溜池に魚本格投入その2

約束通り、幼魚売りの行商がプラニン(ティラピア)の幼魚を持ってきた。

行商が言うには、

「大型で元気が良い幼魚だ。大きいので一匹2バーツするが、取り敢えず1000匹持ってきた。プラタプティンは高過ぎたので持って来なかった。」

見れば確かにクロダイみたいで元気が良く早く大きく育ちそうだ。

体長は、6センチ位。

「だけど、昨日はもっと安いようなこと言ってたよね。2バーツは高いので500匹しか買えないよ。」

すったもんだした挙句、

「じゃあ、900匹で1500バーツにしとくからさ。買ってくれよ。」

結局、一匹1.67バーツとなった。

昨日、1000匹投入したので、さらに900匹も投入したら過密にならないか心配だったが、餌をやらなければ一定の個体数に落ち着くだろうと思い、900匹も買ってしまった。

一袋に100匹ずつ入っている。

これを池に放流した。

池には金魚草などの水草が茂っている。

そこにはトンボや小さな水生昆虫、貝がたくさん居るようだ。

これらを餌に大きく育っておくれ。

池の上からは、いくら見ても魚の姿は確認できなかったが、時折円心状の波が立つから、きっと新しい住処で元気で過ごしているだろう。

以前入れたグッピーやベタは、餌になって死に絶えるのか、それともバランス良く共に生きるのか興味深々だ。

雨季が終われば、もう少し水が澄んで魚影が見えるようになるかも知れない。その頃は、もう食べ頃になっているはずだ。

合計で2500バーツも投入してしまったので、最低でも成魚100匹は食わないと割が合わないことになるが、魚釣りの楽しみが出来たので良しとする。(釣り道具まだ買ってない!)

池の近くのマンゴーの木には、吊り下げ式の小鳥の巣があって、小鳥も子供を育てていた。左上の小鳥の姿、見えるかな?

巣はこういう構造になっている。二階みたいだがよく見えない。

ここは世界遺産のカオヤイ国立公園の淵だけあって、自然がとても濃い。

いちご栽培は、ある意味自然との戦いだが、今の自分はこの自然に癒され育まれているとも言える。

関連記事

コメント

Re: 雷魚対策は?

ほぼ干上がりかけていたので、そう多くの魚はいなかったと思うけど、水を入れてしばらくしたときに、三匹の大きめの魚を目視しました。
二匹は体長20センチ位のレッドフィン・バ-ブと呼ばれるコイ科(Tinfoil Barb :Barbonymus schwanenfeldii)の淡水魚。もう一匹は、体長25センチ位の雷魚だったと思う。
幼魚の値段は養魚場で買えばそのくらいだと聞いてました。それで養魚場を探したのですが、カオヤイ、ワンナムキアオ近辺では見つからず、行商で買ってしまった訳です。
まあ、趣味のレベルでの話なので、あんチョコで良いです。
だけど、全部餌食になられては困るよなあ。

雷魚対策は?

その池、こないだ何か放流したけど居なくなったんですよね?ナマズや雷魚が居るか確認しましたか?
居るならルアー投げて見れば釣れる。それで確認してみて、居るなら稚魚のうちは網で囲ってある程度大きくなってから本格的に放流しないと全部餌食になってしまいます。


それと、アユタヤ、スパンブリー、パドゥムタニーあたりは魚や海老の養殖所が多いからもっと安いの手には入るかも?例えば、下のリンク先で買うとプラーニンの稚魚の1番小さいサイズで35サタン、1番大きいので1バーツ/匹です。

ttps://www.facebook.com/%E0%B8%88%E0%B8%B3%E0%B8%AB%E0%B8%99%E0%B9%88%E0%B8%B2%E0%B8%A2%E0%B8%9E%E0%B8%B1%E0%B8%99%E0%B8%98%E0%B8%B8%E0%B9%8C%E0%B8%9B%E0%B8%A5%E0%B8%B2%E0%B8%99%E0%B9%89%E0%B8%B3%E0%B8%88%E0%B8%B7%E0%B8%94-%E0%B8%97%E0%B8%B8%E0%B8%81%E0%B8%8A%E0%B8%99%E0%B8%B4%E0%B8%94-083-6932897-%E0%B8%84%E0%B8%B8%E0%B8%93%E0%B9%80%E0%B8%AD%E0%B9%87%E0%B8%81%E0%B8%8B%E0%B9%8C-086-7559069-%E0%B8%88%E0%B8%AD%E0%B8%A2%E0%B8%B8%E0%B8%98%E0%B8%A2%E0%B8%B2-149743468533975/

Re: No title

マシュマロちゃんのお兄さんはヤギ飼ってました。シーズンが終わったら、食べちゃいましたけど。

Re: ご無沙汰です。

セカンドライフの第一目的は残りの人生を楽しむことですから。それに、楽しまないとやってられないです。
バンコクの都会にも楽しみはありますが、自然相手の試行錯誤も案外面白いものがあります。

ご無沙汰です。

ちょっと体調を崩していました。
ハムケンさんらしいですね、今いる環境の中で楽しみを生み出すなんて。自分も前向きに見習わなきゃ、早く育って釣りをするのが楽しみですね。

No title

ムツゴロウ王国ならぬハムケン王国ですね。

生態系をコントロールする醍醐味、盆栽や水槽の比ではありません。

次は乳牛やヤギを連れてきて、ハムケンブランドの乳製品を作りましょう!

わくわくハムケン王国。

なんか

ワクワクしちゃうなぁ・・・

見える人にも見える世界
野花や昆虫・動物等々

だから池の魚々達も きっと成功しますね
非公開コメント

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内