カティンの肉

タイを始めインドシナ半島にはカティンという野生のウシがいる。大人しい性質で肉が美味しいので、乱獲されて絶滅危惧種になっていて、タイの田舎に住む人でも滅多に見たことがある人はいない。勿論、僕も見たことがない。

カオヤイからワンナムキアオにかけての森にはまだ棲息していて、山奥のリゾートでたまに見ることができる。

その様子はこちら

身体が大きく筋肉質で、警戒心は強いが、あまり人を恐れないらしい。

絶滅危惧種として保護されているので、その肉を食べたと言ったら警察に捕まるが、僕は今日食べた。

実は、その肉は3月末にある身近な人から貰った。塩漬けにされていた。入手先は近所に住む人らしく、密猟しちゃったカティンらしい。

ある意味、非常に貴重な肉なので、大切に冷凍庫にしまっておいたのだが、今朝マシュマロちゃんがそれとは知らず、肉野菜炒めの肉として使ってしまった。

肉は、マッコウクジラの肉ほどではないが、かなり赤黒かった。脂肪は少なく臭みもなく、美味しい肉だった。

この肉を最近食べたという罪深き日本人は僕しかいないのでは?

関連記事

コメント

非公開コメント

訪問カウンター

Online

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ハムケン

Author:ハムケン
サラリーマンはもう飽きた。気がつけば人生の残りも僅か。ここはひとつ、窮屈な日本を抜け出し、活力あるのにどこかゆる~いタイを舞台に、自分らしい第二の人生に旅立つことを決めてしまった50代親父。

バンコク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
サイト内検索
為替情報
バンコクの天気
最新記事
カテゴリ
ブログランキング




タイ・ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事案内