FC2ブログ

バラクーダのフライ

ダイバーならよく知っているバラクーダこと南洋オニカマス。

獰猛とされているが、いつも水面下数メートルで群れを成してダラダラと漂っているだけで、至って大人しい魚という印象しかない。

一度、イワシの群れを襲っているのを見たが、10回ダッシュしても1回もイワシが食えない有様で、どんくさかった。

カマスなので、白身で淡白な身で美味しい。

バラクーダはタオ島のリゾートでも食べたが、マクロで1キロ級なのがキロ100バーツ程度で売っていたので買って来た。

長さは70センチ弱くらいだった。眼が赤いのは仕方がない。

今夜はこれをフライにしてみた。

マシュマロちゃんの友人が揚げたので、ちょっと揚げ過ぎだった。なにしろ、タイ人はガスコンロは如何なる場合も常に最強で使うので。

衣は硬かったけれど、魚の肉は美味かった。

本当は塩焼きにしたかったが、魚を焼く網がなかったのと、塩味だけだとタイ人には物足りないかなと思ってフライにした。

フライにすると、どんな魚も臭くないし、おかずの量としても増えるのでおすすめだ。

僕は出汁醤油とトンカツソースで食べたが、マシュマロちゃんの友人は甘辛いナムチンだった。何でもナムチンなのは、何でも醤油の日本と同じ。だけど、あの甘辛くてニンニク臭いのは、ビールには良いが、日本酒やワインには合わないし、辛くて魚の淡白で微妙な味が分からなくなるので、僕は御免だ。

関連記事

コメント

獰猛です

サタヒップ、シーチャン島周辺で良く釣りするけど、こいつが来ると群れでいるから人がせっかく釣った魚の尻尾と胴体が食われて頭だけになって上がって来るのよ。バラクーダがバラクーダを共食いする事も。普通の仕掛けは噛み切られるからワイヤー仕掛けにするけど、そのワイヤー仕掛けも何回かでボロボロにするほど獰猛で歯が鋭い。釣れたら頭を棒で殴ってプライヤーで針を外す。さて、今日はシーチャンで投げ釣り、明日は船だ。
非公開コメント

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内