日本のいちご

日本から試験的に持ち込んだ20種あまりの日本のいちごのうち、タイの環境と栽培法で唯一残ったのが、この品種。

樹勢が強く、病気にもならずに盛んにランナーを伸ばし、花も実も良くつける。

気温が高くなると、急速に熟し、急速に傷んでしまうので、日本のように美しいピンクの大きな実にはならないが、香りだけは日本と同じように素晴らしいモモの香りがする。

もっと低温でゆっくりならせば高級いちごになるのだが。

薫りは良いので、それを活かした食べ方が出来れば商品価値は上がるだろうに。

誰も見向きもせずに腐ってゆくだけ。ああ勿体無い。

品種改良の親にするには良さそうだが、気が遠くなる話でやる気がして来ない。

でも、もしもタイの品種と掛け合せれば、絶対良い品種が生まれるような気がする。

関連記事

コメント

非公開コメント

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内