うれし恥ずかし:歯垢

「あらあ? あんた今歯磨いたところなのに、なんで歯垢がこんなにいっぱい着いてるの!?」

彼女は僕の唇を両手で開いて、口の中を覗き込みながらそう言った。

「ちょっと待ってて!」

そう言って、急いで洗面所からデンタルフロスを取ってきた。

「今から私が歯垢取ってあげる。はい、ここに頭乗せて!」

僕は言うなり彼女の膝に頭を載せて馬鹿みたいに口を開ける。

乳首がちょうど瞼の真上に降りる。

「うぇー! きたねー! こんなにいっぱい取れた。」

そう言って取れた歯垢を僕に見せようとするが、近過ぎてピントが合わない。そして、それを自分の鼻先に持って行きクンクン匂いを嗅いだ。

「クサー!腐ってる。」

歯垢を取る度に臭いを嗅ぐので、僕は呆れて、

「いちいち匂いを嗅ぐな!」

と叱った。

「あー、切りがないから、今日はこれでおしまい。歯ブラシは力入れなくて良いから、軽く歯の隙間を丁寧にゴシゴシするのよ。そうだ、いちごが終わったら、一緒に歯医者に行って歯垢を落として貰いましょうね。」

「そうだな。今年こそはあんたの歯もインプラントで治さないとな。」

関連記事

コメント

非公開コメント

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内