シェムリアップ紀行:切符買って夕陽

第一日目の夕方、アンコール遺跡入場券を買うため、トゥクトゥクで出発。

風景、生えてる木、売ってる物、人など、イサーンと同じで、異国情緒全く無し。

ただ、左車線通行なところと使っている文字が違う。

チケット売り場は結構遠く、徒歩や自転車では無理。トゥクトゥクで15分位掛かった。

ここが唯一のチケット売り場。顔写真付きのチケットなので、アンコール遺跡巡りの観光客は全員ここに来ないといけない。これはちょっと不便だ。

売り場の建物。まだ新しい。

入場券は去年大幅に値上がりして、1日券が37USD。高過ぎ。

僕たちは5泊6日なので、7日間72USDを2枚買った。1日券の2倍なので割安だが、絶対値は高いので、嬉しくもなんともない。

翌日のチケットは、夕方4:45分より発売開始。早く行っても窓口は閉まっていて売ってくれない。チケット売り場は5:30に閉まるので、その間に来ないと行けない。旅行工程上のキツい制限になる。

因みに、翌日(から)のチケットがあれば、購入当日の夕方のアンコール遺跡の入場が可能。この情報は以外と重要。

切符を買ったので、早速夕陽を見る為に、プレループという遺跡に連れて行って貰った。この遺跡は、アンコールワットの東側にあって、アンコール遺跡群に沈む夕陽の鑑賞スポットとなっている。

アユタヤにありそうな遺跡。

急な階段を登ると、数百人が座れる高台がある。

高さがあるので、360度広い大地が見渡せる。既に夕陽が沈む側の席は人でいっぱい。しかし、遺跡は見えず、森が見えるのみ。

どうしてアンコール遺跡では朝日や夕陽を観るのが流行っているのか分からないが、ともかく定番となっているらしく、ファラン、日本人、中国人でいっぱい。

普段から、大地に沈む美しい夕陽や夕焼けを何時も見ている僕らにとっては、アンコール遺跡プラス夕陽じゃなければ特に感動はなく、陽が沈む前に降りてしまった。

観てないのでなんだが、ここで夕陽見て涙を流すほど感動する理由がよく分からない。普段、夕陽見たことないのか、広い大地に沈むところが良いのか知らないが、僕もマシュマロちゃんも、何度も見ているのでパス。遺跡に映える夕陽だったら良かったのに。

別の日に別の場所を試してみよう。

アンコール遺跡周りには、多くの長方形の人工池がある。

文明には水が重要であることを物語る。大量の水がないと衛生管理も農業も出来ない。この辺りには、かつて100万人以上の人が住んでいたらしい。今は雨季の初めなので水は少ない。

カンボシアの人達もタイ人と同じく水辺が好きで、夕涼みに来ていた。ウシにも水やり。

夕陽鑑賞に行ったのに。夕陽を観ずしてホテル付近に帰ってきた。

ホテルからほど近いオールドマーケットを覗く。

しっかりした靴を履いてきたが、やっぱりサンダルの方が楽。

ホコリと錆にまみれた偽物間違いなしの指輪だが、新しく買った単焦点レンズで写すと結構味がある絵になる。

ジーンズがキツイと言って、ローカルなパンツスカートを買うマシュマロちゃん。キツイのは肥ったからなんだけど。

ホテル近くの川沿いの屋台で食事。安くて美味かった。アンコールビールは一缶50セント。

フルーツ屋台だが、タイのより見栄えが良いし、生ジュースも売っていていい感じ。

疲れたマシュマロちゃんは、ここでホテルに戻った。

一人になれて嬉しい僕はパブストリートへ。

まだ、満福になってなかった僕は、このお姉ちゃんらが歌うバナナリーフの前の店で腹ごしらえ。

ステーキ食った。思ったより量が多いアメリカンなステーキで、ビール🍺2杯で胃に押し込んだ。完全に食べ過ぎ。

新たな単焦点レンズは明るくて夜の使に映える。

関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内