カエルの味

ワンナムキアオのマシュマロいちご園には、大きなカエルが沢山居て、日雇い労働者達はそれを見つけると必ず捕まえる。一匹300~500グラムくらいあって、日本のヒキガエルに似ている。

捕まえたカエルは、ビニール袋に入れて持って帰る。5~6匹で2キロ位になる。

「そんなもん持って帰ってどうするんだ? 食べるのか?」と聞くと、

「市場でキロ200バーツで売れる。」と言うが、食べるに決まっている。

イサーンの田舎のタラートに行くと、そのカエルが山ほど売られていることからして、イサーン人はよくカエルを食べるらしい。

実は僕も二十歳位の時に、日本のゲテモノ屋でカエル(だったと思う)を食べたことがある。その時の記憶は殆ど残っていないが、カエルを食べてから、顎口虫という寄生虫が体中を這い回って恐ろしかったのを覚えている。

腕の皮膚や首にミミズばれの様な筋が幾つも出来て、見るとそれが10分間で1センチ位進んでいた。その先端に顎口虫らしきものもも透けて見えて、必死で爪で押して殺そうとした。鳥肌が立つ思いだった。

胃腸の壁を破って這い出して来たに違いない。皮膚だけでなく、きっと体中の内臓を這い回っていると思うと気持ち悪かった。あの時、脳みそも少し食われので、おかしくなってしまったのかも知れない。

しかし、顎口虫は喜んで僕の肉を食べていたのではなく、苦しんで脱出しようともがいていたそうで、通常は人の体内では生きて行けず、数週間で死んでしまうとのこと。

ともかく、それ以来、カエルなんか二度と食べるものかと思っていた。

ところが、今日はそれを食べてしまった。

初めて行った近所の海産物レストランでのこと。

こんな風に美味しい料理を堪能していたら、これが出て来た。

一口食べて、「ああこれはラムタコーンのウナギだな」と思った。肉に腰があって美味い。妙に骨が太いと思ったが、ハーブも効いてとても美味しかった。

「この魚なんていうの? ウナギじゃない?」と聞いてみると、店の人は、

「それ、カエルです。」

「オエッ!!」

遂に食っちまった!

パットペットコップと言う料理で、マシュマロちゃんが注文したらしい。

「子供の頃は、妹と一緒によく食べたわ。骨が硬いから気をつけてね。」

ハーブが効いているので、全く匂いはない。

肉は弾力性良く、鳥とナマズを足して2で割った様な舌触り。

細かく切ってあるので、カエルのどの部分かも分からないのが良い。

美味しくて全部平らげた。

火が通っているので、寄生虫の心配はない。

このカエルは、2~3日前からシャワールームに居たアマガエル。10センチ位ある。このカエルは可愛い顔をしているが、食用にするのはこのカエルじゃない。

昨日は、もっと縞模様が強かったが、今日は薄い色をしていた。何処から入って来たのか分からない。こんな大きなカエルが入って来る隙間なんてないはずなので不思議だ。

シャワーのお湯をかけたら、それまでじっとしていたのがピョンピョン跳ねて、マシュマロちゃんがパニックになったので、捕まえて外に逃してやった。

なんか今日はカエルの日だ。

次の課題は、オタマジャクシか? あれだけは食べたくない。

関連記事

コメント

Re: こんにちわ。

生きたイカをさばくと寄生虫だらけで気の毒になりますね。辛いでしょうね。
アニサキスには何度もやられてます。

こんにちわ。

カエルですかー、だめですね。触るのも食べるのも、ハムケンさんはタフですね。日本でも少し前までアニサキスが非常に話題になりましたよ。それ以来イカを食べるときは、いつも以上に噛んで食べるようにしていますよ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

カエル

生食しなければ顎口虫などの寄生虫の危険性はないでしょう。

カエルはウナギの味ですか。知りませんでした。
非公開コメント

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内