貸したお金

卒業式のために17日からマシュマロちゃんが泊まりに来ている。

このブログのことは秘密なので、なかなかブログのアップが出来なかったが、今日は式の予行練習ということで、5時起きして一人で出て行った。

卒業式には、天空の村から両親や義理の姉たちもお祝いに上京してくる。しかし、彼らはお金がないので、バンコクまでの往復の交通費、ホテル代は彼女が支払う。そればかりか、式で着る服がないので、彼女は昨日戦勝記念塔近くの安いお店で、お父さん、お母さん、お姉さんの着る服を買い揃えた。先週、彼女はお兄さんから5万バーツを受け取っていた。この5万バーツは、この半年間の給料と言うわけではないが、もろもろ準備費としてくれたらしい。

彼女はこれまで化粧気がなく、上手に化粧をすることも出来なかったが、やはり戦勝記念塔近くのお店で安い化粧品を山ほど買って、YouTubeでお化粧のやり方のビデオを見て勉強し、美容院でやってもらうのと引けをとらないほど上手にお化粧をすることが出来るようになった。

「これで美容院代の3000Bを節約したわ。」

予約していた美容院は朝の4時の予約だったので、行くだけでも大変だったのだが、キャンセルして自分でやることにしたので、5時起きで済んだわけだ。

 

今月上旬、マシュマロいちご園を訪れた際、僕は彼女とお兄さんと遅い昼食を共にした。その時に、貸したお金を予定よりも早く返すつもりだとお兄さんは言った。

「お金は契約どおりに返してくれればいい。でもお兄さん、今回のいちご園の成功は、妹のお陰だということは忘れないで欲しい。彼女が居なかったら、立ち上げの資金はなかったわけだし、何日も女一人で畑も守ってきた。女なのに畑仕事も頑張ってやった。だから、3月には儲けたお金を独り占めせずに、彼女にも沢山あげて欲しい。」ビールを乾杯しながら、ちょっときつくそう言うと、

「分かっている。妹は本当に頑張ってくれた。ちゃんとお金は妹にも分けるから心配しないで欲しい。」

とお兄さんは言った。その表情を見て僕は少し安心した。

マシュマロちゃんの方は、僕がそんなことを言ったので眼が潤んでいたが、

「お兄ちゃんは私のことをとっても愛しているから、大丈夫よ。」と僕に言った。

モン族は家族のつながりが非常に強いので、実の妹を騙すようなことはしないだろうと思った。

「それで、今までここでいくら位稼いだのですか?」と聞くと、

「いろいろお金を使ったので全部残っているわけじゃないが、入ってきた金は300万バーツくらいだと思う。」とのことだった。

僕が貸した創業資金は10万バーツだった。年利単式の4%で貸した。

なので、利息は1300B程度なのだが、昨日僕の口座に10万5000バーツが振り込まれた。

印紙も貼った契約書に返済完了の旨を書き込んで署名し、僕が保管していた契約書を彼女に渡した。

こうして、タイ人に貸したお金が生まれた始めて戻ってきたことをここに報告します。

 

お金を貸した時に、多くの人から反対されて、「絶対戻ってこない」とも忠告されたが、僕は耳を貸さなかった。

お金は戻ってきたし、それよりも良かったのは、ひとつの家族が潤ったことと、マシュマロちゃんの近未来のための資金もきっともらえるだろうこと。

これまで無駄になくなるばかりだった僕の起業資金兼老後資金が始めて活かされた。

 

 

 

 

関連記事

コメント

Re: プチ農業

タイにの農業機構が作った四季なりイチゴを持ち込む計画です。知財が海外まで及ばないので。
日本で8月から収穫出来るというものです。
これがタイでイチゴのない時期に収穫出来たらしょうばいになりそうです。
但し、イチゴ事業はハムケン・カンパニーじゃなくて、飽くまでマシュマロ・カンパニーとしてやるつもりです。
ゆくゆくは、マシュマロ・カンパニーに養われているかも。

Re: No title

>家族の事業が軌道にのりつつあるのを見て私もなんかホンノリとさせられる気持ちになりました。
>人の幸せが私も幸せにしてくれいる感じです。
僕も、もう老後ですからね。カリカリせずに、ホンノリと残りの人生を歩みたいです。

あんた、良いこともしてるわ。

人の心は、思いあう中で良好な関係を維持できますね。
同級性の年齢で私も改めて、ハムケンさんに教えられましたよ。
ありがとう。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

プチ農業

さすが ハムケンさん 
時代の先を読んでます。

"プチ農業"で稼ぐ&トクする
(日経ビジネス・マネー 参照)

ハムケン・カンパニー イチゴ部門 大成功ですね。

イチゴ農園 業務拡張しないのでしょうか。

でわでわ

No title

タイ人でも返す人は返す。
日本人や欧米人でも返さない人は返さない。
僕の周りのタイ人は返す人返さない人50,50です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

まだマトモな家族で良かったですね

>こうして、タイ人に貸したお金が生まれた始めて戻ってきたことをここに報告します。

まあ、うまく行く例もたまにはあるということですね。

マシュマロちゃんの家族がまだマトモだったということでしょう。

でも、一事が万事と考えてはいけません。

トムのごとく、腐った人間はたくさんいますから、人を見ることですね。

>ホテル代は彼女が支払う。そればかりか、式で着る服がないので、彼女は昨日戦勝記念塔近くの安いお店で、お父さん、お母さん、お姉さんの着る服を買い揃えた。

この辺は日本と異なりますね。彼らの常識は日本とは異なることを常に肝に銘じておかなければなりません。

おめでとうございます。
これを足掛かりにタイでの成功街道を
突っ走ってください。
応援しています!
非公開コメント

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内