日本人は病気

中国メデイアが書く日本の記事は、どれを読んでも「勝手に言ってろ!」と不愉快になるものばかり。

嫉妬、妬み、ダブルスタンダードの嵐だから。多くは政府系のプロパガンダで、日本に個人で観光に来るような中国人はまた違った見解を持っているのは知っているが、読むと思わず反論したくなるような記事が多い。

その中で、最近、これは当たっている! と感じた記事があった。

日本人はある病気に罹っている、というものだ。

以下記事の紹介文を抜粋すると、

「記事はまず、日本人は、会社に遅刻しそうでも赤信号では道路を横断しないほど規則を守っていると紹介し、それゆえ信号無視による交通事故が中国と比較して非常に少ないことを指摘。続けて、中国人は勤務時間の約50%の時間を個人的なことに使っているという調査結果があるが、日本人は勤務時間を個人的なことに費やさないとし、日本の会社で働いている中国人にとっては「日本は働きにくい環境である」と主張した。

 続けて、礼儀正しく規則を守る国民性ゆえに、人と人の交流が減り、他人との距離感が出来てしまい、活気がなくなっているとし、日本人の自殺率や過労死が増加している原因となっていて、日本はある種の「病気」にかかっていると主張した。一方で記事は、中国では人々が規則を守らないことは問題だが、日本にはない「温かさ」があるとしている。

 中国人はしばしば日本人はどんな時でも規則を優先するため「融通がきかない」、「柔軟性がない」と指摘するが、その一方で訪日中国人の多くは「日本社会には秩序がある」と称賛する。規則にがんじがらめになるのは問題だが、秩序は規則があるからこそ生まれるのも事実だ。(編集担当:村山健二)」

規則の中には、法律以外に慣習や暗黙のルールみたいなものも含むと思う。

ルールに基づく完璧なまでの秩序。その為に暮らしやすくなっている面は確かにある。

タイで仕事をすると、タイ人がルールや約束を守らないのが一番やり難くしている。もっとルールを守ってくれれば、どれ程気が休まるか計り知れない。

だけれども、中国紙の言うように、日本のそれは度が過ぎている気がしないでもない。とにかく、ルールのために自由度がないのは事実だ。そして皆、窮屈さを感じながら自分の居場所を見つけられずにいる。

『病気』と言われると腹が立つ面はあるものの、ある意味社会の病気という見方も正しいのかもしれない。

中国のことは知らないが、タイの自由と日本の秩序が両立するような社会、生き方が正しいのだろうと思う。

関連記事

コメント

Re: 病気

窮屈です。人はもっと自由に自分勝手に生きれる方がいい。

病気

日本は窮屈なところがありますね。
非公開コメント

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内