タイの新しいビール

タイでは、いろんなビールが売られているが、どこにでもあって広く飲まれているビール銘柄はそれほど多くない。

シンハー、チャーン、リオ辺りが有名で、皆さんどれも口にしたことがあるはず。外国人はシンハー好き、地方のタイ人はリオ好きが多い気がする。

レストランでは上の3種類のうち、2種類あれば良い方。

セブンイレブンでは以前から上記3つ以外にも数種のビールが売られているが、最近その種類が増えてきた。

左はUビール。超シンプルで真っ黄色という強烈なラベルで、とても目を引く。他のビールと一緒に並んでいなければ、ビールとは思えないほどだ。

飲んでみたら、とてもスッキリして美味しかった。

右のはラベルに書いてあるように、オレンジ風味のビール。

ホップの苦味に、ほんのりオレンジジュースの香りがする。ビールに柑橘系の果汁を加えたものは何種類か飲んだことがあるが、どれももともとのビールの味によくマッチしていて美味しい。

ビールがホップ味になったのは、ビールの歴史からは比較的最近のことのようで、かつては色々な味付けがあったようだ。

もっともっといろんな味付けのビールが出て来て楽しませて欲しい。

ヨーグルト味とか。ウーロン茶味とか、マンゴスチン味とか美味しそう。

関連記事

コメント

Re: No title

予定されてる酒税アップが実施されると、タイの観光業は大打撃でしょうね。
ゴーゴーバーで正規のビールは飲めなくなるかも。

Re: オレンジ味

そこが味噌です。ホップ味はビールの必須条件じゃない。
僕は最もいろんなビールが出て来て欲しいです。

No title

第二、第三のビールとかいって、節税ビールと販売して欲しい。味は二の次で。

オレンジ味

オレンジ味とはタイらしいですね。

でも、一体どこまでがビールと呼べるのか分からなくなってきますね。
非公開コメント

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内