ペッチャブンを行く 2

朝の朝食は久々の洋食。

雲の上にある有名なお寺に行った。

変わったお寺だった。

曼荼羅かなあ。日本のお寺にはない模様。

カミキリムシと蜜吸い

続いて、ルーイとの国境にあるプータプブークに登った。

なんと1700メートル超えの山だった。

完全に雲の中。

雲の切れ間から見えた天空の村。

小さなリゾートがいっぱい。

キャベツ畑とカーオドーイというモン族の短粒米の陸稲畑に囲まれていた。この米は粘りも味も日本米に似ている。

マシュマロちゃんの村でも、昔はキャベツを作っていたらしい。

イロハ坂みたいなクネクネ険しい道を降りると、山は雲の中で見えなかった。

二日目の夕方、カオヤイに戻った。

特に何もせず、景色を見て来ただけの一泊二日の短い旅だったが、何故だか余計疲れた気がする。

関連記事

コメント

Re: 新興宗教では

確かにいろんな宗派がありますね。
以前書いたタラートタイの近くの巨大仏教寺院の親分が、4000名超えの警察官に包囲されるという大捕物帳がありました。それでも親分は見つからず、未だに行方不明のままです。それがタイです。
多くの人が、あれは拝金主義で真の仏教とは言えないと言っていました。

新興宗教では

タイ仏教と一口で言っても、全て同じというわけでなく、新興宗教的な寺もあるようです。

見かけないデザインや仏像を見ていると新興宗教ではないかと思います。

No title

このお寺の建築物はガウディのグエル公園にあるものとよく似ている。
どちらが先に発想したかはわからないが、飛んでる所は一緒かも?
宇宙人か神様からアイデアを授かったのだろう。素晴らしい!
ちなみにガウディの作品は世界遺産だぜ。このお寺も世界遺産?

Toshi 
非公開コメント

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内