま人間ドックで追加した胸部ヘリカルCTで、約1センチの肺腺癌が見つかり、手術出来た。これは不幸中の大幸運と言わざるを得ない。その段階なら、手術でほぼ完治出来る。1年遅れたら余命1年となるところだったかも知れない。

別の友人は、仕事でタクシーに乗っている時に急に胸が苦しくなり、近くの大病院に駆け込んで、大動脈瘤解離と分かり緊急手術し、一命を取り留めた。大動脈解離は普通の健康診断では見つからず、ヘリカルCTで分かるかどうかということらしい。因みに、その友人は高血圧はない。

その話を聞いて、退職5年目の節目に、僕も胸部CTをやってみることにした。

胃カメラについては、2年前の検査でピロリ菌は居ないことが分かったが、親父を胃がんで亡くしているし、若い頃はずっとストレスで胃が悪かったので、2年に一回位は胃カメラをやるのが良かろう。それも経鼻で楽に出来るなら有り難い。

退職後のタイでのセカンドライフで、却って健康になった感があるが、がんだけは何時なってもおかしくないので、早期発見出来るようにちゃんと検査しておいた方が良いだろう。去年はやってないので2年越しになってしまったけれど。

死んだら泣いてくれる人が出来たし。

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内