FC2ブログ

痛風の気

この頃、夜になって冷えると、手足の指の関節が腫れぼったい。

そう言えば、去年の自費人間ドックで、尿酸値が8を超えていて、ドクターから、「この調子だと、痛風になっちゃうよ。あれは痛いよ。ビール控えなさい。」と言われたのだった。

暑いタイの仕事で汗が出るのと、ビール位しか安くて美味い酒がないので、ついついビールばっかり飲んでしまう。そうすると、夜中に4回もトイレに行く羽目になって熟睡出来ないし、尿酸も溜まる。

それに、タイ飯は野菜が少なく、鶏肉、豚肉ばっかり食べているので、ますます尿酸値が上がってしまう。

そこで、ビールを控え、野菜を多く食べるようにするというのが健全な人間の考えることだが、僕はもっと手軽で効果的な方法を選んだ。

それは、薬を飲むこと。

抗炎症剤じゃなくて、尿酸生成抑制剤。

ものの本にはこう書いてある。

尿酸降下薬には尿酸排泄促進薬と生成抑制薬があります。尿酸排泄促進薬にはベンズブロマロン(商品名:ユリノーム)、プロベネシド(商品名:ベネシッド)などがある。尿酸生成抑制薬としてはアロプリノール(商品名:ザイロリック、アロプリノーム)に加え、2011年よりフェブキソスタット(商品名:フェブリク)が使用可能となりました。尿酸排泄低下型高尿酸血症には尿酸排泄促進薬を、尿酸産生過剰型高尿酸血症には尿酸生成抑制薬を使用しますが、尿路結石、腎障害合併時には尿酸生成抑制薬が第1選択となります。

タイのいいところは、薬局の薬剤師がよく勉強していて、且つ殆どの薬のジェネリックが簡単に買えること(医師に処方してもらう必要なし。但し、病気と薬のある程度の知識と、自己責任は必要)。

先日、薬局に行って、痛風のタイ語訳をスマホで示して、これの薬を出せと言ったら、痛み止めを出してきたので、それじゃなくて尿酸(のタイ誤訳)を低くするやつだをと言ったら、アロプリノールを出してきた。

そうだ、これなんだ欲しかったのは。初めから薬の名前(一般名)を言えば早かった。

値段は10錠で40バーツ。僕の場合、一日一錠くらいで良いので、二か月分買って、240バーツ。

飲み始めて未だ一週間程だが、副作用はなし。尿酸値は測ってないので分からないが、そのうち何かのついでに測って貰おうと思う。

気のせいか、ビールが美味くなった。

指の関節は、押すとまだ少し痛い。

関連記事

コメント

Re: 〇〇マルマル専門官

個人使用用にしか駄目で、販売は出来ませんよと言うことかな?
因みに、貧乏人の味方って見たことないです。

〇〇マルマル専門官

糖尿関係血糖測定チップ輸入の際 某マルマル省の・・・〇〇マルマル専門官
に 「1枚しか輸入できません。」と・・・・ 受けた覚えがあります。

Dr.ハムケン ご存知のように 白い巨塔は貧乏人の味方ではないようです。

でわ

Re: 公立病院へ!

だけどね、パクチョンに公立病院あるけど、文字通り3時間待ち3分診療だよ。しかも、駐車場探しで苦労する。その時間とガソリン代考えたら、徒歩圏内の薬局で昼飯買うついでに買うのがサバーイでやんす。

Re: アロプリノール

おう!ともぞうさんも痛風仲間でしたか。
痛風発作がある際中に尿酸生成抑制剤を飲むと、尿酸値が下がって結晶した尿酸が遊離して来て、その刺激でますます発作が酷くなるので収まってからか、発作が始まる前に飲むのが正解みたいです。
ハムケンは、ビールを控えてワインにしようと思ってます。安く仕入れられるようになったので。

アロプリノール

今年から・・ともぞうも、、あぷろりのーる 飲んでます。
春に、痛風発作起こして 2週間 ・・某糖尿新薬の副作用で3週間 寝たきり老人になりました・・。

Dr.もご存知の通り まじめにして・・尿酸値下がると 痛みだしますので
どんどん ビール飲んで 肉食って 尿酸値上げましょう・・・。

ビールは気にせず、尿酸値下げないように、、大瓶2本は飲んでいます。

でわ

公立病院へ!

高い!アユタヤの薬局ではアロプリノール100mgの10錠1シートで15ー25バーツ。
通院は私立病院は高いけど公立病院なら安い、並ぶけど。アユタヤの公立病院では受付50バーツ、100バーツで採血して尿酸値測定、1時間後に結果出て、アロプリノール10錠10ー15バーツで出される。薬局より公立病院で出されるアロプリノールの方が何故か安い。私立病院は採血だけで400バーツも取られる。次回はハムケンさん、コラートの公立病院へ!

No title

小生もアロプリノールを10年以上飲んでます。以前はアロシトールといったのになんで名前が変わるのか理解不能です。お陰で血液検査は5程度の数値を維持してます。
非公開コメント

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内