KhaoSok カヌー

2日目は朝7時からボートで野生動物観察ツアーに行った。朝ご飯を食べ終わったら9時。

午後は1時から上陸を含むサファリーツアーだったので、僕たちはお昼までカヌーを漕いで遠出してみることにした。

カヌーは二人乗り。だけど、オールはマシュマロちゃんだけで、僕は手ぶら。

向かうは向こう岸。1km先。彼女は力強い。

振り返ると少し進んでいるが、目的地の対岸はまだまだ遠い。

このとき、カヌーに潜んでいたチンチョー(ヤモリ)がこともあろうに、僕のズボンの中に入って来た、チンコのタマタマ辺りに来たので、堪らず摘み出して湖に投げ捨てた。

その時、驚くべきことが起こり仰天した。

なんと、チンチョーは水の上を歩いた!

どうなっているんだ彼らの足は? 壁でも天井でも歩けるばかりか、水の上も歩けるとは! 凄すぎる。

そうこうしているうちに、対岸の手前にある小島に近づいた。

ここで、僕は便意を催し、急遽この島に上陸することにした。何故なら、水の中で下痢便すると、それが浮いて来て衣服に着くのが確実だったし、💩を彼女に見られるのは嫌だったから。あと数分で💩が漏れるところ、なんとか無事に上陸出来た。

陸に上がって下痢便を噴出し、お尻や手足を洗って一安心。危ない所だった。

思えば遠くに来たもんだ。いやあ、絶景なり。

対岸向けて再出発。

到着するも、上陸はせず。

人の気配なし。あるのは絶壁とジャングルと野性の息吹。

僕らのリゾートはあんなに遠く。

泊まったリゾートと同じ側の岸で1キロ程離れた別のリゾートに向けて、ひたすらカヌーを漕ぐマシュマロちゃん。直射日光が強くて、脚の皮膚が真っ赤に。

ジャングルでは吠えざるの群れが鳴き騒ぐ。でも姿は見えない。山の上の辺りに居るようだ。

岸に沿って泊まったリゾートに戻ることに。しかし、エンジンのマシュマロちゃんは流石に疲れた。そこで、僕がスリッパの補助エンジンでサポート。スリッパエンジンの推進力は思いの外強くて、ぎりぎり昼食時間に間に合って戻れそうだ。

12:10分にリゾートに戻れた。

全行程約5キロメートル。所要時間3時間のカヌーの旅。

もうクタクタ。

それから昼食を摂って、午後1時からのサファリツアーに出かけたのだった。

ガッツあるね。

関連記事

コメント

No title

雄大な景色ですね!
ジャングルが目の前に、透き通った水、自然の生き物が居て、写真からでもその雰囲気が伝わってきました!
カヌーでの長距離移動すると、筋肉痛とかになりませんかね?
私は子どもの頃に一度だけしたことありますが、うまくこげなくて苦戦してた思い出があります。

No title

プーケットの近くには似た風景が展開してますな。三度行きましたが、30年以上前に行った時はガイドがベトナムのハロン湾や中国の桂林と比較してたのを思い出しました。

旅行

タイの自然を満喫ですね。
非公開コメント

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内