うれし恥ずかし:鼻毛

カオヤイ農園にはいちごが足りないので、いっぱいあるマシュマロいちご園にいちごを取りに行った。

待っていた彼女は近寄って僕の顔を見上げた。

「あらあ、鼻毛が出てる。」

そう言って僕の鼻毛を摘んで引っ張った。数本抜けた鼻毛を息で吹き飛ばしたけれど、

「ダメだ。まだいっぱい出てる。」

そう言って、今度は小指の先を僕の鼻の穴に突っ込んで、鼻毛を穴の奥に押し込んだ。

「いちごいっぱい持って行ってね。頑張ってね。」

関連記事

コメント

非公開コメント

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内