浮き草

池の水をポンプでバケツに汲み上げていると、なんか少し臭い。

無酸素で腐った硫化水素の匂いがした。

池を見ると、浮草が一面に茂り、光が水中に入らない。これでは、水中に茂っていた金魚草が枯れてしまう。

風が吹いても波も立たず、酸素が入りにくくなっているのかも知れない。

池の全面を覆った浮草

1センチくらいの葉の浮草がびっしりで、水中が見えない。

しかし、池の近くはそれ程臭くなってはいなかった。

プリティ長嶋さんが来られてこの池を見た時、

「うわあ! これは東京湾のアオコと一緒で、腐ると大変なことになりそう。」と指摘された。

そうなっては、せっかく育てている魚達が死んで、僕の楽しみと食料が減ってしまう! これは一大事で、昨夜はその対策を考えて良く眠れなかった。

ベッドの上で考えた結論は、「処置なし」。

ポンプで噴水を作るとか、回転羽でバシャバシャ掻き混ぜるのも、網で掬って除去するのも、どれも現実的ではない(電気と人力が足りないので)。

浮草が急に繁茂した原因は、明らかに肥料の流出。各ポットに送り込んだ液肥の過剰部分が全部池に集まってしまう。池には出口はないので、すぐに富栄養となる。

このために魚をどっさり入れたのだが、あんまり浮草は食べないのかな?

そうだ、水の浄化に良いらしい余った炭微粉を入れてみよう!

池の水位は少し下がり、ラムタコーンの沢濁流も清流に変わった。

この水も使えるので、マイペンライ、マイペンライ。

どうにかなるさ。

関連記事

コメント

非公開コメント

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内